ボブ・ディラン

October 15, 2016

ボブ・ディラン、ノーベル文学賞受賞

                 
dylan_postcard 〜 偉大なアメリカの歌謡における新しい詩的表現方法を創造した功績を称えて 〜

 
 ボブ・ディランが「偉大な詩人」として2016年度のノーベル文学賞を受賞したことは自分の事のように嬉しい。

 ノーベル賞授与宣言を終えたスエーデン・アカデミー、サラ・ダニウス教授は記者団の質問に答えています。

なぜボブ・ディランにノーベル文学賞を授与されたのですか?
 彼は
口語英語の(語り言葉)の伝統の中における 「偉大な詩人」であり 、過去54〜55年の間に絶えず自らの改革・革新を続けてきました

・ 如何にしてボブ・ディランの業績を発見したのですか? 
 彼の歌を聞きなおし、読み直して、1966年作のアルバム『ブロンド・オン・ブロンド』を例にとると、 多くの伝統的な手法に加え、彼の極めて非凡な押韻・巧緻な隠喩・絵画的思考(?)は見事です。
 
・ スエーデン・アカデミーはノーベル文学賞の範囲を広げるのですか?
 これは何も新しい事ではなく、遠い過去、例えば2千年あるいは2千5百年前に目を向けると、古代ギリシャの詩人、ホメロスにせよサッフォーにせよ、彼等の詩は文字で書かれていたと云うより、聴かれていた、楽器の伴奏を伴って歌われていました。ディランの詩も、ホメロスやサッフォーと同じく、 読まれるだけではなく、楽器の伴奏を伴って歌われるのを聴いて楽しんでいるのです。

・  あなたは若い時にディランの曲を聴きましたか?
 いや、あんまり…。しかし彼の作品が世の中に広く認識されていたことを知っています。私はデビッド・ボウイの方が好きだったけど、他の世代は知らないけど…、今ではディランを大いに評価しています。

 10月14日付「朝日新聞」の見出しは…〜『風に吹かれて』『時代は変わる』のボブ・ディラン氏文学賞 〜 とは、これを書いた記者はディランの最も初期の頃(63〜64年頃)の曲しか知らないのか、それから間もなく彼はフォークから離れ、ロックの世界に飛び込み、以降ロック・ミュージシャン、ソング・ライターとしてのキャリアの方が断然長く、その2曲以上に優れた多くの曲が存在するのを知らないようです。ストックホルム駐在の「朝日新聞」
知ったかぶりの記者にくらべ、 「…デビッド・ボウイの方が好きだったけど」とは、サラ・ダニウス教授が正直で好感が持てます。

 友人の一人、人生の大先輩が曰く、50年前の曲:『風に吹かれて』でノーベル文学賞とは理解に苦しむ、とのご意見がありました。彼は、詩・和歌・短歌・俳句・狂歌に造詣が深く、私も共感するところが多い人なのですが…、彼にとって、ボブ・ディランと言えば、かろうじて『風に吹かれて』という曲を知っているという程度の知識しか持ち合わせていないのでしょう。

 
へ理屈から言えば、文学賞:Prize in LiteratureのLiterature(文学)とは「 literate(読み書きができる、学問[教養・識字能力]のある」からの派生語、その意味からすると「文字で書かれた物」・「読み物」、伝統的には「教養のある人」だけに与えられた賞であり、「教養のある人」はロックなどは聞かない、という意味だったのかも知れません。クラシックやモダン・ジャズ は、ロック、カントリー、ブルースに比べて、教養があるように、少なくとも上品に感じるのは私だけではないでしょう。

 ディランの詩も、古代ギリシャのホメロスやサッポーと同じく、読まれるだけではなく、楽器の伴奏を伴って歌われるのを聴いて楽しむべきもので、このことは何も新しい事ではありません。このサラ・ダニウス教授の言葉に私は大いに賛成です。古くは、和歌・短歌は読むだけではなく、節(メロディ)・抑揚を付けて、時には伴奏を付けて歌われるのを聴いて鑑賞したもの、大衆レベルの「今様」も、後白河法皇(1127-1192)は声がかれてのどがかれるほど「今様」を練習したとか…、彼の著した『梁塵秘抄(1180年前後)』に在ります。『平家物語』が琵琶法師によって練られて文学の域まで高められるのですが、文字の普及・識字能力・出版の発展と共に、「語り物」が廃れ「読み物」へと変化していったのは歴史の語るところです。

  実は…、彼はソングライターとしては偉大ですが、はっきり言って…歌は下手です。私は彼の歌うレコード・CDを一枚も買ったことがありません。全ては他人、例えばThe Byrds あるいはThe Bandが彼の曲をカバーしたものです。我々、The Y2A Bandの『Mr Tambline Man』(2010年録音)です。

  Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player  でお聴きになれます。  
I appreciate YOUR SUPPORT .   ▼  皆様のご支持をお願いします。
  にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ  


October 20, 2010

ウォーク・ザ・ライン Walk The Line

walk the line on billboardまもなく始まろうとするフォルサム刑務所でのコンサート、舞台の袖に、復活を遂げたキャッシュが、妻:ジェーン・カーターとともにたたずんでいるシーンからこの映画:『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道 Walk The Line 』は始まります。

貧乏/劣等感arrow 02-blackチャンス/開花arrow 02-black出会い/別れarrow 02-black挫折/薬物依存arrow 02-black再会arrow 02-black克服/再起arrow 02-black復活/成就

専門家の高い評価を受けているようですが、ミュージシャンの伝記物ではおきまりの筋立て、どうも私には理解が出来ません。少々くさい日本語の副題:『君につづく道』の通り、単純な恋愛物と理解すべきでしょう。ストーリーは面白くないが、音楽好きの私にとっては「ヘーッ」と感心することばかりです。高い評価の理由は、二人を演じているホアキン・フェニックスとリース・ウィザースプーンの歌唱・演奏力、特に彼女の歌唱力がアカデミー主演女優賞受賞を可能にしたのでしょう。音楽に素人の彼らが猛練習して役になりきる。プロの俳優とはこういうものなのでしょう。

1954年、彼は、ジェリー・リー・ルイス、エルビス・プレスリー、カール・パーキンスロイ・オービソンと同じく、サン・レコードのサム・フィリップ (Sam Phillips, Sun Records)に見いだされたのですが、彼らの才能を見い出し、従来のカントリー(ヒルビリー)から白人のブルース、ロックンロール(ロカビリー)に時代が変わることを読み取ったサム・フィリップは類い希なる才能の持ち主だったのでしょう。同じ頃、チャック・ベリーが現れるのも不思議な思いがします。

残念ながら、私は彼の歌っている曲をあまり知らないし、知っているだけで、あまり好きではありません。二人が歌う「It Ain't Me Babe」を聴いたのはこの映画で始めて知りました。もちろん、これはボブ・ディランの曲ですが…、そう言えば、昔、『Girl from the North Country』をディランとキャッシュがデュエットしていたのを思い出します。当時は、何故彼らが一緒に歌うのかどうも理解できませんでしたが、二人に深い親交があったのを教えてくれたのはこの映画です。



カール・パーキンスをサン・レコードに引き込んだのもキャッシュだそうです。作った本人よりもエルビスの歌で大ヒットする『ブルー・スエードシューズ Blue Suede Shoes』、繰り返されるフレーズ:「But don't you step on my blue suede shoes」はキャッシュが兵役でドイツに滞在、誰かが「俺のブルースェードシューズを踏むなよ!」としゃべっているのを聞いた、というのがヒントだそうです。詳しくは『ブルースェードシューズ Blue Suede Shoes』をご参照下さい。

1968年、彼はフォルサム・カリフォルニア州刑務所でのコンサートを実現、ドイツ滞在中に作った彼の最初のヒット:『フォルサム・プリズン・ブルース Folsom Prison Blues』をオープニングに、そのコンサートは大成功、ここに彼の復活は完成したのでした。

カントリー歌手としての地位を不動の物にした彼は、ある時、ベーカーズ・フィールド出身の新人歌手:マール・ハガードとステージを共にすることがありました。

マール・ハガード:「サン・クエンティンではあなたのステージを大いに楽しむことが出来ました。」
キャッシュ:「あのステージに君が一緒に居たとは知らなかったよ。」
マール・ハガード:「いやいや、僕はあなたのステージでご一緒したのではなく、聴衆の一人でした。」

ジョニー・キャッシュはサン・クエンティン刑務所でも囚人慰問のコンサートを行いましたが、マール・ハガードはそこに服役中だったのです。3回もキャッシュのコンサートを見たというのですから、彼のムショ暮らしはかなり長かったのでしょうね。

Momo holding sign board-HKX Radio
※Nobu, Kun & Isa Band の今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
       
 Thanks for Your Support ▼: 今日の席順は?
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング

Vist Us:
Hong Kong Express BannerHKX Brands


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search