ジパング

December 01, 2016

庵の窓の外は…<1> 大航海時代

                 
窓の外  「茶の湯」は禅宗に起源をもち、やがて追随しがたい小宇宙とでもいうべき日本独自の様式を作り出したと云われています。

 マルコ・ポーロ(1254〜1324)は、元の時代、中国に滞在してしていた時に話しに聞いたという「黄金の国、ジパング」。  日本では初めての武家政権、 鎌倉幕府の時代、そのかつての「黄金の国」奥州平泉藤原氏は既に滅亡しています。それから2百年、コンスタンチノープルは既に陥落(1453)、東地中海はイスラム勢力下にあり、ポルトガルは地中海から敗退したジェノバ商人の力を借りて海洋貿易立国を計り、西地中海では「レ・コンキス Age Of Discoveryタ」が完成(1492)します。 こうして、ポルトガルはアフリカ大陸西海岸を次々に占領して南下、1497年にはバスコ・ダ・ガマが喜望峰を周りインド航路を開拓します。  同じくイベリア半島にあるスペインの支援を受けたコロンブス(1451?〜1506)は、1492年、「黄金の国、ジパング」を目指して大西洋を西に向けて船出します。「ポルトガル人はカルカッタ、マラッカを越え、マカオ、1541年には豊後に辿り着きます。日本に鉄砲そしてキリスト教を伝えたのも彼等でした。

 この頃からでしょうが、ヨーロッパでは陶器・焼き物は「チャイナ china」と呼ばれるように、優れた陶器は中国から輸入されました。  後に、日本の漆工芸品、特に蒔絵が珍重されて、漆器は「ジャパン japan」と呼ばれるようになりました。もし、「漆器・塗り物の国、ジパング」が流布されていたとしたら、アメリカ大陸、新世界の発見は遅れていたかも知れません。

 日本独自の様式を作り出したと云われる室町時代(1336–1573)は、政治的には武士が公家を圧倒、文化的には大陸文化と日本文化、公家文化と武家文化など諸文化の融合が進展し、禅宗を母胎とする簡素な、枯淡の美しさ、「わび・さび」と伝統文化における風雅、幽玄が精神的な基調をなしています。「応仁の乱(1467)」以降も足利室町幕府の余命は保たれてはいるが、もはや統治能力はなく、群雄割拠の戦国時代、信長が最後の将軍:義昭(1537-97)を追放しながらも、「天下武布」完成を目前にして「本能寺の変」に倒れます。その後を継いだのが秀吉でした。

 時代は婆娑羅(バサラ)から下克上、戦国騒乱の時代、社会は大変動が起こっていました。喫茶の習慣は禅宗が中国から持ち込んだ文化でしたが、初期の茶は後に利休が完成させた「茶の湯」とは全く異なるもので、饗膳・飲酒の席にふるまわれ、茶を飲んでその銘柄を当てる博打(闘茶)が行われ、その乱痴気騒ぎぶりを足利幕府も規制したほどです。座禅を組むだけで往生できると説いた禅宗は武士・庶民の間に広まり、和歌管弦には高い教養が不可欠ですが、喫茶は成り上がりの武士や誰にでも出来るものでした。「茶寄合」の文化は自由狼藉・無礼講(バサラ)の世界と云えるでしょう。「数奇」は「好き」の当て字、伝統的な風流・風雅を加味して、当初は和歌を指したが、やがて「茶の湯」を指すようになった。偏執的な行為の許容だけでなく、常軌を逸する行為、習慣やしきたりなどの社会的制約に束縛されることなく、自分の欲するままに自由に行動することを意味し、「茶の湯」が「数奇」と呼ぶにふさわしい内容と性格を持つように洗練された事を意味します。

 日本を訪れた宣教師は日本人がなぜ古い釜や土製の器を、ヨーロッパ人が宝石・貴金属をそうするように、宝物として扱うことを理解出来ず、ヨーロッパ宮廷文化で磁器・漆器が重宝がられるまでにはあと百年を待たなければなりません。

※参考:増淵宗一『茶道と十字架 』、児島孝『 数奇の革命―利休と織部の死
  Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player  でお聴きになれます。   
I appreciate YOUR SUPPORT .  皆様のご支持をお願いします。 
   にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ      


August 09, 2015

胡椒と金

ノザキのコンビーフ 昔から釈然としないことが多いのですが、その一つがこれです。 中世の西欧では牛豚の肉は、もちろん干し肉、薫製などに加工されましたが、多くは塩漬けにして樽の中につけて置き、これを少量ずつ長い冬の間に食べつないだのです。冬が寒いとしても肉は傷んできます。腐りかけた肉に「胡椒」をかけると臭みが消え、一度「胡椒」の味を知るとそれなしではすまない必需品となったそうです。※蛇足ながら、牛肉の塩漬けは英語で「Corned Beef」、日本には戦後アメリカから入り、「コンビーフ」と呼ばれ、特に関東地方で大衆化しました。

pepper 胡椒をはじめとする香辛料の産地はインド西海岸、ジャワ、スマトラ、モルッカ諸島、マライ半島に限られて西欧からは遙かに遠く、その間、インド商人、アラビア商人、そして地中化に至るとベネチア、ジェノバ商人の手を経なければならず、この入手困難な貴重品:「胡椒」は当時金にも匹敵する価値があり、西欧を「大航海時代」へと突き動かす動機の一つに、自前での「胡椒」の確保があったそうです。しかし、わさび・唐辛子・和がらしを知る日本人の私からすれば、あればよりおいしいがなければないですむ、胡椒もたかが薬味、金にも匹敵する、とはグルメじゃない私だけの思いか…、想像もできないほどにばかげた話に聞こえます。

ペストマスク 11〜12世紀、十字軍のエルサレム派遣は最初のペスト(黒死病)流行をヨーロッパにもたらしましたが、13世紀に入ると、エルサレムのさらに東からモンゴル軍がやってきます。中国雲南省の風土病と思われていたペストはモンゴル軍に感染、ユーラシア大陸の大部分を席巻したモンゴル軍(「キプチャク汗国」)は、1346年のクリミア半島、ベネチアとジェノバ商人(ユダヤ人)の籠城するカッファを包囲、ペストに感染したモンゴル軍兵士の死体を城内に投棄してペストに感染させ、ベネチアやジェノバに逃げ延びた彼らから西欧の腺ペストの大流行となり、その間(1347〜53)、人口の1/3が死亡するという、人々にとっては全く異次元の、得体の知れない恐ろしい病気でした。実は、当時のこの腺ペストの予防・治療に有効と考えられていたのが胡椒だった訳です。この年になって初めて納得できる話に巡り会うことができました。上の絵は奇怪なマスクをかぶった当時の黒死病専門医師

 時代を遡って、東の端に目を向けます。「白村江の戦い(663)」で唐・新羅連合軍に敗れ、唐(中国)との冊封関係を断ち切った日本。唐の侵攻も恐れられる中、国家安泰・五穀豊穣を祈願して建立されたのが東大寺大仏であり、鍍金(メッキ)のための金が不足する事態をすくったのが陸奥国涌谷(わくや)で日本で初めての砂金産出でした(749)。以降、長い戦乱を経て、砂金産地を押さえ、馬や毛皮などの様々な物資を独占した奥州藤原氏の時代を迎えます(1087〜1189)。おそらく、独自の海外交易を行い、戦乱の京を尻目に、中尊寺金色堂に代表される平泉浄土教文化の栄華は当時カセイ(Cathay)と呼ばれた中国南部(杭州)にも聞こえていたはずです。

Marco Polo

 モンゴル支配下の中国(元(1271-1368))に滞在したマルコポーロは「黄金の国ジパング」、日本の情報を中国南部で得たと思われ、帰国後、ベネチアとジェノバ間の戦争捕虜(「メロリアの戦い(1298)」となりその獄中で口述筆記された『東方見聞録』に在る「莫大な金を産出し」や「宮殿や民家は黄金で出来ている」とは、かつて存在した、この奥州藤原氏平泉文化の事を聞いたのであろう。ついには、「キオッジアの海戦(1378〜1380)」でベネチアが勝利、東地中海貿易を独占します。敗北したジェノバはジブラルタル海峡の西、イベリア半島経由で、当時毛織行で繁栄したフランダース(現在のベルギー)との交易に活路を求めてポルトガルに接近します。

 ポルトガルはジェノバの商業・航海技術を引き継いで、いよいよ大西洋に船出することになります。1415年、北アフリカのセウタを占領、続いて象牙海岸・黄金海岸を経てガーナの地に城塞を築いて金や奴隷の交易を行い、1497年にはバスコ・ダ・ガマが喜望峰を周りインド航路を開拓、カルカッタ、マラッカを越え、マカオ、1541年には豊後に辿り着きます。かつては、インド商人、アラビア商人、そして地中海に入るとベネチア、ジェノバ商人の手を経ていた胡椒取引がポルトガル一手に集約されたのですからその利益は莫大なものになったことでしょう。

 1492年、『東方見聞録』の「黄金の国ジパング」に魅了されたコロンブスは大西洋を西へ、苦難の末到達したのが現在のエルサルバドル、これをインドと誤認、さらに奥地を探検したが、「黄金の国ジパング」を発見することは出来ませんでした。これが、西欧にとっての、新大陸・新世界の発見でした。

 胡椒と金、西欧を「大航海時代」に突き動かした大きな動機なのですが、その背景には13世紀のモンゴル帝国の勃興を見逃すことが出来ません。ユーラシア大陸の大部分を統一、東西を結ぶ交通路の整備・治安を維持、商人の保護に努め、信仰には寛容で、人種・民族にかかわらず能力のある者を登用して、モンゴル帝国が完成され、東の中国文明と西の地中海文明が結ばれることになったのです。ほんとうの世界史はここに始まったといえるでしょう。

 奇しくも、同じ12世紀、ユーラシア大陸が東の海に落ち込むところ、「黄金の国ジパング」では武士が台頭、その後約7百年、武士の世の中が続きます。

 ※参考資料:地球日本史〈1〉日本とヨーロッパの同時勃興

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
I appreciate YOUR SUPPORT.  皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


May 14, 2013

たこ焼きで学ぶ 〜 アレキサンダー大王からキムチまで

「ごちそうになる」ということに気をよくして、久しぶりに入った駅前の居酒屋。学生客が多いらしく、「学生向け、人気ベスト・メニュー!」の3位に『ロシアンたこ焼き』なるものを注文しました。我々の数に同じく2個、確立は1/2、控えめに箸の先で少し取って口に…、「当たり!」でした。みるみる間に口の中は炎と化し、額からは大粒の汗…、落ち着くまでのしばらく時間が必要でした。

Alexander the Greatアレキサンダー大王(紀元前356〜326年)は、エジプト、ペルシャを征服、紀元前327年にはガンダーラ(現在のパキスタン)に侵入します。因みに、今在るカンダハルは、ガンダーラに由来する…?。それから数百年、カニシカ王(在位:128年 - 151年)の時代にガンダーラ美術は黄金時代を迎え、多くの仏像、仏教建造物が建立された。この地で大乗仏教:「華厳経」が生まれ、彫刻・建築などのギリシャ文明を伝えたアレキサンダー大王遠征軍の子孫が、従来行動と言語による抽象体系であった仏教を具象化、目に見える仏教:仏像・建造物を生み出すことになります。この仏教の新しい一派は数百年をかけて、中国、朝鮮を経て、飛鳥時代の6世紀に日本に伝来します。

それからさらに数百年、平安時代はまさに末法の時代。人々は阿弥陀仏にすがり、極楽浄土に行くことを願い、その究極が京都宇治の平等院でした。奥州藤原氏(1087〜1189)は都から遠く離れた奥州平泉の地に、その平等院を凌ぐ王道楽土を築きました。

これが元(1271〜1368)の首都:大都(現在の北京)に滞留していたマルコ・ポーロが聞いたという「黄金の国・ジパング」のモデルでした。ジェノバへ帰還した彼は、ベネチアとの地中海の覇権を賭けて戦った「メロリアの戦い(1298)」で捕虜となり、同じ牢獄にいた縁で著作家:ルスティケロと知り合い、旅行記:『東方見聞録』を口述したと言われます。ついには、「キオッジアの海戦(1378〜1380)」でベネチアが勝利、東地中海貿易を独占します。

レ・コンキスタ(国土回復運動)を推進するポルトガルは、覇権に敗れ東地中海を放棄したジェノバ商人を取り込んで、ジブラルタル海峡の西、大西洋に進出、アフリカ大西洋岸沿いに南下、1482年、ガーナに城塞を築いて金や奴隷の交易を行い、1497年、ヴァスコ・ダ・ガマは喜望峰を周り、1498年、ついにインドのカリカットに到達しました。ポルトガルはマレー半島、セイロン島を次々に侵略、1557年にはマカオに要塞を築いて極東の拠点とします。1543年には日本の種子島に漂着して鉄砲を伝えています

ジェノバ商人だったコロンブス(1451頃 〜 1506)は、当時をさらに遡る180年前に著された、マルコ・ポーロの『東方見聞録』にある黄金の国・ジパングに大いに魅せられ、世界は球体であり、西に進めば東端(アジア)に辿り着く、という説を信じ、ジパング遠征航海計画を持ち込みますが、喜望峰・インド航路発見に沸くポルトガルには断られてしまいます。しかし遂に、スペイン王室の援助を獲得して大西洋を西に向かいました。1492年、ジパングも胡椒もありませんでしたが、ついに、彼等(ヨーロッパ人)にとっての、新大陸・新世界を発見します。

「大航海時代」を期に多くの新大陸原産の野菜・根菜類・唐辛子・トマト・豆類がもたらされます。ジャガイモはヨーロッパに周期的に発生する飢饉による飢えをしのぎ、サツマイモは17世紀には日本にも伝えられて非常食として栽培されました。イタリア料理に欠かせないトマトソース、18世紀イタリア料理で「ナポリタン」と言えばトマトソース味のパスタ:「スパゲティ・アル・ポモドーロ」、日本語で「スパゲティ・ナポリタン」、麺は既に中国からイスラム諸国経由で伝わっていましたが、16世紀のナポリはスペインの支配下にあったのです。もっと古くからあるように思ってしまいますが…。

唐辛子の「唐は単に外国由来」の意味ですが、16世紀、鉄砲の伝来に前後して、ポルトガル人あるいはスペイン人により日本にもたらされました。精神の病か…、豊臣秀吉は明を攻略を目的に朝鮮に侵攻します(「文禄・慶長の役(壬辰倭乱)1592-1598」)が、日本軍が冬の寒さから足を守るために足先に唐辛子を入れて持ってきたのが、朝鮮へ伝来の始まりとされています。ヨーロッパにおけるトマトがそうであったように、長い歴史がある朝鮮の味覚:「キムチ」、彼等の伝統文化:味覚に大革命をもたらしたのは、ちょうど百年をかけて地球の裏側、新大陸からてやって来た「唐辛子」でした。キムチ

因みに…、坂本龍馬・中岡慎太郎、二人が囲む鍋、鴨肉と白菜がぐつぐつ…とは幕末時代劇によく出てくるこの場面(「近江屋事件 1867」)、時代考証がされていません。古事記・万葉の時代から在るもの…、日本料理食材の定番中の定番と信じていた「白菜」、実は中国起源、一般的に食べられるようになったのは20世紀に入ってからの話です。江戸時代以前から日本には度々渡来したが、いずれも品種を保持できず、日清・日露戦争に従軍した農村出身の兵士たちが持ち帰って栽培を試みたとされますが、交雑性が強く継続した栽培に失敗、明治末・大正に至って初めて継続栽培に成功、一般に普及したそうです。朝鮮においても、現在食べられている白菜は中国人が品種改良したものであり、現在の白菜が完成したのは18世紀以降とされ、日本と比べてドチコチないような歴史です。キムチには多くの種類があるそうですが、こと日本人に最も馴染みのある「白菜キムチ」だけを取り上げてみると、たかが2百年前には「白菜キムチ」は存在せず、ましてや、「唐辛子革命」以前のキムチはどこにでもある単なる漬物、ということになってしまします。

過去2千数百年…、ギリシャ、インド、中国に始まる文明は日本に伝搬、黄金の国:ジパングに憧れたヨーロッパが新世界を発見、持ち込まれた文物がさらに伝搬、今までの伝統文化に革命的変化をもたらしたのです。全く関連のないように見える個々の文化、しかし長い年月を振り返ってみると、時には革命・突然変異を起こしながらも、実は、連綿と繋がっているのです。

ごちそうさまでした。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング


April 17, 2011

3.11と 黄金の国、ジパング

3.11 FUKUSHIMA を機に何かまた人生感が変わったような気がします。それまでは、年末に始めた禁煙が私にとっては画期的な出来事だったはずなのですが…。

FUKUSHIMAも禁煙にも全く関係ありませんが、思い切って、ブログタイトルを『ISAO's Express Gazette』に変更しました。(旧名:Hong Kong Express Gazette) また一からの再出発となりますが、皆様のご支援をよろしくお願いします。

「1000年に一度」の枕詞は869年の「貞観の三陸地中尊寺金色堂1震・大津波」に因む。その時代、東北は、日本で初めて金が発見された場所であり、また馬や毛皮などの珍しいものの産地でもあった。長い戦乱を経て、奥州藤原氏の時代を迎えます(1087)。砂金産地を押さえ、馬や毛皮などの様々な物資を商いし、海外交易を行い莫大な経済力を蓄えました。奥州平泉の地に京都の宇治平等院鳳凰堂を凌ぐ王道楽土を築きます。これが元王朝(1271〜1368)の首都:大都(現在の北京)を訪れたマルコ・ポーロが聞いたという黄金の国、「ジパング」のモデルではないかとされています。

12〜13世紀の中世西ヨーロッパ。地中海貿易の覇権、十字軍支援の艦隊の主導権を巡って二つのイタリア海運都市、ジェノバとベネチアが競っていましたが、ベネチア人、マルコ・ポーロは1298年の「メロリアの戦い」で捕虜となり、同じ牢獄にいた縁で著作家:ルスティケロと知り合い、旅行記:『東方見聞録』を口述したと言われます。ついには、「キオッジアの海戦(1378〜1380)」でベネチアが勝利、東地中海貿易を独占します。
jenova flanders
当時、フランダース地方(現代のベルギー)は毛織業が盛んで、都市が繁栄、非常に高い経済・文化を誇っていました。敗れたジェノバは東地中海を放棄、ジブラル海峡を大西洋に出て、このフランダース地方との交易にその活路を見いだそうとします。

一方、7世紀にアラビア半島に興ったイスラム勢力が、8世紀、アフリカ西北部に進出、ジブラルタル海峡を渡って711年西ゴート王国を滅ぼし、ムーア人(イスラム教徒)に依るイベリア半島占領が続いていました。

ポルトガル西岸部はフランダースへ向かうジェノバ商人の内海専用の「ガレー船」の寄港地として栄えます。レ・コンキスタ(国土回復運動)の中で、ポルトガルはリスボンに遷都、強力な中央集権体制をとり、ジェノバ商人の力を借りて、航海術・海軍力を強化、イスラムから入った信用為替手形制度を持って『海洋貿易立国』を計ったのです。東地中海では、1453年ビザンツ帝国がオスマン朝トルコにより滅亡、逆に西地中海では、ポルトガルが徐々にイスラム勢力を駆逐、1492年グラナダが陥落し、レ・コンキスタが完成します。

発見のモニュメントポルトガルは1415年、北アフリカのセウタを占領、1460年ごろまでに象牙海岸・黄金海岸を経てガーナの地に城塞を築いて金や奴隷の交易を行い、その間に15万人の黒人奴隷を取引したとされます。以降、1497年にはバスコ・ダ・ガマが喜望峰を周りインド航路を開拓、カルカッタ、マラッカを越え、マカオ、1541年には豊後に辿り着きます。日本に鉄砲を伝えたのもポルトガル人でした(1543)。▼ Portugese Discovery

Portuguese discoveries

1517年、ルターの宗教改革が始まり、その対抗運動としてイエズス会を設立(1534)、優秀な宣教師が布教のために海外に派遣されました。ポルトガル人であるルイス・フロイスもその一人で、1532年〜1597年、戦国時代の日本で宣教、織田信長や豊臣秀吉らと会見、 『日本史』を著しました。

しかしポルトガルの繁栄もつかの間、1580年に王権の相続争いが勃発した結果、王権はスペイン・ハプスブルク家のものとなり、ポルトガルはスペインの支配下となります。

スペインが新大陸(南北アメリカ)を征服して、現地人を奴隷にまでして富を築いたのに対して、ポルトガルが征服できた土地は、ブラジル以外は、限られたものでした。インド洋では沈滞していたイスラムが勢力を回復、ポルトガルが築いた貿易体制は次第に浸食されます。

東南アジアでは後からから割り込んで来てこれに寄生するだけで、対価をアジアに提供する力がなく、市場を独占することが出来ませんでした。 大航海時代を切り開いたポルトガルでしたが、後ろを走るイングランド、オランダに追いつかれ、追い抜かれます。ポルトガルの東南アジア貿易の繁栄も長続きはせず、やがて17世紀にはオランダが進出するに及んでその地位を失います。

1755年11月1日はカトリックの祭日、リスボン大地震ポルトガルの首都:リスボンを大震災が襲い、津波と火災により壊滅状態となります。これによりポルトガル経済は大打撃を受け、海外植民地への依存を高め、国内の政治的緊張が高まるとともに、それまでの海外植民地拡大の勢いは止まることになりました。カトリックの祭日に最も敬虔なカトリック国の一つ、ポルトガルを大震災が襲ったことはキリスト教神学上の議論のテーマになったそうです。

『21世紀は東アジアの世紀』と言われる。中国・韓国その他アジアの国々の台頭を背中に感じながら、『やばい!』と、選んだ民主党政権も『ダメ』。何となく不安には思っていましたが…、3.11FKUSHIMA 以降、日本の『技術立国』もやっぱり『やばい!』ことになってしまいました。日本の「安全神話」と「先進技術国神話」は崩れ去ったようです。

Momo holding sign board-HKX Radio
※Nobu, Kun & Isa Band の今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
       
 Thanks for Your Support ▼: 今日の席順は?
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング

Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search