ポール_マッカートニー

April 22, 2015

思い出の渚

 高校時代は兵庫県伊丹市に住み、2年生になると、理科系・文科系と、進路ごとにクラスが別れ、私は家族の期待を裏切って、文科系進路のクラスに入ることになりました。以降、卒業までの2年間、同じクラスで過ごすことになりますが、男子3人(あるいは4人)+女子2人の仲良しグループが出来上がり、何かと一緒に行動するようになりました。グループが出来上がった理由の一つが「音楽」で、その内の男子1人は、私と同じ中学校出身で、ビートルズの日本公演には、往復はがきでチケット購入に応募して当選しました。残念ながら、チケット代に加えて東京までの旅費・宿泊代を工面出来ず断念はしましたが…、ビートルズの熱狂的なファンでした。
 
 私は、彼ほどにはビートルズのファンではなく、ヨーロッパよりもアメリカの音楽、早い話が「アメリカかぶれ」、このブログで幾度となく紹介しているように、ビーチ・ボーイズのファンでした。ビートルズにせよ、ビーチ・ボーイズにせよ、世界の大衆音楽の頂点に立つバンドで、彼等を追いかけるように、日本でもスパイダーズ始め、多くのバンドが結成される、いかにも日本人が名づけた…、「グループ・サウンド」全成の時代でした。

思い出の渚 受験勉強に専念するように…との配慮か、学校行事の多くが前に、前に実施されるようになり、2年生の終わりか、3年生の始めに九州への修学旅行があったようです。大阪港天保山から九州へ向かう関西汽船、往路の夜景か、それとも復路の景色だったのか、皆んなで眺めている時に船内に流れていたのか、皆んなで歌ったのがワイルド・ワンズの『思い出の渚』でした。

 ワイルド・ワンズとは、加山雄三が名付け親で、マーロン・ブランド主演映画:『乱暴者』の原題:『THE WILD ONE』からの借用と思われますが、映画の内容は後の『Hells Angels』につながる暴走族の話で、加山雄三のひと世代前、石原慎太郎の『太陽族』(その弟:裕次郎主演で映画化)と同時代の映画でした。石原慎太郎の『太陽族』〜加山雄三〜ワイルドワンズに始まった「湘南」サウンド、「輝く太陽と青い海」の湘南大衆文化は、兵庫県伊丹市に住む高校生には大いに魅力でした。

 ビートルズの熱狂的ファンだった彼は既にこの世にはなく、見ることが叶わなかったビートルズのメンバーの一人、ポール・マッカートニーの大坂公演の日、ワイルド・ワンズの加瀬邦彦さん死去のニュースでした。

 ご冥福をお祈りします。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
I appreciate YOUR SUPPORT.  皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


December 17, 2013

音楽は楽しい

中学の時、音楽の先生が言った言葉が記憶に残っています。〜数学、物理学、歴史学、社会学、音楽…全てが<がく>ですが、<学ぶ>ではなく、<楽しい>という漢字を当てられているのは<音楽>だけ〜

多くの人がそうであるように、子供の時から、これといって秀でたもののなかった私です。6年前にNobuさんに誘われて30年ぶりに再開したギター、今では4人のバンドに成長、ライブ出演の依頼が来るようになりました。芸事、習い事の発表会の衣装代や会場費は生徒さん負担で、素人バンドの場合も同じく、会場費を出演バンド数で割り、それをバンド構成員で割って、一人あたりの負担金を決めるそうで、大きなホールなどでは、1人当たり1万〜1万5千円とゴルフ並の負担になるそうですが、それでもステージに立って演奏するのは楽しい、とは聞いた話です。そこまでして…、私には…。

世の中に音楽が好きな人は幾つになってもおられます。しかし、音楽の好みが同じ、あるいは似ている人を探すのは至難の技です。先日来日したポール・マッカートニーや数年前のサイモン&ガーファンクル、高校時代はあれほどまでにラジオを聞きレコードを買い、それに続くエレキ・ブーム、フォーク・ブームにうつつを抜かした我々の世代もその後は全くの沙汰止み状態、あるいは、「洋楽かぶれ」を懺悔(?)してカラオケ演歌に転向する者もいれば、深く地下に潜行してそのまま朽ち果てようとする隠れ「洋楽かぶれ」もいるでしょう。この歳になって彼等が来日すると、やおら地上に這い出て、我に返ったように大感激です。彼等は新曲を紹介したいのですが、高いお金を払ってコンサートに行く我々がそれを許すはずがありません。舟木一夫と言えば、詰め襟の学生服で『高校3年生』…と同じく、『Yesterday』『Sound Of Silence』を観客全員で歌い、曲に感情移入して過ぎ去りし、ズーッと昔の、青春時代に戻るのです。後でトイレの鏡に出会う顔を見て愕然としますが…。

エレキ・ブームと言えば、ザ・ベンチャーズ、毎年夏になると来日するそうですが、彼等の最大の功績は、音楽というものを聞く音楽から、自ら演奏する音楽に変えたということです。それまでは、音楽というものはプロの演奏者が居て、お金を払って聞いたり、そのレコードを買ったりするものでした。別に私が革命を起こしたわけではありませんが、私の属する世代が始めて「自ら演奏する音楽」をやるようになり、それ以前の世代で楽器を演奏する人はよほどの遊び人だったのです。加えて、「カラオケ」の発達・進歩はこの世から音痴を無くし、プロの演奏家の仕事場を奪ったのです。さらに加えて、私の如き「洋楽かぶれ」は、昔ならば「平凡パンチ」などの付録に付いていたりソング・ブックを買ったりしたのですが、今やインターネットで歌詞・ギターコード、サイトを探すとバック・コーラスをどう入れるのかも判ってしまいます。大事な点は、それもこれもタダ…。

思い起こせば、中学生の時、家にあったギターで最初に弾いたのが加山雄三の『君といつまでも』でした。あれから何十年、ギターの再開に誘ってくれたNobuさんに感謝です。最近、そのことを上の姉に話すと、「あなたが中学生の頃のあのギターは私が買ったものよ」との仰せ、当時、お嫁に持っていくほどのレベルには到達していなかったようです。チャンスを作ってくれた姉にも、ついでに感謝。

そんな我々のバンドが、昔の名前ではありませんが…、”NASHVILLE 5”(実は「4」なのですが…)と云う名前で出ています。12月22日(日)、"STUDIO ONE(埼玉県東松山市山崎町2-15)”でのライブ・コンサートに出演します。もし、お近くにお住いで、私どもの音楽を聞いてみたいと思われる方がおられましたら、是非お越し下さい。
studio_1_live_poster


Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


November 16, 2013

Paul, Get Back to Osaka

paul in japan普段、年賀状のやりとりだけの高校時代の友人から興奮気味のメールをもらいました。ポール・マッカートニーが『OUT THERE TOUR』で来日、彼は11月12日、京セラドーム大阪でのコンサートに行ってきたそうです。アコースティックによる『Yesterday』に感動、20曲以上が一緒に口ずさめる曲に感激、その興奮も冷めやらぬ次の日、思い余って…、メールを送って来たのでした。遠い昔、もう一人の友人にビートルズのLPレコード(アルバム)を借りて聞いたことを懐かしく思い出し、そうだ、イサオはどうしてる…ということになったのでしょう。

The Beatles in Japanビートルズが初来日したのは1966年(昭和41年)、17歳、高校2年生の時、今から47年前、約半世紀前とは、めまいするぐらいに気が遠くなるような昔の話です。
今回ポールのコンサートに行った彼ともう一人友人がいました。私とは中学も同窓で、その当時から電気カミソリを使うぐらいに髭が濃く大人っぽいにも拘わらず、生まれながらに心臓に問題があり、それが原因か…、今から十数年前に亡くなった友人:Hがその人でした。私を含めた3人は音楽でつながっていたように思えます。

髭が濃いだけじゃなく、当時興隆し始めた学生運動にもどこか傾倒していた節もあり、こと音楽に関しても単なる知識だけではなくもっともな理論は大いに大人を感じさせるものでした。ビートルズの楽曲に関する知識も豊富でした。驚いたのは、ビートルズ来日は東京公演一夜のみでしたが、そのチケット購入は往復ハガキで申し込み、抽選によるものでしたが、彼は「購入OK」のハガキを受け取り、興奮していたのを覚えています。残念ながら、東京までコンサートを見には行かなかったのですが、彼のビートルズに対する熱意は私など足元にも及ばないものでした。

正直言いますと、私はそれほどビートルズが好きではありませんでした。同時代に現れたビーチボーイズ、ボブ・ディランに惹かれ、The Byrdsに始まり、受験時代はC.S.N.Y.、大学時代はThe Band、最後はThe Eagles、〜Westcoastぽい、Countryぽいロック、今の言葉で…Roots Music〜のままで現在に至っています。

ビートルズだけではなく、その彼はその東京公演の前座をつとめたスパイダーズのファンでした。クラス担任の先生は国語が専門でしたが、話が短歌に及び、先生が上の句を読み上げ、下の句をその友人:Hが答えて、〜〜○ ○ ○ ○ ○ ○ ○夕日がないてる〜〜。学生は喝采、先生が無口になったのをおぼえていますが、その先生も今はいません。

今回ポールのコンサートに行った友人は音楽教室に通いギターを再勉強していると聞きます。私も、キャリアの長さだけは相当なものですが、技量はほとんど当時のままです。いつかもうすぐ、一緒に歌い、語りたいものです。その当時の女の子も参加してもらえればなおよし…。

※朝のテレビ番組:『ヤング720』で見たこの映像は今も記憶に鮮明です。


Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search