上野天神祭

October 31, 2015

俳聖殿

 上野天神祭_2「同窓会」と私だけが呼んでいますが、今年も「伊賀上野天神祭」が催される10月24日・25日にいつものメンバーが集まりました。メンバーの一人、新潟に住む彼は大学時代はワンゲル、京都でのOB会には必ず出席、全国に散らばるOBと共に山へ登っているそうです。彼の伊賀上野入りの目的は、同窓会に加えて、「天神祭」楼車(だんじり)の綱を引くことにあるのです。老い故の体力低下・故障・病気に悩む他の出席者からすればうらやましい彼です。

上野天神祭_5 「上野天神祭」は400年余りの歴史があり、神輿(みこし)・鬼行列・楼車(だんじり)が行列を組んで、上野の町衆街だけを巡行します。伊賀上野は戦国時代、織田信長に反旗を翻した「惣」と呼ばれる自治組織を持つ土地柄、豊かな町衆が自主的に始めた祭です。関ヶ原後に入封した藤堂家も慣例に従わい、むしろそれを楽しんだのでしょう。祭そのものは一回見れば済むもので、残念ながら、彼のように「祭=命」の感覚にはなりません。

 おそらく、芭蕉もこの豪華な「上野天神祭」を見たことでしょう。芭蕉は武士でも、農民・町民でもない、伊賀国では「無足人」と呼ばれる郷士、藤堂新七郎良清の長男:良忠(俳号は蝉吟)に仕えたが、その仕事は料理人でした。良忠とともに京都にいた北村季吟に師事して俳諧の道に入るが、良忠は若くして急死、最良の理解者・支援者を失います。西鶴が主流を占める大坂・京には新参者が入り込む余地もなく、芭蕉は一大決意をして藤堂家を離れ、1672年、句集『貝おほひ』を上野天神宮に奉納、江戸に向けて出立しました。

 既に戦国時代は過去のものとなり、平和と安定の世に変わりました。絶対的な立法権と行政権(軍事・警察権)を独占していた武士階級はその社会全体の富を独占できるはずなのですが…、そうとはならず、時の経過とともに貧しくなっていきます。農業生産力の飛躍的拡大、治水・治山・新田・鉱山開発が進み、道路・航路などの交通網が発達、物流が活発化、商品経済が発展、圧倒的に商人の時代、「元禄文化」が生まれます。「上野天神祭」の担い手も時代の主役、上野の町衆でした。

 芭蕉の人生の再出発を誓った江戸入りは大当たり、日本橋小田原町にて俳諧師として一定の成功を収めます。大坂の西鶴をも凌駕する人気をおさめるが、それもつかの間、芭蕉は今まで確立した俳諧師としての豊かな生活を捨て、深川に隠棲します。どうして…唐突に?一説には、彼の妾=内縁の妻:寿貞と甥の桃印との不義密通が理由だったといいます。因みに、〜 夜密かに虫は月下の栗を穿つ 〜とは不気味な、鬼気迫る一句です。彼の失意を救ったのは仏頂和尚、禅との出会いでした。ジェットコースターのような半生も終盤にさしかかります。
151028伊賀上野俳聖殿
 再び芭蕉を襲ったのが、1682年12月、天和の大火(「八百屋お七の火事」)でした。庵を焼失し、再び失意のどん底に落ちます。ここでまたもや這い上がるのが芭蕉で、彼は庵を捨て、「笠」を最小の「庵」と考え、侘び住まいの芭蕉庵も旅の笠も同じ、「旅」という新境地に到達します。結果から見ると、彼の「旅」は俳諧布教の旅であり、訪れた至る所に信者を作り、神格化され、崇められ、あちこちに句碑・記念碑が建っています。そんな芭蕉の旅姿をモチーフにした建物、その名も「俳聖殿」、伊賀上野城内に在り、ありがたいことに、近くに控えているボランティアが芭蕉の一生を語り聞かせてくれます。もちろん、信者の奉仕活動です。

 「年寄りのアイドル」と呼ばれているそうですが、我が同窓会では体力低下・故障・病気そして年金に関して話題に上ることがあっても、芭蕉の話には至りませんでした。来年を楽しみにすることにしましょう。

※参考:永田龍太郎「人間芭蕉記 」 司馬遼太郎「十六の話 ・文学から見た日本歴史」 嵐山光三郎「悪党芭蕉
Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 

I appreciate YOUR SUPPORT.  ▼ 皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


express01 at 10:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 01, 2014

みんな、「人生色々」

「上野天神祭」の山車を引くのを楽しみに、毎年この時期、遠く新潟からやって来る御仁がおられます。昨年10月、三重県伊賀上野の友人宅でその彼に会ったのが2回目でした。その彼からメールが、確か…、ガラケーしか持っていない彼…、「タブレット端末を購入したが、商品を入手するのは後日、入手したら連絡するので会って使い方を手ほどきして欲しい」という内容でした。もうそろそろ…かと、先日当方からメールすると、「小田原に帰るので会おう」というお誘いのご返事でした。

私の頭が悪いのか…、どうも彼の置かれている状況を把握出来ていませんでした。その彼は遠く新潟出身、私の友人は三重県伊賀青山、加えて名古屋出身者、この3人がは京都での学生時代、同じ下宿に暮らしたことが縁で毎年この時期、上野の友人宅で会っているそうです。因みに、当時、私は関西在住、竜安寺近くの大学まで通っていたので、加えて、大学紛争・大阪万博関係のアルバイトで大学どころではなかったので…、友人の下宿での交友関係は知りませんでした。私と友人との接点は同じゼミに所属したことですが、それはいつかまた次の機会に譲りましょう。

彼は、将来、新潟に帰ることを考えて就職、勤務地が関東となりました。私と同じく、それから何十年、誰も人生には紆余曲折あって、大半を過ごした小田原市に住み、新潟まで450キロを車で、月のうち20日間をご両親の介護で過ごしているそうで、小田原に帰って来たのを機会に今回の再会になったわけです。亡くなりましたが、両親の面倒を二人の姉に任せっぱなしだった私とは大違いです。

曽我梅林タブレット端末…?、今までパソコンも、キーボードさえ触ったことがなかった私の姉でさえ、今やメールを送受信、ブログへのコメントくれるまでになったのですから…、何をどのようにお教えしようか…と思案しながら車窓の景色を眺めます。         ※写真は小田原市観光課より拝借
私の住む町田から小田急で1時間弱、相模国(神奈川県)を東から西へ横断、小田原の少し手前の開成駅で待ち合わせです。彼が連れて行ってくれたのは「曽我別所梅祭り」、河津桜の名所も近く、花見にふさわしい暖かな日和です。

時代は平安末期、まだ平家が都で権勢を振るっていた頃、工藤祐経(すけつね)とその叔父:伊東祐親(すけちか)、両者の所領争いに始まります。1176年、工藤祐経の命を受けた郎党二人は伊藤祐親を待ち伏せて襲い、一緒にいた嫡男:河津祐泰(すけやす)を殺害します。死んだ河津祐泰の妻は曽我祐信(すけのぶ)と再婚、その子・兄:一萬丸と弟:箱王丸はこの地:曽我荘で育ちます。

伊東家は平家について没落、逆に、工藤祐経は頼朝に従ってその寵臣となります。征夷大将軍に任じられ、鎌倉幕府を開いた頼朝は、1193年、関東一円の御家人を富士山の裾野に集めて大規模な巻狩、軍事演習を行いました。元服した兄弟もその巻狩に参加、同じく参加している工藤祐経(すけつね)の陣屋を襲撃、祐経を殺害しました。兄:祐成(すけなり)はその場で討ち取られ、弟:時致(ときむね)は捕らえられ、処刑されました。表面的にはこんなあらすじで、その裏には頼朝政権誕生に纏わる骨肉の争いがあるのですが、ここでは触れません。これが「曽我兄弟の仇討ち」事件です。※ふりがなを付けないと読み続ける気をなくしてしまいます。

数馬茶屋前回の伊賀「上野天神祭」は豪雨の影響で中止、当日も雨でやることもなく、友人の奥さんのアドバイスで、その彼と連れ立って行ってみたのが「鍵屋の辻」でした。『伊賀越鍵屋辻の決闘(1634)』の舞台に続いて、今回は『曽我兄弟』縁の地に出かけ…、これはおそらく「日本三大仇討ち」ツアー、次回は『忠臣蔵(1702)』の本所吉良邸になるのではないでしょうか。

結局、タブレット端末に一言も触れることもなく、小田原城近くの居酒屋、二人でビールを楽しみ、小田急に乗り込みました。遠く新潟からやって来た学生時代の京都、故郷に至る途中の関東:小田原に住む彼。関西に育ち、仕事で関東に…、それまでは縁も縁もなかった町田に住む私。「人生色々」、一杯の客を乗せた電車は間もなく町田に到着です。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


express01 at 12:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search