ジョニー・ミッチェル

June 25, 2015

Woodstock, Back To The Garden

 怪我の功名と言うのか…、『ノルウェーの森』は単なる誤訳でしたが、本来の意味を越えた文学的なものになっています。傑作は『青春の光と影』、この映画・歌の日本語タイトルの『〜の光と影』はその後の日本語に頻繁に現れるようになったと感じるのは私だけでしょうか。

joni michel 映画:『青春の光と影』は1968年公開のアメリカ映画、私などは原題が『Changes』とは全く知りませんでした。この映画公開の1年前、ジュディ・コリンズ(Judy Collins)の歌う『青春の光と影 Both Sides, Now』がヒットしており、映画のタイトルもこの曲のタイトルからの流用でした。日本語タイトルの話は横に置いて、この『Both Sides, Now』を作詞・作曲したのがジョニー・ミッチェル((Joni Mitchell、1943 - )でした。

 「ものごとの一面だけしか見てこなかったけど、もう一つの面も見えるようになった…」と、たかが20歳前後の娘の人生を判ったような歌詞が一部の反発を買ったようですが、私は好きです。原題も良いが、日本語タイトルは原題を越えて良かったのではないでしょうか。この作曲に関し彼女は次のように語っています。

 〜 私は飛行機の中でソウル・ベローの「Henderson the Rain King 雨の王ヘンダソン」を読んでいた。本の中のヘンダソンもまた空を飛ぶ飛行機の中に在った。アフリカへ向かう機上から見下ろすと雲海…。私は本を置き、窓の外を見ると、やはり雲海、私は曲を書き始めました。当時、この曲がそんなにヒットするとは思いもよりませんでした。 〜

 彼女の次のヒット、1968年バッフィ・セントメリー(Buffy  Sainte-Marie)の歌った『サークル・ゲーム The Circle Game』は、1970の映画:『いちご白書 Strawberry Statements』の挿入歌として採用され、映画自体は『イージー・ライダー Easy Rider』、『俺たちに明日はない Bonnie and Clyde』と並んでアメリカン・ニューシネマの一角を占め、日本では松任谷由実(荒井由実)がザ・バンバンに提供した『「いちご白書」をもう一度』は大ヒットとなります。今になって見れば、『青春の光と影』も『いちご白書』も、当時の時流であった学園紛争もの、同時代を生きた者としては気恥ずかしさのともなう映画でした。

 1969年8月の3日間、『ウッドストック・フェスティバル Woodstock Music and Art Festival』、15日(日)の祭典に参加する予定でしたが、13日(金)、TVでは全米に渡る交通麻痺が報じられるようになり、マネージャーは行かないように勧めた。16日(月)、ディック・カベット・ショーに出演予定で、街に戻る途中でトラブルに巻き込まれることを恐れたのでした。彼女はフェスティバルの決定的な年代記となる『ウッドストック Woodstock』を作曲、翌年、これがクロスビー、スティルス&ナッシュのヒット曲となります。

 イアン・マシューズ&サザン・コンフォート (Ian Matthews & Southern Comfort)を覚えておられますか?彼の歌う『ウッドストック Woodstock』が好きでした。 あれから2年半…、どうぞお聞きください。



ps: 2015年6月29日『朝日新聞』の記事
20150629「朝日新聞」記事

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
I appreciate YOUR SUPPORT.  皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


October 18, 2012

ウッドストック Woodstock

50年代、テレビ放送が始まる前、ハリウッドは黄金時代、多くの映画音楽が作られ、そのために多くのミュージシャンが彼の地に集まりました。ニューヨークのそれとは異なり、楽譜を読み、演奏力と作編曲能力のある、教育を受けた白人ミュージシャン達でした。ウエストコース・トジャズと呼ばれ、ジャズ全盛を迎えます。裏返せば、それは朝鮮戦争の時代、その特需で西海岸は大いに潤っていました。hippie_van

60年代はロック・ミュージック全盛の時代、1969年8月に開かれた野外コンサート:ウッドストック・フェスティバル(Woodstock Music and Art Festival)は、「正義なき」ベトナム戦争への反対運動にHaight_Ashbury St Sign_2端を発し、公民権運動、ウーマンリブ、自然回帰運動に連なる、ヒッピー対抗文化の一大イコンでした。

『ウッドストック Woodstock』
ジョニー・ミッチェル(Joni Mitchell )の作ですが、ここでは私の好きなイアン・マシューズ(Ian Mathews & Southern Comfort)が歌います。

道ばたを歩いている神の子に出くわしたの
どこに行くの?と、訪ねると…
彼から返って来た言葉はこれ… 
ヤスガーの農場に行って
ロックンロール・バンドに加わり
そこでキャンプして、魂を解き放つの

私達は星くず、光り輝く黄金 
田園に帰って自分を取り戻そう

じゃ、あなたと一緒に行っていい?
私はスモッグから逃げ出してきたの
ぐるぐる回る何かの歯車の一枚の歯だったような気がするの
たぶん、今がそんな気になる時期ね
たぶん、人類にとってもそんな時期ね
自分が誰か判らない
でも、人生は学ぶためにあるのよ

私達は星くず、光り輝く黄金
田園に帰って自分を取り戻そう

ウッドストックに着くまでには
50万もの勢力になっていた
あらゆるところに歌が溢れ、祝宴があった
夢に見たのよ
この国の空を飛ぶショットガンに跨った爆撃機が
蝶に変わるのを

私達は星くず、光り輝く黄金  
田園に帰って自分を取り戻そう

1975年、サイゴン陥落をもってベトナム戦争は集結、このような対抗文化幻想の終焉と崩壊をテーマにした「ホテル・カリフォルニア Hotel California」がヒットするのは1976年でした。曰く…「We haven't had that spirit here since 1969…(そのような酒はこちらにはご用意しておりません、1969年以来…)」、そうです、1969年とはウッドストックの年でした。

※ Buy at Amazon: ウッドストック  ホテル・カリフォルニア 

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング



Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search