クリミヤ戦争

January 21, 2015

エカテリーナ大帝

 北ドイツ(神聖ローマ帝国 現在のポーランド)、プロイセン軍少将の娘に生まれ、ルター派の洗礼を受けた彼女は、14歳の時(1744)、ロシア皇太子妃候補の一人としてペテルスブルグに至り、猛勉強してロシア語を習得、ロシア正教に改宗、エカテリーナに改名して、皇太子:ピョートルとに結婚します(1744)。エカテリーナはロシア人になりきることで貴族・民衆の支持を徐々に獲得していったが、反対に、皇帝に即位した(1762)夫ピョートルはますますドイツ(プロイセン)にかぶれ、知的障害もあって、貴族・民衆の支持を失っていった。皇后となったエカテリーナはロシア正教会・近衛連隊の支持を得てクーデターを敢行、夫ピョートルの皇帝の地位を剥奪して幽閉、1762年、女帝として即位します。

 啓蒙思想の崇拝者でもあり、ロシアの後進性は農奴制にその原因があると見た彼女は農奴制改革を試みるが、その農奴制に立脚するロシアの貴族制、ひいてはロマノフ王朝の存立にも絡む問題でもあり、抜本的な改革には至りませんでした。全土を50の県に分割、3百ヶ所に小学校を設置、病院・診療所の設置などの改革を行ったが、何事も貴族=現状維持勢力との同意・妥協が必要でした。

エカテリーナ 60歳をすぎても愛人12人を持ち、政治には一切口出しはさせず、男すら手球に取った女帝ですが、ただ一人、前夫ピョートル皇帝を廃位・幽閉(暗殺?)のクーデターに加わった近衛連隊の一員、10歳年下の、グレゴリー・ポチョムキンと極秘裏に結婚、私的関係だけではなく政治・軍事面でも絶好なパートナーであり、対外拡張を推進してポーランド分割占領、黒海に南進してオスマン帝国と衝突:「露土戦争(1768〜1774、1787〜1791)」に勝利してクリミヤ半島を占領(1788)、セバストポリ軍港、これを母港とする黒海艦隊を建設したのです。「悪魔」と呼ばれたポチョムキンをパートナーに、エカテリーナは史上最大のロシア領土を築きました。

大黒屋光太夫 1791年、ペテルスブルグ、絶頂の女帝:エカテリーナがエルミタージュ宮で謁見したのが大黒屋光太夫でした。彼は伊勢国から江戸へ向かう駿河沖で暴風に遭い、苦難の末、遣日使節:アダム・ラクスマン一行の船:『エカテリーナ』に乗り、1792年、遭難して10年後、根室の地に生還したのです。鎖国を国是とする幕府との最初の外交接触でした。

同じ年、1791年、ポチョムキン死去。前後して、フランス革命(1789)が勃発、1793年にはルイ16世が処刑され、ヨーロッパ絶対君主制終焉、革命思想の流入、農奴の反乱、反体制家のシベリア流刑の時代を迎えます。そんな時代の1796年、エカテリーナは死去、34年の治世でした。

 時代は下って、1853〜1856年、「クリミヤ戦争」でロシアは破れ、西欧列強(英仏露)がこの戦争に目を奪われている間に、新興のアメリカはぺりーの対日砲艦外交に成功(「黒船来航(1853年) 幕末の始まり」)、クリミヤ戦争敗北で、ロシアは南進政策の舞台を、クリミヤ半島・バルカン半島から満州戦艦ポチョムキン・朝鮮半島に移します。これが、後の「日清戦争(1894-1895)」、「日露戦争(1904-1905」につながって行きます。1905年5月、「日本海海戦」にてバルチック艦隊が壊滅、続く6月14日、エカテリーナの愛人の名を冠したロシア黒海艦隊戦艦:「ポチョムキン」にて水兵に依る武装蜂起が発生、革命の狼煙が上がります。

 エカテリーナはロシアの文化・教育、後世のロシア文学発展の基礎を造った人であり、ボリショイ劇場、エルミタージュ宮殿、後の美術館は彼女の功績であり、ロシア人にとって彼女は、ピョートル1世と並び、大帝(ヴェリーカヤ)の称号が冠される女帝でした。彼女は日本の歴史にも少なからぬ影響を与え、ロマノフ家の血統でないどころか、ロシア人の血さえも引かない、我々の想像を絶する大帝でした。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


January 15, 2014

『アラビアのローレンス』、ピーター・オトゥール

何か…?、去年やり残したような気持ちになっていました。
映画:『アラビアのローレンス』のピーター・オトゥールは正に当たり役・はまり役でした。あまりにも『アラビアのローレンス』の印象が強烈過ぎて、その後は役にめぐまれなかったのは残念なことでした。 

『栄光への脱出』(1960)、『北京の55日』(1963)と並んで、『アラビアのロレンス』(1962)が近代世界史を学ぶきっかけになったことは間違いありません。

黒海・バルカン半島では、ここを支配するオスマン帝国に対する反乱・蜂起が起こり、ロシアが、スラブ民族独立の為として、これに介入します。ロシア帝国とオスマン帝国は敵対関係にあり、1568年以来しばしば戦争が発生、「露土戦争」と呼ばれます。

1853〜1856年、クリミヤ半島を舞台にロシアとオスマン帝国及びその同盟国:フランス、イギリスの戦い(「クリミヤ戦争」)で、ロシアは破れ、西欧列強がこの戦争に目を奪われている間に、アメリカはぺりーの対日砲艦外交に成功(黒船来航1853年)、その南進政策の舞台を、バルカン半島から満州・朝鮮半島に移します。

近代世界史において、始めて、日本という国が登場するのは「日清戦争」(1894〜1896)戦争でした。260年続いた徳川幕府武家政権が倒れ(1868)、極東に近代国民国家を目指す明治新政府が誕生してから26年後のことでした。国力から見て当然勝つと思われていた清朝中国は破れ、日本が勝利します。日本に割譲された遼東半島(旅順・大連などの不凍港)は露・仏・独の三国干渉によって中国に返還されることになり、1898年、ロシアは中国から旅順・大連を租借して極東政策の拠点とします。中国の負けにつけ込んで欧米列強が更に侵食、中国は半植民地となり、それに呼応して民族運動としての「義和団の乱」が発生します。伝統的に不凍港を求めて南下政策をとるロシア、そして日本は乱以降も撤兵せず、満州・朝鮮半島を巡る両国の衝突が「日露戦争」(1904-1905)に発展します。

地球の裏側、南アフリカでは「ボーア戦争」(1899〜1902、英国とオランダ系ボーア人との戦争)が勃発、英国は大量の人員・物資を南アフリカに割かざるを得ず、満州に南下するロシア帝国に対抗する為、「日英同盟」を締結します(1902)。「義和団の乱」での柴五郎の活躍が「日英同盟」締結に大いに寄与し、この「日英同盟」が「日露戦争」での日本勝利の大きな要因の一つでした。こうして日本は「義和団の乱」・「日露戦争」以降も唯一軍隊を中国に駐留し続け、その後泥沼化していく「日中戦争」(1937〜1945)に発展していきます。

日露戦争での敗北により、ロシアは、満州での南下を阻止され、元のバルカン半島進出に政策を戻します。「日英同盟」を結んでロシアに対抗したイギリスは、極東における脅威がなくなると、逆にロシアに接近、英国・フランス・ロシア三国協商につながり、これがバルカン半島でのオーストリアと衝突、第一次世界大戦に発展します。

英国はインドを征服、植民地(1765〜1849)とし、国内は折からの産業革命、インドは英国産業の原料供給地兼製品市場とされていきました。英国が独占するインド貿易へ干渉するため、フランスはスエズ運河を開通(1869)させますが、運河建設に批判的であった英国は、手の平を返して、運河会社の筆頭株主となります。1882年、エジプトで発生した暴動を口実に、英国は軍事介入してスエズ運河を管轄下に置くことになります。オスマン帝国はオーストリア、ドイツとともに同盟国軍として、英国はフランス、ロシア、セルビアとともに連合国軍として戦いますが、この衰退するオスマン帝国の支配下にあったのがアラブ民族であり、スエズ運河をオスマン帝国に奪われれば、英国はインドへの道を絶たれてしまう情況でした。

このような世界情勢の中、ロレンスは陸軍作戦本部地図課に配属となり、考古学者として、英国の生命線:スエズ運河周辺アラブ地域の情報を探る任務を与えられ、1916年、カイロに派遣されます。彼の調査で、アラブ各地ではオスマン帝国に対する反乱・蜂起計画が進んでいることが判明、支援さえあれば、英軍の投入なくして、独力でオスマン帝国軍を釘付けにすることが可能として、自らその作戦に志願します。1917年、ロレンスとアラブ人のゲリラ部隊はダマスカスとメディナを結ぶヒジャーズ鉄道に対する破壊活動を行い、アカバ湾の深奥、戦略的要衝アカバを砂漠の背後から奇襲し、陥落させます。映画:『アラビアのローレンス』のハイライトシーンでもあります。

1888年、トマス・エドワード・ロレンス(T.E. Laurence)は誕生します。離婚が認められず駆け落ち、実質的には夫婦なのですが、戸籍上は私生児として誕生でした。彼の母親は、実母をアルコール中毒で亡くし、厳格でヒステリックな女性だったようで、自らの不倫関係の負い目故か、子供達の躾には異常に厳格でした。誕生した5人の子供で結婚したのは五男ただ一人だったそうです。映画で、オスマン帝国軍の捕虜となりムチで打たれ、トルコ人地方官吏に犯されるシーンがありましたが、どこか精神を病んでおり…、マゾヒストであったことは間違いないようです。
ローレンス下宿先
6年前、英国に行く機会があり、ロンドンでは彼の住んでいた下宿先、戦争博物館に展示されている
彼愛用のバイク:Brough Superiorを訪ねたことが思い出されます。
20140113アラビアのロレンス

※あまり似てはいませんが…、哀悼の意を表して…

そのロレンスを演じた俳優:ピーター・オトゥールが昨年12月、81歳で亡くなりました。ご冥福をお祈りします。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search