乱暴者

April 22, 2015

思い出の渚

 高校時代は兵庫県伊丹市に住み、2年生になると、理科系・文科系と、進路ごとにクラスが別れ、私は家族の期待を裏切って、文科系進路のクラスに入ることになりました。以降、卒業までの2年間、同じクラスで過ごすことになりますが、男子3人(あるいは4人)+女子2人の仲良しグループが出来上がり、何かと一緒に行動するようになりました。グループが出来上がった理由の一つが「音楽」で、その内の男子1人は、私と同じ中学校出身で、ビートルズの日本公演には、往復はがきでチケット購入に応募して当選しました。残念ながら、チケット代に加えて東京までの旅費・宿泊代を工面出来ず断念はしましたが…、ビートルズの熱狂的なファンでした。
 
 私は、彼ほどにはビートルズのファンではなく、ヨーロッパよりもアメリカの音楽、早い話が「アメリカかぶれ」、このブログで幾度となく紹介しているように、ビーチ・ボーイズのファンでした。ビートルズにせよ、ビーチ・ボーイズにせよ、世界の大衆音楽の頂点に立つバンドで、彼等を追いかけるように、日本でもスパイダーズ始め、多くのバンドが結成される、いかにも日本人が名づけた…、「グループ・サウンド」全成の時代でした。

思い出の渚 受験勉強に専念するように…との配慮か、学校行事の多くが前に、前に実施されるようになり、2年生の終わりか、3年生の始めに九州への修学旅行があったようです。大阪港天保山から九州へ向かう関西汽船、往路の夜景か、それとも復路の景色だったのか、皆んなで眺めている時に船内に流れていたのか、皆んなで歌ったのがワイルド・ワンズの『思い出の渚』でした。

 ワイルド・ワンズとは、加山雄三が名付け親で、マーロン・ブランド主演映画:『乱暴者』の原題:『THE WILD ONE』からの借用と思われますが、映画の内容は後の『Hells Angels』につながる暴走族の話で、加山雄三のひと世代前、石原慎太郎の『太陽族』(その弟:裕次郎主演で映画化)と同時代の映画でした。石原慎太郎の『太陽族』〜加山雄三〜ワイルドワンズに始まった「湘南」サウンド、「輝く太陽と青い海」の湘南大衆文化は、兵庫県伊丹市に住む高校生には大いに魅力でした。

 ビートルズの熱狂的ファンだった彼は既にこの世にはなく、見ることが叶わなかったビートルズのメンバーの一人、ポール・マッカートニーの大坂公演の日、ワイルド・ワンズの加瀬邦彦さん死去のニュースでした。

 ご冥福をお祈りします。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
I appreciate YOUR SUPPORT.  皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


express01 at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search