ハル

July 22, 2010

2001年、そして2010年宇宙の旅

35℃を越えているかも…、酷暑2001_space_odyssey_posterの「海の日」の休日、外へ出て行く気持ちにもなれず、ヘタなギターは15分がせいぜい、やることもなく、インターネットで昔の映画:『2001年宇宙の旅    2001:A Space Odyssey(1968)』を見てしまいました。

私がこの映画を見たのは大学生の時でした。大阪梅田発の阪急電車に乗ると右側にドーナツ上の宇宙ステーションを描いた大きな映画の看板が目に入ったのを良く覚えています。もちろん、看板にある封切り館で早々に見た訳ではありませんでしたが…。映画の冒頭のシーン、3〜4bone spinning百万年前、猿人が道具(武器)を手にした時に猿は、もはや猿人ではなく、人類(ヒト)となります。最初の道具(武器)、動物の骨を放り投げるとそれは空高く舞い上がり、月に向かspaceshipって航行する白い宇宙船に変わるシーンに流れるようにつながって行きます。3〜4百万年の人類の進化を十数秒で表現したものでした。

当時はマイクロソフトもアップルもこの世になく、IBMが最高性能のコンピュータでした。そのIBMの一歩先を行くコンピュータがHAL(ハル)が登場、ご存じの通り、IBMの各文字の一つ前のアルファベットがその名前の由来であることは、後知恵でした。このIBMを凌ぐHALが木星へ向かう宇宙船:ディスカバリーの中で反乱を起こすのですが、何故反乱を起こすのか、この映画におけるHALの役割は何なのか、どうもこの映画自体を理解することが出来ませんでした。

今回は、「若い頃は理解できなかったがこの歳になれば…」と、メモをとりながら、極めて真剣にこの映画を観たのですが…。

2001_space_odyssey_1「モノリス Monolith」と呼ばれる四角形の石柱が3回登場します。最初は、3〜4百万年前、神の啓示を受けたかのように「モノリス」の発する力によって、猿は人間に劇的に進化します。月への旅行が日常的になった現代、その月の地下に発見された2つ目の「モノリス」は人間を木星探査に導きます。それから18ヶ月後の2001年、宇宙船:ディスカバリーは木星に向かって深宇宙を航行しています。

宇宙船:ディスカバリーのクルーは5名。ボーマン船長とプール、残りの3名は木星到着後の任務遂行だけの要員で航行中は人口冬眠中です。そしてHALが宇宙船の全機能を完璧に制御しており、感情・情緒さえも備えるようになって来ています。
HAL
宇宙船:ディスカバリーはついに木星に接近、HALはこの木星探査への疑問をボーマン船長に打ち明けるようになります。そして、コンポーネント:AE-35の故障を契機にHALと人間は相互不信となり、ボーマン船長はHALの異常を疑い、彼の能力を航行機能だけに制限しようとするのですが、HALはその意図を察知して、まず人口冬眠中の3人の生命維持装置を停止させ、船外作業中のプールを殺害、残るボーマン船長はただ一人HALの攻撃をかわしてその機能制限に成功します。HALの反乱を乗り切ったボーマン船長はHALの記憶回路から18ヶ月前に発生した月での事件の真相究明が、この木星探査の目的であることを知ります。

巨大な木星を背後の宇宙空間に2001_space_odyssey_4第3の「モノリス」が現れ、ボーマン船長はそれがHAL(ハル)の記憶回路に繋がった彼の内面世界なのか…、それとも、時空間を飛び越えた世界なのか…、まばゆいばかりの光の洪水の中を荒涼たる地表を下に見て飛行します。10分はこのサイケデリックなシーンです。

宇宙服を着たボーマン船長は全く音のない、真っ白で、影の存在しない、何故かロココ風の一室に自分がいることに気付きます。ドアを開けると、後ろ姿だけしか見えないのですが、老人が一人ぼっちで食事をしています。宇宙服のボーマン船長はすでになく2001_space_odyssey_3、その老人こがボーマンであるという訳です。老人のボーマンがふとベッドに目をやると、老衰で死んでいくボーマン、そして、胎児のボーマン。ベッドの前には再び第3の「モノリス」が立っています。

「浦島太郎」の玉手箱では軽すぎますね。選ばれた人間(ヒト)であるボーマンに第3の「モノリス」は何を与えたのでしょうか?
HALは出発前から「モノリス」の存在を知っていますが、何故この木星探査に、どのような疑問を抱き、反乱に及んだのでしょうか?HALと「モノリス」との関係は…ひょっとしたら、敵対関係なのでしょうか?HALを主役に持ってきた意図は何でしょうか?
…ついでに、人口冬眠していた3人は、目覚めることもなく永眠してしまいますが…?

映画公開から30年を過ぎたこの歳になってもやはり理解することが出来ませんでしたが、現実の世界では、ディスカバリーの到達した木星軌道の内側、火星-地球軌道を横断する楕円軌道を回る小惑星:「イトカワ」探査の使命を果たし、満身創痍で地球に帰還した「はやぶさ 2010年 宇宙の旅」には感動しました。現実の「はやぶさ」は、映画の中のHALにはまだまだ及ばないのですが、コンピュータや機械システムを超越した存在に強烈な感情・情緒、そして人格さえも感じたのは私だけではなかったようです。

Momo holding sign board-HKX Radio
※Profile下のI Pod 風のプレーヤーでお聴きください。
       
  
Support me: 今日の席順は?
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ  人気ブログランキング

Vist Us:
Hong Kong Express BannerHKX Brands

express01 at 22:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
QR 携帯電話から読み取ってアクセス!
QRコード
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search