健康寿命

September 24, 2019

気のせいではなく、歳のせい

 「バブル崩壊(1991 ?)」という日本第二の敗戦、続く東日本大震災、東電福島第一原発事故(2011/03/11)はそのダメ押しでした。それは同時に、私個人にとっても、自分には商売のセンスがあるものと認識していたものが単なる虚構であったことを薄々知りながらも、未練たらしく持ち続けた私への痛烈な一撃でした。

  テニス、飲み会、趣味の話等、何かの目的を持って複数の人が集まったりした場合、これらの例の通り比較的親しい人達との付き合いなので気にならないのですが…、もう少し疎遠な関係な人たちの場合、私はなぜか会話が途切れるのが嫌いで、それを避けるように話題を作って行く癖みたなものを身につけるようになりました。特に、歳をとった最近特に顕著になったように感じます。周りの様子を見て…、相手の出方を見て…、出逢いを待って…、そんな悠長なことを云ってたら、あっという間に寿命に達してしまうでしょう。自分の出来ること、出来ないこと、興味のあること、ないこと…、できるだけ早く相手に知ってもらうことが、残された時間に限りが見えてきた、この歳の私には大事なことのように思えます。

 今年の春、パソコンを買いましたが、自分の残された健康寿命とそのパソコンの寿命を比べてどちらが早いのだろうか…、そんなことを今まで考えたことがありませんでした。それを考える年齢に達したということなのでしょう。夏が終わり、どこかに秋を感じるようになると、大げさに云うと、あと何回夏を迎えることができるだろうか…、逆に言えば、今年の夏も何とか乗り越えた、単なる高齢者の独り言になってしまいます。「人生百年時代」と輝かしい未来が開かれているように錯覚させるキャッチフレーズですが、如何に寿命が延びたとしても、その為には心身ともに健康で尚かつ文化的な生活を送ることが出来る最低の収入が保障されなければなりません。そんな社会が来るはずもなく、少なくとも今、私の年齢考からすれば、少なくとも今まで生きてきた年数に比べれば、今から死に至る年数は短いはず、ましてや、自分が心身ともに健康に過ごせる期間(健康寿命)はさらに短くなります。

Youtube_2008.01.21_5 自業自得と云えばそれまでなのですが、会社人生を途中で辞めた為、本来もらえたかも知れない年金も少なく、既に独立していた子供たちにはともかく、かみさんには申し訳ないことをしました。自分の小遣いぐらいは…と、アルバイトを続けています。

 2007年6月頃(?)、友人のNobuさんと二人で始めたデュオYoutube_2008.01.21_4は、その後ドラムのKunさん、そして最後にベースのMaruさんが加わり現在のThe K.A.Y.A Bandに続いているのです。そのNobuさんと二人で始めたデュオの頃の録音がYoutubeに残っています。演奏の録音だけでなく、画面を見るとその頃には曲りなりに絵を描いていたようです。

    2014年、団地管理組合理事の順番が廻って来ました。今まで現役の間は、隣近所の人も知らず、いわんや自分の住んでいる棟以外は知るはずもありませんでした。元来、私には指導者(リーダー)として資質はないことは自分でもよく判っていましたし、理事長が決まると、私は副理事長の座を自ら手を挙げて志願しました。今まで人任せにして、団地内の人とは全く疎遠で、今までの不参加・不義理を償うつもりで手を挙げたのでした。主な業務は、理事長の補佐並・理事会議事録の作成そして組合員(住民)向け会報誌の発行でした。理事会からのお知らせだけでは誌面を埋めることが出来ず、苦肉の策として、私の描いた絵と同じく私の書いたコラム:『小山田荘を歩く』で何とか誌面を埋めたところ、意外にも好評で、後に喫茶店「嵐が丘」での絵画展開催に繋がることになります。

 ひょんなことで同じ団地の住民と知り合いになり、その彼から団地内コートのテニスに誘われ、仲間に入りました。今や、誘ってくれた彼は既に引退、私も中堅の一人、全員が現役を離れ、悠々と月・木曜日にプレイするようになっています。そのテニスで、出会った人がいます。人生の大先輩、私が若い時に憧れたグラフィックをプロとしてやって来た彼は、絵画だけでなく歴史・文学にも造詣が深く、当地小山田の荘出身の国学者、小山田与清(おやまだともきよ 1783-1847)や俳人、五十嵐梅夫(いがらしうめお)・浜藻(はまも 1772-1848)父子の研究者として活躍されています。彼の蔵書には本当にお世話になりました。もし私の絵にそれなりの評価を頂けるとすれば、彼との出会い、そして彼のプロとしてのアドバイスがあったからです。彼に出会っていなければ、「嵐が丘」での絵画展には臨まなかったはかも知れません。 
 
 この一年を振り返って、この人は「面白そうだから、しばらく付き合ってみようか」と云う人が何人現れたでしょうか?二人現れて、一人と付き合が続けば御の字でしょう。商売の才能はとっくの昔に見切りをつけてしまった私、商売以外、趣味・遊びの世界で自分の存在価値を見つけるべく、もちろん相手の興味・趣味・嗜好には敬意を表しながらも、初対面の相手にも、この人と思われる人には自分の得手不得手・興味の有無を明らかにしようとします。もうそれほど時間は残されていません。

 残念ながら、最近、歳のせいか日本人の美徳とする奥ゆかしさに欠けるようです。

190912_私の居場所

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 13:40|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 14, 2019

「住めば都」の町田ですが…

民間交番 「住めば都」の町田ですが、安倍政権と同じく石坂市政が16年もの長期政権故か…、最近、いやなことが目につきます。 先日の朝日新聞多摩版に、『町田に映画館作って』の見出し、書き出しは 〜「西の渋谷」とも呼ばれ、人口40万人を超える町田市〜 で始まる記事が載っています。バスに乗ること約30分、往復580円をかけて、町田の中心地に出たのですが、春分前、既に日は沈んだ冬の夜、繁華街はにぎわっています。勤め帰りのサラリーマンや学生であふれていますが、人の多さよりも、通りを塞ぐように街角に立つ客引きの数に驚いてしまいます。朝日新聞の現状誤認もはなはだしく、町田は「西の渋谷」というよりも、「西の新宿、歌舞伎町」の感じで、どうも品性に欠けます。現に、規制の強化された新宿、歌舞伎町を追われて町田に逃れてきた風俗店も多いと聞きます。

 記事は続いて… 〜 JRや小田急町田駅周辺には商業施設が活気を見せるものの、街には映画館がない。映画館開設を期待する市民の声は強く、市は誘致の起爆剤になればと、進出企業に奨励金を交付する制度を始めた〜と続きます。市民アンケートでも映画館を求める声が多数あり、町田市は一定規模の収容能力を条件に、上限5億円の範囲で奨励金を出す〜そうです。市が奨励金を出すのはどうかと思うのはともかく…、私だけでなく、多くの市民が映画館を求めていることを知り、私は安堵しました。

 たまたま観たNHK特集番組、最新のデータでは「健康寿命」は、男性で72.14歳、女性で74.9歳。しかし「平均寿命」との差は男性が9歳、女性は12歳あり、その間は寝たきりか要介護の暮らしということになります。AI(人工知能)が65歳以上の41万人の生活習慣・行動を徹底的に学習。結果、「健康寿命」と「平均寿命」の差を短くするキーワードは「読書」をするということでした。これを証明するように、山梨県は健康寿命が長く、男性は全国1位、女性は3位。驚くことに、運動やスポーツの実施率では最下位、逆に人口に対する図書館の数は全国1位。加えて、学校司書の配置率が高く、そんな環境で育った市民に読書の習慣が根付いたと思われます。「健康寿命」を伸ばすには運動やスポーツの実施、スポーツ施設の拡充、病院・医療の充実…と誰もが思いつきます。実は、遠回りのようですが…、学校司書はじめ初等教育・図書館の充実が重要でした。加えて病院建設・医者の養成には莫大な費用がかかるが、図書館建設・司書養成には比較にならないほどの少額である、ということです。因果関係は不明ですが、山梨県がAIのもたらした回答が正解であることを実証しています。

 町田市には9つの私立大・短大が在り、3万2千人の学生が学び、総人口170512_町田市版画美術館スケッチ43万人の7.4%を占め、全国的にも京都市に次ぐ大きさです。因みに、「学生の街」、京都市の総人口は147万人、大・短大数39校 学生数14万7千人(10%)。京都市に迫る人口当たりの学生数が学び、いくつかの大学には芸術学部もありながら、文化・芸術面ではおそまつの一言です。町田市には映画館もなく、8つの図書館も魅力に欠け、文化芸術に貢献していると云えば、かろうじて町田版画美術館と旧白洲邸、『武相荘』ぐらいのものでしょう。かつて、遠藤周作は町田市で晩年を迎えたのですが、彼の死に際し、遺品の寄付の提案があったのですが、町田市はこれを断ったそうです。今、寄付を受けて作られた『遠藤周作文学館』は長崎にあります。

Zelvia
 昨年、サッカーチーム「町田ゼルビア」はJ2で2位につけJ1昇格圏内に入り、地元ではちょっとした話題になりました。サッカー音痴の私にはどうでもよいことなのですが、J1昇格の必要条件として、成績だけではなく…、1万5千人収容のスタジアムなどの条件を満たせないことが判明。ここからが、どうでもよくはない話なのですがで、町田市は総額48億円をかけて座席数を1.5倍にする改修工事計画を進めているそうです。町田市には大企業がなく、「町田ゼルビア」のスポンサーを町田市の税金を使って引き受けるのには馬鹿げています。鶴川(野津田)は石坂又一町田市長の出身地であり、「町田ゼルビア」創設、スタジアム建設は地元への利益誘導という噂があり、最近では小山田桜台住民悲願のモノレール(多摩センター〜町田駅延伸)のルートを変更して野津田経由とする案が出されていると云います。

野津田サッカースタジアム
 昔から、長く続いた革新都政の影響か…、町田市は『福祉の街』という看板を背負っているそうです。「健康寿命」は高齢者問題の根幹、社会福祉の大問題であると考えます。野津田のサッカースタジアム拡充計画はこの辺にして、映画館設置・図書館の充実、将来的には文化・芸術分野の拡充を図るべきです。その為には、相模原市緑区「芸術村 藤野」は参考になるかも知れません。

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 10:39|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search