ただ

May 16, 2010

究極のデフレ、「Free、ただ、無料」

UNIQLO冬の定番のセーター、パンツ(下着)、靴下などはこれで十分、大いに利用しています。恐れるのは、…例えば、冬場、外に出て、飲み屋やレストランで、コートやジャケットを脱ぐ時に、襟裏や内ポケットに「UNIQLO」とあるのはどうも…と、まだここに至っても見栄が優先していますが、パンツ(下着)はかみさん以外の他人、ましてや女性に見られる機会は皆無なので心配は無用でしょう。

自宅が仕事場になり、外で人に会う機会も少なくなりました。上下ジャージィとまではいきませんが、ラフな格好で十分、この冬などは、お気に入りのコート、ジャケット類、を着る機会さえありませんでした。況わんや、「ネクタイをするのは冠婚葬祭。この歳になると葬式だけ…」とは先輩の言。mcdonalds

雨が降らない限り、毎朝1時間半は自転車に乗っています。お尻部分にパッドの付いたパンツの上に3/4パンツ、ヘルメットもちゃんとかぶって私なりに真剣に走ります。といっても、自転車に乗るのは正味1時間、残りは途中にあるMacで120円(無料の時も…)のコーヒーを飲みながら、ご存じ「Nobu, Kun & Isa Band」の練習課題曲をケイタイで聴くか、ブログのネタを考えるのが楽しみになっています。120円で、それもお代わりをして、粘られたのでは商売にならないのでは…と要らぬ心配、Macは他社が業績不振の中、最高の収益を上げています。

究極のデフレは 「Free、ただ、無料」、インターネット上では当たり前です。
Google News朝、まず最初に新聞各紙のオンライン版でニュースを読みます。さらに詳しい情報は検索エンジンで取得することが出来ます。有料の記事を見かけるようになりましたが、大勢は無料です。アメリカでは新聞社の経営が成り立たなくなって来ており、日本でも若い世代では新聞の購読しない人が急増中のようですが、固定電話を設置せずにケイタイのみという人も多く、どうも私にはピンと来ませんが、今後は「ニュースはケイタイで読む」ものになりそうです。

Skypeを使い始めて4〜5年になるでしょうか、国内はもちろん、イギリス、香港との国際電話の代わりに、支障のないレベルで会話(テレビ電話)が出来ます。以前ケイタイの開発に従事していた友人は「あり得ない」と断言。専門家ですらこうですから、何故Skypeが 「Free、ただ、無料」のサービスを出来るのか、素人の私にはわかるはずがありません。…でも、未だに請求書が届いていません。ケイタイ市場にスマートフォンが進出、その地図も塗り替えられているようですが、このスマートフォンにskypeをインストールすれば世界中 「Free、ただ、無料」になってしまうのでしょうか。

当然でしょうが、日本では著作権保護を目的に違法音楽配信・ダウンロードの摘発され、邦楽などは楽曲自体ももちろんのこと、その歌詞・楽譜の配布も規制されているようです。一方、中国の著作権問題・違法コピーにあれだけうるさいアメリカは、自国の楽曲はほとんど自由にダウンロード、楽譜も(研究・教育目的を条件という建前はありますが…)入手できます。もちろん、洋楽かぶれの私にはありがたいのですが、これはどういうことでしょうね。

先日、新たに「Free、ただ、無料」サービスの利用を始めました。skydriveよく耳にするクラウドの一つで、しかも「Free、ただ、無料」の格納庫(25GB Storage)です。多くの利用方法があるようですが、とりあえず今までメール添付にしていたバンド仲間の楽曲(Mp3)の受け渡しをこれでやり始めました。

ついでに、一つ面白い活用方法を発見しました。Yahoo! Media Player です。もちろん、これも「Free、ただ、無料」、著作権が絡んでおりリジナルを流せば法律違反(?)、「Nobu, Kun & Isa Band」ならば問題ないでしょう。NHKは受信料が必要ですが、HKX Radioはもちろん「Free、ただ、無料」です。ただいま試験放送中です。

Momo holding sign board-HKX Radio
※Profile下のI Pod 風のプレーヤーでお聴きください。
       
  
Support me: 今日の席順は?
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ  人気ブログランキング

Vist Us:
Hong Kong Express Banner

express01 at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search