ミスター・タンブリンマン

April 10, 2010

お宝発掘、『Mr. Tambourine Man』 recorded in 1975

どうも、この種の話には期待はずれが多いようです。

昔、『徳川の埋蔵金 大発掘(?)』というテレビ番組がありました。古文書に載っているもっともらしい土地をパワーショベルで掘り起こし、レポーターの「何か発見したようです!」のうわずった言葉に一瞬固唾を飲んでいると、プツッとCM。これで1時間も引っ張り廻されて、結局は何も発見されず「終わり」でした。民主党政権になって、あれだけ期待されていた埋蔵金の話も何処へやら、結果は「やっぱり〜」でした。

埋蔵金であればもっと嬉しいのですが、全くお金にはなりそうにない「お宝」を発掘しました。

ケビン・コスナー、お気に入りは『Mr. Tambourine Man』」をアップして気がつきました。「まてよ…、どこかにあったはず」、と探すこと小一時間、本棚の奥にそれはありました。

ブランクがあったものの、「こんなに長く、彼、デュエットの相方:Nobuさんと付き合っているのか…」、ちょっと考えさせられる、いや、感慨深い私です。

時代は1975年か76年、当時、まだ新婚のNobuさん宅におじゃまして、二人で歌ったことがあります。私には記憶がないのですが、その時に、カセットの録音ボタンを押してくれたのが奥さんだったそうで、その曲が『Mr. Tambourine Man』でした。それから約30年が過ぎ、その録音をCDに焼いてもらったのですが、あまり聞く気にもならず、それから長く本棚の奥に埋もれていた訳です。

歳のせいか、最近は羞恥心もなくなってきました。ケビン・コスナーをきっかけに発掘したお宝音源、『Mr. Tambourine Man』 covered by Nobu & Isao in 1975 or 76 をお聞きください。※少々音量を上げてお聞き下さい。



どうですか…、この『ミスター・タンブリンマン』になりきった、二人の見事なまでの感情移入。

あの歴史的な録音(二人にとって、ですが…)から35年、今度はドラムを加えた、Nobu, Kun & Isao でやってみました。



如何でしたでしょうか?     エッ…、「やっぱり〜」?

Support Me:
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ  人気ブログランキング

Vist Us: Tambourine Dog
Hong Kong Express Banner

express01 at 12:04|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search