モンゴル

November 13, 2017

火薬を巡る世界史そして日本史

 平安末期、平清盛の時代(1118-81)、日本の東(北)の端は津軽半島東部の「外ヶ浜」、 西(南)の端は鬼界ヶ島(=薩摩硫黄島)でした。清盛政権の転覆を謀った(『鹿ヶ谷の陰謀(1177)』)ことを理由に俊寛以下3人はこのこの鬼界ヶ島に流されますが、この鬼界ヶ島は硫黄の産地、積み出し港として、清盛政権の財政的基板である日宋貿易、朝鮮半島・琉球を結ぶ交易ルートにおける最重要拠点の一つでした。摂津国福原で奥州産の金・銀を積み、博多を経由、鬼界ヶ島で硫黄を積んで 宋(寧波)へ,宋からは大量の宋銭・香料・陶磁器などを持って帰るという貿易ルートを実現、 輸入された大量の宋銭は、従来の国産の貨幣を駆逐、貨幣経済の革命的な発展をもたらします。清盛に依る政権奪取、引き継いだ頼朝が開いた鎌倉幕府に始まる700年に及ぶ武家の時代となります。
てつはう
 当時の文明国、中国の宋(960 - 1279)は異民族の圧迫を受けて南下します。唐の時代(618年〜907年)に発明された黒色火薬(硝石+木炭粉+硫黄)の実戦兵器への応用が急速に拡大しますが、女真族:金により、華北・東北地方の領土を失った南宋(1127 - 79)は、火薬の原料である硫黄の国内における産地を失い、日本にその供給を求めるようになった訳です。清盛が輸出した硫黄が中国で何に利用されるかを探った様子はありません。金そして南宋を滅ぼしたモンゴルは元を建て(1271 - 1361)、フビライの時、日本にもモンゴルへの服属を求めたが鎌倉幕府はこれを拒否したため、1274年(文永の役)・1281年(弘安の役)の二度、モンゴル(元)と高麗の連合軍を日本へ送るがいずれも失敗に終わります。モンゴル軍の「てつはう(炸裂弾)」は絵にも残されているように、大いに驚いた鎌倉武士でしたが、この最新兵器がどのようなものか、炸裂・爆発するメカニズムを解明しようという思いには至らなかったのは清盛の時代と同じです。全く興味を示さなかったのは、当時の中華文明国に比べその一周辺国に過ぎない日本の文明度が格段に低かったということです。

Battle of Sarhu  ヨーロッパへの火薬の伝来は、モンゴルのバトゥのヨーロッパ遠征(1236 - 1241)の時、あるいは十字軍遠征(1096 - 1291)の時代に、既に火薬が伝来していたイスラム軍との戦闘を通じてヨーロッパに知られたとも言われる。1252〜56年カラコルムでの活動していたフランシスコ会伝道師が見聞した火薬の知識を当時ヨーロッパの最高学府で学んでいたロジャー・ベーコン(1214 - 1294)に伝え、後にベーコンは火薬に関して書物に著し、そこには硝石についての記述があるそうです。 1333年に鎌倉幕府滅亡、その頃までにヨーロッパでは火薬が研究され、如何に硝石を人工的に作るかが研究されていたということです。1378年にはニュルンベルクにおいて初めて、糞尿などをかけて硝石を人工的に生産する施設が作られたが、効率も品質も悪く、増加する一方の火薬の需要を満たすには至りませんでした。

 一方の日本、文永・弘安の役という二度の痛い経験をしながら、これを原因に鎌倉幕府は滅亡するのですが(1333)、モンゴル軍が用いた「てつはう」のメカニズムを解明しようとはしていません。当時、ヨーロッパはルネッサンス前の、いわゆる中世の暗黒時代、同時代の日本はこと「火薬」に関してはヨーロッパに大きく遅れをとっていた事になります。火薬の発達の背景には戦争があるのは当然の話、火薬の実戦配備は中国宗時代の金・モンゴル等の対北方異民族戦、モンゴルのイスラム・ヨーロッパ遠征、これがヨーロッパに持ち込まれた14世紀からの500年にわたり、これらの地域では戦争の絶え間がなく火薬兵器が発達がしました。

 モンゴル元寇の「てつはう」から種子島「鉄砲」までの262年間、日本が鎌倉幕府滅亡→南北朝動乱→室町幕府の無力化→応仁の乱と戦乱が続いたのはヨーロッパ中世と同じ、ましてや戦争のプロ、武家の時代のはずですが、歴史上では、火薬兵器・硝石の研究開発がなされた事実がありません。2度の元寇でぎくしゃくあったにせよ日元貿易あり、足利室町幕府は朝貢という形を取ってでも日明貿易を行っており、朝鮮半島経由でも、何らかの形で火薬・硝石の情報が入って来ているはずです。例えば、中国では、唐・宗の時代から爆竹があったらしく、かなり早い段階で火薬は日本にも入っていたのではないかという疑問がわくのは当然です。

 262年間無関心であったものが、種子島を機に、それこそ爆発的に関心度を高め、重要度に目覚め、わずか60年の間にそれまでの空白を埋めるかのように、一気に、少なくとも量的には、関ヶ原で世界の頂点に達します。ところが、家康が江戸に徳川幕府を開き平和が訪れると、一挙に軍縮が急激に進み、火薬兵器の発達はばったり停止、銃把(=グリップ)の装飾に贅をこらすなど、兵器=道具としてよりも意匠・工芸美術品に成り下がっていきます。その間、難渋して獲得した最重要技術の一つ、銃底の強度確保のための尾栓の雄ネジ及びそれがねじ込まれる銃底の雌ネジの製造技術(ネジは中国の発明ではない)は火薬兵器の発達停止とともに、 銃底 ネジ他の産業技術に応用されることもなく、歴史の中に埋没してしまいます。不思議です。

 尾栓のネジの切り方に難渋した末に国産銃を完成させますが…、火薬を調達・製造できなければ、鉄砲が出来たとしてもそれは単なる鉄パイプ。火薬製造に、木炭・硫黄は入手出来たとしても硝石の入手は難しく、今井宗久・千利休等の堺商人による輸入に依存せざるを得ません。つまりは、火薬は堺でしか作れず、ヴェニスと並び賞される堺の自治は火薬の独占により実現したことになります。

 長くなりました。この続きは次の機会に譲るとしましょう。

Your Support, Please.▼皆様のご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ      


express01 at 16:24|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 09, 2015

奇しくも同時期、モンゴルとサムライの勃興

 伊豆衝突2千万年前、伊豆は遥か南方の海底火山でしたが、徐々に北上し、60万年前、遂に本州に衝突し、急峻な伊豆・箱根・丹沢山地が誕生しました。

 地球の歴史から見ればほんの少し前、たかだか5千年前、四大文明が誕生、やっとのことで、人類は文字を用いて歴史を刻み始めました。 独自の進化・発展をしてきたそれらの文明世界ですが、12〜14世紀、ユーラシア大陸にモンゴルが勃興、東の中国文明世界と西の地中海文明世界に跨がる巨大帝国を作り上げます。ユーラシア大陸におけるモンゴル帝国の出現は人類史上画期的な出来事であり、パクス・モンゴリカが本当の意味での「世界史」を実現したと云えるでしょう。
mongol empire
13世紀モンゴル帝国および主要交易ルート

 奇しくも…、ユーラシア大陸が東の海に没する日本列島では、そのモンゴル勃興と同時期、伊豆衝突で出来た伊豆・箱根・丹沢山地、秩父そして碓氷峠につながる大きな山塊の東、坂の東に、「坂東武士」が誕生します。今日、日常的に使われる言葉:「一生懸命(いっしょうけんめい)」、元来は 「一所懸命」、自分の領地(一所)を命懸けで守る、という論理でした。「名こそ惜しけれ」、卑怯な振る舞いを蔑む精神と表裏一体して、半独立国家を形成、後の「鎌倉幕府」につながっていきます。日本人の精神構造の重要な部分はこの地、この時代に形成されました。

 こうして鎌倉幕府(1192)が誕生、以降、武士(サムライ)は、中国・朝鮮とは全く違う社会を作り出し、8百年もの長きに渡り日本を支配、その違いは江戸時代に決定的となります。 日本人でありながらアジアを理解しない、明治期の「脱亜入欧」思想はこの歴史に由来します。徳川幕府の江戸時代、絶対的な立法・行政権(特に徴税・軍事・警察権)を持つ支配階級にその社会の富が集中するはずなのですが…、支配階級である武士は時の経過とともに相対的に貧しくなり、商人が経済的に力を増してくるという、まさに商品経済の大きく発展する時代、「商人の時代」でした。全人口の5〜7%を占める武士は、ヨーロッパにおける初期プロテスタントの如く、自律的で、潔く、公共への奉仕精神を持ち、被支配階級の農民・商人・職人から尊敬されていました。 武士は学問をする階級(知識階級)であり、商人など庶民の子弟は、基礎学力として、読み・書き・算盤を学び、幕末の識字率は70〜80%に達しました。商品経済の発展は人間を現実的、物質的にし、学問は実証的になります。近代資本主義の萌芽は既に江戸時代に始まっていました。因みに、現在のイラクの識字率は40%、アフガニスタン36%と、2百年前の日本より低いことになります。

 現在も伊豆半島はフィリピン海プレートの最北端部に在って、本州が乗っているユーラシアプレートの下に沈み込んでおり、東海・東南海・南海地震が発生する原因と考えられ、箱根大涌谷火山活動の活発化から、遠くない富士山噴火も予測されています。

※参考:司馬遼太郎『十六の話 』 西尾幹二『地球日本史

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 

I appreciate YOUR SUPPORT.  ▼ 皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


August 09, 2015

胡椒と金

ノザキのコンビーフ 昔から釈然としないことが多いのですが、その一つがこれです。 中世の西欧では牛豚の肉は、もちろん干し肉、薫製などに加工されましたが、多くは塩漬けにして樽の中につけて置き、これを少量ずつ長い冬の間に食べつないだのです。冬が寒いとしても肉は傷んできます。腐りかけた肉に「胡椒」をかけると臭みが消え、一度「胡椒」の味を知るとそれなしではすまない必需品となったそうです。※蛇足ながら、牛肉の塩漬けは英語で「Corned Beef」、日本には戦後アメリカから入り、「コンビーフ」と呼ばれ、特に関東地方で大衆化しました。

pepper 胡椒をはじめとする香辛料の産地はインド西海岸、ジャワ、スマトラ、モルッカ諸島、マライ半島に限られて西欧からは遙かに遠く、その間、インド商人、アラビア商人、そして地中化に至るとベネチア、ジェノバ商人の手を経なければならず、この入手困難な貴重品:「胡椒」は当時金にも匹敵する価値があり、西欧を「大航海時代」へと突き動かす動機の一つに、自前での「胡椒」の確保があったそうです。しかし、わさび・唐辛子・和がらしを知る日本人の私からすれば、あればよりおいしいがなければないですむ、胡椒もたかが薬味、金にも匹敵する、とはグルメじゃない私だけの思いか…、想像もできないほどにばかげた話に聞こえます。

ペストマスク 11〜12世紀、十字軍のエルサレム派遣は最初のペスト(黒死病)流行をヨーロッパにもたらしましたが、13世紀に入ると、エルサレムのさらに東からモンゴル軍がやってきます。中国雲南省の風土病と思われていたペストはモンゴル軍に感染、ユーラシア大陸の大部分を席巻したモンゴル軍(「キプチャク汗国」)は、1346年のクリミア半島、ベネチアとジェノバ商人(ユダヤ人)の籠城するカッファを包囲、ペストに感染したモンゴル軍兵士の死体を城内に投棄してペストに感染させ、ベネチアやジェノバに逃げ延びた彼らから西欧の腺ペストの大流行となり、その間(1347〜53)、人口の1/3が死亡するという、人々にとっては全く異次元の、得体の知れない恐ろしい病気でした。実は、当時のこの腺ペストの予防・治療に有効と考えられていたのが胡椒だった訳です。この年になって初めて納得できる話に巡り会うことができました。上の絵は奇怪なマスクをかぶった当時の黒死病専門医師

 時代を遡って、東の端に目を向けます。「白村江の戦い(663)」で唐・新羅連合軍に敗れ、唐(中国)との冊封関係を断ち切った日本。唐の侵攻も恐れられる中、国家安泰・五穀豊穣を祈願して建立されたのが東大寺大仏であり、鍍金(メッキ)のための金が不足する事態をすくったのが陸奥国涌谷(わくや)で日本で初めての砂金産出でした(749)。以降、長い戦乱を経て、砂金産地を押さえ、馬や毛皮などの様々な物資を独占した奥州藤原氏の時代を迎えます(1087〜1189)。おそらく、独自の海外交易を行い、戦乱の京を尻目に、中尊寺金色堂に代表される平泉浄土教文化の栄華は当時カセイ(Cathay)と呼ばれた中国南部(杭州)にも聞こえていたはずです。

Marco Polo

 モンゴル支配下の中国(元(1271-1368))に滞在したマルコポーロは「黄金の国ジパング」、日本の情報を中国南部で得たと思われ、帰国後、ベネチアとジェノバ間の戦争捕虜(「メロリアの戦い(1298)」となりその獄中で口述筆記された『東方見聞録』に在る「莫大な金を産出し」や「宮殿や民家は黄金で出来ている」とは、かつて存在した、この奥州藤原氏平泉文化の事を聞いたのであろう。ついには、「キオッジアの海戦(1378〜1380)」でベネチアが勝利、東地中海貿易を独占します。敗北したジェノバはジブラルタル海峡の西、イベリア半島経由で、当時毛織行で繁栄したフランダース(現在のベルギー)との交易に活路を求めてポルトガルに接近します。

 ポルトガルはジェノバの商業・航海技術を引き継いで、いよいよ大西洋に船出することになります。1415年、北アフリカのセウタを占領、続いて象牙海岸・黄金海岸を経てガーナの地に城塞を築いて金や奴隷の交易を行い、1497年にはバスコ・ダ・ガマが喜望峰を周りインド航路を開拓、カルカッタ、マラッカを越え、マカオ、1541年には豊後に辿り着きます。かつては、インド商人、アラビア商人、そして地中海に入るとベネチア、ジェノバ商人の手を経ていた胡椒取引がポルトガル一手に集約されたのですからその利益は莫大なものになったことでしょう。

 1492年、『東方見聞録』の「黄金の国ジパング」に魅了されたコロンブスは大西洋を西へ、苦難の末到達したのが現在のエルサルバドル、これをインドと誤認、さらに奥地を探検したが、「黄金の国ジパング」を発見することは出来ませんでした。これが、西欧にとっての、新大陸・新世界の発見でした。

 胡椒と金、西欧を「大航海時代」に突き動かした大きな動機なのですが、その背景には13世紀のモンゴル帝国の勃興を見逃すことが出来ません。ユーラシア大陸の大部分を統一、東西を結ぶ交通路の整備・治安を維持、商人の保護に努め、信仰には寛容で、人種・民族にかかわらず能力のある者を登用して、モンゴル帝国が完成され、東の中国文明と西の地中海文明が結ばれることになったのです。ほんとうの世界史はここに始まったといえるでしょう。

 奇しくも、同じ12世紀、ユーラシア大陸が東の海に落ち込むところ、「黄金の国ジパング」では武士が台頭、その後約7百年、武士の世の中が続きます。

 ※参考資料:地球日本史〈1〉日本とヨーロッパの同時勃興

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
I appreciate YOUR SUPPORT.  皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


March 25, 2012

『平清盛』は面白い、…NHK大河ドラマはともかく…

宋(960 - 1279)は北方の遼、西の西夏、満州から南下した女真族が建国した金(1115)などの異民族の圧迫に悩んでいました。金と謀って遼を倒したまでは良かったのですが、遼の残党と南宋時代の地図手を組んで金を牽制、これが金の怒りを買い、中国史上における政治的中心地:華北を失います(1127)。長らく漢民族王朝がとってきた『以夷制夷 夷を以て夷を制す』政策が機能しなくなり、異民族王朝の出現を許すことになります。

これら異民族の圧迫により、唐の時代(618年〜907年)に発明された黒色火薬(硝石+木炭粉+硫黄)は実戦兵器への応用が急速に拡大します。金により、華北・東北地方の領土を失った南宋は、より一層、火薬の原料である硫黄を必要とするようになったにもかかわらず、国内にその産地を失い、日本に供給を求めるようになりました。

894年の遣唐使廃止以降も、中央の朝廷や貴族は貿易や交流にきわめて消極的でしたが、九州沿岸の商人たちによる私貿易は続いており、太宰府に代わって博多が中世都市として発展します。平清盛は1167年に太政大臣となり、権力を掌握、その基盤を西国に拡大し、音戸ノ瀬戸を開削(1167)、(機内)摂津国福原に大輪田泊を修築(1162)、安芸国厳島神社を造営(1168)、海上路を確保することになります。
torii_1
摂津国福原で奥州産の金・銀などを積み、鬼界ヶ島(薩摩硫黄島)の硫黄を宋へ運び,宋から大量の宋銭・香料・陶磁器などを持って帰るという三角貿易(鬼界ヶ島 → 宋(寧波) → 博多・摂津国福原)を実現。輸入された大量の宋銭は、従来の国産の貨幣を駆逐、貨幣経済の革命的な発展をもたらしました。これは正に、大航海時代、エリザベス1世(在位1558-1603)の時代、英国が莫大な富を得るアフリカ黒人奴隷(三角)貿易と全く同じ構図です。日宋貿易は院政否定、天皇擁護、福原遷都とならんで、清盛が東アジアを見据えた、如何にスケールの大きな政治家であったかを物語っています。
てつはう

宋が日本から大量の硫黄を輸入した訳を、清盛は知る由もなく…、また知る必要もないのですが…、次の異民族王朝:元(1271 - 1361)の時代、モンゴル軍は、「てつはう(炸裂弾)」を持って鎌倉幕府北条政権下の日本に侵攻します(1274/1281)。当時は十字軍の時代、イスラム教徒とキリスト教徒が闘い、そこにモンゴル軍が割り込んでくる、言わば、史上初めての、世界大戦の様相を呈した時代でした。

清盛は『平家物語』では傲慢な悪役として登場し、「貴族化した軟弱な平家が屈強な坂東武者に敗れた」や「奢り高ぶった平家から人心が離れた」とされますが、実は、朝廷、貴族、寺社(比叡山・興福寺)など、没落して行く支配階級側からの強烈な嫉妬・遺恨・敵愾心でした。武家の棟梁の座についた頼朝は、清盛の政策を踏襲して鎌倉幕府を開き、関東武士を結集しますが、どう見ても、チマチマした箱庭のような政権に見えるのは私だけでしょうかね。

モンゴル軍の炸裂弾に驚いた鎌倉武士でしたが(1274/1281)、ただびっくりしただけで、それが何であるかは興味もなかったのでしょうか…、次に日本人が鉄砲を目の前に持たらしたのは1543年、種子島に漂着したポルトガル人でした。中国 → イスラム → ヨーロッパ → 日本、あれから260年もかかっています。中国4大革命のうち、製紙・活版印刷はかなり初期の段階で、羅針盤は鎌倉時代までに日本に伝来したと思われますが、火薬も、中国から直接、あるいは朝鮮経由でもっと早い時期に伝来していたのではないでしょうか。

バグダッド陥落(1258)
グダッド陥落(1258)
NHK大河ドラマ:『平清盛』の人気は今ひとつ…、らしいですが、歴史上の『平清盛』は大いに見直されるべきでしょう。
Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
  
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング  


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search