コロンブス

December 01, 2016

庵の窓の外は…<1> 大航海時代

                 
窓の外  「茶の湯」は禅宗に起源をもち、やがて追随しがたい小宇宙とでもいうべき日本独自の様式を作り出したと云われています。

 マルコ・ポーロ(1254〜1324)は、元の時代、中国に滞在してしていた時に話しに聞いたという「黄金の国、ジパング」。  日本では初めての武家政権、 鎌倉幕府の時代、そのかつての「黄金の国」奥州平泉藤原氏は既に滅亡しています。それから2百年、コンスタンチノープルは既に陥落(1453)、東地中海はイスラム勢力下にあり、ポルトガルは地中海から敗退したジェノバ商人の力を借りて海洋貿易立国を計り、西地中海では「レ・コンキス Age Of Discoveryタ」が完成(1492)します。 こうして、ポルトガルはアフリカ大陸西海岸を次々に占領して南下、1497年にはバスコ・ダ・ガマが喜望峰を周りインド航路を開拓します。  同じくイベリア半島にあるスペインの支援を受けたコロンブス(1451?〜1506)は、1492年、「黄金の国、ジパング」を目指して大西洋を西に向けて船出します。「ポルトガル人はカルカッタ、マラッカを越え、マカオ、1541年には豊後に辿り着きます。日本に鉄砲そしてキリスト教を伝えたのも彼等でした。

 この頃からでしょうが、ヨーロッパでは陶器・焼き物は「チャイナ china」と呼ばれるように、優れた陶器は中国から輸入されました。  後に、日本の漆工芸品、特に蒔絵が珍重されて、漆器は「ジャパン japan」と呼ばれるようになりました。もし、「漆器・塗り物の国、ジパング」が流布されていたとしたら、アメリカ大陸、新世界の発見は遅れていたかも知れません。

 日本独自の様式を作り出したと云われる室町時代(1336–1573)は、政治的には武士が公家を圧倒、文化的には大陸文化と日本文化、公家文化と武家文化など諸文化の融合が進展し、禅宗を母胎とする簡素な、枯淡の美しさ、「わび・さび」と伝統文化における風雅、幽玄が精神的な基調をなしています。「応仁の乱(1467)」以降も足利室町幕府の余命は保たれてはいるが、もはや統治能力はなく、群雄割拠の戦国時代、信長が最後の将軍:義昭(1537-97)を追放しながらも、「天下武布」完成を目前にして「本能寺の変」に倒れます。その後を継いだのが秀吉でした。

 時代は婆娑羅(バサラ)から下克上、戦国騒乱の時代、社会は大変動が起こっていました。喫茶の習慣は禅宗が中国から持ち込んだ文化でしたが、初期の茶は後に利休が完成させた「茶の湯」とは全く異なるもので、饗膳・飲酒の席にふるまわれ、茶を飲んでその銘柄を当てる博打(闘茶)が行われ、その乱痴気騒ぎぶりを足利幕府も規制したほどです。座禅を組むだけで往生できると説いた禅宗は武士・庶民の間に広まり、和歌管弦には高い教養が不可欠ですが、喫茶は成り上がりの武士や誰にでも出来るものでした。「茶寄合」の文化は自由狼藉・無礼講(バサラ)の世界と云えるでしょう。「数奇」は「好き」の当て字、伝統的な風流・風雅を加味して、当初は和歌を指したが、やがて「茶の湯」を指すようになった。偏執的な行為の許容だけでなく、常軌を逸する行為、習慣やしきたりなどの社会的制約に束縛されることなく、自分の欲するままに自由に行動することを意味し、「茶の湯」が「数奇」と呼ぶにふさわしい内容と性格を持つように洗練された事を意味します。

 日本を訪れた宣教師は日本人がなぜ古い釜や土製の器を、ヨーロッパ人が宝石・貴金属をそうするように、宝物として扱うことを理解出来ず、ヨーロッパ宮廷文化で磁器・漆器が重宝がられるまでにはあと百年を待たなければなりません。

※参考:増淵宗一『茶道と十字架 』、児島孝『 数奇の革命―利休と織部の死
  Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player  でお聴きになれます。   
I appreciate YOUR SUPPORT .  皆様のご支持をお願いします。 
   にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ      


August 03, 2010

鄭和 〜水平線の彼方に

『2001年宇宙の旅』、次は大航海時代を書きたくなりました。

「大航海時代の西ヨーロッパは(世界の)後進地域だったのでは…」とは「人生の大先輩」である友人から聞いた話。教科書で学んだ「コロンブスのアメリカ大陸(西インド諸島)発見」は1492年、大航海時代のクライマックスです。

驚くべきはこのコロンブスを先んずること87年、中国は明(1368 - 1644)の時代、鄭和(Zheng He)が永楽帝の命で大船団を率いて、南シナ海、マラッカ海峡を越えて、インド洋に出、最終的にはアフリカの南端:喜望峰に達する遠洋航海をしました。1405年に開始され1433年に最後となる遠洋航海は実に7回にも及びました。鄭和の旗艦:「宝船」は全長:120mとコロンブスの乗船:サンタ・マリア号の4倍の大きさでした。船の大きさに留まらずその規模が、コロンブスの場合は3隻の船と120人の乗組員だけですが、鄭和のそれは62隻の船と28千人の大船団でした。14世紀当時、造船技術、航海術、組織運営技術等、中国文明が圧倒的に優位に立っていたのでしょう。

鄭和の使命は"Go beyond the horizon"、「行け!地平線の彼方に」。 …もちろん中国語でしょうが、どこか、『2001年宇宙の旅』のディスカバリー号を連想させます。


さらには、鄭和艦隊は喜望峰を越え大西洋へ、新大陸(南北アメリカ)を発見した、という説を主張する研究者もいるようです。こうなるとGavin Menziesコロンブスも全く形無しで、影が薄くなってしまいます。「大航海時代 Age of Geographical Discovery」は世間知らずの、片田舎のヨーロッパ人から見て…というただし書きが必要になってきます。

鄭和は現在の雲南省昆明の出身、彼の一族は馬氏を名乗り、…そういえば私の知り合いに中国系アメリカ人にMr Ma(馬)という人がいます。あるいは、北京オリンピックの数年前、中国陸上競技の名コーチでその名を世界に知らしめた「馬軍団」はそれと関係があるのでしょうか…、「馬」は予言者モハメッドの子孫を意味する西域出身のイスラム教徒で、その一族は先のアジア・ヨーロッパに跨る一大帝国を築いたモンゴル人の王朝:元の時代(1271 〜 1368)、その行政手腕を買われて移住してきたのでした。…またまた、そういえば、民族問題で揺れる新疆ウイグル自治区から来たのであろうか、広州でさえもイスラム寺院や明らかに目鼻立ちの違う人たちを目にすることが出来ます。

8〜11世紀、イスラム文明(中央アジア〜中近東〜地中海)が世界を席捲していました。モンゴル人元は、イスラム文明の、商業技術、航海技術、交易ルートを継承、1275年、イタリア人 マルコ=ポーロがフビライに会うまでに国際交易ルートは整備されていました。さらに国際性の継承は優秀な外国人商人・技術者そして馬一族のような行政官の登用に繋がりました。

鄭和漢民族王朝故か、明代に於いては万里の長城を補強・拡充、基本的には「内向きな」政策に転換するのですが、対外的には朝貢外交・柵封体制で、鄭和の遠洋航海も、元の対外政策の花が遅れて咲いたようにも見え、この朝貢外交・柵封体制の域を出るものではなかったように思えます。イスラム圏の商人・航海者が既に築いていた交易・航海ルートの多くを辿ったのでしょうが、その航海の目的は南シナ海・インド洋での海上覇権を樹立することによって諸国の朝貢を促し、明朝・永楽帝の威信を高めることにあり、儒教的考えからか、商売・交易、況わんや領土拡大ではなかったように思えます。

マラッカ王国(現マレーシア)は鄭和に始まる南シナ海・インド洋覇権の拠点でしたが、明の柵封体制の下で繁栄するのですが、1509年ポルトガルに占領されてしまいます。マラッカ王は明にポルトガルの暴挙を訴えるのですが、明がマラッカ奪還に艦隊(軍)を送った形跡は見あたりません。鄭和、最後の遠洋航海から70年、明には、万里の長城を外に出て、対外戦争を行う海軍力は既にありませんでした。

ヨーロッパに目をやると、ルターに始まる宗教改革の嵐(1517年〜)は目前です。西ローマ帝国崩壊で、西の端の片田舎に成り下がった西ヨーロッパは、キリスト教を変化の核に、中世から近世へと、近代ヨーロッパ文明の萌芽が次々と現れています。

Momo holding sign board-HKX Radio
※Nobu, Kun & Isa Band はI Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
       
  
Support me: 今日の席順は?
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング

Vist Us:
Hong Kong Express BannerHKX Brands


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search