イマジン

March 31, 2014

Maruさん、ありがとうございました

Nobuさんとデュオを始めたのが2007年、しばらくしてKunさんがドラムで参加、そして最初のステージが東松山のライブ・ハウス:「イマジン」、2011年10月29日でした。同じく、「スタジオ・ワン」でのライブの前に参加したのがベースのMaruさんでした。

Live at Studio Oneライブハウスに出演する方々の多くは、昔プロの演奏家だったが、これでは食べてはいけず、サラリーマンをやりながら、あくまで趣味として楽器を弾く人が多いようです。さすがに昔プロ、我々が逆立ちしても彼等の真似はできません。楽器の技量はその通りですが、彼等の多くは歌手のバックバンドは出来ても、概して、歌うことがその楽器ほどには上手くはないようです。昔は今ほどにカラオケが普及しておらず、歌い手のバック、伴奏という仕事が多くあったのでしょう。我々の場合はあくまで、子供の頃から洋楽が好き、洋楽にかぶれ、歌詞の意味も判らずに歌っていた始末、この歳になって…「ナーンダ、こんなことを歌っていたのか。」とこの歳になって始めて意味を知ることも稀ではありません。「洋楽かぶれ」なんですから、上手くはありませんが、それなりに歌うことは出来るのです。楽器では太刀打ちできませんが、それなりに歌い、ただの「3度ハモリ」ですが…、バックコーラスを付けることが出来ます。

私個人としては、以前も書きましたように…、「カントリーぽぃロック」が好み、その逆ではありません。言葉を変えるならば、「ウエスト・コーストぽぃ音楽」で例えれば<The Eagles>、少し毛色が違って「ルーツ・ミュージック」で例えれば<The Band>、どちらも70年代にそのピークを迎えました。好みから言えばこうなるのですが、それじゃ…、その好きな曲を自分で歌う(演奏する)事が出来るか…といえば、話は全く別で、出来ません。「好きな曲と演奏できる曲とは別」、「好きな曲でも演奏できない曲が多い」のはもちろんのことです。

二人でバンドを始めたからか…、新曲の選定はNobuさんか私ということになってしまいます。先ず最初に提案するに当たって、歌えなければ話が始まりません。ブルース、ロックンロール系の多くはNobuさんから提案から始まったもので、それで知った曲、覚えた曲も幾つかあります。もう一つの問題、これが大きいのですが…、Nobuさんは、曲のイントロ〜間奏〜エンディングまで1人で完結することが出来ますが、私には〜間奏〜が出来ません。よって、二人のうち、どちらかが歌えたとしても、Nobuさんの〜間奏〜が出来なければその一曲は完結しないのです。加えて、他の3人のメンバーが知らない曲をやる場合、まず最初にそのやりたい曲を聞いてもらい、同時に、何小節で、どの位置に何のコードがあってその曲が成り立っているのかを示さなければなりません。これが、譜面が読めず音楽知識のない私には苦手です。

「スタジオ・ワン」でのお客さんのウケが良かったのか、以来今までに3回のステージに立たせてもらっています。毎回同じ曲ばかりではお客さんも飽きるだろう…と、1〜2曲の新曲に入れ替えます。従来の60〜70年台の曲を中心にやって来た私にとってはまさに「今」、1998年のビルボード誌で全米一位の曲:『The Way』を、もんた&ブラザーズの『ダンシング・オールナイト』に似たラテン歌謡で必ずウケる…と、新曲に取り上げたのです。バンドのメンバーでさえ誰も知らず、完成度の低いままに臨んだステージでしたが…、結果は案の定、どうもお客さんのノリ…というか反応の悪い結果となってしまいました。二人の好みが大きく反映する我々のステージですが、自分の気に入った曲ばかりやっているだけではだめ、少なくとも繰り返し、サビの部分は客がよく知っている曲でなければウケない、楽しんでもらえないということでしょう。

次のステージを目指して練習する我々ですが、ここに来て大問題が発生しました。メンバーの一人:Maruさんが辞めることになったのです。先日の大雪の際に交通事故を起こして、事故そのものは大したものではなかったのですが、本人は自信を失ったらしく…、しばらくの間バンド活動は休止することにしたのです。事故とバンド活動は全く別のもの、と強く留まることを推めましたが彼の意志は固く…、やる気になったら戻ってきてもらうことで話は落ち着きました。Maruさんとご一緒したのは2年半、いわゆる「カントリー&ウエスタン」の好きで、その几帳面さ・生真面目は彼の書く楽譜、演奏するベースにも現れており、雰囲気・気分だけのいい加減な私とは全くの別人です。

<K.A.Y.A. Band>とは、みんなの頭文字を並べ、勝手に私が付けた名前、その最後の演奏をMaruさんに送ります。ありがとうございました。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


express01 at 13:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search