ストレス

October 13, 2006

和興「白花油」 〜 マッサージ編

<<頭痛・ストレス緩和>>
仕事や勉強で長時間ストレスにされている学生やサラリーマン・OLには、薬物依存の危険性の高い薬の服用に頼るのではなく、「白花油」・「白花清幽」が緊張緩和にお勧めです。特定部位を毎日、数分間マッサージするだけで力がよみがえりリラックスできます。あなたがもし頭痛・ストレスに悩まされているのでしたら、下記のヒントを是非お試し下さい。天然エッセンシャルオイル処方の「白花油」・「白花清幽」をお使いになればさらに素晴らしい効果と喜びが得られます。

頭部のマッサージ   頭痛・ストレス 頭部のマッサージ1テーブルに両肘をつき、まず、右手中指で額の中央を押さえます。次に、左手中指を額にある中指の上に乗せ、両指でさらに押さえます。次に、中央から左右にそれぞれ5cmのスポット(2カ所、神経中枢に繋がる)を両指を重ねて押さえます。こうして頭痛は緩和されます。

 

手のマッサージ  頭痛・ストレス 手のマッサージ2左手人差し指と親指の間を右手でつまみ、次は同じことを右手にもします。
こうすることによって、体内で作られる鎮痛剤:エンドルフィンの分泌を促し、頭痛を緩和します。

 

指のマッサージ  頭痛・ストレス 指のマッサージ3ただ両手の人差し指・中指・薬指それぞれの先をつまむだけです。これは頭部・頭洞を刺激するポイントです。

 

 

足のマッサージ  頭痛・ストレス 足のマッサージ4緊張が頭痛の原因である場合の多くは、頭・首部を刺激するポイント:足の親指(つま先)の先をマッサージすることにより頭痛が緩和されます。足の親指をつかみ、首筋の緊張がなくなるまでぐるぐる回します。次に、頭洞を刺激するポイントである足の親指(つま先)の先端をつまみます。

 

<<目の疲れ>>
長時間の読書や一定の焦点の維持が欠かせない集中力を必要とする仕事が原因で眼精疲労になります。近視を初めとする眼精疲労の多くはこれが原因で、目の周りの筋肉・神経の緊張を如何に緩和させることが出来るかが重要です。簡単なマッサージの仕方をお教えします。

頭蓋骨のマッサージ 目の疲れ 頭蓋骨のマッサージ 1まず最初は、両親指で頭蓋骨側面を押さえます。頭蓋骨側面から下に向かって押さえ、首は頸椎に沿って押さえます。このマッサージが視神経を刺激します。これを3回繰り返します。

 

こんどは、テーブルの上に両肘をつき、両目を手のひらで覆目の疲れ 頭蓋骨のマッサージ 2い、何も見えなく(真っ暗に)します。押さえる必要はありあません。この状態を1分間は保ってください。真っ暗なことそして手のひらの暖かさが目の周りの緊張をほぐし、血行を促進します。1時間おきにお試し下さい。

 

眉毛のマッサージ 目の疲れ 頭蓋骨のマッサージ 3 眉毛のちょうど上の額部分をマッサージします。髪の毛のはえぎわに沿って、両中指で押さえながら円を描きます。もし、硬さがあるようでしたら、目に対する負担があるということです。両目の間にある鼻骨部分をつまむことも緩和に効果があります。このマッサージを6回繰り返してください。

 

親指のマッサージ 目の疲れ 親指のマッサージ 5親指は頭部・首部に繋がっています。 親指を押したりもんだりしてのマッサージは目や頭部全体の緩和に有効です。

 

 

つま先のマッサージ 目の疲れ つま先のマッサージ 5目に繋がるポイントは、第2趾(足親指 の次)と 第3趾 の付け根部分に在ります。脚を上げ、これらの部分を押さえたり、回したりして刺激して下さい。

 

 

<<消化>>
旅行中の食事やビジネスでの食事は消化・規則的な生活のためにはよいものではありません。座席に座ったまま消化によくない機内食を食べなければ行けない長時間のフライトは便秘の原因です。あなたがこのような傾向にあるのでしたら、次のセルフタッチ・マッサージをお試し下さい。

腹部のマッサージ 消化 腹部のマッサージ 1親指と小指を除く3本の指で、最初は右手でみぞおちの下にある胃部分を押さえます。押さえながら徐々に下がり、肝臓・胆嚢部分をマッサージします。次に、両手でウエストと太腿の間の横側を押さえ、腸の働きを刺激します。最後に、へその下10cmのスポットを押さえます。痛む部位があれば、その部位のステップに戻り、さらに長くマッサージを加えてください。食後1時間にこれらのエクササイズを行ってください。

耳のマッサージ
消化 耳のマッサージ 2排泄・消化に関連するいくつかのスポットが耳にあります。ただ、それらのポイントを約7秒間つまんでいるだけです。

 

 

顔のマッサージ
顎と鼻の間の部分は胃と腸に繋がっています。さて、親指を除く4本の指で両頬をマッサージして下さい。10回続けてください。次に、6秒間、鼻の先をつまみます。これを3回繰り返してください。

腕のマッサージ
消化 耳のマッサージ 3大腸に繋がるポイントは腕の外側部分、肘関節部から人差し指を結ぶ線上に在ります。最も重要なポイントは前腕部、肉の盛り上がった部分です。親指でこの部位周辺を押さえ、最も強い刺激(痛み)のあるポイントを探ります。痛みを感じた場合は、腸内に老廃物が蓄積されている可能性があります。同様に、腕の内側部分に小腸に繋がるポイントが在ります。腕(手首)の上、前腕そして肘にも小腸に繋がるポイントがあります。それぞれ3回ずつ押さえてください。

手のひらマッサージ
胃・腸に繋がるスポットが手のひらの中央を横切っています。小指の下から親指の腹(拇指隆起)を結んだ線を指でつねり、その後4秒間中止します。この動作を3回繰り返します。

足のマッサージ
本当は、胃・腸に繋がる最も重要なポイントは足にあります。手指の節(関節の背側)を使って足の裏中央部分を前後に出来るだけ強くこすり、小腸を刺激します。大腸を刺激する為に、中央とかかとの間部分を円を描いて強くこすります。胃を刺激するポイントは、親指の下、土踏まず部分にあり、ここを7秒間親指で押さえます。これを3回繰り返します。

消化 足のマッサージ 4消化 足のマッサージ 5消化 足のマッサージ 6

 

 

 

Hong Kong Express Banner


Hong Kong Express, Yahoo

 


<<原文>> 

続きを読む

Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search