English

March 08, 2020

入学試験合格、おめでとう!

 新型コロナウイルスの猛威が収まりません。屋形舟での新年会に参加したタクシー運転手が感染したというニュースに接して、「屋形船」と云えば隅田川周辺、東京都内で発生したものと勝手にイメージしてしまっていました。都内と云えば23区内のはず…、これは「対岸の火事」。ところが、実は…、そのタクシー運転手は町田市内、それも私の住所からわずか3kmの所にお住まいとか…。「対岸の火事」を眺めていた私の足元に一挙に火が廻って来ました。

 3年は続くであろうと誰もが思っていた「学習支援教室」(町田市運営の「塾」)がわずか2年で閉鎖すると聞いたのが去年の10月末。「先生役の大学生が集まらない」と云うのは表面的な理由、実は「予算が付かない、お金がない」のが真の理由で3月末をもって当教室は閉鎖、町田駅近くの一か所に集約されることになっていました。町田市は小中学校を休校とし、当教室も3月末を待たず、2月29日(土)を最終日に閉鎖となってしまいました。
New Horizon

 学習支援教室のアルバイト、本来の仕事は教室の設営、終了後の小・中学生の見送りなのですが、先生役の大学生が足りない場合、こと中学生(特に3年生)の英語に限り、代行教員として教えました。教員免許も持たず、家庭教師のアルバイトもしたことはありませんが、現役時代に英語を使う仕事をしていたおかげで、一般の人に比べれば、英語に興味を覚える、あるいは英語を楽しめる、その方法・術を知っていると云えるでしょう。教科書「NEW HORIZON」を取り寄せ、都立高校の過去問題集をやり、人気サイト「洋楽まっぷ」のコラムにアーティストの翻訳記事を提供したりして、できる限り自分の英語力の保持に努力して対応して来たつもりです。

 彼も中学3年生、受験生の一人でした。小学生の頃はスポーツが得意で、どちらかと云えばガキ大将だったのですが、内臓(腸?)あるいは自律神経の疾患が理由で、学校を休みがちとなり、勉強について行くのが難しくなったようです。一般的に言って、声を出して読む(音読)が苦手なようで、長文の場合、会話(対話)はもちろんの事、単語のアクセントの位置、リズム、イントネーション(抑揚)、ほとんどの場合は出来ていません。教える側の大学生が出来ず、況や…おや、です。私が実感したように、他の科目とは異なり、英語は中学生になって初めて出会うもの、もしそのスタートで出遅れたとしても、やり方によっては、その遅れは取り戻せるもの、少なくともその気持ちで勉強することを奨めました。単語の丸暗記は最小限にして、日本語に多く見られるカタカナ語を英語で覚え、接頭辞・接尾辞から単語数を増やす。動詞は単語だけでなく、前置詞を含んで出来るだけ長く覚える。英文は、日本語としてはおかしいかも知れないが…、文章の前から後ろに訳して行き、意味が判れば良しとする。残念なことに、彼は、文型・時制など、英語の基本を理解しておらず、都立入試の過去問題では平均以下なのですが、Listeningでは好成績を収めたのです。

 授業の合間の雑談、彼はPOP音楽が、今は特にBilly Eilishと云う女性歌手が好きだそうで、彼女の歌ばかり聞いているそうです。良く知りませんが…、Billy Eilish(18)は2020年第62回「グラミー賞」5冠を獲得し、政治的にも地球温暖化阻止に向けて前衛を担う歌手と云います。彼のListening力はCDやラジオから聞こえてくる大好きな音楽を通して獲得されたものです。もう一歩踏み込んで、これらの曲が何を歌っているのかを自分の言葉で訳して欲しいものです。…、私が彼と同じころ、The BeatlesやBob Dylanの歌詞を理解しようとしたように…。

 生徒の小・中学生おろか、先生役の大学生も、少なくとも年齢だけを見れば…、孫のようなもの。我々老人からは2年間の反省を踏まえ、何点か市当局へ意見させてもらいましたが、残念ながら、大学生からの意見は聞かれませんでした。最終日、1時間目は通常通りの授業、2時間目は急遽、「お別れ会」となり、生徒・学生及び我々の全員が参加してゲーム、その大学生の皆さんの手際の良さ、牽引力には驚いてしまいました。「お別れ会」はあっという間に終わり、自転車、バス停、迎えに来た車までの少々感傷的な見送りを終え、学生たちとは新型コロナウイルス終息後に、手洗いではなく、アルコールの入った「おつかれさま会」を約束して、これまた感傷に浸る解散となりました。しかし、どうも…尻切れトンボです。

合格印 1週間後、先生役で参加していた、元高校英語の先生から電話があり、市当局より「中学3年生全員の志望校合格!」の連絡があった由。うっとうしい話ばかりで、それも終息に向かうならいざ知らず、さらに蔓延して、さらに深刻な影響さえも懸念される中、少々心配した彼が合格したことは、雲の合間に太陽が顔を見せたようで、こんなに嬉しいことはありません。
「入学試験合格、おめでとう!」

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 14:57|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 09, 2019

ボスポラス地峡決壊そして「ノアの箱舟」<1>

 町田市主催の学習支援教室にアルバイトとして参加して1年が過ぎました。小学生高学年及び中学生を対象に主に英・数・国を教えるもので、先生役は将来教職を目指す近隣の大学生です。教室の目的は、小学生に関しては第一に「居場所」、中学生になると「学力向上」、これが中学3年生、中間テストも終わると「受験勉強」になります。我々高齢者の仕事は、主に教室の設営、バス停、迎えに来た父兄の車までの付き添いなど教室開始前・終了後の一時に集中しています。大学生が忙しくて、先生役が不足した場合に、私は中学生の「英語」に限り代行教員を務めています。しかし、そうではない場合、授業中は教室の様子を見ているだけで、ほとんどやるべきことはありません。

 そんな授業中に、自分の好きな小説・歴史関連の本を読むわけには行きません。そこで読みだしたのが「英語」に関連する本です。これなら、英語を教えるために勉強をしている、という言い訳が立ちます。

 こと中学生の「英語」に限って言うならば、学校のように同じレベルの生徒を前提に、同じテキストを使うならともかく、わざわざこの支援教室に来ているのであれば、その生徒のレベルに合わせたマンツーマンの指導をすべきです。支援教室で英単語(あるいは漢字)を覚えるというのは、先生役としては楽ですが、あるいは心地よい「居場所」、勉強した気になる時間が必要な生徒もいるかも知れませんが…、本来、丸暗記は一人でやるものです。先生は覚えるコツを教えてあげれば良いのです。先生の役割は、自分の中学生時代を振り返ると…、如何に英語に興味を持たせるか…、に尽きます。

 昔、私が高校1年生の時?、『赤尾の豆単』というのがあり、やみくもに「A」から順番に覚えようとしたことがありました。その最初に「abandon」という単語が出てきました。【他動】諦める、放棄する、捨てる、【名】自暴自棄の意味ですが、その後の人生で「abandon」の単語に出くわしたのは1回か2回、「(沈む)船から離れる、船を放棄する」という意味でした。今でも思い出すのですが、クラスメートの稲田君は自分の名前に近い音の響きの「inadequate」を手始めに覚えましたが、その意味「【形】不十分な、不適切な、無力な」は気に入らなかったようです。「赤尾の豆単」は使い物にならず、人気は『試験にでる英単語』に移った記憶があります。

  丸暗記のコツは単語を声を出して読み(音読、音声を発し、それを聞きながら…)、それを書き、できるだけ長い句あるいは節として繰り返すことに尽きます。英単語の丸暗記はただそれだけ、先生は要りません。別に英語学を勉強した訳ではなく、単に英語を使ってきた経験から、英単語には一定の規則みたいなものがあることがわかります。ということで、昨年読んだのが『英単語の語源図鑑』、その年のベストセラーです。英単語を<<方向・位置・時間関係、協調・否定を表す[接頭辞]>>+<<意味の中核を成す[語根]>>+<<機能や意味を付加する[接尾辞]>>、の3っに分解するものです。

 「abandon」は<<「a」古フランス語(ラテン語の「to、at」から)>>+<<「bandon」(=control 古フランス語)>>、本来「制御下に置く」、後に「制御に屈し、降伏する」、同じく「inadequate」は<<「in」ラテン語「〜でない・否定」の意味>>+<<「ad」(ラテン語の「to」から)>>+<<「aequus」(=equalラテン語)>>、「〜でない」+「十分な、適切な」、「不十分な、不適切な」という意味になった、と云うことになります。しかし、いずれの英単語も使用頻度は減少傾向で、当時も、差し迫って覚える必要はなかったようです。

 今読んでいるのが山並陞一著『語源でわかった!英単語記憶術』。驚くのは、著者山並氏は工学博士。英語教育関係者でもなく、かといって工学(エンジニア)の英語でもなく、即物的・受験勉強的な『英単語の語源図鑑』をより語源をラテン語、ギリシャ語に遡って解き明かす、より普遍的な読み物に思われ、世界の地理・歴史も踏まえ興味深く読んでいます。

 英語はインド・ヨーロッパ(印欧)語族の一つであることは誰でも知ってますが、彼らが何者で何処からやって来たのかは多くの人は知りません。因みに、日本語は[ウラル・アルタイ語族(モンゴル人、満州人、トルコ人)]で中国語は[シナ・チベット語族(チベット人、ミャンマー人)]。

black & caspian sea ユーラシア大陸は現在のトルコに位置するボスポラス海峡(及びダーダネルス海峡)を境に、西をヨーロッパそして東をアジアと呼ばれています。地名Bosphorus(ボスポラス)はギリシャ語。Bosは雄牛で、Beefの原音は同じ、phorusは英語のport, ford, と同じくpor(通す)が語源。よって、Bosphorus(ボスポラス)は「牛を通す場所」の意味で、黒海南岸を東西に行き来する横に細長い地形だったのではないかと云います。

 ここからが面白いのですが、黒海はかつては淡水湖で、地球温暖化で徐々海水面が上昇、BC7500年(一説にはBC5600年)ボスポラスが決壊して、地中海の海水が流れ込んで現在の黒海が出来上がった(「黒海洪水説(Black Sea deluge」)。それまでは淡水湖であったことに意味があり、その淡水湖の周りには多くの野生動物が生息、その野生動物を追って狩猟牧畜民族がいくつもの集落を作った。部族間の争いが絶えず、きわめて人間臭い土地だったので、言語の発達がなされました。インド・ヨーロッパ語の発祥はこの黒海(及びカスピ海)北部の東西に広がる一帯(現在のウクライナとロシア南部)と考える言語学者は多いと云います。※ボスポラス決壊(「黒海洪水説」)は旧約聖書「ノアの箱舟」伝説にもつながるが、ここでは割愛します。

 英語は、語形が似ているラテン語やギリシャ語を語源として解説するのが手っ取り早いが、それらの祖語であるインド・ヨーロッパ(印欧)語を語源に英語を眺め直してみると、さらに広い範囲の言葉を整然と理解することができると云います。
 
 インド・ヨーロッパ(印欧)語は大型の野生動物を求めて生活した狩猟牧畜民族が使い始めた言語で、家畜に関する言葉が多いのは当然です。例えば、子牛はラテン語でvitellus(ウィテルス)、英語のveal(子牛肉)の語源と同じ、その複数形vitellia(イタリア語で「子牛肉」の意味。ウィテリア)の語頭viを短くiと発音するようになり、vitelliaがItalia(イタリア)になったそうです。肉を食べられない貧しい人が、その代わりにピザを考え出したことと併せて面白い話です。

 インド・ヨーロッパ(印欧)語族は、BC2000年頃から寒冷化を割けて大移動、西を目指した多数派は中東からヨーロッパへ、南を目指した少数派はインドへ侵入します。中東地域に侵入した彼らはイラン、小アジアに定住、長い年月をかけてアラブ化されて行きます。インド・ヨーロッパ(印欧)語族は「アーリア人(Aryan)」とも呼ばれ「高貴な」という意味であり、ペルシャ語(イラン語)で「ariia」、サンスクリット語で「arya」と表記されます。「イラン」とはアーリア人が作った「アーリアの国」、「高貴なる者の国」なのです。ヨーロッパ方面に侵入した彼らは地中海沿岸を中心に定住、ヨーロッパ世界を形成します。一方、南下してインドに入った彼らは、長い年月の間にアジア系民俗と混血し、暑い気候により肌が黒くなり、インド人になっていきます。これが後の「カースト制」にもつながります。

 英国人の東洋学者(言語学者)ウィリアム・ジョーンズ(1746-1794)はカルカッタで古代インドのサンスクリット語を研究、サンスクリット語がヨーロッパの諸言語と類似していることを発見したのが始まりでした。人類学の分野では、インド・ヨーロッパ(印欧)語族という共通の祖語族から派生した民族の分類が一般化して行きます。

 英単語の覚え方から始まり、英単語の語源、英語の祖語(母語)であるインド・ヨーロッパ(印欧)語族の発祥、大移動と支配、それに関わるボスポラス海峡決壊、黒海洪水説と旧約聖書にある「ノアの箱舟」まで出てきました。ここまで来ると、英単語を覚えることとはあまりにもかけ離れてしまいます。

 英語の語彙を勉強して、これが他の学問分野への興味につながれば、これもまた嬉しいことではないでしょうか。

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 22:48|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search