どうにかなるさ

July 01, 2011

「どうにかなるさ」の時代

かまやつひろし1970年、山上路夫の詞にかまやつひろしが曲をつけたとされますが、元歌はハンク・ウィりアムス(Hank Williams)の歌う『 Lonesome Whistle (1951)』といわれています。元歌というより…、パクリとは言わないまでも、やっぱり…そのまんまです。でも、私はこの歌が好きでした。                                            ※ボリュームに注意!


この年に「大阪万博」と「学生運動」、大卒平均初任給が40、961円の由で、当時は初任給が毎年1万円も上がる超インフレ、全国民が中流を意識し、本人が知らないうちに日本は先進国入りを果たし、大衆消費社会を謳歌していた時代でした。今の中国でしょうか…。「年間所得が1千ドルを超えると学生の反政府運動が起こる…」、と聞いたことがありまが、60年代の日本、80年代の韓国、90年代の中国がそうでした。余裕がなければ、豊でなければ学生の反乱はおきません。

夜汽車の窓からは次第に遠ざける街の明かりと重なる自分の顔。今の言葉で言う「車中泊」、次の朝、目が覚めたら新しい街に降り立っていなければならず、少なくとも5〜6百キロは離れていなければ不自然でしょう。当時の東京−大阪の新幹線、乗車券:2,810円+特急券:2,200円 =5,010円、急行「銀河」でいくらだったか忘れましたが、5千円ぐらいの旅費はかかったはずです。あり金はたいて切符をかったそうですが、それが5千円とすれば、彼はどんな生活ぶりだったのでしょうか…、想像ができません。

仕事も慣れたし街にも慣れた。1年やって来た仕事、その給料の全てを叩いて買った切符が5千円、とはどんな仕事?何の根拠もありませんが、今思いついたのですが、ひょっとしたら、新聞配達のアルバイト?そして、愛してくれた人は、配達所の娘か…。そんな生活を捨てるのも惜しいが、やっぱり、同じ毎日の暮らしがイヤになってこの街を出ることになります。

彼は喰いっぱくれて街から街へ彷徨っているわけではなく、毎日同じ暮らしがイヤになって街を出て行くのです。もう少し時代が下ると、正社員のがんじがらめの生活を嫌い、働いてお金が貯まったら、仕事を休み、バックパッキングで世界を旅行する、という需要が答えてリクルートを初めとする人材派遣会社が生まれます。しかし、いつしか、彼は歳をとってしまい、バブルは破れて立場は逆転、「必要なときに必要な人材を…」の時代になりました。多くの中流家庭が下流に流されたのもこの時代だったように思えます。

あの街を旅立って40年、彼はどうしているのでしょうね。この歳になったら、もうそんなことは言ってられないでしょう。「バカだぜおいらは〜♪」



Momo holding sign board-HKX Radio
※Nobu, Kun & Isa Band の今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
       
Your Support, Please. あなたの「ポチっ」をお願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング

express01 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search