スケッチ

October 26, 2018

2018年関西の旅<1> 司馬遼太郎記念館

 私は大学受験で日本史を選択しましたが、歴史、特に日本史が好きであった訳でもありません。 本当に好きになったのは、遅まきながら…、受験が終わり、父親の読んでいた司馬遼太郎の『関ヶ原』を読んでからの事です。家康・三成・島左近・大谷吉継が、読者(私)がさもその場に居合わせているかのように表現され、その臨場感に感激した記憶があります。膨大な資料収集に裏付けされた司馬の著作は上質な大衆娯楽小説として国民的支持を受けており、これが「歴史」であると信じている人も多く存在するのも事実のようです。

181026_司馬遼太郎 司馬の先祖は播磨国(姫路)の人、福田姓を名乗る前は「三木」姓で、三木城籠城に関連の家系だそうですが、彼が生まれたのは大阪市です。彼のお母さんの実家が大和国北葛城郡竹内、彼が幼少の時はここによく連れて来られ、ここが故郷のようであると『街道をゆく』に書いています。竹内街道は、摂津国堺の大小路に始まり、堺金岡で摂津国難波宮から南下した「大道(おおじ)」と接続、河内平野をさらに東進、国境である竹内峠を越えて大和国の長尾神社に至る街道です。

 生まれは九州ですが、私の出身地は摂津国伊丹と自称しています。大学に入り、読み始めた司馬遼太郎、卒業して社会人になると、既に彼はサラリーマンが常識として読むべき国民的作家の地位にありました。私のそれまでの主な行動範囲は京都・大阪北部・神戸(摂津国)でしたが、入社当初、勤務先が心斎橋だったからかも知れませんが、男性社員は西日本出身者が多いのは当然として、女性に関しては、摂津国出身者が少なく、河内・和泉国(大阪の南部)出身者が多数を占めるのには少なからず驚いたものです。社会人になると行動範囲を広がり、今まで滅多に乗ったことのない、天王寺からの南海電鉄線、難波からの近鉄線にも乗るようになりました。

 近鉄奈良線、八戸ノ里駅近くに司馬遼太郎が住んでいることを知っていましたが、当時、私は彼が播州出身と勘違いしており…、どうして八戸ノ里(河内国)なのか疑問に思っておりました。 彼の人生で最も影響を受けた土地(出身地)、懐かしい故郷、北葛城郡竹内に通じる「竹内街道」に接続する「大道」が難波(なんば)から始まる。その難波から近い八戸ノ里(河内国)を居住の場所として選んだのではないでしょうか。死後、2001年、『司馬遼太郎記念館』安藤忠雄の設計で自宅に隣接して建設されました。

 旅行の初日、湖東の近江国鏡宿で義経元服の地、それより少し京都よりの篠原で平家終焉の地、平宗盛の胴塚を、二日目には、義経が京を追われ西国へ逃れようとして災難に遭う大物浦(尼崎)を、今や阪神電車と相互乗り入れしている近鉄電車に乗り、難波経由で八戸ノ里(河内国 東大阪市)、始めて『司馬遼太郎記念館』を訪れました。八戸ノ里駅で駅員に道を尋ねると、駅員が親切に教えてくれました。歩いて8分、私と同年ぐらいの司馬ファンらしきスタッフ(?)が出迎えてくれます。

 『司馬遼太郎記念館』は、司馬の書斎を亡くなった当時のままをガラス越しに見ることが出来、続いて隣接するコンクリート打ち放しの、三層吹き抜け、高さ11mの書架で構成されています。 地下三階に降りると、壁には天井から床まで巨大な書架には司馬の蔵書6万冊の一部(2万冊)が収納されています。

 館内は撮影禁止。司馬ファンだけでなく、安藤忠雄ファンのあるいは建築を勉強する人達も訪れ、テーブルには来館者が書き込みできる「対話ノート」が置かれており、彼等が描いた〜光が差し込む巨大な書架〜のスケッチが見受けられます。 さすがに、彼等に伍してそのノートに描く勇気はありませんでしたが、来館者も少なく、背後を気にすることなく、十分な時間をとって、用意していたスケッチブックに幻想的な内部を描き残すことができました。帰宅して仕上げたのがこれです。


express01 at 19:13|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 19, 2015

ホッとしました

 団地管理組合の総会が終わりました。副理事長を務める私にとって総会は最大の山場、難所でしたが、かろうじて乗り切ることが出来ました。既に副理事長留任を決めていたのですが、3月以降、議案書の作成など、総会に向けての準備に追われ、カレンダーの連休はあってもないに等しい毎日、留任を宣言したことが悔やまれました。

 150514アマリリス総会終了に合わせるように、かみさんは親の面倒を見に四国へ出発、我々夫婦の愛犬:ももの世話に加えて、彼女が育てている花々に水を遣る、というのが留守を守る私の仕事です。一階部分が我が家、その特典で専用庭が付いていますが、ベランダの手すりには彼女が出発前に胡瓜用のネットを張り巡らしており、帰って来たら、市から支給されたゴーヤを植える段取りなのでしょう。昨年の実績はこれ
 150427アブチロン
 そのネットをくぐって、久しぶりに庭に出ると、そこは今が盛りの花でいっぱいです。通勤に、ゴミ捨てに、近所を通る住民が振り返る、話では「花の家」と呼ばれているそうです。近所の公園に積もった腐葉土を運んで作った庭、散歩仲間、近所の人から頂いた、あるいは世話をできなくなった、手に余るような植木をもらって帰り、この季節、花々を咲かせるまでに育てるのは、少なくとも私にはない能力です。

150422_ビオラ 花をもらって喜ばない人はいません。これで、我が家はちょっとしたお返しを頂くことになり、先日などは、甘いメロンをお裾分けに、趣味でやっている畑の収穫物をもらったりしています。次は何をいただけるのか…、楽しみです。

150408_クリスマスローズ (1) そんな訳で、かみさんの留守の間に枯らしてしまう訳にはいかない、という気持ちで、ホースを取り出して散水を始めました。…と、「水をやらなくても、雨が降りそうなお天気ですよ」、とは近所に住む管理組合の理事長の声。今から仕事で会議に出席するとかで、彼も総会の重圧(?)から開放されたらしく、バス停に急ぐ晴れ晴れとした彼の後ろ姿を見送りました。 

 空を見上げると、一面に雲、水をやるまでもなく、夕方あるいは今夜は間違いなく雨、栓を閉めて、もう一つの仕事、愛犬:ももの散歩に、今日は少し遠くまで、出かけることにしましょう。
140625モモ
Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
I appreciate YOUR SUPPORT.  皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


July 14, 2013

散歩の途中<3> もも

Momo_2
「もも」が我が家にやって来て7年が経ちました。「仲良くする」とは当初からの約束ですが、決して、「世話をする」とは言っていません。彼女がやってくる前には、野良上がりの猫を飼っていました。野良猫当時、家の中に入れ食べ物を与えたりして可愛がり、夜になると…「じゃ…、またね!」と、真冬の寒空の下に放り出しておりました。今から思えば、酷なことをしておりました。器量も頭も良かった彼女ははある日、「うちの子にしよう!」の娘の一言で真冬の寒空・飢えから開放されることになり、以降、我が家の一員になり、単なる普通名詞、愛称:「猫」から固有名詞、彼女の名前:「ね子」に格上げされることになりました。
散歩の途中 廃小屋2
子供たちも家を出てしまい、我が家は夫婦と「ね子」の3人。ささくれだったポー・パッド(肉球)も、ぬくぬくとした囲われの暮らしが長くなって、ピンク色に変わりました。それまでの野良生活ゆえ、年齢は不明、どんな生活を送っていたかも不明ですが…、ある時、どうも元気がなくなり、遂には横になって過ごすようになってしましました。かわいがっていたカミさんが添い寝するようになり1週間ぐらい…、私が帰宅すると彼女は既に息をしていませんでした。近くのお寺で葬式を済ませましたが、喪失感が大きかったのか…、今度はカミさんが鬱、沈みがちになってしまいました。
散歩の途中 廃小屋3_130617
その喪失感を埋めるために、犬を飼うことになったのです。最近は「ペット可」のマンションや団地が増えているようですが、当団地は「ペット不可」、これを知りながら犬を飼うのはやはり申し訳なく、禁教令を破った、いわば「隠れキリシタン」、出来る限り皆さんにご迷惑をかけないようにしなければなりません。そこで、カミさんは犬に関して猛勉強、ラブラドールのような大型犬は論外にして、一時流行ったチワワのような小型犬は男の私が散歩する相手としては役不足、プードル、コッカスパニエルはそのカット代が我々夫婦のそれよりも高額ということで却下、結論としては、なんとか小型に分類される中型犬:ビーグル犬に決まりました。人懐こくて、吠えない、カット不要の毛の長さ…は良いのですが、匂いをかぎ出したら我を忘れ、飼い主も根負けする運動量に付き合うのは大変です。
散歩の途中_小野路_1
こうしてやって来た「もも」、カミさんは毎日、朝夕1〜1時間半の散歩、今も9.3kgを維持していますが、主人をぐいぐい引っ張って斜め歩き、突然想定外の方向に引っ張られることもあり、カミさんの手の指は変形、ヤスモノ故か?、運動靴は3ヶ月しか持たないそうです…、先日には年寄りに多い、膝に水がたまる関節炎との診断、当面は絶対安静とのこと。大仙寺八石地蔵130406
当初の約束にもかかわらず、「もも」の朝夕の散歩は当面私が担当することになりました。加えて、後出しジャンケンのような梅雨明け宣言以降の猛暑、日が高くなってからの散歩は無理、ということで、朝6時過ぎは気持ちがいいのですが、夕方の5時はまだまだ暑くうんざり、お陰で就寝時間も早まり、9時に寝て5時に起きる、シャクですが…一気に年をとってしまいました。夜明けとともに起き、日が沈むと寝る…、「節電の極意」のような生活ですが、どうもこれでは一日が短い上に、その大半を「もも」の散歩に使っているようです。禁教令廃止に向けての運動も進んでおり、夜明けもそう遠くないようです。
散歩の途中 見晴らし公園

散歩の途中で見つけた「お気に入り」、いくつかをご紹介しました。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


February 19, 2013

外は真冬

パソコンのWindows 7への移行も一段落、先日購入した中古のスキャナーの設定も、未解決な点はあるものの、ほぼ完了、本当はやらなければならないことがあるのですが、いつもながら、好きではないことには手を付けずに先送り、しばし忘れて…、前回の『西の大海と東の四畳半』の続きを書こうか…。そんなエネルギーもなく…、窓の外は今朝、雨から雪に、次第にその雪のつぶが大きくなっています。この冬4回目の雪か…、めったに凍らない近所の池に氷が張るのは珍しいことではありません。「年寄りが、この寒空に転んで怪我でもしたら…」と自分に言い聞かせて、長年続けてきた自転車も昨年12月早々に終了、今日のように、朝から一歩も外に出ず一日を終える日が多い冬です。

散歩の途中のスケッチ、さすがに真冬には出来ません。この冬空にスケッチは可哀想です。10分ぐらいならともかく、私のように小一時間もかかってしまうのでは、スケッチはトイレの近くに限定されてしまします。外出はやめて、今日は部屋にこもってスケッチです。

窓の外を描きましたが、季節は早、春、というか初夏の趣です。目障りな通りの向こうに見える建物、うっとうしい空中の電線を取り去ってしまいました。

窓の外

夏はすわり心地よい椅子なのですが、冬はちょっと…。

chair_2

ぬくぬくと過ごす愛犬:もも、南側の窓際が彼女の昼寝の定位置です。

画像4

その主人も似たような毎日、今日はスキャナーのテストだけで終わりました。


Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。
Your Support, Please. ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。



December 25, 2012

真冬の散歩道

先日の衆議院選挙では自民党が圧勝、民主党は見る影もなく、少し期待の「維新の会」には石原さんや平沼さんの顔…、全くの興ざめで寝込んでしまいそうでした。という訳で、気力をなくしてしまった私、エネルギーの必要な『2012年 近江の旅』の続きを書く気にはなれず、ほんとうに、今年も余すところ〜日、ボケーっとした冬休みモードに入ってしまいました。

今年は夏が長く何時までも暑い日が続いたのですが、秋は短く、物思いに耽る晩秋などはアッという間…、一気に真冬に突入しました。年末までは毎朝、寒さをこらえながら自転車に乗っていたのですが、今年はのっけから池が氷る寒さ、年が変わるのを待つまでもなく、あっさりと自転車を放棄、歩いての散歩に切り替えたのは寒さだけが理由ではなく、寄る年波?、ということでしょう。20120818桜美林図書館裏

昨夏に始めた水彩画スケッチ、「絵」と呼ぶにははずかしいものかも知れませんが…、散歩に新しい楽しみを加えることが出来ました。線画で始めた私ですが、当初は小学生時代の絵の具のイメージしかなく、絵の具がこんなに便利に進化したのを知りませんでした。昔は画材といえば専門店で買う高価なも、というイメージでしたが、「絵手紙」ブームのお陰でしょうか…?、今や近所のホームセンターで揃えることができます。私の場合、鉛筆による下書き→ドロウ用の耐水ペン(黒)で清書→水彩絵の具で彩色、ではスケッチ(サイズ:F0 or A5)と言っても小一時間はかかってしまいます。

『2012年 近江の旅』でご一緒したKENさん、絵に関しては、人生と同じく…、大先輩です。彼は如何にもスケッチといった感じでまたたく間に描いてしまうのは驚異です。私には到底真似の出来ないことですが、最近、<鉛筆による下書き>を止め、いきなり耐水ペン(黒)で描き始めるようになったのは、大きな進歩です。最近描いたのがこれ、…といっても寒くなる前の話、歩いて20分ぐらいの所にある、レトロな看板は昭和初期の趣、大泉寺バス停。
20121107大泉寺バス停_342

昔、サイモン&ガーファンクルの曲で『真冬の散歩道 A Hazy Shade Of Winter』というのがありました。ドラムが入り、ザ・バーズ(The Byrds)と並んで、当時フォーク・ロックという新しいジャンルでした。


もうすぐ、孫達家族がやって来ます。孫娘には絵を描く私がただ者ではないように見えるらしく、「ジージ、すごい。」
ポチ袋の中身は増やせませんが…、ご所望とあらば、彼女と一緒のスケッチ散歩に付き合いましょう。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング


October 11, 2012

散歩の途中<1>

ステージに上がった30分の持ち時間に備えて、少なくとも<イントロ >→< 間奏 >→< エンディング>の部分がピシッと決まった持ち歌を10曲確保することを目標に練習しています。…と、準備だけは進めているのですが、残念ながら今のところ、そのステージの話はありません。その進捗状況は、左コラムのミュージック・プレーヤーでお聴きください。新曲がないので、当面は音楽に関する記事も期待できないかも知れません。

10月5日、ビートルズが最初の大ヒット:『ラブ・ミ・ドゥ Love Me Do』の50周年記念行事がニュースで流れていました。これに便乗して音楽関係のブログを書こうか…とも思ったのですが、当時からこの曲があまり好きではなく、曲は知っているが何の思い出もなく、書かず終いになってしまいました。

音楽関係の記事は横へ置いて、その他の話題に…、また歴史の話か、と言われそうですが、今回は、この夏から始めたスケッチ、最近、「散歩の途中」で描いた絵をご覧にいれましょう。

2012.09.18 東京都町田市と神奈川県相模原市の境を流れる境川、この橋を渡ると相模原市です。この境川を下ると、大和・藤沢と通って江ノ島に至ります。この辺りは古くから集落があったようで、この大きな木立も古い集落でしょう。→『俺は相模の『原』だ!』『縁切り榎とわかれ橋』『バイクは好きですが、タイツ姿がどうも…』
散歩の途中_120918

2012.09.26 小山田の谷戸田、稲の刈りが終わりました。東京都がその景観を保存している里山。見方を替えれば…、近代の発展から取り残されたような、懐かしい風景です。近くには、小山田有重の居城跡:大泉寺、鶴見川の源流、東京都が管理する小山田緑地、幕末、近藤勇も訪れた小野路がつながっています。→ 『小山田の谷戸田(やとだ)』『忠生( ただお)、極めてローカルな話ですが…』『あ〜あ〜、川の流れのように…』
小山田稲刈り_120926


2012.10.02 小山田有重の妻を祀った(?)、小山田神社の石塔。回りは蓮田、8月には一面に開花が見られます。
小山田神社_20121002

2012.10.08 小山田桜台、尾根道近くの公園。
散歩の途中_121008

私が始めてビートルズのレコードを買ったのは、次のヒット:『プリーズ・プリーズ・ミー Please Please Me』、東芝= Odeon、340円(?)でした。あれから50年、ビートルズを生んだイギリスはますます普通の国になりました。翻って日本、坂の上の雲に届いたのはほんの一瞬、その後は下り続けて30年、日本は世界に何を遺産として残したのでしょうか。「かわいい」漫画文化だけ…? 少し憂鬱になっていたところに、飛び込んできたのが山中教授のノーベル医学生理学賞受賞のニュース。ちょっと、元気になりました。

eyecatch_amazon_2文房具:スケッチブック 本:スケッチの描き方 

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search