佃煮

November 09, 2019

2019年関西の旅 神君家康伊賀越え(その2)

多田神社 もう一つ、くすぶっていることがあります。家康と摂津佃の漁民(名主森孫右衛門)の関係です。1586年、源氏を名乗った家康は始祖、源満仲(みつなか 912 - 997)を祀る多田神社(兵庫県川西市)へ向かう一行の船渡しを佃村の漁民がやったとか、あるいは、家康一行を乗せた船をけん引して多田まで届けた。これに報いて、後年、秀吉に関東移封(1590)を命じられた家康とともに江戸に入り佃島に入植を許されたものと思っていました。しかし、たかだか神崎川の渡河、あるいは猪名川の遡行ぐらいで、新天地江戸の一角、特権として日本橋に魚河岸開設を許されるのでしょうか?

 過去に何度か触れましたが、私の出身地(生まれは九州ですが)は兵庫県伊丹市。市の南に尼崎市、西に西宮市、北に宝塚市・川西市が位置し、東には猪名川が流れ、対岸は大阪府です。かつて、この大阪府と兵庫県を合わせて摂津国と呼ばれ、明治新政府は摂津国経済の力を削ぐために二つの県に分割したと聞きます。猪名川はいくつかの川が合流して神崎川として大坂湾に注いでおり、その河口部分に「佃」が位置します。平安末期、源平合戦も終わり、京を逃れ淀川を下った義経一行が西国で再起を図るべく船出した「大物の泊まり」もすぐ近くで、佃・大物・江口の周辺はは古代より瀬戸内及び淀川水系の重要拠点であったと考えられます。江戸時代、伊丹酒(いたみざけ)と呼ばれた日本酒の名産地であり、今も「白雪」や「御免酒 老松」のブランドが引き継がれているが、造られた酒は船で猪名川を下り、大坂湾に出て、菱垣廻船や樽廻船で江戸へ出荷されたことを見れば、猪名川のさらに上流、西岸に在る多田神社近くまで家康一行を乗せた舟を曳航したのもまんざらあり得ないことでもないでしょう。

 1590年、家康は江戸に入城。戦国の火がまだくすぶる中…、武田の旧臣大久保長安に命じて従来の五街道に加えて、家康緊急時の江戸脱出路として、江戸城半蔵門(に服部半蔵の名を遺す)を起点とする甲州街道を建設、中途に八王子の街を建設、多くは武田の旧家臣を「八王子千人同心」に組織化しました。一方、江戸という都市を建設、その消費需要を賄うためには、荒川・利根川・渡良瀬川の水運をはじめとする物流路の整備が不可欠でした。家康は江戸入府と同時に江戸湾の風波を避ける目的で小名木川を開削、同時に伊奈忠次に関東河川改修を命じ、以後、伊奈氏3代により利根川の銚子河口への通水が行われました。東北からの物資がここで川船に積み替えられ、利根川を遡り関宿で江戸川に入り、行徳にて船堀川・小名木川を経て江戸へと運ばれました。

 戦国時代の百年、関東は善政を敷いた小田原北条氏の支配下にあり、まだ後北条恩顧の強い地域でもあった。家康の江戸入府に摂津佃の漁民(名主森孫右衛門)34人も従い、寛永年間に隅田川河口鉄炮洲の土地をもらい「佃島」と名付けました。この鉄炮洲、なんと小名木川の目と鼻の先。大久保長安に命じて甲州街道という緊急脱出路を確保しながら、関東に広がる荒川・利根川水系の150504_深川万年橋物流を摂津佃の漁民(名主森孫右衛門)が担うだけではなく、これらの水系を利用して、関東を支配するのが家康の森孫右衛門に与えた使命だったのではないでしょうか。江戸入府と同時に開削された小名木川は物流の幹線運河であり、同時に、番所(関所)が設けられるなど関東支配の軍事的な目的を果たす、徳川幕府の生命線でした。後北条恩顧である地元民に任せられるはずのものではなく、関東に縁のない摂津佃の森孫右衛門にそれを命じたのではないでしょうか。

 年は遡って1582年、家康は泉州堺を出て京へ向かう途中、枚方辺り、御用商人茶屋四郎次郎がもたらした「本能寺の変」の報に接し、急遽帰国を決意、こうして始まった逃避劇が後に家康生涯最大の危機と云われる「神君伊賀越え」です。秀吉の死後、家康の権勢が絶大になるに及び、「淀川過書船支配」など京・大坂の物流の支配を任されたことを勘案すると、茶屋四郎次郎と淀川・神崎川河口(摂津佃)を拠点に活動していた森孫右衛門とは従来より密接な関係があったはずです。茶屋四郎次郎は先々で土民を脅したりすかしたり、時には金をばらまき、服部半蔵は伊賀・甲賀衆を説得して家康一行の警護・案内に奮闘します。一方、茶屋四郎次郎から一方のあった森孫右衛門は家康一行の到着を待ち受け、宇治川(堺〜飯森〜宇治)・木津川(近江〜伊賀)の水路、伊勢白子から大浜までは海路を確保、渡河・河川及び湾内航行に活躍したものと考えます。

 家康と森孫右衛門の出会いはこの「神君伊賀越え」だったように思われ、もし「本能寺の変」がなければこの「神君伊賀越え」もあるはずがなく、二人の出会いはなかったかも知れません。この茶屋四郎次郎、服部半蔵に匹敵する働きを見せた森孫右衛門への信認は厚く、1586年、家康一行を乗せた舟を牽引して猪名川を遡の「多田神社詣で」の先導役を果たし、1590年、摂津佃の漁民(名主森孫右衛門)は江戸に移住、江戸武家屋敷への出入り、魚河岸の開設が認められました。1614〜1615年、大坂冬の陣・夏の陣では佃漁民は徳川方に味方し、食料・武器の調達・運搬を行っています。

 佃島の漁民は悪天候時の食料や出漁時の船内食とするため自家用として小魚や貝類を塩や醤油で煮詰めて常備菜・保存食としていたが、これが「神君伊賀越え」の時に非常食としてふるまわれ、後の江戸名物「佃煮」となったとは、話が出来すぎでしょう。

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 20:24|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

August 25, 2013

ゴーヤの佃煮がおすすめです!

暑かったというか、熱かった8月ももうすぐ終わりです。先月の梅雨明けから都内の熱中症による死者は少なくとも120人を越え、こまめに水分や塩分を補給するとともに、「適切にエアコンなどを使うように」とはニュースで繰り返される言葉です。亡くなった方の多くはお年寄りとは想像に難くないのですが、ニュースを見ている自分はニュースの局外に置いてしまい、よく考えてみるとほとんど同じ世代です。

そういえば、福島原発事故が起きて2年半、3回目の夏ですが、タンクの放射性物質汚染水漏洩は「レベル3」の危険度、東電の怠慢が原因とはあきれるばかりでコメントすらありません。…が、もう一つ、政府・マスコミと国家を挙げて取り組んでいたあの「節電」は何処にいったのでしょう。この夏によく耳にするあの言葉:「適切に〜」が気にかかります。

言われるまでもなく、我が家では適切に電気を使用、ムダな電気は使いません。「エコ = ecological」は信条として志しているのではなく、「エコ = economical」にならざるを得ません。エアコンは来客時以外につけることはほとんどなく、たまに外出から帰ってきた時につけるぐらいでしょうか。ましてや私の部屋、北側に面しているためか、我慢できないほどの暑さではありません。一夏に1〜2回、寝苦しい夜はあるのですが、エアコンをつけるほどではないのです、…とは負けおしみ?。
ゴーヤの収穫
ご多分に漏れず、我が家でもゴーヤの栽培にカミさんは励んで来ました。ベランダに農業用のネットを貼って準備、次第に成長してくると、自分の這わせたい方向にツルを誘導、毎日の世話の甲斐があってか、ゴーヤの葉のシェードはベランダを覆い、その陰には次々と見事なというか、一見憎々しげな実を付けています。

ゴーヤと豚肉の組み合わせは疲労回復に良いと言われています。暑い季節にピッタリ!…とばかりに、夕食のメニューには「ゴーヤのチャンプル」が出てくる頻度が高くなります。実は、私はこのゴーヤの苦味が苦手、私には少なめに出してくれるのですが…、今年も夏の8月、収穫の時期が来てしまいました。…が、今年の夏は違います。近所の奥さんに教えてもらったらしく、チャンプルではなく、「ゴーヤの佃煮」です。あの独特の苦味も消え、ゴーヤとは思えない、ご飯をもう一杯おかわりをしたくなる、なかなかのヒットです。

ゴーヤの佃煮
◎材料:ゴーヤ1kg(5〜6本)、人参1本
◎調味料:(水戻しした)干し椎茸、塩昆布、白胡麻少々、花かつお、醤油(濃い口)100cc、醤油(薄口)100cc、酢100cc、みりん100cc、砂糖250〜300g

ゴーヤのワタと種をスプーンで取り出し、薄切りにして、1分湯がきます。 ざるに取り、水にさらします。 ゴーヤをよく絞って、火にかけてある調味料を合わせた中に入れ、人参が柔らかくなるまで煮込みます。げ个鮖澆瓠 塩昆布・胡麻・鰹節をいれて混ぜ合わせると出来上がりです。さも、自分で作ったかのように書きましたが…、カミさんから教えてもらいました。上は教えてもらった量ですが、お好みで加減して下さい。容器に入れて冷凍保存できるのがミソ。
ゴーヤの佃煮

ゴーヤの苦味が苦手なあなた、是非お試し下さい。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 



March 06, 2013

もしや…、いかなごの釘煮?

頭の片隅では「今年はどうだろうか…、やはり、無理か…」と思いつつも、もちろん、こちらから催促するわけにもいかず…、悶々とする(?)毎日でしたが、今日、玄関のチャイムにはずむカミさんの声。「もしや…、ひょっとして…」と彼女の反応を待つと、やっぱりその「もしや」、夫婦で大喜びです。

※彼からの春の便り。いかにも美味しそうです。
田中さん手紙130306_s












今年もKenさんから、大阪あるいは関西の…、春の風物詩:「いかなごの釘煮」を送って頂きました。解禁になったばかりのいかなごを、彼自らの手で佃煮に料理してくれたものです。「東日本大震災」からまもなく1年を迎えようとした、去年の今頃、その美味しさに夫婦で感激したものです。
いかなごの釘煮_2


















「いかなごの釘煮」とは、いかなごという魚の稚魚を佃煮にしたもので、大阪・関西と言うよりも、阪神間及び明石の漁師料理が原型で、2月の後半になると瀬戸内海でいかなご漁が解禁となり、各家庭では春を告げる味としてその佃煮:「いかなごの釘煮」が一斉に作られるそうです。私は九州生まれながら、言うところの阪神間に在る伊丹で育ったのですが、「いかなごの釘煮」という言葉を聞いたことも、もちろん、食べたこともありませんでした。後で聞くと、大阪生まれのKenさんもつい最近まで知らなかったそうです。阪神大震災(1995年)復興に参加されたボランティアへのお礼として全国に届けられ、以降、日本中に知られるようになったそうです。

「いかなごの釘煮」は佃煮です。佃煮の起源は、以前にも記事にしたことがありますが、戦国末期、現在の大阪市西淀川区に位置する、摂津国佃(つくだ)村にあると言われています。平清盛に始まる武家の時代、続いて源頼朝が征夷大将軍となって鎌倉幕府を開き、三代で平氏の北条執権政治に取って代わられ、源氏の足利氏が征夷大将軍となって室町幕府を開きます。この武家政治の変遷を踏まえてか…、戦国時代には、源平政権交代説というのがあり、信長・秀吉はいずれも平氏を名乗り右大臣・関白、幕府は開きませんでした。

源氏を名乗った徳川家康は征夷大将軍の地位につき江戸幕府を開きます。祖先への感謝のために…、かどうかは知りませんが、猪名川の河口、摂津国佃村の漁師に舟を引かせて猪名川を遡上、清和源氏発祥の地:「多田神社」を参詣します。後に江戸に幕府を開くと、その労に報いて、彼らの江戸進出を許します。後に佃煮で有名になる佃島の始まりでした。

食事が楽しみです。
Kenさん、ありがとうございました。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search