ビタミンA

August 22, 2006

hope and prayer(ホープ・アンド・プレイヤー、希望と祈り)

 

hope and prayer

 

 

 

 

 

フィロソフィ:希望しか見出せない時、祈りこそが全てです。

hope and prayer outer box 1表面局所用ビタミンC
*紫外線によるダメージから守る強力な表面局所用抗酸化物質。
*肌のトーンを明るくし、しわを少なくする作用。
*お好みのモイスチャラーザーあるいはサンブロックを用い、手のひらで混ぜることができます。
*亜鉛PCA、銅PCA、アルギニン を含有。
*低pH・高性能・アスコルビン酸・安定した処方

注意:
パウダーは冷暗所、湿気ないところに保管してください。外用のみ。子供の手の届かないところに保管してください。刺激・炎症等発生の場合は使用を止めてください。眼に入らぬようご注意下さい。

hope and a prayer パウダー内容成分:
アスコルビン酸、パンテノール、亜鉛PCA、銅PCA、カメリア・オライフェラ・エキス、グリチルリチン酸2カリウム、アルギニン、crysteine hel、アロエ・バーバデンシス

hope and a prayer溶液内容成分:
水、エシクシジグリコール、ポリソルベート20、プロピレン・グリコール 、ブチレン・グリコール、朝鮮人参エキス、 blue algac(haslea ostrearia) extract、カモミールエキス、ディアゾリディニールユレア、peg-4、パルミチン酸アスコルビル、tocophersolan、香料、ヨウドプロピニル・ ブチルカルバメート

hope and prayer outer box 2

活性酸素は皮膚を破壊します。
腐ったリンゴ
hope and a prayer未使用48時間経過後の表面

腐敗の進行が少ないリンゴ
hope and a prayer使用48時間経過後の表面

 

 

ビタミンCは、老化の主原因である活性酸素によるダメージ対策に最重要な表面局所用抗酸化物質の一つです。ビタミンCの重要性は健康な肌の輝きを保つことです。hope and a prayerは高能力の面局所用ビタミンCであり、老化防止の為に、全てのスキンタイプの方々へ大いにお勧めします。午前のご使用が理想的です。

使用説明書
hope and a prayer
警告:パウダーあるいは溶液を直接容器の中で混ぜないでください。クリームが安定性を失い、数日中に使用不能となります。hope and a prayerは必ず手のひらの中で混ぜてください。

ご注意:外面皮膚部分にのみ使用のこと(外用のみ)。子供の手の届かないところに保管してください。刺激・炎症等発生の場合は使用を止めてください。眼に入らぬようご注意下さい。

hope and a prayerキットには
外用ビタミンCパウダー:0.25オンス(約7g)
溶液:1オンス(約28g)
及びスクープ(すくいさじ)が含まれます。

使用法:
hope and a prayer はいつもクレンジング後にご使用下さい。
スキンライトナー、染み・傷対応商品、モイスチャラーザー、目元商品、サンブロック等の商品は必ずhope and a prayer使用後にお使い下さい。

よくある質問:
Q. どのようにhope and a prayer は肌をきれいにするのですか?
A. 表面局所用ビタミンCは多くの医師及び医学界において、皮膚の老化防止に有効な作用因子と考えられています。

Q. どうして毎回hope and a prayerを新たに混ぜなければならないのですか?
A. 表面局所用ビタミンCは極めて不安定だだからです。表面局所用ビタミンCの機能を維持するのは、特別に処方されたパウダーと溶液を手のひらの中で混ぜていつも新鮮に作られることが重要です。


Q. 溶液の代わりに自分の使っているクリームで混ぜてもいいですか?
A. かまいません。しかしながら、この溶液をお使いならhope and a prayerのより効果的、確実な浸透を期待できます。それにもかかわらず、人によっては出来るだけこれを簡単にしたいと思っており、この溶液の代わりにphilosophyのモイスチャラーザー、ローション、ジェルで混ぜていただいてもかまいません。

Q. 何%のビタミンCが顔に適応されるかどのようにして判りますか?
A. 以下の数値ががご参考になります。
1:7 1さじのパウダーに対してその7倍(直径約20mm、1円硬貨とほぼ同じ)の溶液=12%
1:4 1さじのパウダーに対してその4倍(直径約16mm)の溶液=19%
1:1 1さじのパウダーと同量の溶液=50%

1:7あるいは1:4の混合比をお勧めします。

Q. どのぐらいの頻度で使用すればよいでしょうか?
A. 毎日お使いになれますが、それぞれの肌固有の耐性にも依ります。理想的には、1日1回から初め、徐々に夜・昼各1回に慣れるようにします。しかし、もしビタミンA処方箋医薬品をご使用の場合は下の特記事項をお読み下さい。

hope and a prayer とビタミンAの併用に関する特記事項
レチンA、レチノールクリーム等、レチノール酸あるいはレチノール関連商品をお使いの場合は、これらビタミンA商品は紫外線に敏感な性質な為、太陽光に当たるとその機能を低下させます。これら商品の併用は刺激あるいは炎症等をもたらし、その機能を低下させる可能性が高くなりますので、これらビタミンA関連商品のご使用は夜に限ることをお勧めします。これらビタミンA関連商品が夜に限られて使用されることで、hope and a prayerは午前に効果的に使用出来ます。

お求めは: Hong Kong Express, YahooHong Kong Express Banner

続きを読む

Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search