五十三次

November 08, 2015

鈴鹿の関跡、関宿

 徳川家康は東海道を整備、日本橋から京都三条大橋まで、「東海道五十三次」と呼ばれる宿駅を設置しました。今回、「同窓会」のあった伊賀上野からの帰りに、47番目の「関宿・坂下宿」を訪れました。同じく「同窓会」に参加したAkiraさんとご一緒したのですが、昨年夏も箱根西坂・東坂、東海道で云えば9番目「小田原宿」、10番目「箱根宿」、11番目「三島宿」の間を歩いており、その間を飛ばした続きです。二人で、西の追分を過ぎて坂下宿に入り、現在は「鈴鹿峠自然の家」として使われている古い小学校舎まで辿り着きましたが、近江国との国境:峠はまだまだ先です。
関宿_1 西の追分へ
関宿_2 東の追分へ

 「白村江の戦い(663)」で唐・新羅連合軍に敗れ、 唐・新羅の侵攻を恐れたのか、近江へ遷都(667)、断固たる決意で律令国家を目指し、唐との冊封関係を断ち切ったのです。ここに、天皇制国家:日本が誕生しました。「五畿七道」の一つ東海道は機内の東:伊賀国(三重県)から本州太平洋岸に沿って常陸国(茨城県)に至る諸国で、それぞれの国府は行政区と同じ名の幹線官道:東海道で結ばれていました。

 大陸、沿海州に渤海国が出現(698 -926)、唐・新羅の圧迫に対抗するために、従来の大陸外交の玄関口である太宰府より、むしろ、日本海を横断、敦賀・越前・佐渡を玄関口に渤海使が派遣されるようになり、「壬申の乱(672)」で勝利した天武天皇は愛発(あらち 越前国)・不破(美濃国)・鈴鹿(伊勢国)の三関を設置しました。後に、渤海国衰退が原因か…、逢坂関(おうさか 近江国)が愛発関に取って代わります。  

 近江大津京を除いて、天皇・律令制の時代の都は飛鳥・藤原・平城京など、都は大和国にあり、当初、街道としての東海道は、木津から木津川に沿って東へ伊賀国に入り(大和街道あるいは現在の国道25号)、鈴鹿山脈と布引山地の鞍部を加太(かぶと)越えで伊勢国へ入り、近江大津京・平安京以降の東海道は、伊賀国ではなく、近江国から鈴鹿峠を通る経路となり、ほぼ現在の国道1号のルートに重なります。

 1180年、平重衡は父:清盛の命を受け、南都(奈良)に侵攻、興福寺・東大寺を焼き討ち、反平氏勢力の怨嗟の的となります。「一ノ谷の戦い」で捕虜となった重衡は鎌倉での頼朝謁見を終え、その身柄を南都に送られることになります。鎌倉からの帰路、罪人故か京には入らず、東海道〜大津〜逢坂関〜山科(髭茶屋追分)から醍醐路を南下、日野を経て南都への経路です。「もしや…?、会えるかも…?」と思う妻:輔子は夫の着替えを用意して、護送の一行を待ちます。果たして、一行が輔子が住む日野に差し掛かった時、「この近くに妻がおりますので、今一度対面したく〜」と重衡、警護の武士は涙して夫婦つかの間の再会を許したのです。

 「平家物語」最大の見せ場、欠かせない場面ですが、最初から京の市街通過を避けて、南都(奈良)あるいは処刑地:木津に向かうのであれば、一行は何故この経路を通ったのでしょうか? 関宿「西の追分」から東海道をはずれ、大和街道、かつての東海道、を木津川沿いに西進すれば簡単に、処刑場のある木津、首が晒される般若寺に、少なくとも1〜2日早く到達することが出来たはずです。やはり名場面演出がその理由なのでしょうか。

 残念ながら未だ越えた訳ではありませんが、箱根に次いで、東海道の難所:鈴鹿の峠を制覇した気持ちです。 次回は東海道のどこを歩きましょうか。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 

I appreciate YOUR SUPPORT.  ▼ 皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 

express01 at 09:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search