中世

August 22, 2010

巨大な巡礼、十字軍

坂東三十三観音巡礼「坂東三十三観音札所巡り」にはまっている大先輩がおられます。西国出身の私、信心もなく、知識もありません。「四国八十八ヶ所巡礼」、「西国三十三札所巡り」という言葉を聞いたことはありますが、関東にもあるとは知りませんでした。1184年、源頼朝に「平家追討の宣旨」が下り、多くの板東武者が西日本を転戦します。平家打倒を成し遂げた頼朝は関東一円の武士の統領とし源平の戦いて、1192年鎌倉幕府を開きます。西国を見聞した彼らに、それにに習って同じような札所を作ろうという機運が高まり、また頼朝が観音信仰に厚く、源平の戦いの供養のために作られたのが始まりだそうです。

ちょうど同じ時代、というのが面白いのですが、舞台は西ヨーロッパ。キリスト教においても、エルサレム、ローマ、サンティアゴ・ デ・コンポステーラ(スペイン)の3大聖地への熱病的な巡礼、高揚が最高潮に達することなります。一方では、天に限りなく近づきたいという思いからか、高い尖塔とステンドグラスを特徴とするゴシック大聖堂が各地で競って建築されましたが、多大な庶民の熱病的な寄進、献身的な労働があってたそうです。聖地巡礼、ゴシック大聖堂建築に共通するのは単なる信仰心の熱病的な高揚だけではなく、免罪符を得んが為に巡礼に出、大聖堂建築に寄進あるいは無償の労働に従事したのです。

ゲルマン人の侵入により西ローマ帝国は崩壊(467年)、彼らは侵入してきた蛮族、より高度な文明を持つ先住民族(旧ローマ帝国市民)の支配・統治に利用したのがキリスト教(ローマ教皇)でした。ゲルマン人王はローマ教皇の権威を認め、その権威に基づき、ゲルマン王の支配・統治に正当性を与え、その見返りに、ローマ教皇は経済的・軍事的な保護を得るという、並立・相互依存・二重支配の構造でした。結果、ローマ教皇は全ヨーロッパから土着の異教を駆逐、キリスト教一色に塗り替えてしまい、ついには、ローマ教皇が、ゲルマン王を凌駕し、西ヨーロッパにおける最高権力をその手に握ることになります。

かろうじて余命を保っていた東ローマ帝国(ビザンツ帝国)は東方のササーン朝ペルシアやイスラム帝国に領土を侵食され徐々に衰退、ローマ教皇に救援を求めます。ローマ教皇は、「待ってました」とばかりに、その要請を受け入れ、教皇権優位の確立、東方正教会(今でいうギリシャ正教会)の併合という「真の」政治目的達成の為に、民衆を扇動、十字軍を組織します。

Crusader Shield異教徒からの聖地エルサレムの奪回』の大義名分と「異教の地で命を落とした者、異教徒と戦って命を落とした者は全て罪の許しが与えられる」、この免罪符に呼応して、敬虔な信者だけではなく、多くの民衆・一般庶民が十字軍に参加します。ゴシック大聖堂建築に注いだと全く同じ熱病的信心にさらに免罪符というおまけまで付いていました。

「十字軍」はローマ教皇が企てた、支配階級そして一般民衆を熱狂に巻き込んだ巨大な「巡礼」であったということができるでしょう。「十字軍」、英語では「Crusader、Crusade(聖戦)」。『イラク戦争』でブッシュ政権はこの表現を使いました。同じキリスト教国家であるフランス、ドイツの反対にあいましたが、異教徒にも係わらず日本はその「十字軍」に荷担することになります。
Entry of the Crusaders into Constantinople
1095年から1272年にかけて計9回の遠征がなされます。 第1回遠征(1095〜1099)では聖地エルサレムを奪回に成功しますが、極めつけは第4次十字軍(1202〜1204)、巡礼は聖地へは向かわず、あろうことか、助けを求めてきた東ローマ帝国(ビザンツ帝国)の首都:コンスタンチノープルを攻撃する始末で、帝国崩壊を加速させます(1453年オスマントルコにより滅亡)。

西ローマ帝国の崩壊以降、5世紀から12世紀にかけて、西ヨーロッパ文明は停滞します。「ゴシック様式」と呼ばれるキリスト教様式も、本来の意味「(野蛮な)ゴート人(ゲルマン人)の」という、後のルネッサンス人が付けた蔑称を起源とするもので、「暗黒時代」とはこの時代のことか…、文明的にもビザンツ、イスラム、中国の諸文明からかなり遅れていたのでしょう。

コンスタンチノープル陥落の混乱を避けて科学者・文化人は西側に逃れ、これを契機に、ヨーロッパ人のヨーロッパ人たる所以、ルーツ:「ギリシャ・ローマの文化」、これを継承・発展させた「ビザンチン文化」、さらには、中国、インド、アラビア、ペルシア、ギリシアの諸文明を融合、自然科学を発展させた先進の「イスラム文明(文化)」をもたらします。これが反キリスト教の色彩を帯びた「ルネッサンス」を加速、皮肉なことに、ローマ教皇の権威を低下、そして遠征の主導力:騎士階級を弱体化させる結果となります。
Knight
地球の反対側では武士(さむらい)による社会が始まりますが、忠誠、武勇、寛容、礼節の中世騎士道のロマンは終焉を迎えます。

冒頭の彼、毎週末、電車や車で巡っておられるそうで、「これではあんまり御利益はないのでは…」と思うのはともかく、最近では、ただお寺を巡って「手を合わせるだけでは芸がない」、と一念発起、『般若心経』を諳んじるまでになったそうです。音楽が趣味の一つの私なのですが、歌詞を3番おろか1番さえも覚えられず、歌詞とギターコードを目の前にしないと歌うことが出来ない人間にとって、「般若心経を諳んじる」、とは神仏のなせる業です。

Momo holding sign board-HKX Radio
※Nobu, Kun & Isa Band の今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
       
  
Thanks for Your Support ▼: 今日の席順は?
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング

Vist Us:
Hong Kong Express BannerHKX Brands

express01 at 18:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search