ラテンセイル

March 02, 2013

ラテン・セイル 三角帆

オロシヤ国酔夢譚1782年、船頭頭:大黒屋光太夫以下船員15名及び紀州藩派遣の農民1名を乗せた千石船(弁才船):『神昌丸』(全長:20m)は紀州の囲米を積荷に、伊勢国白子の浦から江戸へ向かいますが、駿河沖で暴風に遭い、7ヶ月もの漂流の後、アリューシャン列島の一つ、アムチトカ島へ漂着します。その後カムチャツカ、オホーツク、ヤクーツクを経由して1789年イルクーツクに至ります。日本に興味を寄せる博物学者キリル・ラクスマンと出会い、1791年、彼に連れられてシベリア大陸を横断、ロシアの首都:サンクトペテルブルクに至り、女帝:エカテリーナ2世に謁見、帰国を許されます。漂流から約10年を経た1792年 (寛政4年9月)、遣日使節:アダム・ラクスマン一行の船:『エカテリーナ』(42人 全長:33m)に乗り、根室の地に生還できたのは光太夫を含めて3人でした(上陸後に1人死亡)。

7世紀、アラブ人のラテン・セイル(三角帆)を始めとする造船・操船・航海技術は地中海を席捲、逆に西欧人は地中海の主導権を放棄、アラブ人の航海技術を学んで、「ヘラクレスの柱」の西、大西洋に乗り出したのが15世紀末、16〜17世紀には西欧の船は西太平洋、東アジアへも進出、18世紀になると鎖国下の日本近海でも見受けられるようになります。

洋船断面図-竜骨
和船断面図-桶





※上のイラスト、大阪港振興協会:『帆船から学ぶ海と日本』より拝借しました。

西欧の船は、中国・アラブもそうなのですが…、古代より竜骨(キール)に肋骨(リブ)を組み合わせた上に機密甲板(デッキ)の船体構造でした。対する和船を見ると、18世紀末、光太夫の乗った千石船(弁才船):『神昌丸』では、竜骨・機密甲板(デッキ)のない、遣唐使船の時代(9世紀)とほとんど変わりません。まさに、「板子一枚下は地獄」でした。その違いを指して、西欧の船を『樽』、和船を『桶』に例えるそうです。

基本的に、和船は四角帆一枚であり、追い風に乗って進む方法しか知らず、向かい風になれば帆を降ろして港で風待ちをしたのです。17世紀初め、江戸時代前期の廻船は順風帆走・沿岸航海しか出来ず、大阪〜江戸間の航海に平均32.8日を要しました。気象予報は船頭頭の経験と勘、それが外れて嵐にでも遭えば難破、光太夫のように太平洋を漂流することになります。18世紀末、江戸時代中・後期になると、その太平洋に、はるかアメリカからやってきた捕鯨船が遊弋するのがしばしば見られ、日本の船乗りも彼等の操船技術の優位性を学ぶようになり、四角帆一枚でも逆風を利用して航行できる、「風切り」という操船術を習得します。例えば、「新酒番船」という新酒を運ぶ急行便が現れ、1790年、西宮〜江戸を58時間で航海した記録があるそうです。遣唐使船依頼、和船の進歩がほとんど見られないのに、一方の西欧の造船・操船・航海技術は大いに進歩、複数の帆を使いながら逆風を利用して航行する帆走システムを確立していました。

西欧と日本、その彼我の科学技術の差は如何ともし難いものでしたが、日本の技術も捨てたものではありません。ラテン・セイル(三角帆)に遡る、その根本原理は「流体力学(?)」でいう「揚力」でした。西欧のボートはオールで漕ぎますが、これは単純な「力学」。それにくらべて、東南アジア・中国にもあるらしいのですが…、小舟(=伝馬船)の櫓(ろ)は「流体力学(?)」でいう「揚力」を利用、櫓一本で前進後退、横向きにも移動、その使い方よりも、「流体力学(?)」に沿った櫓(ろ)の形状を削り出すのが難しいそうです。
 
しばらくすると、蒸気機関の発達で「外輪船」が登場しますが、オールと同じく単純な「力学」故か…、この「外輪」の効率が悪く、「スクリュ−(=プロペラ)」にとって替わります。近代船の推進装置、「スクリュ−<screw>(=プロペラ<propeller>)」こそ「流体力学(?)」でいう「揚力」の産物であり、ギリシヤ文明に始まる「ネジ、英語でいう<screw>」構造の延長上にあるものでした。ギリシャでは揚水ポンプとして、ローマ文明〜地中海文明ではオリーブやブドウを搾る圧縮機、16世紀にはグーテンベルグの印刷機に、鉄砲を始めとする精密機械に、識字率の向上は人間の思想にも変革をもたらし、これが後の宗教改革、啓蒙思想、のブルジョア市民革命、産業革命に続いていく、西欧でなければ存在しない概念・技術の延長上にありました。

一方、「ネジ」の概念は中国・日本などのアジアの文明には存在せず、日本には、1543年に種子島にポルトガル人がもたらした火縄銃とともに「ネジ」が伝来したとされ、この銃を模して作るに当たり、銃身の最後尾を塞ぐ尾栓に使われていた雄ネジと雌ネジが日本で初めて登場した「ネジ」とされますが、戦国期、世界一の銃器生産国になりながら、造船・操船・航海技術と同じく…、その後の技術的発展は皆無…、まさにプッツリ途切れてしまいました。残念ながら日本に「ネジ」構造・概念は根付きませんでした。

大黒屋光太夫を送り届けたアダム・ラクスマンのロシア使節団は鎖国を国是とする幕府との最初の外交接触でした。来航する西欧船は次第に増加、国防問題に端を発し、国論を二分する「尊皇攘夷」思想に発展、幕府転覆のスローガン:「尊王討幕」に変わって行きます。

※ Amazon:おろしや国酔夢譚 特別版 [DVD] 大黒屋光太夫 (上) (新潮文庫) 大黒屋光太夫 (下) (新潮文庫) おろしや国酔夢譚 (文春文庫 い 2-1)

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング 


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search