スケッチブック

September 21, 2015

絵はがき

白河関 sketch_2 如何ですか左の絵、孫が描いた絵ではありません。私が、小学生の絵の授業以来何十年ぶりかに、描いた絵です。「3.11 東日本大地震」から1年が過ぎた2012年5月、犠牲者への鎮魂の思いを込めて訪れた「白河の関」、私以外には人影はなく、これ幸いに描いた絵です。自己流で始めた絵ですが、皆さんに喜んでもらうようになり、今では私の生活に欠かせない趣味の一つになっています。絵はがき 白河の関

 一人で出かける散歩や、ちょっとした旅行にはF0サイズ(A5の一回り小さなサイズ)のスケッチブックを持って行くのですが、近くに人がいると気が散って、描こうという気持ちが沸いてきません。私の場合、たかが小さなF0サイズですが、いくらがんばってみても、完成するのに小一時間かかり、現場で完成に至ることは希です。描き始めると同時に写真を撮り、現場のスケッチは10〜15分のみ、残りの工程は帰宅して写真を見ながらの作業となります。小さなサイズでこれですから、大きなサイズの絵を描くにはどうするのでしょうね…、私は最大A4サイズまでしか描いたことがありません。
5枚の絵はがき
 使用する画材も手頃なものばかり、スケッチブックはマルマンの「Art spiral」にぺんてるの筆ペン、水彩絵の具は18色セットを近くのカインズ・ホームで購入すれば安いものです。中でも筆ペンは最高に便利、誰が開発したかは知りませんが、少なくと子供の頃はなかったもの、手入れが簡単で、0.1mmの線画を引く三菱鉛筆の水性ペン(耐水性)と並んで、重宝している道具です。もう少し手頃になれば、「Cotman」、「VIFART」の細目を使いたいものです。

 ホームセンターの一つの棚があるということは、それだけの需要があると云うことです。需要の大きな部分は「絵手紙・絵はがき」でしょうか? 暇をもて遊ぶ老人が、もちろん私もその内の一人ですが…、そんなに絵心がなくても、その大胆な構図さえ決まれば、多少の幼稚さはむしろ味、とばかりにブームが続いているようです。 友人の一人は絵が上手く、なお且つ、10〜15分で絵を描き上げてしまいます。彼と二人で行った近江国の旅、その途中で絵を描いたのですが、彼はそのときに描いた絵に言葉を添えて送ってきます。これには感激してしまいました。もう一つ、 以前から感じていたのですが、ハガキの宛名面は受取人・送り人両方の住所・氏名を記入したとしてもスペースが余ってしまう、どうもデザイン的に両面ともにすっきりしません。もう一人の友人は、官製ハガキに絵を描いて、言葉の多くは宛名面の半分下を使うのはなかなか良いアイデアにて、言葉も適当に少なくて読みやすく感じます。

 当初は全く馬鹿にしていた「絵手紙」ですが、ただ絵を描くだけで終わらせるのはもったいない、何か描いた絵の利用法はないものか、と考えた結果がこれです。スキャナーで絵を取り込み、その絵を一面に印刷、宛名面下半分には10〜10.5の級数を使えば2百〜3百文字を並べることはごく簡単、落款(?)も絵文字の要領で作成、字の下手な私にとって、編集の効くパソコン入力は大の味方、もらった方も、オリジナルの絵ではないにしろ、絵をもらって嬉しくない人はいないでしょう。
絵はがき 栗の実
 今年は栗が豊作だったようです。朝夕、愛犬モモと一緒に散歩するかみさんは(垣根の外、道路に、…念のため)落ちている栗の実を拾って来ます。例年になく、栗ご飯をごちそうになっています。
Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 

I appreciate YOUR SUPPORT.  ▼ 皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search