ギリシア

July 09, 2015

ギリシャ危機と「ルネサンス」 

BBC地球伝説 EUが求める緊縮策の是非を問うギリシャ国民投票が行われ、当初は賛否拮抗するかと思われていましたが、61%が反対とはいう予想以上の結果でした。お白州に引き立てられたギリシャが、壇上で見下ろすEU、最大の支援国:ドイツを前に、「厄介者扱いの上に言いなりはまっぴら」と、もろ肌脱いで開き直っている様子です。

 第1回大会がギリシャ・アテネで(1896)、21世紀初めての第28回オリンピックも同じアテネで開催(2004)されたのは記憶に新しいところです。レスリング競技の一つ、グレコ・ローマンスタイル(Graeco-Roman)は文字通り古代ギリシア・ローマの伝統に由来しているかのように聞こえますが、19世紀、イタリア人やフランス人が現代のスポーツと古代のものとの関連を見出すことで付加価値を付けただけのもので、彼らの古代ギリシア・ローマへの憧憬が現れている好例でしょう。

 芸術、哲学、 科学が花開き、民主主義が芽吹いた古代ギリシャ文明(紀元前6〜3世紀)を、古代ローマ文明と並んで、強く憧憬する西欧人は14〜15世紀、古代ギリシア・ローマの学問・知識の復興を目指す「ルネサンス」がイタリアで起こり、各国に影響を及ぼしたと言われています。かつて、ゲルマン人が北方から侵入、西ローマ帝国を崩壊(467年)させます。彼らは、キリスト教を利用して、自分達より高度な文明を持つ先住民族(旧ローマ帝国市民)を支配・統治したのです。一方、東ローマ帝国(395-1453)は、首都をコンスタンティノポリスとし、7世紀に始まるイスラム勢力の進出で後世ビザンツ帝国と呼ばれますが、1453年、オスマン・トルコにより滅亡、首都名もイスタンブールに変わります。

 「ルネサンス」の時期、古代ギリシャ文明からすでに1千年以上も経過しており、地理的に見ても、文明の存在したギリシャを含む東地中海は完全なイスラム圏となっています。当時の西欧知識人は、単に、東方文明、特に優越したイスラム文明(アラビア語)を通して遠い古代ギリシャ文明を知ったのであり、民族・国家として古代ギリシャ文明を継承してきた訳ではありません。古代ローマ文明がイタリア人・フランス人などラテン系のルーツ・拠というのは理解出来たとしても、ドイツ人のそれではありません。かつて、西ローマ帝国に侵入したゲルマン人、その後のドイツ人は古代ローマにも、況んや古代ギリシャ文明には全くと言ってよいほどに繋がりません。それ故か…、ドイツ人は狂ったようにギリシャ崇拝に走ったのです。「ドイツ人の間では、フランス人・イタリア人への対抗故か、ローマ史やラテン語よりもギリシャ研究の方が人気が高かった」そうです。ギリシャの側も近代国民国家を作る過程でこの「ヨーロッパ文明の精神的故郷」のイメージを利用して、国家のアイデンティティーとしました。

 「ルネサンス」は、美術の領域ならいざ知らず、単なる西欧人の思い込み、憧憬に過ぎないのかも知れませんが、西欧はこの幻想の「ルネサンス」に続いて「宗教改革」を共同体験しますが、ギリシャは全くの埒外にありました。加えて、彼らは、ローマ教会ではなく、東方正教会:ギリシャ正教、ロシア正教に近い存在です。

 EUは自らの精神的故郷でアテネ・オリンピックを開催、過剰な投資であぶく銭をもうけ、祭りの後に残ったのは見事なまでの「廃墟」です。「ヨーロッパ文明の精神的故郷」:ギリシャはEU離脱をちらつかせていますが…、果たしてヨーロッパとは何か?、…考え込んでしまいます。新国立競技場

 気取っている場合じゃありません。他人の心配よりも…、借金の上積み、2520億円もかける国立競技場建設の方が深刻です。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
I appreciate YOUR SUPPORT.  皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search