イスラム

November 13, 2017

火薬を巡る世界史そして日本史

 平安末期、平清盛の時代(1118-81)、日本の東(北)の端は津軽半島東部の「外ヶ浜」、 西(南)の端は鬼界ヶ島(=薩摩硫黄島)でした。清盛政権の転覆を謀った(『鹿ヶ谷の陰謀(1177)』)ことを理由に俊寛以下3人はこのこの鬼界ヶ島に流されますが、この鬼界ヶ島は硫黄の産地、積み出し港として、清盛政権の財政的基板である日宋貿易、朝鮮半島・琉球を結ぶ交易ルートにおける最重要拠点の一つでした。摂津国福原で奥州産の金・銀を積み、博多を経由、鬼界ヶ島で硫黄を積んで 宋(寧波)へ,宋からは大量の宋銭・香料・陶磁器などを持って帰るという貿易ルートを実現、 輸入された大量の宋銭は、従来の国産の貨幣を駆逐、貨幣経済の革命的な発展をもたらします。清盛に依る政権奪取、引き継いだ頼朝が開いた鎌倉幕府に始まる700年に及ぶ武家の時代となります。
てつはう
 当時の文明国、中国の宋(960 - 1279)は異民族の圧迫を受けて南下します。唐の時代(618年〜907年)に発明された黒色火薬(硝石+木炭粉+硫黄)の実戦兵器への応用が急速に拡大しますが、女真族:金により、華北・東北地方の領土を失った南宋(1127 - 79)は、火薬の原料である硫黄の国内における産地を失い、日本にその供給を求めるようになった訳です。清盛が輸出した硫黄が中国で何に利用されるかを探った様子はありません。金そして南宋を滅ぼしたモンゴルは元を建て(1271 - 1361)、フビライの時、日本にもモンゴルへの服属を求めたが鎌倉幕府はこれを拒否したため、1274年(文永の役)・1281年(弘安の役)の二度、モンゴル(元)と高麗の連合軍を日本へ送るがいずれも失敗に終わります。モンゴル軍の「てつはう(炸裂弾)」は絵にも残されているように、大いに驚いた鎌倉武士でしたが、この最新兵器がどのようなものか、炸裂・爆発するメカニズムを解明しようという思いには至らなかったのは清盛の時代と同じです。全く興味を示さなかったのは、当時の中華文明国に比べその一周辺国に過ぎない日本の文明度が格段に低かったということです。

Battle of Sarhu  ヨーロッパへの火薬の伝来は、モンゴルのバトゥのヨーロッパ遠征(1236 - 1241)の時、あるいは十字軍遠征(1096 - 1291)の時代に、既に火薬が伝来していたイスラム軍との戦闘を通じてヨーロッパに知られたとも言われる。1252〜56年カラコルムでの活動していたフランシスコ会伝道師が見聞した火薬の知識を当時ヨーロッパの最高学府で学んでいたロジャー・ベーコン(1214 - 1294)に伝え、後にベーコンは火薬に関して書物に著し、そこには硝石についての記述があるそうです。 1333年に鎌倉幕府滅亡、その頃までにヨーロッパでは火薬が研究され、如何に硝石を人工的に作るかが研究されていたということです。1378年にはニュルンベルクにおいて初めて、糞尿などをかけて硝石を人工的に生産する施設が作られたが、効率も品質も悪く、増加する一方の火薬の需要を満たすには至りませんでした。

 一方の日本、文永・弘安の役という二度の痛い経験をしながら、これを原因に鎌倉幕府は滅亡するのですが(1333)、モンゴル軍が用いた「てつはう」のメカニズムを解明しようとはしていません。当時、ヨーロッパはルネッサンス前の、いわゆる中世の暗黒時代、同時代の日本はこと「火薬」に関してはヨーロッパに大きく遅れをとっていた事になります。火薬の発達の背景には戦争があるのは当然の話、火薬の実戦配備は中国宗時代の金・モンゴル等の対北方異民族戦、モンゴルのイスラム・ヨーロッパ遠征、これがヨーロッパに持ち込まれた14世紀からの500年にわたり、これらの地域では戦争の絶え間がなく火薬兵器が発達がしました。

 モンゴル元寇の「てつはう」から種子島「鉄砲」までの262年間、日本が鎌倉幕府滅亡→南北朝動乱→室町幕府の無力化→応仁の乱と戦乱が続いたのはヨーロッパ中世と同じ、ましてや戦争のプロ、武家の時代のはずですが、歴史上では、火薬兵器・硝石の研究開発がなされた事実がありません。2度の元寇でぎくしゃくあったにせよ日元貿易あり、足利室町幕府は朝貢という形を取ってでも日明貿易を行っており、朝鮮半島経由でも、何らかの形で火薬・硝石の情報が入って来ているはずです。例えば、中国では、唐・宗の時代から爆竹があったらしく、かなり早い段階で火薬は日本にも入っていたのではないかという疑問がわくのは当然です。

 262年間無関心であったものが、種子島を機に、それこそ爆発的に関心度を高め、重要度に目覚め、わずか60年の間にそれまでの空白を埋めるかのように、一気に、少なくとも量的には、関ヶ原で世界の頂点に達します。ところが、家康が江戸に徳川幕府を開き平和が訪れると、一挙に軍縮が急激に進み、火薬兵器の発達はばったり停止、銃把(=グリップ)の装飾に贅をこらすなど、兵器=道具としてよりも意匠・工芸美術品に成り下がっていきます。その間、難渋して獲得した最重要技術の一つ、銃底の強度確保のための尾栓の雄ネジ及びそれがねじ込まれる銃底の雌ネジの製造技術(ネジは中国の発明ではない)は火薬兵器の発達停止とともに、 銃底 ネジ他の産業技術に応用されることもなく、歴史の中に埋没してしまいます。不思議です。

 尾栓のネジの切り方に難渋した末に国産銃を完成させますが…、火薬を調達・製造できなければ、鉄砲が出来たとしてもそれは単なる鉄パイプ。火薬製造に、木炭・硫黄は入手出来たとしても硝石の入手は難しく、今井宗久・千利休等の堺商人による輸入に依存せざるを得ません。つまりは、火薬は堺でしか作れず、ヴェニスと並び賞される堺の自治は火薬の独占により実現したことになります。

 長くなりました。この続きは次の機会に譲るとしましょう。

Your Support, Please.▼皆様のご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ      


express01 at 16:24|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 09, 2015

ギリシャ危機と「ルネサンス」 

BBC地球伝説 EUが求める緊縮策の是非を問うギリシャ国民投票が行われ、当初は賛否拮抗するかと思われていましたが、61%が反対とはいう予想以上の結果でした。お白州に引き立てられたギリシャが、壇上で見下ろすEU、最大の支援国:ドイツを前に、「厄介者扱いの上に言いなりはまっぴら」と、もろ肌脱いで開き直っている様子です。

 第1回大会がギリシャ・アテネで(1896)、21世紀初めての第28回オリンピックも同じアテネで開催(2004)されたのは記憶に新しいところです。レスリング競技の一つ、グレコ・ローマンスタイル(Graeco-Roman)は文字通り古代ギリシア・ローマの伝統に由来しているかのように聞こえますが、19世紀、イタリア人やフランス人が現代のスポーツと古代のものとの関連を見出すことで付加価値を付けただけのもので、彼らの古代ギリシア・ローマへの憧憬が現れている好例でしょう。

 芸術、哲学、 科学が花開き、民主主義が芽吹いた古代ギリシャ文明(紀元前6〜3世紀)を、古代ローマ文明と並んで、強く憧憬する西欧人は14〜15世紀、古代ギリシア・ローマの学問・知識の復興を目指す「ルネサンス」がイタリアで起こり、各国に影響を及ぼしたと言われています。かつて、ゲルマン人が北方から侵入、西ローマ帝国を崩壊(467年)させます。彼らは、キリスト教を利用して、自分達より高度な文明を持つ先住民族(旧ローマ帝国市民)を支配・統治したのです。一方、東ローマ帝国(395-1453)は、首都をコンスタンティノポリスとし、7世紀に始まるイスラム勢力の進出で後世ビザンツ帝国と呼ばれますが、1453年、オスマン・トルコにより滅亡、首都名もイスタンブールに変わります。

 「ルネサンス」の時期、古代ギリシャ文明からすでに1千年以上も経過しており、地理的に見ても、文明の存在したギリシャを含む東地中海は完全なイスラム圏となっています。当時の西欧知識人は、単に、東方文明、特に優越したイスラム文明(アラビア語)を通して遠い古代ギリシャ文明を知ったのであり、民族・国家として古代ギリシャ文明を継承してきた訳ではありません。古代ローマ文明がイタリア人・フランス人などラテン系のルーツ・拠というのは理解出来たとしても、ドイツ人のそれではありません。かつて、西ローマ帝国に侵入したゲルマン人、その後のドイツ人は古代ローマにも、況んや古代ギリシャ文明には全くと言ってよいほどに繋がりません。それ故か…、ドイツ人は狂ったようにギリシャ崇拝に走ったのです。「ドイツ人の間では、フランス人・イタリア人への対抗故か、ローマ史やラテン語よりもギリシャ研究の方が人気が高かった」そうです。ギリシャの側も近代国民国家を作る過程でこの「ヨーロッパ文明の精神的故郷」のイメージを利用して、国家のアイデンティティーとしました。

 「ルネサンス」は、美術の領域ならいざ知らず、単なる西欧人の思い込み、憧憬に過ぎないのかも知れませんが、西欧はこの幻想の「ルネサンス」に続いて「宗教改革」を共同体験しますが、ギリシャは全くの埒外にありました。加えて、彼らは、ローマ教会ではなく、東方正教会:ギリシャ正教、ロシア正教に近い存在です。

 EUは自らの精神的故郷でアテネ・オリンピックを開催、過剰な投資であぶく銭をもうけ、祭りの後に残ったのは見事なまでの「廃墟」です。「ヨーロッパ文明の精神的故郷」:ギリシャはEU離脱をちらつかせていますが…、果たしてヨーロッパとは何か?、…考え込んでしまいます。新国立競技場

 気取っている場合じゃありません。他人の心配よりも…、借金の上積み、2520億円もかける国立競技場建設の方が深刻です。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
I appreciate YOUR SUPPORT.  皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


August 03, 2010

鄭和 〜水平線の彼方に

『2001年宇宙の旅』、次は大航海時代を書きたくなりました。

「大航海時代の西ヨーロッパは(世界の)後進地域だったのでは…」とは「人生の大先輩」である友人から聞いた話。教科書で学んだ「コロンブスのアメリカ大陸(西インド諸島)発見」は1492年、大航海時代のクライマックスです。

驚くべきはこのコロンブスを先んずること87年、中国は明(1368 - 1644)の時代、鄭和(Zheng He)が永楽帝の命で大船団を率いて、南シナ海、マラッカ海峡を越えて、インド洋に出、最終的にはアフリカの南端:喜望峰に達する遠洋航海をしました。1405年に開始され1433年に最後となる遠洋航海は実に7回にも及びました。鄭和の旗艦:「宝船」は全長:120mとコロンブスの乗船:サンタ・マリア号の4倍の大きさでした。船の大きさに留まらずその規模が、コロンブスの場合は3隻の船と120人の乗組員だけですが、鄭和のそれは62隻の船と28千人の大船団でした。14世紀当時、造船技術、航海術、組織運営技術等、中国文明が圧倒的に優位に立っていたのでしょう。

鄭和の使命は"Go beyond the horizon"、「行け!地平線の彼方に」。 …もちろん中国語でしょうが、どこか、『2001年宇宙の旅』のディスカバリー号を連想させます。


さらには、鄭和艦隊は喜望峰を越え大西洋へ、新大陸(南北アメリカ)を発見した、という説を主張する研究者もいるようです。こうなるとGavin Menziesコロンブスも全く形無しで、影が薄くなってしまいます。「大航海時代 Age of Geographical Discovery」は世間知らずの、片田舎のヨーロッパ人から見て…というただし書きが必要になってきます。

鄭和は現在の雲南省昆明の出身、彼の一族は馬氏を名乗り、…そういえば私の知り合いに中国系アメリカ人にMr Ma(馬)という人がいます。あるいは、北京オリンピックの数年前、中国陸上競技の名コーチでその名を世界に知らしめた「馬軍団」はそれと関係があるのでしょうか…、「馬」は予言者モハメッドの子孫を意味する西域出身のイスラム教徒で、その一族は先のアジア・ヨーロッパに跨る一大帝国を築いたモンゴル人の王朝:元の時代(1271 〜 1368)、その行政手腕を買われて移住してきたのでした。…またまた、そういえば、民族問題で揺れる新疆ウイグル自治区から来たのであろうか、広州でさえもイスラム寺院や明らかに目鼻立ちの違う人たちを目にすることが出来ます。

8〜11世紀、イスラム文明(中央アジア〜中近東〜地中海)が世界を席捲していました。モンゴル人元は、イスラム文明の、商業技術、航海技術、交易ルートを継承、1275年、イタリア人 マルコ=ポーロがフビライに会うまでに国際交易ルートは整備されていました。さらに国際性の継承は優秀な外国人商人・技術者そして馬一族のような行政官の登用に繋がりました。

鄭和漢民族王朝故か、明代に於いては万里の長城を補強・拡充、基本的には「内向きな」政策に転換するのですが、対外的には朝貢外交・柵封体制で、鄭和の遠洋航海も、元の対外政策の花が遅れて咲いたようにも見え、この朝貢外交・柵封体制の域を出るものではなかったように思えます。イスラム圏の商人・航海者が既に築いていた交易・航海ルートの多くを辿ったのでしょうが、その航海の目的は南シナ海・インド洋での海上覇権を樹立することによって諸国の朝貢を促し、明朝・永楽帝の威信を高めることにあり、儒教的考えからか、商売・交易、況わんや領土拡大ではなかったように思えます。

マラッカ王国(現マレーシア)は鄭和に始まる南シナ海・インド洋覇権の拠点でしたが、明の柵封体制の下で繁栄するのですが、1509年ポルトガルに占領されてしまいます。マラッカ王は明にポルトガルの暴挙を訴えるのですが、明がマラッカ奪還に艦隊(軍)を送った形跡は見あたりません。鄭和、最後の遠洋航海から70年、明には、万里の長城を外に出て、対外戦争を行う海軍力は既にありませんでした。

ヨーロッパに目をやると、ルターに始まる宗教改革の嵐(1517年〜)は目前です。西ローマ帝国崩壊で、西の端の片田舎に成り下がった西ヨーロッパは、キリスト教を変化の核に、中世から近世へと、近代ヨーロッパ文明の萌芽が次々と現れています。

Momo holding sign board-HKX Radio
※Nobu, Kun & Isa Band はI Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
       
  
Support me: 今日の席順は?
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング

Vist Us:
Hong Kong Express BannerHKX Brands


August 15, 2009

さらに西にあった、とてつもない文明、イスラム

遣隋使は607年、小野妹子が「日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙無しや」で始まる国書を持って訪問したことに始まります。なんと大きく出たものでしょうか、小気味いいのですが、見栄を張りすぎているように思えます。倭王が自分と同じ「天子」を名乗ったことで皇帝:煬帝は激怒しますが、皮肉なことに、それからわずか12年後、随はほんとうに「日没する処」となってしまいます(619)。

代わって興った唐にも、630年、遣唐使を再開することになりますが、「白村江の戦い(663年)」で唐と新羅の連合軍に百済と倭国は破れ、倭国は朝鮮半島より撤退します。

710年、言わずと知れた「せんとくん」の平城京遷都、唐の都:長安を模して造られた、と教わりました。当時東アジア最大の都市、世界の経済・文明(≒文化)の中心、長安に学び、最先端の文物を持ち帰るのが遣唐使でした。派遣された一握りのエリートが彼らの目で選んだ文明(≒文化)を持ち帰り、自国の文化を塗り替えてしまうのですからすごいことです。残念に思われるのは、それに続く国風文化がチマチマして、躍動性に欠けると言うことです。外交よりも内政、先進文明に恐れ入ってしまい、内向きにならざるを得なかったのでしょうか…。

唐及びイスラム帝国 AD700…が、しかし、彼らが学んだ唐のさらに西方には、もっと先進の、とてつもない、少なくともその後の世界史により多大の影響を与えた、文明(≒文化)が存在したのでした。イスラム帝国(私の時代にはサラセン帝国と学んだようですが…)ウマイヤ朝(661年 - 750年)、それに続くアッバース朝(750年 - 1258年)が西は北アフリカ、地中海から東は中東、現在のイランまでの広大な版図を築いています。   History of Asia より拝借↑

勢力を伸張する両文明の軍は、751年、中央アジアのタラス(Talas )河畔にて衝突、唐軍が大敗します。これを機に、イスラム帝国、アッバース朝はシルクロードを完全な支配下に置くことになります。さらに重大なことは、中国で秘密にされていた製紙技術が唐軍の捕虜から伝わります。以降、この製紙技術は、従来のパピルスや羊皮紙を駆逐、印刷技術とともに世界史的な意味を持つことになります。

イスラム文化はギリシャの書物(思想・哲学、錬金術・数学・医学・天文学・地理学等の自然科学)をアラビア語に翻訳、インド由来の数学(「0」の発見)を結びつけることによりさらなる発展を遂げていました。帝国周辺の高度な文明(≒文化)を積極的に受容し、製紙・印刷技術は帝国全土にさらに高度な文明(≒文化)を、さらに広く、速く伝搬させることになります。因みに、今でもそう呼ばれているかは知りませんが、「アラビア数字、算用数字」の呼称は彼らが計算方法を完成させたことを示しています。英語のアルジェブラ(algebra 代数)はアラビア語由来。

地球儀をさらに回転させて西ヨーロッパ。遠い昔に西ローマ帝国は滅亡(476年)してしまっており、「停滞した中世」、「暗黒時代」と呼ばれるものでした。西ヨーロッパ文化の「再生」、「復興」には、文字通り、ルネサンス(Renaissance)を待たなければなりません。

「オリエンテーション Orientation 方向付け」という言葉。Orient は Origin と語源が同じくラテン語(?)「日が昇る処 東」を指しますが、中世ヨーロッパから見て「東を指し示す」とは「先進の東方に学ぶ」という意味があったようです。

「日出ずる処」とは違い、中世ヨーロッパはなんと謙虚だった(…??)のでしょうか。

Visit Us
hkx brand 340-41



Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search