Recent Event

September 24, 2019

気のせいではなく、歳のせい

 「バブル崩壊(1991 ?)」という日本第二の敗戦、続く東日本大震災、東電福島第一原発事故(2011/03/11)はそのダメ押しでした。それは同時に、私個人にとっても、自分には商売のセンスがあるものと認識していたものが単なる虚構であったことを薄々知りながらも、未練たらしく持ち続けた私への痛烈な一撃でした。

  テニス、飲み会、趣味の話等、何かの目的を持って複数の人が集まったりした場合、これらの例の通り比較的親しい人達との付き合いなので気にならないのですが…、もう少し疎遠な関係な人たちの場合、私はなぜか会話が途切れるのが嫌いで、それを避けるように話題を作って行く癖みたなものを身につけるようになりました。特に、歳をとった最近特に顕著になったように感じます。周りの様子を見て…、相手の出方を見て…、出逢いを待って…、そんな悠長なことを云ってたら、あっという間に寿命に達してしまうでしょう。自分の出来ること、出来ないこと、興味のあること、ないこと…、できるだけ早く相手に知ってもらうことが、残された時間に限りが見えてきた、この歳の私には大事なことのように思えます。

 今年の春、パソコンを買いましたが、自分の残された健康寿命とそのパソコンの寿命を比べてどちらが早いのだろうか…、そんなことを今まで考えたことがありませんでした。それを考える年齢に達したということなのでしょう。夏が終わり、どこかに秋を感じるようになると、大げさに云うと、あと何回夏を迎えることができるだろうか…、逆に言えば、今年の夏も何とか乗り越えた、単なる高齢者の独り言になってしまいます。「人生百年時代」と輝かしい未来が開かれているように錯覚させるキャッチフレーズですが、如何に寿命が延びたとしても、その為には心身ともに健康で尚かつ文化的な生活を送ることが出来る最低の収入が保障されなければなりません。そんな社会が来るはずもなく、少なくとも今、私の年齢考からすれば、少なくとも今まで生きてきた年数に比べれば、今から死に至る年数は短いはず、ましてや、自分が心身ともに健康に過ごせる期間(健康寿命)はさらに短くなります。

Youtube_2008.01.21_5 自業自得と云えばそれまでなのですが、会社人生を途中で辞めた為、本来もらえたかも知れない年金も少なく、既に独立していた子供たちにはともかく、かみさんには申し訳ないことをしました。自分の小遣いぐらいは…と、アルバイトを続けています。

 2007年6月頃(?)、友人のNobuさんと二人で始めたデュオYoutube_2008.01.21_4は、その後ドラムのKunさん、そして最後にベースのMaruさんが加わり現在のThe K.A.Y.A Bandに続いているのです。そのNobuさんと二人で始めたデュオの頃の録音がYoutubeに残っています。演奏の録音だけでなく、画面を見るとその頃には曲りなりに絵を描いていたようです。

    2014年、団地管理組合理事の順番が廻って来ました。今まで現役の間は、隣近所の人も知らず、いわんや自分の住んでいる棟以外は知るはずもありませんでした。元来、私には指導者(リーダー)として資質はないことは自分でもよく判っていましたし、理事長が決まると、私は副理事長の座を自ら手を挙げて志願しました。今まで人任せにして、団地内の人とは全く疎遠で、今までの不参加・不義理を償うつもりで手を挙げたのでした。主な業務は、理事長の補佐並・理事会議事録の作成そして組合員(住民)向け会報誌の発行でした。理事会からのお知らせだけでは誌面を埋めることが出来ず、苦肉の策として、私の描いた絵と同じく私の書いたコラム:『小山田荘を歩く』で何とか誌面を埋めたところ、意外にも好評で、後に喫茶店「嵐が丘」での絵画展開催に繋がることになります。

 ひょんなことで同じ団地の住民と知り合いになり、その彼から団地内コートのテニスに誘われ、仲間に入りました。今や、誘ってくれた彼は既に引退、私も中堅の一人、全員が現役を離れ、悠々と月・木曜日にプレイするようになっています。そのテニスで、出会った人がいます。人生の大先輩、私が若い時に憧れたグラフィックをプロとしてやって来た彼は、絵画だけでなく歴史・文学にも造詣が深く、当地小山田の荘出身の国学者、小山田与清(おやまだともきよ 1783-1847)や俳人、五十嵐梅夫(いがらしうめお)・浜藻(はまも 1772-1848)父子の研究者として活躍されています。彼の蔵書には本当にお世話になりました。もし私の絵にそれなりの評価を頂けるとすれば、彼との出会い、そして彼のプロとしてのアドバイスがあったからです。彼に出会っていなければ、「嵐が丘」での絵画展には臨まなかったはかも知れません。 
 
 この一年を振り返って、この人は「面白そうだから、しばらく付き合ってみようか」と云う人が何人現れたでしょうか?二人現れて、一人と付き合が続けば御の字でしょう。商売の才能はとっくの昔に見切りをつけてしまった私、商売以外、趣味・遊びの世界で自分の存在価値を見つけるべく、もちろん相手の興味・趣味・嗜好には敬意を表しながらも、初対面の相手にも、この人と思われる人には自分の得手不得手・興味の有無を明らかにしようとします。もうそれほど時間は残されていません。

 残念ながら、最近、歳のせいか日本人の美徳とする奥ゆかしさに欠けるようです。

190912_私の居場所

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 13:40|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

September 07, 2019

気のせいか、夕暮れも早くなったような

 夏祭りも終わり、気のせいか…夕暮れも早くなったような、毎年この時期、ちらりと過ぎ去った夏を振り返ります。

 お恥ずかしい話ですが、この歳になって初めて「青春」という言葉が他の三つの言葉とセットになっていることを知りました。もちろん「青春」という懐かしい、そして気恥ずかしい言葉はは知っています。中国漢の時代(BC403-BC221)の「陰陽五行説」では、活力・希望に満ちた「青春」の後に、人生真っ盛り、朱(赤)く燃える太陽の「朱夏(しゅか)」、白色と云うよりも無色透明、落ち着いた中年時代を表わす「白秋(はくしゅう)」そして、玄は黒色だけでなく万物の根源・道を表す「玄冬(げんとう)」と云う人生の時期を表わす四つの言葉の、そのうちの一つということでした。

 あれは2010年12月、ベランダに顔だけを出して夕食後の一服をしていると、いきなり、まばゆいばかりの閃光。何故か「来たな!」と直感、「眼底出血」との診断にも驚きませんでした。血管の弱い所、毛細血管が破れたということで、高血圧症の治療を受けてきました。それ以来、禁煙は当然、投薬治療で、3か月に1回の通院で経過を観察、その間毎日朝夕血圧を記録(最高:110-125/最低:65-80)を続けてきました。しかし、昨年(2018年)7月、狭心症(心筋梗塞)を発症、3泊4日のカテーテル手術入院を体験しました。8年間、定期的に健康診断受けながら、医者の指導の下、高額な医療費をかけて、高血圧症の治療を続けて来たはずなのに、高血圧が原因で今度は狭心症(心筋梗塞)を発症とは…どうも合点が行きません。もし高血圧症の治療を受けてこなかったら、もっと早い時期に脳梗塞、心筋梗塞などのが発症していたのかも知れないということだったのでしょう。医療の発達で、確かに、人間の寿命は伸びているし、逆に、寿命が延びたからこそ、いろんな病気に見舞われます。不謹慎な言い方ですが、医学の発達が新たな患者(需要)を作り出していると云えなくもない。

 先日読んだ本に、かつてのベストセラー「ゾウの時間 ネズミの時間」の一部が引用されています。私はこの本を読んでいません。ゾウもネズミも、そしてヒト(人間)も、すべての哺乳類の一生の心拍数は約20億回だそうです(「心拍数一定の法則」)。脈拍数(=心拍数)65/分をもとに計算してみると…65 X 60(=1時間) X 24(=1日) X 365(=1年) X70 = 2,391,480,000…と、私の場合は既に寿命である20億回を優に超えています。 どうも、この法則は怪しいのですが、一方では、私はまさに余生、おまけのような人生の段階入っているとも云えます。

 今年初め、パソコンを買い替えました。それまではOffice 2003のアプリを使っていたので、OSははおそらくWindows XPあるいはWindows 2000だったかも知れず、もしそうだったとすれば、15年以上同じ機械を使っていたことになります。ふと、思ったのが、新しく買ったパソコンの寿命と私のそれとでは、どちらが先に尽きるのだろうか…。似たような話で、団地管理組合の理事で一緒だった彼は冬でも裸足、当然のごとくタバコを吸います。登山で鍛えた体で、餅つき・門松づくりなど行事ごとには積極的に参加。久しぶりに会うと、別人のように、一回り小さくなっています。話を聞くと彼は医者嫌いで、定期健診も受けておらず、最近、肺がんと診断された由。抜けた歯も、入れ歯もインプラント等の治療はしないと云います。ここまで来ると、治療しても自分の体の寿命が終わるのが間違いなく判るそうで、私には言葉がありません。今、彼は自分の経験を活かして管理組合の専門委員会で活躍しています。

 小学生の時、夏休みは長く、ほとんど永遠に近いものでしたが、この歳になると嘘のようにあっという間です。それもそのはず、例えば1歳の幼児の1年はその子の一生ですが、70歳の人間にとって1年は彼の人生のわずか1/70に過ぎません。春・夏・秋・冬で1年が過ぎ、また新しい1年が始まります。こうして人生は、螺旋階段を上るように、季節を繰り返しながら、しかし、過ぎ去った過去とは違う1年を一段ずつ、「青春」、「朱夏」、「白秋」と登り、「玄冬」に至ります。

 
 「玄冬」とは万物の根源・道を表わすそうです。キャリアが長いだけのギターに比べれば、まだ伸びしろがありそうな絵ですが、頑張ったところで、その道の人、「玄人(くろうと)」には遠く及びません。
181231_Lafcadio Hearn


Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 13:52|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 24, 2019

武蔵国比企郡大蔵館

 お盆もとっくの昔に終わり、8月も終わりに近づいて来ました。日中はまだまだ暑いが、朝方などはシーツを引っ張り出したり、数日前には24時間エアコンのお世話にならなければならなかったことがウソのようです。いつもの事ながら、この時期になると、何かやり残したという思いになります。当初、今年の夏は奥州、東北に…と考えていたのですが、旅の道連れに予定していた友人が春先に既に東北を旅行していたので、彼を誘うわけにも行かず、加えて、梅雨の長雨が終わり8月に入ると、いきなり猛暑日、出かける気力さえなくなってしまいました。

 10月末にはその友人と一緒に関西に行く予定です。中山道(古くは東山道)を行き、木曽、飛騨・高山から日本海側に抜け、倶利伽羅峠から篠原を経由して近江国(湖東)を南下して、伊賀上野に至るルートを考えているのですが、実際これができるかどうかは判りません。これは、木曽(源)義仲が以仁王の令旨を奉じて木曽で挙兵、倶利伽羅峠・篠原で平家軍を破り京に入ったのとほとんど同じルートです。滅んだ義経の鎮魂を目的に「おくのほそ道」の旅を続けてきた芭蕉は月山・象潟を日本海に沿って越後・越中を南下、越前に至り、義仲の鎮魂を目的に倶利伽羅峠・篠原を辿るまでは義仲の進軍ルートにほとんど同じなのです。芭蕉は越前敦賀を発つと「おくのほそ道」結びの地、美濃大垣に向かいます。

 芭蕉が「おくのほそ道」の旅を実施したのが1689年(元禄2年3月27日江戸深川発〜8月21日頃大垣着)、西行500回忌に当たる年でした。その5年後の1694年(元禄7年)、旅の途中、大坂御堂筋、門人が設けた座敷で死去。遺言で、墓は義仲の墓の隣に建てられました(近江国大津「義仲寺」)。

 多くの人が木曽(源)義仲は「木曽」とある通り信州木曽で生まれたと思っていますが、恥ずかしい話ですが私もそのうちの一人、武蔵国比企郡(埼玉県嵐山町)で生まれたことを知ったのはつい最近のことです。それも私の住む町田市からそう遠くないところです。義仲の挙兵から京入りまでの道程を辿るまでに、一度嵐山を訪れてみようと思い立ったのです。

 バンドの練習だけを目的に、過去数年間、ほとんど隔週末、武蔵(埼玉県)川越まで50km、2時間かけて行くのですが、関東平野の南西に位置する町田市からは北東に向けて、関東平野の中央に向かって進むのですが、後ろに見えた大山をはじめとする丹沢山系は徐々に見えなくなり、四方を見回してもほとんど変化のない、延々と平坦で単調な風景が続きます。騎馬術に優れた関東武士が鎌倉街道網を整備したのであるが、それなら、既に大陸からもたらされたであろう去勢など馬の飼育技術を高め、馬車の活用をしなかったのでしょうか。武蔵野(関東平野)こそ、運送手段としての馬車の活用に最も適した地域であり、どうしてこれに気づかなかったのか不思議です。

 そんな事に思いながら、武蔵国比企郡(嵐山町)への道を走ります。ほとんど鎌倉街道上ノ道と並行あるいは交差しながら(ほぼJR八高線のルート)、伊豆箱根・丹沢・大山から秩父・榛名山に連なる山系を左(西)に臨みながら北上する70kmです。すると、また違う妄想が頭に浮かびます。水稲技術は大和政権と共に東進、当初は灌漑技術と云えば、水は高きから低きに流れるという自然の理を利用した重力灌漑であり、私の住む武蔵国小山田荘(町田市北部の谷戸田)もそうなのですが、広大な水田が平野部で開発されるのは近世以降の話であり、丹沢・大山から秩父・榛名山・赤城、日光の山塊、東は筑波の山塊は円弧状の地殻皺をなし、それぞれの山塊が多くの扇状地を形成、そこに、(京(中央)政府から派遣された源氏・平氏が関東に土着して水田(谷戸田)を作り、馬の放牧するなどして土地を開拓したのではないでしょうか。彼らが関東へ入植した当時は、武蔵は、雑木林を蒸す「ムス」 + 焼畑農地を作る「サシ」に由来(柳田國男説)の通り、当時、関東平野は重力灌漑による水稲耕作は困難であり、山塊の扇状地でしか不可能であったのではないでしょうか。彼らは東山道を辿り碓氷峠を超えて関東に入りますが、安中・高崎辺りから南下した武蔵国秩父郡では秩父氏が大いに栄え、武蔵国各地に散った一族は在地豪族と婚姻関係を結んで勢力を拡大、秩父平氏(秩父党)を形成していった。当地、小山田荘の別当、小山田有重(生誕・死没不詳)も秩父平氏の一党、1180年、頼朝挙兵に際しては京に在住、平家の忠実な郎党として、北国戦線にて木曽義仲軍と戦い、戦後は頼朝に服従します。

 
大蔵館 河内源氏の当主であった源為義は摂関家を後ろ盾としたのに対し、彼の長男義朝は院近臣を後ろ盾とし東国へ下り、鎌倉を本拠に南関東へ勢力を伸ばした。度重なる不祥事で河内源氏の評価は下がり、一方では内部抗争が激化、為義は義朝を廃嫡、次男義賢を嫡男に改め、義朝の勢力の希薄な北関東に進出させます。義賢は武蔵国最大の武士団、秩父重隆の娘を娶り、「武蔵国比企郡大蔵(埼玉県嵐山町)に館を構えます。秩父重隆は家督を巡って内部抗争、外には新田氏や藤姓足利氏と抗争、彼らは義朝・義平父子と結んでいました。秩父氏の家督争いと河内源氏内部の同族争いはついに1155年(久寿2年)大蔵合戦の結果となり、源義朝の長男、悪源太義平が叔父の(義朝の弟)義賢を急襲、義賢と秩父重隆を滅ぼします。

 義賢の次子、当時2歳の駒王丸は畠山重能(しげよし)に助けられ齋藤別当実盛鎌形神社_2により木曾の中原兼遠に預けられた。これが後の旭将軍・木曽義仲となり、命の恩人である斎藤実盛とは大蔵合戦から28年後の篠原の戦いにおいて首実検の場で悲劇的な対面をすることになります。

 鎌形八幡神社には駒王丸の産湯に使った湧き水があります。境内は名前は判りませんが、小さな花をつけた植物で覆われています。
190820_鎌形八幡神社境内に群生する?

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 09:33|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 03, 2019

散歩の途中<<30>> 蓮田はやっぱり朝一番

 「宣言」と呼ぶには間の抜けた「梅雨明け宣言」が週末にあったらしい…と云うか、梅雨がだらだらと長く、梅雨空が晴れたら即真夏と、「宣言」する必要のない夏の始まりでした。日照不足で野菜が高騰、今後は稲の生育に影響が出て来るでしょう。夏と云えば、私の散歩コースの一つ「蓮田と小山田神社」の蓮の開花なのですが、今年の公式「小山田蓮祭」は7月20日、開花は数えるほどでした。

170623_下小山田の谷 この時期、蓮の開花を楽しみに、毎朝のごとく「蓮田と小山田神社」まで出かけます。私があまりに蓮の開花に執着するので、神奈川県南足柄市(小田原市に隣接)、そうです、あの「足柄山の金太郎」の故郷、に住む友人が是非これを見たいと、はるばる小田急に乗ってやって来ました。私の住む小山田桜台までバスで30分もかけて来てもらうわけにもいかず、車で駅まで迎えに行ったのが午後3時、最も暑い時間帯で、気温は35℃前後はあったのではないでしょうか。

 暑いので、蓮田まで車で行こうか…、とも考えたのですが、私が毎朝歩いている散歩道を歩きたいという彼の希望に従い、自宅に車を置いて、クソ暑い午後、二人で「蓮田と小山田神社」へ向かって歩き出しました。バス通りに出て、バス停(桜台1丁目)を過ぎ、桜台通り左折、この辺りを頂上に下って行き、右折して、区画整理以前から存在するであろう小道を登っていくと、新興住宅地を抜け、小さな山の峠に到達します。 
 この峠から、見下ろした前に広がる風景、私はこの風景が大好きです。左右の小さな山に挟まれた窪地に大きな農家が二軒、家の前には大きな畑。くねった道を下って行くと、早朝には右前方の山が道を影で覆うのですが、午後の強い日差しは容赦がありません。数日前、暗い影の中で咲いていた大輪の山百合も、今日はしおれて、息も絶え絶えです。
190730_ヤマユリ
 坂道を下り降りると視界が開け、蓮田が広がります。早朝しか来ないので知らなかったのですが、蓮の花が開くのは早朝だけで(夜はどうなのかは知りませんが…)、少なくとも午後4時頃には全ての花は閉じています。今年は、長梅雨で日照不足、蓮も例外ではなさそうで、全体的に開花数も少なく、加えて、花を閉じてしまっているとは…、全く愛想のないことです。

 
 しかし、蓮田は豊かな緑で満たされ、その向こうには、そう遠くない所に源泉のある鶴見川が流れています。蓮田の海に浮かぶのが小山田神社(別名「嶽の内御前神社」)、平安末、これまた近くに館(現在の大泉寺)を構えた小山田有重(平安末期 生死不詳)の奥さんが祀られると聞きます。大きな蓮田の海に浮かぶ小さな神社は第二の見どころです。9月初めにこの神社の小さな境内で催ようされる秋祭り(「小山田神社例祭」)は住民による奉納舞台・かわいい夜店は幻想的です。

 参拝を終え、往路に通った桜台通りと、一山(ふた山)越えた東側、住宅地の中を、平行する長い上り坂を歩くことにしました。万葉の時代、西国からやって来た旅人は足柄峠を越えて相模国に入り、「(江戸時代の)大山詣で」の道を東進、境川を渡り、武蔵国に入ります。箭幹八幡宮(矢部八幡)そして桜美林大学横を北上して尾根道とぶつかった辺りが「八幡平」、そこから北へ「鳥居坂」が小山田神社まで下り、さらに大泉寺の横を、多摩と町田の間に横たわる「横山」を抜け、遠く上野・下野へ向かう「奥州古道」の一つでした。友人と歩いたのは、まさにこの逆のコースを辿り、古代、関所があったとされる「八幡平」の地から、バス停(桜美林大学前)に至るものでした。

 待つこと5分、町田バスセンター(町田駅)行きのバスに乗り込みます。私にとっては久しぶりの繁華街、先ずは、小田急とJR間の人の多さに、次に彼らの歩く速さに驚いてしまいます。街には、夏休みが理由なのか、若い人たちの姿が目にちきます。おそらく、お年寄りの多い団地内の風景に見慣れた私には新鮮に見えるのでしょう。

 二人は迷うことなく駅近くの居酒屋「磯丸水産」に入ります。時刻は5時半頃か、お店は60%ぐらいは埋まっているのですが、客層は学生とおぼしき若い人、あるいはとうの昔に現役を退いたお年寄り、中には女性だけの中高年も珍しくはありません。

IMG-1097 朝一番、コロコロと転がる朝露の乗った蓮の葉と所々に桃色の大きな花を咲かせる蓮田の絶景をお見せすることはできませんでしたが、あえてこの時間帯を選んだのは、ここでビールを飲むことが優先する、という二人の間に暗黙の了解があったからです。

 そろそろ、会社の帰りに一杯という働き盛りの人たちに交代です。彼は小田急で遠く南足柄市まで帰らなければなりません。
私は、さらに会社帰りの人で混雑する小田急/JR連絡道をバスターミナルに向かいます。

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 22:24|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 27, 2019

山椒

 前回のブログ公開からかなりの日数が過ぎ、そろそろ、読者である関西の友人から安否確認がありそうです。

 カミさんは山椒が大の好物。昔々、結婚前、彼女のお父さんは勤め帰りに、大阪堂島の地下センター(?)に在った「小倉屋山本」で、贈答用ではなく、家庭用の「山椒昆布(?)」を土産に買って帰り、彼女は山椒の実だけをよって食べたこともあるそうです。「死ぬ前に何が食べたい?」と聞かれれば、当然、「山椒の佃煮」と答えるはずです。

 別名、「ハジカミ」とも呼ばれる「山椒」、「椒」の字には芳(かぐわ)しい・香りがよいの意味があり、山の薫りが芳しい実、「山椒」となったそうです。雌雄の別があり、実がなるのは雌株のみの由。

 この「山椒」を冠した物語があります。確か、小学校の教科書で読んだような気がするのですが、森鴎外(1862-1922)の『山椒太夫』、あるいは『安寿と厨子王』というタイトルだったのかよく判りません。こどもの頃は当然ですが、大人になっても何故「山椒太夫」なのか、山椒で財を成した長者…?、ではないであろうし…。

 この物語の時代背景は平安後期、清盛(1118-1181)による武家政権樹立以前の話であろう。物語はご存知でしょうが、詳しくはWiki『安寿と厨子王丸』を参照をお願いします。安寿が丹後由良の浜で汐汲みをさせられることから、太夫は製塩業を営み、由良・岡田・河守、「三庄の長者」であった。各地の荘園から逃散(農民が土地を放棄して逃亡すること)・脱落して浮浪者となった民、「散所の民」を拉致したり、金で買ったりして利益を上げた者を「散所の長者」と呼びました。類似のものとして他にも、「算所」・「産所」がありますが、いずれも浮浪の民・芸能の民であり、鴎外は同音の「山椒」の文字を当てただけで、山椒の意味そのものは全くないようです。

 奈良時代に始まる、高野山における最下層の僧は高野聖と呼ばれ、勧進のために地方に遊行しました。鎌倉時代になると、『平家物語』を琵琶の伴奏に合わせて語る平曲が完成、琵琶法師(平家座頭)は説話・説経節を入れて全国を回る芸能者であり、これが後の浄瑠璃につながります。中世から近世にかけ、熊野比丘尼(くまのびくに)は地獄極楽、六道図などを絵解きをしながら熊野三所権現勧進のため、時にははやり歌を歌い、時には売春して諸国を歩きました。一方では、陸奥国津軽にはイタコと呼ばれる口寄せを行う巫女、越後国・北陸など日本海側を中心には瞽女(ごぜ)と呼ばれる女性の盲人芸能者集団が座を形成して諸国を歩きました。説話・説教節・はやり歌を共通項にした彼ら、芸能者集団は日本海沿岸を、南からやって来た近畿を源とする勢力と陸奥国・越後国在地の勢力との衝突と融合から出来た説経節を起源としています。奥羽の太守「一族の没落と再興の物語り」であり、見方・立場を変え、丹後由良の太夫が下人の復讐により没落する「長者没落の物語」であるともとも言えます。

 詳しくは、柳田国男はじめ多くの民俗学者・郷土史家・文学関係の諸氏の著作をご参照ください。津軽十三湊から京丹後半島由良に至る、日本海沿いに陸路で1,008キロ、海上ルートは若狭湾(丹後半島)で陸揚げして、琵琶湖を経由して京へ、さらには淀川水系を利用して難波津(大坂)に至る日本海沿岸・内陸水運ルートが存在したということです。これが近世の江刺・松前から、敦賀・下関経由、大坂に至る「北前船」に発展していきます。

 次に「山椒」を冠した生物。シーラカンスと同じく、「生きる化石」と言われるオオサンショウウオ(大山椒魚)は岐阜県以西の本州・四国・九州に生息する両生類。国の特別天然記念物(1952指定)ですが、かつては食用で美味であったとされています。食用を目的に捕獲したオオサンショウウオを縦に割いて、半身を川に戻すと失った半身が再生、元の一体に戻るという、トカゲのしっぽ切りを連想させる…?、言い伝えに由来、「ハンザキ、半裂」とも呼ばれていました。篆刻家・画家・陶芸家・書道家・漆芸家にして料理家・美食家、北大路 魯山人(ろさんじん 1883-1959)は次のように評しています。

「世の中には珍しがられていても、美味くないしろものがいくらもある。ところが、山椒魚は珍しくて美味い。それゆえにこそ、名実ともに珍味に価すると言えよう。」
        ↓
       中 略
        ↓
「腹を裂いたとたんに、山椒の匂いがプーンとした。腹の内部は、思いがけなくきれいなものであった。肉も非常に美しい。さすが深山の清水の中に育ったものだという気がした。そればかりでなく、腹を裂き、肉を切るに従って、芬々ふんぷんたる山椒の芳香が、厨房からまたたく間に家中にひろがり、家全体が山椒の芳香につつまれてしまった。おそらく山椒魚の名はこんなところからつけられたのだろう。」

 その名前は、かつて食用として捕獲されていたオオサンショウウオは体に山椒に似た香りがあり、体を捌くと、より一層、山椒の芳香が広がることに由来するようです。

 京都市内に住む私の友人の健康方は早朝の散歩、先日、一晩中降った雨が180621_あじさい_2上がり、いつもの鴨川河川敷を歩いていると、目の前にオオサンショウウオがうずくまっていたそうです。梅雨の長雨で上流から流され、増水で河川敷に取り残されたらしく、友人はこれが天然記念物であることを認識しており、両手をオオサンショウウオの腹の下に差し入れ、抱えて水に戻してやった由。
オオサンショウウオ
 詳しい様子を聞くと、「体調は60〜70cm、ナマズかアンコウ、皮膚はヌルヌル、骨ばっていて気持ち悪い生き物」という感想でした。知り合いの中学校理科(生物)の先生に尋ねると、岩手県出身の彼女は、三重県赤目四十八滝に在る「日本サンショウウオセンター」まで行って、オオサンショウウオを勉強したそうです。オオサンショウウオの歯は鋭く、獲物を鵜呑みにするのではなく、その歯で噛んでからのみこむそうで、もう一つ、目が上の方に付いており上方の動きには敏感で、指を噛みちぎることもあるそうです。

 友人としてはあくまで善意で行った行為、指を食いちぎられることもなくて幸いでした。「後日、オオサンショウウオの恩返しがあるのでは…」とは、もうすぐ安否確認をくれそうな、仲間の感想でした。
Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 20:51|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 10, 2019

私の「居場所」

  昔から、カミさんは早寝早起き。夏に向かって行く今からの季節、日の出とともに、明朝のそれは4時25分、いやそれ以前に起床、愛犬モモと朝食を食べ、5時には二人で散歩に出かけます。

 私どもは団地住まい。窓部はかなり前に二重ガラスに交換、2年前の大規模修繕時に玄関ドアを交換したので、住居の密封性がさらに向上、言い換えれば防音・冷暖房効果が向上、二人(カミさんと愛犬モモ)が帰宅して玄関ドアを開けると、新幹線や航空機のドアが開いた時と同じように…、気圧が下がり部屋の中の空気が一気に外部に流れ出し、この気圧の変化を耳(体)に感じて私は起床します。

 夜は夜で、午後6時前後、カミさんの夕食が出来上がるのを見計らって愛犬ももが私の部屋のドアをノック、「ご飯ができたよ」と呼びに来てくれます。「ノック」というよりも右手(右前足)の爪でドアを上から下へ「ガリガリと引っ掻く」と言った方が正しいのですが…。こうして、家族全員が集い…、今となっては夫婦二人とモモだけなのですが、夕食は唯一、暗黙の内ながら公式に(二人の間で)認められた、夫婦間のコミュニケーションの場です。夕食が終わると、私は風呂に入り、上がると、テレビの在る居間には行かず、自分の部屋に入ります。カミさんは、その間に洗い物を済ませ、風呂を上がると居間にてテレビ、8時には就寝です。夜8時就寝、朝4時起床、8時間の睡眠は彼女の一貫した半生、私のそれとは少なくとも2時間の時差があります。この時間差、単に時間だけに限らず、人生観・世界観、考え方そのものに「2時間のズレ」があるようです。24時間中の2時間…、この時間差、人はこんな夫婦を「すれ違い夫婦」と呼ぶのかもしれません。

 テレビはほとんど観ることはなく、観るとすれば、録画したBS放送の古い映画を観るだけです。北向き、約9屐複蕎弱)の部屋が、我が家で私が100%自分の思い通りにできる、唯一の場所、「牙城」です。籠城しているわけではありませんが、睡眠を除いて、家の中で最も長い時間を過ごすのがこの部屋です。

スピーカー 今年の1月、今までだましだまし使ってきたパソコンがダウン、思い切って新しくモニターとともに購入。やっとのことで以前と同じように使えるまでになると、今度は、欲が出てきます。以前、凝り性の友人からBOSE社のサテライト・スピーカーとベース・モジュール(ウーハー)を譲ってもらいましたが、アンプなくしては音を鳴らすことは出来ず、かさ高いモジュールは私の部屋の中で長い間邪魔になるだけの存在でした。

 まずは、机の後ろに在るワードローブのハンガー掛けの半分を撤去、ピクチャーレールと絵_2撤去した部分に2段の棚を設置、衣類を畳んでプラ衣装ケースに入れて収納し、空いた空間(下部)に頂いたベースモジュール(ウーハー)を設置、ルーバーの後ろに隠しました。Amazonで購入したスピーカー・アンプを繋ぐと、録音したバンドの演奏、Youtube、Winamp(インターネット・ラジオ)の低音の効いた良い音が流れます。

 ディレクター・チェアと似たようなものを3脚持っていますが、部屋の大きさからすれば2脚がせいぜい、色違いの一脚をテーブルにすることにしました。天板を作り、それを背もたれをはずした脚部に載せてあるだけです。我ながら良い出来です。

 夫婦が食事を共にする、我が家で一番大きな部屋、リビング・ルームには入居当初は壁に絵画・写真を掛けるためのねじ穴みたいなものが設置されていたのですが、壁紙を張り替えた際に全て外から見えないように、壁紙で覆ってしまいました。人生のここまでやって来て、自分が絵を趣味の一つにするとは想像もつかず、今となっては悔やむことしきり。現状では、残念ながら、壁紙を張り替える計画はありません。

 私の支配が及ぶ唯一の部屋、最後はピクチャー・レールの設置です。天井から見た風景詳しいことは判りませんが、団地の集合住宅ですから建物は鉄筋コンクリートの壁に、室内側は石膏ボードに壁紙が張ってあるはずです。壁を叩くと、その場所によって音が違うのは判りますが、そこが中空なのか、あるいは芯材が入っているのか判りません。ネットで知ったのですが「下地探し」という道具があり、押すと先端から長い針が出て、石膏ボードを突き刺し、中空か芯材かを確認します。ビス止めする6箇所全てが中空なので、石膏ボードにアンカーを取り付けました。勉強になりました。

 ピクチャー・レールは多くのメーカーから売り出されていますが、私の希望は…できるだけ天井に近い壁面に設置、レール設置後に、どの位置でもワイヤー・フックを取り付け・取り外しが出来るものを探しましたが、この要望を満たしたのはラーソン・ジュール・ニッポン(株)のCLICK RAIL(ArtiTeq)だけだったように思えます。長さ2mの商品もあるが、長さを短く調整する場合もあり作業及び運賃を考えると、長さ1mを2本買った方が割安です。つなぎ目もほとんど気になりません。満足です。

 喫茶店「嵐が丘」における絵画展から引き揚げてきた私の絵も放ったらかしでしたが、壁にかけると、もっともらしく見えるものです。
絵+テーブル

 今からの夏、冷房は弱くても涼しい、居心地の良い部屋です。日の当たらない私の部屋に居る時間がますます長くなりそうです。

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 21:46|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 07, 2019

散歩の途中<<29>> 忘れな草

 この季節、庭や散歩の途中で目にする草木は次々と花を咲かせ、目を楽しませんてくれますが、私は草木の名前をほとんど知りません。何時も草木の好きなかみさんに聞くのですが、何回聞いてもその名前を覚えることが出来ず、若い時から痴ほう症のごとく言われています。一方では、高校生の時、古文が苦手で、別に古文だけではありませんが…、もう少し勉強しておけばよかった、とは万人が思っている通りです。

 「忘れな草」が花の名前であることは知っていますが、その名がどの草花を指すものかは判りませんでした。英語で「forget-me-not」、中世ドイツ語の「Vergiss-mein-nicht」に由来するそうです。現在の並び順「Don't-forget-Me」ではなく、中世においてはは日本語の並び順と同じというのが面白いところです。何語かを問わず、花の名前としては大変奇妙で、明治時代、このヨーロッパ外来の新種を日本語で「勿忘草、わすれなぐさ」と付けたとのが植物学者、川上瀧弥(かわかみ たきや 1871- 1915)でした。

 「勿忘草」の一文字、「勿」を知ったのはつい最近の事です。東北(昔の奥州)に憧れた人々の足跡を探るうちに、「白川関」・「念珠関(ねずがせき)」と並ぶ東北古代三関の一つ、「勿来関」にてその一文字「勿」にぶつかったのです。読みは「なこそ(の)せき」。源義家はじめ、紀貫之、小野小町、和泉式部、西行法師などの歌人も詠んだ歌枕ですが、「勿来(なこそ)」は「来る勿れ くるなかれ」の意味、中央政府が北辺の蝦夷の南下阻止を目的に築いた砦。しかし、「勿来(なこそ)」とは文学上の比喩、歌枕に過ぎず、実際にはその存在自体を疑問視する研究者も多いと聞きます。義家が通過したのは「後三年の役(1083-1087)」の時、まさに辺境の戦いの意味で「役」、彼は「勿来(関」に凱旋しました。

 「勿」は音読みで「モチ、ブツ」、訓読みで「なかれ、なし」。平安時代に使われた言葉が明治にも顔を出すとは、漢学が長らく知識人の必須であった事を示しています。「勿忘草」は原語の意味を良く伝えていますが、その読みは、「な>わすれ>ぐさ」ではなく、「わすれ>な>ぐさ」に変わって(?)、聞いてよりやさしい・心地よい日本語になっています。「忘れな草」は世界中、その国の言語で「忘れな草」と名付けられているそうです。因みに、中国語でも「勿忘草」、川上が付けた名前と同じです。

 かみさんのアドバイスで描いた「忘れな草」です。
190428_忘れな草
Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 10:51|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 01, 2019

この曲<28> "Tube Snake Boogie"

  お世話になっている喫茶店「嵐が丘」で面白い人と知り合いにった。ある時は仁平さんを羽織り手には扇子、ある時はカウボーイハットにジーンズ…、変わらないのはサングラス。私より一回りぐらい若いか…?、背が高く、昔は不良だったであろう、悔しいが…、カッコいい男。今は知らないが、昔はバイクを乗り回していたらしい。団地の住人ではなく、「在」の人。「嵐が丘」のママに花を届ける、それも、かなりサマになる男である。今のご時世に珍しく、彼はタバコを吸い、お店の外で雑談すると、ジャズは判らないがロックは好きと云う。録音したバンドのノブさんが歌う『Tube Snake Boogie』を聞いて、ZZ Top(ズィー・ズィー・トップ)は好きだと云う。

ZZ Top いつもの口調に戻って…、ロックンロールついでに、その『Tube Snake Boogie』をいってみましょう。1981年の大ヒット、ビルボードで最高4位。歌詞を訳そうか…、とも思いましたが、どうも日本語にすると卑猥になりすぎる感あり、歌詞の大意のみ記すことにしましょう。

 「チューブ・スネイク」とはサーンフィン用語(スラング)で、〜 snaking a wave 〜とは「いい波に乗る」という意味らしい。

 しかし、しかし…、この曲は三人の彼女を持つ男の話。一人目は街の向こうに住む娘、二人目は一つブロック先に住む娘、三人目は丘の上に住む娘。一番目と二番目の二人は「チューブ・スネイク」が大好き、それも、一晩中。三番目の娘は「チューブ・スネイク」が好きではないが、その妹は大好き。キワドイ、性的な隠喩に満ちている、とは私の考えすぎ?今回は和訳せず、原語のままにしましょう。


 
Tube Snake Boogie

I got a girl she lives cross town,
Shes the one that really gets down.
When she boogie,
She do the tube snake boogie.
Well now boogie little baby,
Boogie woogie all night long.

I got a girl she lives on the block,
She kinda funky with her pink and black socks.
She likes to boogie,
She do the tube snake boogie.
Well now boogie woogie baby,
Boogie woogie all night long.

I got a girl, she lives on the hill.
She wont do it but her sister will,
When she boogie,
She do the tube snake boogie.
Well now boogie little baby,
Boogie woogie all night long.
Blow your top blow your top blow your top.

 彼に似合う一曲です。

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 09:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 06, 2019

散歩の途中<<28>> 桜も、庭の花も

kamogawa sakura
 今朝一番に、京都市内に住む友人よりLINEメッセージあり、鴨川岸に満開の桜の写真を送ってもらいました。彼は『ゴジラー(5時に起きる、早起き過ぎて迷惑の意味)』の異名の持ち主で、昨年10月の「伊賀上野同窓会」では、5時どころか、4時に起きて上野市街周辺の散歩に連れて行ってもらいました。「京都鴨川の桜」と聞いただけで、なにか、その辺にはない、有難いものをいただいたような気持ちになるのは不思議なことです。

 脇道にそれますが、千年の歴史を持つ京からやって来た文化・物品は大いに評価され、逆に京以外からの文物を「京から下って来たものではない」、へりくだって、つまらないという意味で、「くだらない」という言葉が生まれたそうです。どこかで読んだことがあるのですが、徳川政権下、世界有数の大都市に繁栄した江戸においてさえ、京から「下った」の文物は評価されたのですが、唯一、江戸浅草特産の「浅草のり」だけは天下一と評されたそうです。

 机に向かい、パソコンを開いてLINEを確認すると、冒頭の「京都鴨川の桜」。そうだ…、寒の戻りもあって、今日は朝から天気も良く、私の好きな桜も朝日に当たって絶好の景色のはず…と、飲みかけのコーヒーを横に置いて飛び出しました。絶好のチャンスとばかりに撮ったのがこれです。小山田荘で一番の桜です。


 去年12月はミニ・コンサート、今年2月・3月は絵画展の対応で忙しく、時間的余裕がありませんでしたが、かみさんが育てている花の一部をご紹介しましょう。
▼クレマチス・アーバンディ
190326_クレマチス・アーマンディ

ベゴニア
190329_ベゴニア

▼ジャーマン・アイリス
190409_ジャーマン・アイリス
 花の開花とともに始まった『第2回小山田有家絵画展』は、桜満開の今日を持ちまして終了いたします。多くの方々にご覧いただき、また、喫茶店『嵐が丘』始め皆様方のご支援をいただき誠にありがとうございました。

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 16:11|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 12, 2019

『藤野二人展』

  東日本大震災から8年、震災によって亡くなった方々とそのご遺族に対し、深く哀悼の意を表します。

藤野二人展 相模原市は人口が60万の政令都市なのですが、私の住む町田市とどちこちない、文化不毛の地と聞いていました。私の友人はその相模原在住、写真が趣味で、所属する写真クラブ主催の写真展示会には、藤沢・横浜とお邪魔したことはあります。個人の写真展を開くのは今回が初めての由にて、彼に連れられて、相模原市緑区藤野を訪れました。謙遜の意味か…、彼の説明では、深い山の中に在るオーナーの趣味で建てたようなレストランの一角にあるギャラリーでその『藤野二人展』が開かれていると云います。

 中央高速相模湖ICで降り、どんどん山の中に入って行きます。通り過ぎる、山里の景色や看板は、何時か本か雑誌で見たことのある、あるいは読んだことのある風景です。恥ずかしながら、私はそれまで気が付かなかったのですが、深い山の中に広がったその風景が「芸術の街、藤野」でした。文化不毛の町田市とは大いに異なり、相模原市には「芸術の街、藤野町」が在ります。相模原市が長年育てた…、というよりは、タナボタ式に「芸術の街、藤野」を手に入れたのです。いかに山が深いとはいえ、藤野で個展が開催されることは大いに魅力です。

藤野案内図
▲藤野芸術の道マップ
 お会いしたことはありませんが、オーナーの本業は歯科技工(?)会社の経営者の由で、この地で有機栽培のお茶や野菜を生産・販売する農業生産法人「藤野倶楽部」を設立、レストラン「百笑の台所」を運営しています。相模原市観光協会が発行する「藤野芸術の道マップ」では地図の右下にレストラン「百笑の台所」の案内が見えます。実際にお店のある現地を訪れてみると、その敷地はかなり広大で、セミナーハウス、宿泊棟、納屋(バーン)、レストランが配置されています。それ以外に、耕作地がどれほどの広さかは判りません。面白いことに、敷地内には電気自動車向けに充電器スタンドが設置されていますが、どれほどの需要があるのか…、かなり前衛的なお考えをお持ちな方とお見受けします。

藤野_1 「百笑の台所」はコンサートができるステージを備えた大きなレストランで、多くの席は外の景色を眺めながら食事できるように、一面の窓に向かって長いテーブルと椅子が配置されています。店の女性の話では、当初はこの店の山側に隣接するテニスコートとキャンピングカーから全ては始まったそうです。想像では、藤野に魅せられたオーナーが、当初、仲間と一緒にテニスコート(1面)を造成、エア・ストリームIMG-0900(キャンピングカー)を横に、皆でワイワイガヤガヤ、バーベキューなどをして週末を過ごしたのが始まりなのでしょう。レストランの後ろには談話室、壁にはオーナー個人(?)の蔵書が一面に並べられています。宗教・哲学・歴史・芸術・地理・農業・土木・料理から「ゴルゴ13」まで、「藤野倶楽部」は彼の「道楽」に始まり、9484715923087「道楽」の進行形であると云えるでしょう。レストラン「百笑の台所」、テニスコート、エア・ストリーム(キャンピングカー)、談話室に囲まれた一角に、やはり、皆で造作した感の、よく言えば手作りの…、ギャラリーがあり、『藤野二人展』が開かれています。

IMG-0903IMG-0897

IMG-0902IMG-0896

 自宅から車で1時間をかけて訪問する価値は大いにあり、季節が良くなったら、次回はゆっくりと、藤野を訪れることにしましょう。

 最後に、相模原市さん、「芸術の街、藤野」の宣伝活動の努力が足りないのではないでしょうか。町田市さん、完全に遅れをとっていますよ.

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 09:20|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 28, 2019

「渡り鳥」、「寅さん」、もうすぐ「徘徊老人」?

男鹿半島 東北を旅行中の友人からLINEメッセージ(?)をもらいました。伊賀上野(伊賀市)に住む友人(大学時代、同じゼミ)が共通の友人で、彼らは京都で同じ下宿に居た間柄の由。毎年上野天神祭り(10月最後の土・日曜日)に合わせて友人宅で催される同窓会(?)に途中から私が参加させてもらうようになり、今やこの同窓会は、場を提供してもらっている友人宅には大変ご迷惑をおかけしているのですが…、参加者の年中行事となっています。そこで知り合ったのが彼で、同じ大学でしたが、在学中は互いに知る由もありませんでした。出身は新潟、もっと近い東京にいくらでも大学があったはずなのですが…、ワンダーフォーゲルに4年間を費やし、卒業後は将来故郷に帰るべく、東京の企業に就職したそうです。

 私が上野天神祭り同窓会に初めて参加したのが2012年10月、6年前。何処の祭り上野天神祭_2も、それを担う若者が都会へ出て行ってしまい、山車を引く人すらも満足に集まらない状況は上野天神祭りも同じです。家族を小田原(南足柄)に残し、世話をするために彼は新潟で両親と同居、新潟からはるばる車でこの同窓会に参加するだけでなく、上野天神祭りにも山車を引いて参加。今や、『越乃寒梅』を土産に、山車を引き、地元の住民からも大いに当てにされる存在となっています。

軽四4WD_1 去年10月の同窓会の帰りに、彼の車に同乗させてもらったのですが、お父さんは亡くなり、お母さんは新潟に住む彼の妹さんに任せて…、彼は小田原(南足柄)に帰ってきたそうです。長年の両親の世話、新潟と小田原の二重生活から解放されたからか、『ワンダーフォーゲル(=Wandervogel ドイツ語で「渡り鳥」の意)』になりきることを宣言、軽四の4WDワゴンを購入、日本各地を訪ね、夏は登山、冬は見知らぬ土地を訪ねる。もちろん車中泊、地元の温泉・銭湯に浸かり、地元の食事と地酒…、と私には出来そうもない夢を語ります。以前は、月の終わりの10日間だけでしたが、今は逆、10日間が在宅で、20日間は「渡り鳥」の由。あるいは「寅さん」、悪く言えば「徘徊老人」…。

 2月初めから私の絵画展が開かれていますが、10日(日)の夜、6時ごろだったでしょうか…、彼から電話「近くまで来てるんだけど…」。「何処?」と聞くと、「家の前」。外に出てみると、長い旅路を物語る汚れた軽四ワゴン、同道の静岡から来た彼の友人に初対面の挨拶。「今日は日曜日で閉店」、小田原経由で静岡まで帰らなければならず、二人は団地内のスーパーで食品を買い込んで、あわただしく出発していきました。予定通り、15日に彼は現れ、喫茶店『嵐が丘』では、馬子にも衣装の額装された私の絵を見てもらうことが出来ました。店内では、私がまだ紹介していないのに、店の人・お客さんに親し気に話しています。ちょうど、上野天神祭りの山車を引いているように…。
第2回絵画展案内状+遼太郎記念館

 22日、彼が、前回、挨拶だけに終わった静岡の友人とともに『嵐が丘』に現れ、私の絵を楽しんでもらうことが出来ました。感心した様子で、「こんなに臨場感のある絵が実況見分で使われたら楽だったろうに…。」 後で聞くと、ワンダーフォーゲルの同期、元静岡県警捜査官(?)、どうも絵手紙の展示会と思っていたようです。わずか30分の滞在でしたが、再び北へ向かう二人がわざわざ時間を割いて寄ってくれたことに感謝、「はなむけ」にコーヒー代は私がごちそうすることにしました。

 彼らは小山田の『嵐が丘』を発ち、多摩の横山を超え、武蔵野(関東平野)鎌倉街道を北へ、上野国田沼から下野国日光に入り、鬼怒川温泉から陸奥国、現在の福島県会津若松、大内宿、喜多方、米沢、羽州街道(?)を北上すると云います。何やら、イザベラ・バードが踏破したルートとほとんど同じです。

Isabella Bird_1 大英帝国に生まれたイザベラ・バード(Isabella Lucy Bird, 1831 - 1904)は脊椎に難病を抱え、医者の勧めで、世界旅行をするようになり、紀行作家として活躍します。1878年と云えば、「西南戦争」が終了して1年、政府側を率いた大久保利光が暗殺された年、内戦の火種がまだ冷めやらぬ時、戊辰戦争で敗者側に落ちた陸奥国・出羽国を縦走、海峡を越えて、北海道まで走破、のちに『日本奥地紀行("Unbeaten Tracks in Japan"』を著した。如何に「太陽の沈まぬ」と喩えられるビクトリア王朝時代の大英帝国の後ろ盾あるにせよ、47歳の女性が成し遂げたことに驚嘆せざるを得ません。金谷Cottage Inn
 
 季節が良くなったら、彼女ゆかりの日光「金谷ホテル(Kanaya Cottage Inn」を皮切りに、じっくりと、彼女の道程を辿ってみようではありませんか。

※参考資料:日本奥地紀行 (平凡社ライブラリー)
      イザベラ・バードの東北紀行[会津・置賜篇]: 『日本奥地紀行』を歩く


Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 16:03|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 17, 2019

第2回絵画展の様子

 昨年末までは、他に用がない限り、ほとんど毎朝、散歩を兼ねてMACにコーヒーを飲みに行っていましたが、今年に入り、例年に比べて寒いためか…、朝の散歩に出かけるこめっきり少なくなりました。散歩に行かない理由は寒さだけではありません。

絵画展の私 今回の絵画展、2回目ということもあり、気持ちにどこか余裕があります。内容はともかく、見栄え・展示をプロっぽくしようと、キャプション・ボード(絵の説明書き)を自作しました。前回は、住民の多くが散歩の途中などで目にしている小山田周辺の風景を題材に選んだのですが、今回は遠く、近江国、湖東の「近江鉄道」、伊賀国上野を走る「伊賀鉄道と、皆さんの知らない風景で、地理上の位置、そこにまつわる歴史の説明が必要と考えたのです。絵画展開催間際に買い換えたパソコン、長い間何ら問題なく使ってきたWordやPower Point「2003」は「365」に代わり、この使い方に慣れるのに四苦八苦しています。下は、キャプション・ボード制作中の写真。厚手の印刷物をスチレンボードに貼り、それを切っていきます。厚みがあって立体的に見えるボードは軽く、接着剤(商品名:「ひっつき虫」)で漆喰の壁caption board_1に接着します。位置が違ったら、自由にに剥がしたり、接着したり、また剥がした跡もの残らない優れモノです。

 という訳で、夜なべまではしませんでしたが、作品(単なる私の絵なのですが 気取ってこう呼びます)のタイトルだけでなく、絵に描いた風景にまつわる地理・歴史を説明するキャプション・ボード作りに明け暮れてしまいました。

 会場「嵐が丘」の常連さんだけではなく、遠く、横須賀や小田原等から、多くの友人に見に来て頂き、関西の友人からは激励のメッセージをいただき、ありがとうございます。
絵画展_4

絵画展_1

絵画展_2

絵画展_5

DSC04733

 長らく、MACやコンビニの百円コーヒーが当たり前と思っている私ですが、開催期間中は、訪れる友人からコーヒーを誘う電話があります。 以来、 不本意ながら…、見栄を張って…、350円のコーヒーを飲んでいます。

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 22:52|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 15, 2019

遅ればせながら、本年もよろしくお願い致します

 この10年以上?、だましだまし使ってきたパソコンがとうとうクラッシュ、お店に持ち込み診断してもらいました。覚悟はしていたのですが…、店員の「ボロボロです」には思わずムッとしてしまいました。MicrosoftのWord、Excel、Power Point 2003を今まで使っていたということは、Windows XP、いや、それ以前のWindows 2000だったような気がします。ということは、15年以上もこのパソコンと付き合ってきたことになります。もちろん、「博物館行き」の感があったこれらMicrosoftのアプリも、今回はダメかとほぼ諦めましたが、その都度Winndowsのバージョンアップを乗り越え、最近(2015年)のWindows 10の関門もクリア。以来、フリーズの現象は見られるものの、なんとか使用に耐えて、昨年12月の年賀状の作成も無事完了して年を越したのでした。気が付いたのは、パソコン本体だけでなく、年代物のディスプレーの上部1/4部分に斑模様が現れるようになりなり、これは明らかに経年劣化、私の皮膚と全く同じで、ディスプレーの寿命です。私の先輩で、去年、心不全で入院した友人曰く、心不全になった人の多くは5年以内に死亡するそうで、彼はパソコンの新規購入を躊躇しているそうです。診断の結果「ボロボロ」は覚悟していましたが、一瞬、彼の言葉が頭をかすめました。十数万円を出費して、私は後何年パソコンを使うことができるのでしょうか?

 プリンターはドライバーをネット上で入手するまでは良かったのですが、設定にてこずってしまいました。スキャナーは古く、それ相応の古いドライバーしか手に入りませんでしたが、いずれも問題なく動くようです。写真の加工、そして、数年前から始めた水彩画・線画をパソコンに取り込むためにPaint Shop Pro(v6からv9へupgrade)というアプリを使っているのですが、これも何とか新しいパソコンにインストールすることが出来ました。新しいパソコンには最新のWord、Excel、Power Pointがプレインストールされており、基本的には昔と同じ、ただその使い方に慣れれば済む話です。今になって思うと、Mailing SoftをMS OutlookからGoogle Gmailに換えたのは正解でした。Gmail、連絡先、カレンダー、Google drive、Google PhotoなどWeb上で動く主にGoogleアプリはパソコンの入れ替えに全く関係なく動作します。それでも、あれやこれやで、設定・調整に丸2日もかかってしまいました。

 時代はかつてのMicrosoft、パソコン内部、性能(速度・容量)の時代からとっくの昔に、モニター画面の向こう側、インターネット、Google、Amazon、FacebookなどのWeb上の巨人の時代に入っています。パソコン、スマホも使いやすい適当な重量・サイズとデザイン、しかも高性能であれば残るは価格競争力、勢い、パソコン、スマホのメーカーは中国に移行せざるを得ません。私の住む団地も、65歳以上が住民の30%を超え、限界集落に近づいており、団地内の商店街の半数はシャッターが閉まっています。この歳になると、食料品以外の買い物は少なくなり、30分(290円 往復1時間580円のバス代)をかけて町田の中心地に出かけることもありません。若い時にはステレオに凝って、CD、レコードを買い集めましたが、いつごろからかこのコレクションを売り払い、好きな音楽はインターネットからダウンロード、歌詞もジャケットも無料です。今日のミュージシャン、日本の彼らはまだ著作権でまだ守られているようですが、世界の彼らがお金を稼ぐ方法はライブしかありません。ポール・マッカートニー、エリック・クラプトン等の大物ミュージシャンは、彼らの大ファン層、比較的裕福とされる団塊の世代が存命中に、ミュージシャンとて同じですが…、もう一稼ぎとばかりに来日します。本は昨年でも数冊しか買ったことがなく、それもAmazonで購入の中古本です。大半は近くの桜美林大学が忠雄地区の図書館で借ります。残念なことに、本屋さんで立ち読み、偶然見つけた本に感激、それを買うこともなくなってしまいました。

181231_Lafcadio Hearn 半数がシャッターの降りた商店街の一角、どう若く見ても…60代(?)に人気のお店、「嵐が丘」で、昨年クリスマス・イブ・イブの12月22日『Rock'n Roll Christmas』と題するミニ・コンサートをやらせてもらいました。ご参加の皆さん・お店の方の反応も上々で次の機会、できれば次回は夏…、につながったように思います。世の中の流れ、寄る年波はどうすることもできませんが、どう考えても余生の方が短いはず、もし機会に恵まれるなら、色んな事をやってみようと思います。
 
  同じ「嵐が丘」を会場に、2月、190114_A man waiting for a train私の絵画展をやってもらうことになっています。開催まで1か月もないのですが、まだ明確なテーマも決まっていません。10月に訪れた近江鉄道・伊賀鉄道、漠然と「鉄道、旅」のようなものにしたいと考えています。島根県松江カラコロ広場に小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)像があると聞きます。やはり、旅には彼が似合います。


Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 23:11|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 30, 2018

第10回 かってに、HKX紅白歌合戦

coffee 2_2
 「紅白」と云えば、最近『平家物語』を読み直しています。後白河法皇は朝廷政治の衰退を目の当たりにして、平家政権に抵抗、源氏を支援、源氏の勢いが強まるとその内部分裂を計り、台頭する武家の切り崩しを画策、彼は朝廷政治の延命にもがき苦しみますが、武士の台頭には抗しきれず、鎌倉武家政権の成立を許してしまいます。平家は「赤」、源氏は「白」を旗印に、東北から九州まで、日本全土を舞台にした大乱、源平合戦、「治承・寿永の乱(1180-85)」は終焉、新しい世の中が開かれたことを意味しました。以降、「赤」と「白」、「紅白」は階層・地域を越えて「ハレ」を現し、今日、運動会の赤白帽・横断幕・紅白の水引・紅白まんじゅう、そして紅白歌合戦に、身近なところに受け継がれています。

第10回HKX紅白歌合戦

 講釈はこれぐらいに、今回の『第10回 かってに、HKX紅白歌合戦』は先日の『Rock'n Roll Christmas Live at 嵐が丘』の続きです。12月5日のブログ『Rock 'n' Roll Christmas Live at 嵐が丘』で元歌を参考にお聴き下さい。カメラが大好きな友人が動画(ムービー)撮影に、 まさかの…失敗をしたために、代打としてドラムのKunさんがMP3レコーダーで録音した音源を使うことにしました。

 私はLivedoorでBlogを書いていますが、実は、音楽再生に大きな問題があります。HTML5のAudio要素を使えば簡単にブログ上で音楽の再生ができるものと聞くのですが、Livedoorでは出来ません。今回の動画撮影失敗を機に、三日三晩…ウソです、まる一日、色々私なりにやってみました。過去のページを振り返ると、Adobe Flash Playerを使って音楽の再生をしていますが、いちいちブログ読者の再生許可が必要で、これでは誰もFlash Playerの存在すら気付いてくれません。こういう訳で、Livedoorブログ上で音楽の再生を断念しました。どなたか、音楽再生の良い方法をお教え願えないでしょうか?

 仕方なく、このMP3音源に写真(スティル)を載せてスライドショウにしました。以下の3曲だけを作りました。どうもカメラ大好き友人の撮った動画の方が音が良く聞こえるのは、「逃がした魚は大きい…」の類いなのでしょう。

<1> Runaway

<2> Pretty Woman

<3> Johny B Goode

  良い年をお迎え下さい。Happy New Year!

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 11:12|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 28, 2018

唯一の動画 "Rock'n Roll Christmas"

181016_Rock 'n' Roll Xmas At 嵐が丘_Post Card クリスマス・イブ・イブの12月22日、地元団地内の喫茶店『嵐が丘』にて、ミニ・ライブ・コンサートを開催しました。題して『Rock'n Roll Christmas Live at 嵐が丘』。今年の3月、私の絵画展と同時に実施したミニ・コンサートの続編で、クリスマスの時期にやらせてもらったのは光栄なことです。定員15人のところに、16人が来場しました。左がその時のポスター、「50's 60's 70's」とは、曲が流行った年代なのか、それともお客の年齢なのか…、迷うところです。この団地も御多分に洩れず、60%以上が65歳以上、ほとんど限界集落です。

 2回目だからなのか、あるいはロックンロールが多く、ほとんど「ノリ」だけでで嵐が丘正面きるからか、リラックスして演奏することができました。ライブ前の数週間、脚腰の痛みから始まって最後は喉、咳に悩まされる夜もあり、やっと「これは風邪!ひょっとしたらインフルエンザ?」と慌てて病院に行った次第です。単なる風邪との診断結果でしたが、のど飴を買うやら…、1弦の「ソ」の音が出るか心配でしたが、本番では何とかなったようです。

Live_1  大した演奏のチョンボもなく、Nobuさんの司会も好評、満員のお客様にも大いに楽しんでもらったようで、今回のライブ・コンサートは、今までの練習・数少ないライブの中では最高の出来映えだったのではないでしょうか。興奮冷めやらぬその夜、関西に住む友人に、「ライブは大成功、そのビデオが出来次第ご覧にいれます」と、自慢気に報告しました。久しぶりの心地よい疲労感でよく眠ることが出来ました。

 カメラが趣味の友人に写真(スティル)だけでなく、動画(ムービ−)の撮影を依頼。彼は動画だけでなく良い音を撮ろうと、このコンサートの為に外付けのマイクまで購入する入れ込みようで事に臨んだのです。店内には三脚を広げるスペースもなく、鴨居にクランプを付けてカメラを固定、彼自慢の手元のタブレットで操作する…、というものでした。

 …が、翌朝、スマホを見ると、LINEメッセージ曰く「ごめん!面目ない!」。肝心要の、コンサート本番の様子がほとんど撮影できていないことが判明しました。さぞかし本人はショックだったはずで、慰める言葉も見つかりません。

 唯一動画の撮影に成功したのがこれ、『Rock'n Roll Christmas』です。

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 16:36|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 21, 2018

緊急入院体験談

 学校管理と云うアルバイトをやり始めて間もなく5年です。校門開門に始まる1時間の朝の業務、及び窓・ドアの施錠の確認を主とする3時間の夕(夜)の業務、合計4時間の業務を月始め・月中・月末の3人の交替でやっています。 当初は、渡された鍵束を見てその数の多さに驚いたのですが、1年もたつと、真っ暗闇でも、手で触っただけでどの鍵なのかが判り、個々の鍵の施・解錠のコツも覚え、業務の時間配分も出来るようになり、我ながら驚いてしまいます。 次の業務までの間、机のある管理人室でコーヒーを飲んだり、好きな本を読んだりして過ごすことが出来るので、私はこのアルバイトを大いに気に入っています。

 月初めを担当する私の勤務日の最後の日にそれは発生しました。夕方の6時半、この時間には生徒は校門の外に出てなければなりません。 生徒が居なくなったこれからが、管理人の忙しい時間帯、部活で使用していた以外の教室は既に点検済みです。先ずは生徒の昇降口の施錠とばかりに席を立とうとしますが…、席を立てません。胸の辺りに圧迫感、そうこうしている内に汗が出始め、ハンカチで拭いますが、とうとうハンカチはびっしょり、しばらくの間は座ったままで過ごしてしまいました。 教員室の先生方に声をかけようとしたのですが、親しい副校長先生が今日は午後から出張中で、とうとう助けを求めることなく、気分も多少良くなって、何とか残りの施錠業務を終了、午後8時に学校を出て家路を急ぎました。帰宅すると、夕食を食べる気にもなれず、とにかく一風呂、結局そのまま布団に倒れ込んでしまいました。それから1時間ぐらいは、今回の突然の発作は何だったのか…、前日の午前中に参加したテニスによる熱中症の発症なのか、悶々と胸苦しかったのですが、いつしか眠りに落ち、寝覚めたのは朝でした。

 多摩丘陵病院は行きつけの病院なのですが、朝一番で診察してもらったのは私の内科主治医ではなく、新患外来担当の医師でした。ここに至る経過、心電図・レントゲン・血液検査の結果を見て、その医師の判断は 「心臓の周り在る血管が細くなって心臓機能を低下させ(狭心症)、症状としての狭心痛は一時的に回復したり悪化したりをくり返し(不安定狭心症)、血管が完全に詰まってしますとその部分が壊死、心筋梗塞となる」、「緊急にカテーテル検査を行い、必要あらばステントを入れて細くなった血管を本来の太さに戻すカテーテル手術をする」、「ここにはカテーテル手術を行う設備もなく、同意頂けるならば、設備・人員の用意のある北里大学病院へ救急車で搬送する」と云うものでした。かみさんに電話、タクシーで来てもらい、夫婦で医師の判断に同意しました。かみさんは私の乗ってきた車を運転、私はやって来た救急車に乗せられて、夫婦別々に北里大学病院へ向かいます。私を診断してくれた医師は北里の循環器系の専門医にて、私を送り出して、午前中だけの多摩丘陵病院勤務を終え、北里に向かうそうです。

180721_アスクレーピオスの杖と蛇 もちろん救急車に乗るのは初体験。救急車に乗る時点では狭心痛もなく、気分も悪くはなく、車内のストレッチャーの横のベンチに腰掛けると、「靴を脱いでストレッチャーに横になって下さい」と隊長に云われ、病院で訪ねられたことを繰り返して説明しました。「ピィーポー・ピィーポー」 、交差点ではけたたましい音に切り替え、リア・ウインドウのカーテンのかかっていないガラス越しに、見たことのある風景が次々に遠ざかって行きます。途中までは、車が今どこを走っているのかを認識していましたが、JR横浜線を越えた辺り、相模原市に入り国道16号をどこの交差点で横切ったのかは判りません…、出発して30分、北里大学救命救急医療センターに到着です。

 集中治療室に入ると、 待機していた医師・看護師そして救急隊員によってストレッチャーからCT北里大学病院集中治療室_1スキャン(?)に移されます。もちろん、ほとんど天井しか見えませんが、生命維持・カテーテル手術のための装置が林立、血圧・心電図・呼吸・酸素飽和度などの24時間監視するモニターが在り、まるでスタンレー・キューブリックの映画『2001年宇宙の旅』を見ているようです。きゅう午後1時15分ぐらいに始まった手術は途中何をされているかが全く判らぬままに、覚えているのは、最初におちんちんの奥に奇妙な痛みを感じただけで、1時間ぐらいで終了しました。 手術終了後、救急医療病棟内の病室に移動、かみさんと一緒に、カテーテル手術が成功裏に終了した旨医師に説明を受けました。緊急搬入・手術の当日はセンター内の病室に移され、血圧・心電図・呼吸・酸素飽和度モニター用のコード類を身体中に、水分・栄養補給のための点滴用パイプ類を左腕に接続され、さらには、想像するだけでも身震いしてしまう…、自動でおしっこを回収するパイプが私のおちんちんの内部から繋がれているので、私は身動きすることが出来ず、全て看護師さん任せにならざるを得ません。看護師さんから食欲の有無を聞かれ、そう言えば今日は朝食以外は何も食べておらず、量的にも普段の半分以下の夕食<ご飯150g+赤魚の煮付け+揚げ茄子(和風だれ)+白菜ののり酢和え>、「1600kcal 常菜心疾患 食塩6g未満」をおいしく頂きました。もう一つ、救急医療病棟は24時間臨戦態勢、夜中でもスタッフが忙しく往来しており、モニターの異常を知らせる警告音に加えて隣の病室のいびきがうるさくて、一日目は一睡も出来す次の朝を迎えました。

 新患があるようで、私は救急医療の戦場から離れた別室に移されました。2日目、個室なのですが、頭上天井近くには私を含めた患者6人の体調を監視するモニターが設置されており、担当の看護師がどの部屋に居ても個々の患者の異常が警告音と共に判るようになっているようです。幸運なことに、私は狭心症と判断され、そのままカテーテル手術を受けることが出来ましたが、心臓の少なくとも一部は壊死しているでしょう。少なくとも心筋梗塞の心臓へのダメージは最小限に抑えられたはずで、術後の経過も良好、リハビリのスタッフが付き添い、尿採取のパイプ及び袋を付けた点滴台を左手に300mを歩いて、日常生活に復帰出来ることが確認されました。救命救急医療病棟から車いすで移動、一般病棟に移され、6人部屋ですが、監視モニター・警告音のない静かな部屋で、ぐっすり眠ることが出来ました。

 3日目、午前中は車いすでリハビリテーション部に移動、身長・体重・酸素量・体志望・筋肉量・握力・脚力…など、私の基礎体力を測定、リハビリの基礎データを測定、日常生活に復帰出来ることが確認されました。その日の午後、3日前、多摩丘陵病院の初診で私を診てくれた担当医師の訪問を受け、次の日の退院を告げられました。

 入院中は全く別世界に居ましたが、 外に出ると、朝なのですが既に真夏の太陽、この辺の道路事情に詳しいご近所の方が描いてくれた地図を私が見ながら、かみさんの運転で帰宅しました。

 狭心症(心筋梗塞)初期症状として、 「胸の圧迫感」だけでなく、「胸を中心に直径30cmの痛み、例えば歯の痛み、肩・首筋の痛み」そして「大量の汗」を覚えたなら、何の躊躇もなく救急車を呼ぶべきものと考えます。高血圧症が持病の私と同年代の人だけでなく、働き盛りの若い方々にも狭心症(心筋梗塞)は他人事ではありません。つい先日、狭心症(心筋梗塞)を発症した私の3泊4日緊急入院体験談でした。どうぞ参考にして下さい。

 多摩丘陵病院、救急車、北里大学病院スタッフの皆様、そしてかみさんに感謝です。お陰で短期間の内に日常生活に復帰することが出来ました。本当に有り難うございました。

Appreciate Your Support▼皆様のご支援をお願いします



express01 at 11:10|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 08, 2018

この曲<20> "I Know A Heartache"

Jennifer Warnes 昔好きだった曲に再び出会うのは嬉しいことです。ましてや、好きだった曲を最近の歌手が歌っているのを聞くと、単に昔に比べて音が良いと言うことだけでなく、私に比べれば若い…、その歌手の歌う最近の曲はもちろん、その彼女が古い私の好きな曲を歌っているのは余計に嬉しいことです。昔から同じ傾向の曲、カントリーぽぃロックを聴いていおり、もうこの歳になれば、こんな事が在るのは当然でしょう。

 ジェニファー・ウォーンズ(Jennifer Warnes)の『I Know A Heartache When I See One』がヒットしたのは1979年でした。今から39年前の話で、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、リンダ・ロンシュタット以降、久しぶりの好きなタイプの曲だったように思います。ジェニファー・ウォーンズ(1947年生まれ)はカントリー、フォーク系の歌手でしたが、レナード・コーエンのバック・ボーカルで活躍しました。確かアルバムを持っていたはずですが、この一曲しか覚えていません。

  BS放送で観たのですが…、リチャード・ギアの主演の、ちょっとアホらしい…青春映画『愛と青春の旅立ち An Officer and a Gentleman(1982)』の主題歌『Up Where We Belong』をジョー・コッカーとデュエットしたのを知って驚きました。1987年には『ダーティ・ダンシン グ Dirty Dancing』の主題歌が再び全米No.1の大ヒットの由で、一般的には80年代の青春映画の主題歌を歌った女性ボーカリストとして有名なようです。

   この曲をカバーしているのがジョージ・ディ・メッシーナ( Jo Dee Messina1970年生まれ)です。
 

I Know A Heartache (When I See One)

見てご覧 台無しにしてしまった誰かさんを
北極星みたいに輝いて
私の願いの全てに応える様なふりして
だけど わかってるわ 貴男が本当はどんな人だか

じゃ 私のドアをノックしてみない
私は家にはもう居ないから
私が日の光を浴びて歩いているのがわかるはず
貴男はそれをうまく隠している
言うのは簡単じゃないけど
心の痛みを知っているわ
人と出会う時には

本当の信者 そんな時もあったわ
貴男の愛が唯一の道だった
全ての甘い言葉はとっておいてあげなさい
誰か他のおバカさんの為に
おバカさんだけが貴男の言うことを信じるのよ

じゃ 私のドアをノックしてみない
私は家にはもう居ないから
私が日の光を浴びて歩いているのがわかるはず
貴男はそれをうまく隠している
言うのは簡単じゃないけど
心の痛みを知っているわ
人と出会う時には

時は教師 よく教えてもらったわ
敗者は泣く人間の事よ
貴男が赤ん坊みたいに泣いた時 地獄に落ちたのを感じたよね
顔つきからして 悪魔がわかるでしょう

じゃ 私のドアをノックしてみない
私は家にはもう居ないから
私が日の光を浴びて歩いているのがわかるはず
貴男はそれをうまく隠している
言うのは簡単じゃないけど
心の痛みを知っているわ
人と出会う時には

じゃ 私のドアをノックしてみない
私は家にはもう居ないから
私が日の光を浴びて歩いているのがわかるはず
貴男はそれをうまく隠している
言うのは簡単じゃないけど
心の痛みを知っているわ
人と出会う時には

Appreciate Your Support▼皆様のご支援をお願いします



express01 at 21:12|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 29, 2018

伊豆韮山へ小旅行 その1

 若い頃は、自分の好きなことに熱中している時、 あるいは、仕事が順調に推移している時には、「えーっ、もうこんな時間か…」などと思ったものですが、この歳になると、別に何の充実感も達成感も伴わなくても、時間だけがあっという間に過ぎ去って行きます。東京都内はもちろんのこと、町田駅周辺の繁華街にもほとんど出たことがありません。加えて、最近のテレビは全く面白くなく、ひな壇に並んだお笑いタレントがクイズ形式の質問に答えるという、何処のチャンネルを開けても同じような番組で、全く面白くありません。街中にも出ず、テレビも見ない。これでは世の中の動きから取り残されるのは必至です。

 幾度となく登場しているのですが、近くにある桜美林大学の学生を顧客に目論んだMACがあります。朝の早い時間は一杯百円のコーヒーを求めて私の様な年寄りが散歩がてらにやって来ます。フリーWiFiを使えるからかも知れませんが、毎回ほとんど同じ顔ぶれです。ある日の午後、MACで友人と会うことになったのですが、早朝と違い、店内は若い学生が多く、注文のカウンターに並ぶ彼等はやおらスマホを取り出して注文を終了しています。「おサイフケータイ」というやつか…と思っていたのですが、どうも支払いだけでなく、MAC会員のメンバーだけのポイントが付与され、獲得したポイントは次回の決済時に使うことが出来るのではないでしょうか…、複数の友人に尋ねますが、私の友人にはその詳細を知る人はいません。 もう一つ、町田の中心地に出るにはバスに乗らざるを得ないのですが、その運賃は現金で290円、これを「PASMO」で支払うとIC運賃288円、2円(0.68%)安くなります。新入社員の頃から長らく付き合ってきた都市銀行ですが、付き合いが長いだけでメリットは全くありませんでした。高額の残高もなく、今さら融資を受ける計画もなく、年金・アルバイト収入の入金先ということで団地内のゆうちょ銀行(ゆうちょダイレクト)に口座を作りました。日常生活を送るには近くのATMとオンラインで管理できれば十分です。事程左様に、IT(最近では「IOT」が使われているようです)・ネット社会の進展が加速しており、「仮想通貨」などは今の私には想像すら不可能ですが…、例えば、交通機関の「ICカード・キャッシュレス化」は実感しています。

 今年は「明治150年」ということで、受講している市民大学講座「町田の歴史」もそれにまつわる内容です。不勉強で恥ずかしいのですが、その話の中に江川英龍(担庵 1801-1855)という人物が登場します。世界遺産、韮山反射炉は彼の献策によるもので、幕府の代官を務める幕臣であり、その支配地は伊豆・駿河・甲斐・相模・武蔵(多摩川以西)に及んだそうです。幕末の多摩に大きな影響を果たしたであろう江川英龍は次回以降の講義にも登場するはずです。遅ればせながら彼のことを勉強しよう、というのがきっかけで、急遽、伊豆韮山への小旅行となりました。

熱海・三島・伊豆長岡

 朝6時過ぎ発のバスに乗って町田へ、小田急線急行に乗り換えて小田原に到着、JR東日本の東海道線に乗り換えます。此処まではICカード「PASMO」一枚で自動改札を通過、乗り込んだ電車は西へ走りますが熱海駅止まりです。しかし、当然のことながら、線路(東海道線)は熱海駅で途切れることなくさらに西へ続いています。熱海駅以西はJR東海、沼津・静岡方面行きに乗り換え西進、伊豆箱根の山塊をくりぬく丹那トンネル(7.8km)を抜けて静岡県(駿河国)へ、三島駅で下車、連絡改札のむこうで待つ伊豆箱根鉄道の電車に乗り込もうと自動改札にかざすと「X(バツ)」。伊豆箱根鉄道駅員曰く「一端JRを出て、切符を買って乗って下さい」、JR自動改札を通さず(PASMO不可)駅員に精算してもらい駅舎を一端出て、新たに伊豆箱根鉄道駅で切符を買って入場(PASMO不可)、まだ停車したままの先ほどの電車に乗り込み南下、伊豆長岡に到着したのは9時過ぎでした。ご理解頂きましたでしょうか?

 まだ現役で出張の機会が多いその友人は、出張先の大阪でもJR東日本の「SUICA(PASMOと互換性)」を使うことが出来るので、JR東海の「TOICA」と互換性があるはずと云います。同じ線路(東海道線)を走るJR東日本は熱海駅までがその管轄、熱海駅以西はJR東海の管轄、ということで一つにはさらに西に行く場合は熱海で電車を乗り換えなければならない。二つ目には発駅と着駅が同じ管轄内であればどのカードでも使えるが、発駅がJR東日本で着駅がJR東海と、発駅・着駅が管轄を跨ぐ場合には使えない、精算が必要ということです。加えて、三島駅でのJR東海と伊豆箱根鉄道との連絡自動改札、あれはJR東海の「TOICA」とJR東海内の精算機で精算を終えた人のみが通ることが出来るもののようで、よそ者にはバーミューダ・トライアングルです。

 伊豆長岡駅前のバス停の時刻表を見ると、小一時間は待たなくてはならず、レンタ・サイクルを借りてみようかとも思いましたが、商売っ気がなさそうなので、やめました。しばらくは乗り物はやめて徒歩で行こう、と向かったのが韮山反射炉です。

  今回はこれぐらいで終わりにしましょう。帰路、 三島駅だったでしょうか?駅の自動販売機に「PASMO」をかざすと…、ゴロンとボトルが出て来たのは感激でした。

Your Support, Please.▼皆様のご支援をお願いします



express01 at 14:22|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 07, 2018

この曲<18> レナウン"ワンサカ娘"

 最近、特に高齢者向けの広告が目立つ新聞ですが、私の目をとらえたのがこれです。
シルビィ・バルタン広告
『シルビィ・バルタン 〜最後の来日コンサート〜』、特に「最後の…」の言葉には何故か現実味みを感じさせます。シルビィ・バルタンは1944年生まれ、今年73歳、「最後の来日コンサート」と形容されるのも致し方ないことですが、彼女の大ヒット曲と言えば『アイドルを探せ La plus belle pour aller danse (1964)』でした。当時、私は中学生で、洋楽に夢中、ラジオからこの曲が流れてていたのを覚えています。時代は東京オリンピック前後、高度成長の時代、一般家庭にもテレビが普及していました。彼女の姿をブラウン管に観て、この世にこんな綺麗な人がいるのかと思ったのは、私がまだ少年だったから(?)かも知れません。当時彼女はまだ二十歳、もちろん綺麗なのですが、愛嬌の乏しい、笑みの少ない、少し冷たい感じに見えたのは私だけではなかったようです。子供心に合点したその理由は、歯並びが悪くて、それを隠すために出来るだけ唇を開かない、笑わないということでしたが、その真偽のほどはわかりません。
 一方、1960年代、「みゆき族」とともに成長したVANジャケットに並んで、レナウン(Renown)という会社がファッションだけでなく、そのTVCMが、サントリー、雑誌『平凡パンチ』と並んで、当時の若者文化を引っ張っていく役割を果たしました。弘田三枝子の歌う、小林亜星の出世作、yeye64『ワンサカ娘』のレナウン・プロモーションは国際的に高い評価を受け、これに勢いづいて、次にシルビー・バルタンを起用、彼女の日本語で歌う『ワンサカ娘』がさらなるヒットとなります。振り返ってみれば、弘田三枝子・シルビー・バルタンの歌う『ワンサカ娘』がTVCMで流れていた時代が「レナウン(Renown)」ブランドの絶頂で、その後は徐々に凋落、2013年、ついに中国資本、山東如意グループの傘下に入ってしまいました。シルビー・バルタン二人の消息は、少なくとも私にとって、はたと途絶えてしまいました

 我々のバンド、The K.A.Y.A. Bandは主にエバリィ・ ブラザーズ(The Everly Brothers)、クリーデンス・クリアウォター・リバイバル(CCR)、イーグルズ(The Eagles)の曲をやっていますが、一曲だけ日本語の曲が入っています。一曲とはこの『ワンサカ娘』、TVコマーシャルを目的に作られたので曲が短くあっという間に終わってしまうので、『ワンサカ娘』の前(イントロ)・1番と2番の間(間奏)・ 曲の後に『Copper Kettle』を入れているのは、Nobuさんの昔からの手法で、私も大いに気に入っています。もちろん、日本製の楽曲ですが、当時としてはメロディもどこか洋楽風、歌の内容もドライブウエイ、プールサイド、テニスコート、ロープウェイと今までになかった欧米風の生活スタイルが感じられ、日本語…と云うだけで、他の楽曲と比べてそれほどまでに違和感はありません。やはり名曲です。

 シルビィ・バルタンは一昔前のテレビ番組「あの人は今…(?)」の取材対象のようなもの、フランスで幸せな余生を送ってきたのであろうと思いきや、その後はアメリカに移住、フランスとロサンゼルスを行き来しながら現役でステージ・ツアーを続けて来たそうです。ポール・マッカートニー、E.クラプトンと、ここ数年の大物ミュージシャンが、 昔の大ファンで、好きなことにはお金に糸目を付けない日本の富裕老人を目当てに来日していますが、ミュージシャンもいつまで来日してステージに立てるのか、昔の大ファンもいつまで会場に足を運べるのか…、両者にとって「最後の…」が現実味を帯びて来ました。

Appreciate Your Support▼皆様のご支援をお願いします



express01 at 09:44|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 31, 2017

第9回 かってに、HKX紅白歌合戦

 我が家にとって今年最大の出来事は、この夏、愛犬のモモが肝炎を発症したことです。9.2キロあった体重が急激に落ち、見る間に7キロまで落ち、肝臓が悪くなると腎臓も悪くなるらしく、かかりつけの開業医ではこれ以上の治療は無理と云われ、12歳を直前に最悪の事態を覚悟しました。開業医の紹介で獣医大学を紹介してもらい、かみさんは、毎週、彼女を連れて大学へ通い、治療を受けました。あれだけ食い意地のはった彼女ですが、治療食を受け付けず、食べても直ぐもどす有様。栄養補給のために皮下注射を打つのですが、もう刺すとことがないぐらいに痛々しい針の跡でした。かみさんが大学の指示通りの食事を作り、それを食べるようにようになると、体重が次第に増え、今では、腎臓の数値はともかく、体重だけは9キロと、体型だけは本来の姿に戻ったようです。今日も、モモと夫婦の三人で小山田緑地まで散歩に出かけたのですが、歩いた距離は8.2km、約12千歩を歩きました。犬の12歳と云えば老齢、昔はくっきりとしたブラック・タン・ホワイトでしたが、今や顔は真っ白、その三色の境目もぼけてきましたが、頭のボケはまだの様です。かみさんの献身的な介護でモモは元気を取り戻しました。もうしばらくは元気でいてくれることでしょう。

 こんな訳で毎年恒例の関西に行けるような我が家の雰囲気ではありませんでした。関西に住む姉弟、友人には会うことが出来ず残念でしたが、いい話もありました。というのは、団地内に「嵐が丘」と云う名の喫茶店があるのですが、残念ながらその名前の由来は未だ聞いていません…、そこで私の描いた絵の展示会をしていただけることになりました。展示会と云われても、小学校以来の話で…、皆さんに観てもらうにも額縁もなく、その展示方法は喫茶店のオーナーに任せるしかありません。

 先日、その喫茶店で奥さん4人組の「ウクレレ・ミニコンサート」があり、コンサートを見学させてもらいました。4人によるウクレレの演奏が主、演奏30分・休憩30分・演奏30分、客は15人(?)、男性は私のみ、他は全て女性(主婦)、喫茶店の常連客か出演者の友人の様子でした。内容的には良いコンサートでしたが、入場料が1千5百円(喫茶・軽食付き)とは安くはありません。

 絵の展示会だけでも感謝なのですが、我々バンドのコンサートをさせてもらえないだろうか…と、予め作成のデモCDを聴いてもらいました。毛色が違うと拒否されるかも知れないと危惧しましたが、去年、団地住民の一人が、サックス+リズム・マシンで、独演奏会をやったとかで…、我々の音楽も歓迎してくれるそうです。

 お店にはPAの設備は全くなく、私はギター2本のみ、ボーカルマイクは使わないデュオをイメージしていたのですが、バンドの皆に相談すると…、ボーカルアンプ、マイク3本、それぞれ楽器用のアンプを用意、今のバンドのままで出演することになりました。演奏45〜60分・休憩30分・演奏45〜60分、1曲3分と見て、前・後半10曲ずつ、予備に5曲ぐらいを用意しておけば、残りはしゃべりで埋めることができるだろう、というのが、私を除く、ライブ経験豊かな3人の意見です。

 持ち歌からすれば、The Everly Brothers(エバリー・ブラザーズ)、Creedence Clearwater Revival(クリーデンス・クリアウォター・リバイバル)からThe Eagles(イーグルズ)まで、と云うことになるのですが、ストレートにRock 'n' Roll Partyにしようという意見もあります。コンサートは3月に予定しているのですが、残り2ヶ月、皆で練習できるのはわずか3回か4回しかありません。

第9回紅白歌合戦 on 紅白幕
 これを機に、新曲をマスターすべく、次の2曲を今年の紅白の1位・2位に決定しました。

第2位 Everly Brothers - "Lucille "
Little Richardの1957年録音が
オリジナルで、1960年代のロックミュージックの先がけと云われます。ビートルズ始め多くのミュージシャンがカバーしていますが、今回は我々の路線の一つ、Everly Brothersのそれをお聴かせします。
 
 
第1位 The Eagles - "Peaceful Easy Feeling"
 1971年、彼らはデビュー、 "Take It Easy"の大ヒットを飛ばします。1972年、最初のアルバムに入っていたカントリーぽぃ曲です。
 
 
 これで何とかこの1年を終え、新しい年を迎えられます。ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。良い年をお迎え下さい。

Appreciate Your Support▼皆様のご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ      


express01 at 21:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

September 11, 2017

最近聞いたこの曲<12>  "Our Shangri-La"

Our ShangriLa ストリームラジオから聞こえるデュエット、バック・コーラスの女性はすぐピンと来て、エミルー・ハリス(Emmylou Harris)と判りましたが、男性歌手:マーク・ノップラー(Mark Knopfler)を知りませんでした。どうも彼はボーカルだけでなくギター弾きで、 イギリスのバンド、ダイアー・ストレイツ(Dire Straits)に繋がります。ダイアー・ストレイツは70年代後半に現れ、彼等の大ヒット曲『悲しきサルタン(Sultans Of Swing)』一曲しか知りませんが、何故か妙に印象に残っています。知らないついでに…、「Dire Straits」とは何処かの海峡に因んだものと思っていましたが、実は、「ひどい苦境」という意味とは知りませんでした。

 解散後、マーク・ノップラーはソロとして活動、2004年にヒットしたのが『Our Shangri-La』でした。エミルー・ハリスが参加しているぐらいですから、どこかカントリー、ルーツ・ミュージックぽく聞こえます。因みに、シャングリラ(Shangri-La)はジェームス・ヒルトン1933年著「失われた地平線 Lost Horizon」に登場する理想郷・桃源郷・地上の楽園。1937年には同名の映画が公開され、以降「シャングリ・ラ(Shangri-La)」は世界中に定着しました。


"Our Shangri-La"

サーファー・ボーイやガールの
満ち足りた一日が終わる
太陽は湾に沈み
世界からこぼれ落ちていく
空にはダイアモンド
二人の宵の明星
二人のシャングリラ

炎をもっと強く燃やそう
まさに此処、そしてまさに今
此処あり、そして行ってしまう
何の帆密もなく
二人はもう愛さないかも知れない
ギターの音楽
二人のシャングリラ

今宵、君は美しく燃え
私の記憶の中に
天国の輪は回る
二人の上で永遠に
これは二人が達した天国
まさに此処、そしてまさに今
二人のシャングリラ

Your Support, Please.▼皆様のご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ     


express01 at 15:21|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 21, 2017

最近聞いたこの曲<11>  "Amy's Back In Austin "

Little texas 1970年代といえば約半世紀前、ウエスト・コーストは「花のサンフランシスコ」、ヒッピーの時代。彼等の車と云えばフォルクスワーゲンのヴァンかこのシボレーのヴァン(Chevy Van)でした。実は、今回、1973年サミー・ジョンズ(Sammy Johns)の大ヒット曲「シェビー・ヴァン(Chevy Van)」(1973)を今日の若いアーティストがカバーしているのを取り上げたかったのですが、どうも良いYoutubeの動画が見つかりません。急遽、予定を変更、リトル・テキサス(Little Texas)1995年のヒット曲、「Amy's Back In Austin」をご紹介します。

 二つの歌に共通するのは乗っている車、シェビー・ヴァン(Chevy Van)。前者は旅の途中で乗せた女と一夜を過ごし、街外れから石を投げればもう片方の外れに届くような小さな街で彼女を降ろす。未舗装のメインストリートを彼女は裸足で去って行ったことを彼は悔やむのです。このくだりが印象的でした。後者は、若い2人は駆け落ちしてテキサスを後にするが、ホームシックの為か、何か判らないのだが、ある日、彼女は彼のもとを去ってしまいます。彼女は何処に、何故行ってしまったのか、彼は途方にくれます、とは陳腐です。

 テキサスを発して、二人の駆け落ちは何処に向かったのかは歌詞にはありませんが、おそらくウエスト・コーストでしょう。少なくとも意識したはず。昔も今も、日本人の私だけでなく、アメリカ人にとってウエスト・コーストは太陽の輝く温暖な気候に恵まれているだけでなく、新しい文化が生まれる、若者にとってあこがれの地です。
 
 日本ではあまりヒットしなかったようですが…、



"Amy's Back In Austin " by Little Texas
テキサスを発ったのは風の強い夜だった
シェビー・のバンにたわいもない夢と
そして愛の全てを詰め込んで
自らの力だけで生きていくのが
どんなに難しいことかを知らなかった
夜遅く彼女が泣いていたり
故郷の人と話しているのを知った
何がまずかったのか
彼女が今どこに居るのか

きっとアミーはオースチンに戻って
ラゾナ・ローザ・カフェで働いている
二人の愛がなくなった夜のをことを
彼女が行ってしまった日のことを覚えている
怒りの言葉だったのか、それとも母親を恋しく思ったのか
僕には判らないけど、どこかおかしかった
きっとアミーはオースチンに戻っている
彼女のいない今夜はつらい

ウエスト・コーストの太陽の下での10時間働は
日々を長くする
月が海に沈むのを見ながら
一人老いていくのは確か
素晴らしい過去に思いを巡らす
彼女が今どこに居るのか

きっとアミーはオースチンに戻って
ゾナ・ラ・ゾラ・カフェで働いている
二人の愛がなくなった夜のをことを
彼女が行ってしまった日のことを覚えている
怒りの言葉だったのか、それとも母親を恋しく思ったのか
僕には判らないけど、どこかおかしかった
きっとアミーはオースチンに戻っている
彼女のいない今夜はつらい

この砂漠の風
もう一度僕を連れ戻してくれ
心の底から
彼女を恋しく思う

怒りの言葉だったのか、それとも母親を恋しく思ったのか
僕には判らないけど、何かおかしかった
きっとアミーはオースチンに戻っている
彼女のいない今夜はつらい


Big and Richの『California』では三日三晩を車を走らせ、あこがれの地、カリフォルニアまでやって来る女性を歌っています。彼女の車は日産のアルティマ(NISSAN ALTIMA)でした。

Your Support, Please.▼皆様のご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ     


express01 at 20:23|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 12, 2017

散歩の途中<<23>> お盆の頃

 天気予報でよく見かける関東地方の地図、町田市の位置は判りやすい。単に自分の住む街だからという理由だけでなく、盲腸のように神奈川県側に垂れ下がっており、川崎市・横浜市・相模原市に囲まれ、かろうじて北側を「多摩の横山」で多摩丘陵、東京都八王子市・多摩市と接続する、丘陵と谷戸が複雑に入り組んだ土地です。地形的に相模国・武蔵国の境は「境川」なのですが、実は、市の北側に横たわる「多摩の横山」なのかも知れません。現に、町田は武蔵国にありながら「武蔵野」には含まれていません。

 新宿を出た小田急線は西進、多摩川を渡ると神奈川県(川崎市)、柿生駅を過ぎると東京都(町田市)に入り、町田駅を過ぎると、また神奈川県(相模原市)に入ります。町田駅で八王子と横浜を結ぶJR横浜線と交差しているのですが、市の中央部の地形が複雑で高低差が大きいためか…?、小田急線は市の南部を東西に走り、JR横浜線は西隣の相模原市をほとんど市境に沿って、北西から南東に走っており、交差する町田駅も極端に市の南端に偏って位置しています。おまけに、昔はもっとひどかったらしいのですが…、両町田駅間の乗り継ぎの連絡が悪く、今でも5分はかかってしまいます。明治の一時期、町田が神奈川県に属していた名残なのか、市内を走るのは神奈川中央交通バス、 ついでに…、電話番号も市外局番が神奈川県相模原市と同じ「042」です。その神奈川中央交通バスに乗って約30分、ようやく私の住む小山田桜台に到着です。

精霊馬 お盆の時期、提灯は死祖者を迎える目印の意味は判りますが、関西で育った故か、胡瓜と茄子で作る「精霊馬(しょうりょうま)」(死者を早く迎える馬・ゆっくり送る牛)の風習は知りませんでした。これに関連して、主に関東・東北地方では「端山信仰」といわれるものがあり、端山(葉山・羽山)とは村の周囲にある小高い山(里山)、そこに棲む祖霊は農業神であり、春には里に下りて農耕を手伝い、秋の収穫の後、祭に送られて山に帰って春を待ちます。正月や盆には家に帰り、子孫と共食して歓をつくすとされます。※ 岩崎敏夫『東北民間信仰の研究』 宗教以前に土俗的な、日本人の魂の根底に在る祖先崇拝の観念であり、これを仏教は上手く取り込んだのでしょう。
朝の下小山田桜台
 鉄道駅からは遠く、バスで30分もかかりながら、地理的には、あくまでも地理的には…、町田市の中心に位置する小山田地区は武蔵国(東京都)に於いても異端の地。都心に近い、里山だらけの「端山信仰」の舞台です。昨今の「里山ブーム」・「自然保護運動」の高まりで、多くのそれらしい格好をしたハイカーが都心からやって来るのを見かけます。要は、幸いなことに…と云った方が良いのか、ここは開発の遅れた、取り残された地域で、何も計画・意図して里山を保存した訳ではありません。遅ればせながら、これ幸いに…、「多摩の横山」には丘陵に沿って「横山の道」があり、町田市によって「尾根道」が、東京都によって広大な「小山田緑地」が整備されています。

 この地にやって来たのは20年前か、JR淵野辺駅のバス停のみすぼらしかったこと、市を縦貫する幹線道路:町田街道は片側一車線で右折レーンが設置されたのはつい昨日、当時関西では既に見られなくなったバキュームカーがやたら目についた記憶があります。今や「住めば都」なのですが、最近開発された多摩境では広い道幅にもかかわらず、相変わらず右折レーンはなく、市の道路行政のお粗末さは相変わらずです。

 去年、初めて見た小山田神社の祭は雨の中、幻想的でした。今年の祭はもうすぐ、先祖にも喜んでもらって、あの世へ帰る土産話にしてもらいましょう。

Your Support, Please.▼皆様のご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ     


express01 at 13:36|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 01, 2017

最近聞いたこの曲<10>  "Only The Tequila Talkin' "

 10年以上前か…?、FMラジオで、音楽のメロディは判るがタイトルが判らない、というリスナーが電話で、覚えている曲の一部を〜♪〜とハミング、DJは番組の中でそれを聞きながら、「この曲でしょう」とタイトルを見事に当てるという趣向で、私はこの番組が大好きでした。

Only The Tequila Talkin' 先日、ストリーム・ラジオで放送局:Country 4 You(Your Nordic Country Music Radio)を流していると、「ピン!」と来る曲が流れてきました。Winampを使えば、タイトルとアーティスト名が表示され、必要あれば一日に何百〜何千曲の録音が出来るので、一昔前のように「メロディは知っているが、タイトルとアーティスト名が判らない」という事態は発生しません。それが、これです(年寄り夫婦の会話になりましたが…)。
 
"Only The Tequila Talkin' "
by Lisa Bouchelle featuring John Popper

その言葉をかけてもらいたかった、ちょうどその時に「君はきれいだ」と彼は言った
警戒心をなくして酔っ払った、テキーラは私の魂を昂ぶらせたみたい
「彼は誠実な男だ」と銀の舌をだして悪魔がささやく
だけど、これはきっとテキーラを飲んだせい 話半分に聞かなきゃ

「私の好みね」、「お金もポッキリ」と彼女は言った
彼女はどこか…若かったので、何も言わず、私はもう一度若くありたいと思った
甘い囁きの女性は通りを歩く人だったかも知れないが、彼女はジョージアのアスファルトよりも熱かった
だけど、これはきっとテキーラを飲んだせい 話半分に聞いておこう

神様、君はきれいだ 貴男、私のタイプ
君に恋してしまったようだ 今夜、家に送って行けるとは思わないで
あなたは紳士になるの?もし電話をしなかったら気になるかい?
だけど、これはきっとテキーラを飲んだせい 話半分に聞かなきゃ

スーパー8の中ではなくて、スペクトラビジョンの中のひどいブス
セックスは素晴らしい、…がしかし、それは本当にすごいものではなかった
互いについた嘘のせい、アルコールのせいにしよう
だけど、これはきっとテキーラを飲んだせい 話半分に聞かなきゃ

神様、君はきれいだ 貴男、私のタイプ
君に恋してしまったようだ 今夜、家に送って行けるとは思わないで
あなたは紳士になるの?もし電話をしなかったら気になるかい?
だけど、これはきっとテキーラを飲んだせい 話半分に聞かなきゃ


MUSICPAGEのバイオグラフィ曰く…、 

Quote
 リサ・ブッシェル( LISA BOUCHELLE )はボン・ジョビとデュエットを組み、ブルース・スプリングスティーンのバックを歌い、今までにユニバーサル音楽グループから2枚のCDを出しています。インディチャートのNo.1、カレッジチャートのNo.4を記録、スターバックス・ダウンロード・キオスク・プログラムの一つに選ばれています。   彼女はミート・ローフ、ブルース・トラベラーズ、アメリカ、ドン・フェルダー、テッド・ヌージェントの全国ツアーに参加、ブライアン・アダムス、ジョン・ウェイト、トレイン、ジョアン・ジェット、カンザスイングリッド・ミカエルソンとも共演しています。

 彼女は音楽仲間から大いに信頼されており、CD制作にブルース・トラベラーズのジョン・ポッパー、サウスサイド・ジョニー、ギャリー・ボンズ、ザ・フッターズのロブ・ハイマン、伝説のデビッド・ブロムバーグ、世界の音楽チャートトップに位置するエリック・ヒル、ボン・ジョビ(ギタリスト)、シェリル・クロウ(バイオリニスト)、エド・スタジウム(プロデューサー)、ジョン・エディーやグレン・バースニックなどのヒット・ソング・ライター等が参加してることでもその実力の高さが納得がいくことでしょう。

 両親の愛情の下、リサは幼い頃から歌っていました。…が、実は…、両親の口げんかが止むのは、唯一、幼い彼女が歌っている時だけでした。  両親を亡くしてからは、大陸を何千マイルにも及ぶ全米ツアーにせよ、鉄道駅でのわずかなチップの為にせよ、チャンスがあれば彼女は何処でも歌いました。現に、NPRラジオのインタビューに応えて彼女はフィラデルフィア鉄道駅における大道芸の経験を語っています。

NBC, ABC, Fox, ESPNのテレビ、人気のTVショー「ゴシップ・ガール」に出演。彼女がホストを務めるTVショー「ロック・スター・キッチン」は、最近のアーティストから、チャビー・チェッカーやギャリー・ボンドなどのクラシック・アーティストまでをゲストに、週に一度、中大西洋岸地域にてコムキャスト・ネットワークで放送されています。

リサは現在ジェフ・トロット(シェリル・クロウの大ヒット曲の共同プロデューサー/ソングライター)と2015年早々のニューアルバムのリリースを目指してレコーディングに望んでいます。
Unquote

 リサ・ブッシェルも上手いが、デュエットを組むジョン・ポッパーもかっこいいですね。

 最近では、今流れている音楽にスマホをかざすと曲のタイトルとアーティスト名を表示してくれるスマホのアプリがあると聞きます。そのアプリ、私のハミングも判読してくれるのでしょうかね。文字入力ではなく、音声認識技術が格段に進歩した今、こんな事も可能かも知れません。

※ 曲の3番、1行目と2行目の訳、全く自信がありません。
※ この音楽経歴(バイオグラフィ)は"Only The Tequila Talkin' " ヒット前のものでしょう。


Your Support, Please.▼皆様のご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ     


express01 at 12:33|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 25, 2017

平成の次は何?

 元号が昭和から平成に変わったと同時に西暦一本にしようと心に決めて早28年、つい昨日始まったと思われた平成の時代も、今回の天皇退位特例法の成立にともない、終わりを告げようとしています。朝日新聞の世論調査では、「元号を今後とも続けていく方がよいか?」と訪ねたところ、「続けた方がよい」が75%で、「そうは思わない」の15%を大きく上回りました。「続けた方がよい」とした人を年代別に見ると、60代は74%、70歳以上が70%なのに対し、30代は80%、18〜29歳は76%の結果でした。元号は元号法によってその存在が定義されており、法的根拠があるが、その使用に関しては各々の自由な由。役所の提出書類に、明治・大正・昭和・平成の何れかを〇で囲むようになっていたり、業務日誌の如く、それまでの人が元号を使って和暦で記入されているのを、私だけが西暦を記入する訳にも行きません。仕方なく元号を使う場合もある西暦主義者からすれば、若い世代の多くが元号=和暦を支持するのは驚きです。元号=和暦の使用は各々の自由なはずですが、現実的に、運転免許証を始めとする、公文書の生年月日は、先ずはスペース的に元号=和暦の使用に限られ、これは事実上西暦が否定されていることになります。

カレンダー 皇帝の支配は、空間(領土)と時間(暦と年号)に及び、臣下の者は皇帝の定めた暦(元号と暦法)を用いるのが皇帝への服従の証拠となり、これを「正朔(せいさく)を奉ずる」と言ったそうです。中国の前漢(紀元前206年〜8年)の思想は飛鳥時代(592〜710)の日本に持ち込まれます。「権力」と「権威」で天皇支配を具現化、王朝支配下の律令制度、荘園制度の発生と崩壊、武士の台頭、鎌倉に始まり徳川幕府まで続く武家政権に「権力」の移譲を余儀なくされ、明治から敗戦までの復古期間はあったものの、その間、辛うじて保持してきたのが「権威」、その一つが暦、元号=和暦でした。「大化」(645〜650)に始まり、現在の「平成」(1989〜)に至る何百(?)という年号は日本の歴史を刻んできた年輪、脈々とその「権威」を保持する天皇の存在自体が大いに神秘的、カリスマ的です。世界には西暦=キリスト教暦の他にイスラム暦がありますが、キリスト生誕、モハメッド生誕、建国等の紀元から何年というのはあるが、天災・疫病が続いたので…、皇帝・元首が交代したので…とか、めまぐるしく変わる元号を使っているのは世界で例外的に、日本だけです。あの元号を始めた中国は辛亥革命(1911-1912)を機に、古代から続いた君主制(最後の清王朝)が崩壊、「権力」のみならずその「権威」そのものである元号を廃止しています。

 皇位継承に伴い元号も変わるのでは経済的に極めて非効率です。元号を有意義な文化と考えるか、ガラケーと同じく排他的・特異な文化(一頃の関税外障壁)と考えるのか、かと云って、演歌の歌詞に西暦が使われたら…、悲壮感漂う鶴田浩二の朗読に西暦が使われたら何かヘン、お寺の墓石や板卒塔婆、神社のおみくじなどの日付が西暦で表記されていたら興醒めかも知れません。医療現場では、例えば母子手帳に「11.1.3」となっている場合、平成11年なのか2011年なのか、どちらとも考えられることが少なくなく、西暦表記での統一を望む、とは新聞の投書欄にある医師の意見です。
 
 今の若い世代は、東京オリンピック(1964)、大阪万博(1970)にかけての高度成長、次に来るバブル崩壊(1980年代)を知らず、物心がついてからは平成の時代、低成長を当たりまえと考えているのでしょう。元号を天皇制の意味を重ね合わせるの古い世代、1960年・1970年を経験した世代だけかも知れません。しかし、西暦、21世紀はコンピューター、インターネットの時代、外国人旅行者・就業者の来訪・定住は加速し、逆に海外へ出る留学・赴任に関係する書類の作成など、日常生活に於いて西暦がより多く使用されることになることでしょう。皆さんはどう思われますか?

Your Support, Please.▼皆様のご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ     


express01 at 22:38|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 17, 2017

最近聞いたこの曲<9> "The Healin' Song"

『3.11』の大地震・東電福島原発事故以降のたび重なる自然災害故か、それとも多発する通り魔的殺人事件の発生故か、「癒やし」、「癒やされる」という言葉はもちろん在りましたが、今ほど使われることはなかったように思います。

Jo-El Sonnier ストリーム・ラジオから流れるカントリーの中から、 「アレっ、これは…」と思う良い曲が聞こえてきます。 ケイジャンと言えば『ジャンバラヤ』(焼き飯のそれとは違います)、フィドル(バイオリン)の出だししか知りませんが、ケイジアンの歌うそれらしくない歌が、最もそれらしい歌手によって歌われ(演奏され)ています。以下は、ケイジアン・シンガー):ジョー・エル・ソーニエ(Jo-El Sonnier)のサイトから引用しました。 『The Healin' Song』を訳そうとしましたが、歌詞の公開はなく、かと言って、歌詞を聴き取る能力もなく、今回は歌詞の和訳はあきらめましょう。

  ジェイ・ダーデンヌ副知事は、ジョー・エル・ソーニエや他のグラミー受賞者と共に、ソーニエとナッシュビルのソングライター、ビリー・ヘンダーソンとAJマスターズの2人が書いた『The Healin' Song』のビデオを発表。  正真正銘のケイジャン及びザイデコ・ミュージックの大御所たち、 ウェイン・トゥプス、チャビー・キャリア、スティーブ・ライリー、ロディ・ロメロ、バックホイート・ザイデコ、マイケル・ドセット、ソニー・ランドレス、ジョエル・サボイ、イヴェット・ランドリー、エリック・アドコック、ボー・トーマス、ブライアン・ブリニャック、 レイ・エレンダー、シャーレーン・ホワード、カイル・ハバート、デビッド・フォウルク等の面々が参加。 この歌はグラミー受賞のエンジニア、トニー・デイグルTony Daigleがルイジアナ州モウリスのドックサイドスタジオで製作したものです。

『9.11』(2001年9月11日)に続いて、ソーニエとその仲間達はこの曲を書いて、最近のルイジアナ州ラファイエットサンセットにおける銃乱射事件(前者は2015年7月23日、後者は2015年8月27日に発生)の悲劇を記録することにしました。

 彼はダーデンヌ副知事の助言を借りて、現に彼はビデオディレクターを務めたのですが、アケイディアナ・コミュニティ基金から寛大な協力を得ることに也、地域のコミュニティの要望に応える基金を設立することになりました。

  ソーニエは、約40のグラミー賞ノミネートと10のグラミー受賞者であるミュージシャンとスタジオの専門家のオールスター・アンサンブルの協力を得ることになりました。 彼等の参加によって、 レコーディング・アカデミー(グラミー賞を主催)のプロジェクトの支持を表明する手紙がルイジアナ州に送られ、これをダーデンヌ副知事が読んだのでした。
 
 良い曲です。…が、よく聞かれる言葉、「癒やし」、「癒やされる」はわざとらしくて、あまり好きではありません。

Your Support, Please.▼皆様のご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ     


express01 at 19:02|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 09, 2017

散歩の途中<<22>> 半夏生の頃

 夕方、外出からの帰り、近所の奥さんが空を見上げており、 声をかけると、「お月さんも大きく、今年の七夕は晴れて空がきれいに見える」。 そうか、今日は七夕か…。 知ったかぶりして、「先日は半夏生、散歩の途中でその花が咲いてましたよ」と言うと、少しびっくりした様子。

 もうすぐ梅雨も明け、本格的な夏がやって来ます。 いくつになっても、夏がやってくると「何かしないと…、どこかに行かないと…」、既に体力もお金もないのに、気分だけが高揚してしまいます。週二回のテニスコートは団地内、最近参加の「みんなで絵を描く会」も徒歩で、桜美林大学や最近新築された市図書館支所には自転車で、とかなり前から、自分の行動半径が年ごとに小さくなっています。月に1〜2回のバンド練習だけが楽器を運ぶ必要もあり車で往復3時間半、練習が3時間、バンド仲間と晩飯1時間半と、おおよそ一日仕事になってしまうのが唯一の例外です。そのバンド練習も、仲間のお身内のご不幸等で、この1ヶ月は集まっておらず、私はギターを触っていません。

 今日の日中の気温はこの夏最高の34℃の由。ここまで来ると、よほどの事がない限り日中に外出するのは躊躇してしまい、朝、以前のように自転車に乗るだけの体力もなくなり、もっぱらウォーキングというよりは、ただの散歩だけになっています。すがすがしい朝日を浴びながら、今は<桜台通り>と呼ばれる大通りを南東の方向に下りて行くと、通りの右側(東側)が下小山田地区、小高い山(丘)の向こう側に、蓮田の海に浮かぶ小山田神社を目指します。すぐに<桜台通り>を右に細道に沿って小高い山を登って行きます。おそらく、昔は畑仕事だけの用途の道で、山のてっぺんには村の墓地だけが在り村落を見守っていたのでしょうが、今は小道ながらも舗装され、両側には新興住宅が百メートルほど続きます。突然、そこは峠、小山は左右に分かれ、眼下の谷にはたった二軒の大きな民家だけ、急な坂道が曲がりくねって下りています。

170623_下小山田桜台の谷

 谷を過ぎると、蓮田の海に浮かぶ小山田神社です。5月には一面泥の田んぼだったものが、今や青々とした葉を付けた蓮に覆われ、間もなく赤の水玉模様に変わって行きます。鳥居を潜って柏手を打つと自然に気分は高揚します。(※下の画像をクリックすると拡大できます。)
                              7月11日             小山田神社
蓮田

7月13日
0713蓮田

7月14日
0714蓮田

7月16日
0716蓮田

7月20日
0720_蓮田

7月22・23日 蓮田祭 
20170722_蓮田

7月24日
20170724_蓮田

7月27日
20170727_蓮田

7月29日
20170729_蓮田

7月31日
20170731蓮田

8月2日
20170802蓮田

8月6日
170806_蓮田

8月7日
20170807_蓮田

8月10日
170810_蓮田

8月13日
170813_蓮田

8月17日
170817_蓮田

9月2日 小山田神社 御礼祭の夜
170902_蓮田 小山田神社祭の灯り

170902_蓮田 小山田神社御礼祭

IMG_1293 小山の東、新興住宅地の中を通って帰るのですが、数日前、住宅地の交差点に一つの石碑を発見しました。石碑自体は古くないのですが(十年〜十数年)、表に「鳥居坂」、裏には「武蔵 相模を望む要衝八幡平に関守がいて小山田の関との間を往還也し古道なり」と刻んであります。従来、山の西側、往路に通った<桜台通り>を「鳥居坂」とばかりに思っていたのですが、どうも山の東側だったようです。奈良・平安の古代から、足柄・箱根を経て相模国に入り、相模川を越えて淵野辺、境川を越えて武蔵国に入り、矢部(箭幹)八幡宮の横を抜けて、現在の桜美林大学の東横を北上、リサイクルセンター辺り(尾根道とぶつかる)が「八幡平」、そこから北へ「鳥居坂」が小山田神社まで下り、さらに大泉寺の横を抜け、多摩と町田の間に横たわる「横山」を抜け、唐木田をさらに北上するのが「奥州古道」の一つということになります。

 雑節の一つで、夏至から数えて11日目、その頃に咲く「半化粧」とも書く花の名前とは、それこそ、半夏生の頃に知った話です。 その頃、スーパーのチラシで、「半夏生 マダコ 特価O円」の広告をかみさんが発見、夫婦の間で「これって何?」と話題になりました。調べてみると、関西人としては少々恥ずかしいのですが、たこ焼きの具・寿司ネタとして人気の明石マダコの旬は6〜7月、半夏生の頃だそうです。そう言えば、同じような話で(?)、「いかなごの釘煮」を思い出します。

YOUR SUPPORT, please. 皆様のご支援をお願いします。
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ     


express01 at 09:42|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 25, 2017

最近聞いたこの曲<8> "California"

 ネット放送局、現在はCountry 4 You- Your Nordic Country Music Radio(アメリカではなく、北欧であることがミソ)の放送を流しっぱなしにしながら、思い出したようにそれを録音しているのですが、何日か経つとその曲数は何百曲になってしまいます。放送局と云っても、Shoutcast方式で、おそらく個人が彼の好みで選曲して、繰り返して放送しているのでしょう。自ずと、数日の内に何回も同じ曲が録音されてしまいます。フォルダーの中に蓄積されたMP3ファイルをiTuneに取り込み、重複したファイル(曲)を削除します。こうして収集した曲(今日現在:2,766曲)をiPhoneに同期させて、主に散歩中に聞いています。気に入った曲は即プレイリストに入れ、判明した曲名とアーティスト名を元にYoutubeで検索するのです。<曲名とアーティスト名>が判るというのがWinampの最大のミソで、これが判らなければYoutubeでも検索しようがありません。

Big & Rich - California 「アレっ」と、気になる曲を発見しました。Big and Richが歌う『California』がなかなかカッコいい。私はこの曲で初めて彼等を知ったのですが、ディスコグラフィーにある曲をYoutubeで見る(聞く)と多くが過去に耳にした曲で、余り良いとは思わなかったのでしょうが…、『Lovin' Lately』はTim McGrawとの共作、カントリーの業界ではかなりの実力者です。軽快なメロディと砂浜のイメージはこの曲を夏ぴったりの曲。この曲がラジオから流れて来ると、自然と窓を押し下げ、暖かな日の光を顔に受けることでしょう。2人の歌声はうまく補完し合い、そのボーカルで彼等の円熟した雰囲気を醸し出している、とは最近の業界紙のコメントです。

"California" by Big and Rich

[Verse 1]
徹夜でドライブすれば3日で着いてしまう
彼女は夜明けと共に旅立つつもりと言う
ひょっとしたら彼女はでたらめを言っているのかも知れない
けれども、彼女の気持ちはもうここにはもうない
荷物は既にまとめて、愛車のアルティマは満タン
ダッシュボードの上には地図が
おいらの気持ちは裏切られ
不幸な事態にもう我慢できない

[Chorus]
彼女はカリフォルニアに恋しているから
輝く西海岸の太陽の夢
森や林があってもハリウッドではなく
丘はあってもビバリーではない
脇道にはビーチもなく
大通りには夕日、サンセットはない
彼女はカリフォルニアに恋して
おいらはつらい

[Verse 2]
アイホップにウェイトレスの仕事を待って
石をユニバーサル・シティにぶつけ
ヒップポケットに卑猥な視線を集め
誰かが彼女をいい女と思ってくれるよう
明日の今頃はコロラドに
おいらはビームのビンの中で悲しみに溺れ
フラッグスタッフ手前で、ひょっとしたら、
引き返すかも知れないが…
それに賭けてもダメだろう

 確かに夏の曲です。

YOUR SUPPORT, please. 皆様のご支援をお願いします。
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ     


express01 at 11:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 19, 2017

達磨寺 思惟の径

 中仙道、古代の東山道の急峻な碓氷峠を下り上野国(群馬県)の坂本宿辺りの風景に強烈な既視感を感じます。それは3年前、友人に連れられて、静岡県の三島から箱根峠を目指して歩いた東海道の風景とよく似ているだけではないようです。東山道は、日本の歴史・文化の「背骨」、下野国白川を越えて、はるか道・陸の奥、「陸奥」につながります。碓氷峠は「分水嶺」、その東坂は新世界が始まる第一歩の地です。
170611_碓氷峠めがね橋
 実在するかどうかは別に、日本武尊は焼津から荒れ狂う海に乗りだし、愛妻を生け贄にして海を鎮め、足柄山から東国に入り、反時計回りに平定、眼下に東国を見て、「吾(わが)妻よ…」と嘆いたそうです。これに因んで、東国をアヅマ(東・吾妻)と呼ぶようになったと言う。平安初期、724年、ヤマト朝廷は多賀城に陸奥国府を設け支配下に置こうとしたが、蝦夷の反乱が収束するのは征夷大将軍:坂上田村麻呂の遠征によるアテルイの降伏(801)でした。 平安末期には箱根・足柄から碓氷峠につながる巨大な山塊の東、坂の東に、「坂東武士」が誕生、後の鎌倉幕府に繋がっていきます。時代は下って戦国時代、関東制圧を目指して小田原北条を攻める秀吉は、1590年、前田利家・上杉景勝等の北国勢を別働隊に碓氷峠を越えて侵攻、上野・下野・武蔵・相模と時計回りに東国を制圧します。家康はその力を秀吉に恐れられ、山塊に隔てられた言わば異国の地に追いやられますが、関ヶ原勝利の後は、鎌倉幕府に倣って、武蔵国江戸に幕府を開きます。さらに下って幕末、皇女和宮は中仙道を通って江戸徳川家に降嫁するも、公武合体は失敗、幕府は崩壊、明治新政府は江戸を東京都と改め首都とします。今、国土のほぼ中心に首都:東京があるのは、江戸に幕府を開いた家康の先見の明があったということです。

達磨寺 中仙道(現在の国道18号線)をさらに東に走り、高崎に入り、碓氷川に沿った小高い山の中腹に黄檗宗(禅宗)少林寺達磨寺を見ることが出来ます。達磨寺の「だるま市」は有名ですが、今回は触れません。

 第一次世界大戦(1914-1918年)でドイツ帝国は敗北、大戦後に勃発したロシア革命(十月革命(1917)の影響を受けて社会主義思想に傾斜した建築家:ブルーノ・タウト(1880-1938)は、賠償金のの支払いにあえぐドイツの労働者の為に健康・安価で良質な集合住宅を作った。タウトの設計したガルテンシュタット・ファルケンベルク(1913- 1916)、ジードルング・シラーパルク(1924-1930)、グロースジードルング・ブリッツ(1925-1930)は2008年、「ベルリンのモダニズム集合住宅群」として世界遺産に登録されています。彼の社会主義思想・ソ連訪問をナチスは危険視、これを知ったタウトはドイツを逃亡、シベリヤ鉄道経由、1933年5月、敦賀に上陸します。京都・神戸・伊勢・飛騨高山・東京・日光等各地を訪れ、特に桂離宮の簡素で機能的な美しさに感激、「泣きたくなるほど美しい」と世界に比類のない傑作と評価し、桂離宮、伊勢神宮を皇室・神道芸術、日光東照宮を武家・仏教芸術として対比、後者を「いかもの」と酷評している。当時、国粋主義を推し進める日本政府にタウトの日本建築・文化の評価はは正に好都合であったが、対英米戦争必至の状況下、彼は危険分子として特高の監視下にあり、本来の建築家としての仕事はありませんでした。
170620_達磨寺洗心亭_2
 各地を訪問、地元の井上房一郎が高崎に招いて工芸品のデザイン・制作指導を依頼したのが始まりで、以降、達磨寺内に在る4畳半と6畳の小さな「洗心亭」タウト夫婦の住まいとなる。同じ山、南東の位置に、もう一つの高崎名物、白衣大観音像がありますが、房一郎の父で井上工業の創始者:保三郎が私費を投じて建立したもので、皮肉にも、タウトの評価では「いかもの」でした。日光東照宮・大観音像が「いかもの」には同感なのですが、京都駅近くにそびえる京都タワーはどうなるのでしょうね…。残念ながらタウト来日時には存在していません。

 元へ…。喘息が持病のタウトは日本の湿気を、特高の厳しい監視をきらい、トルコ政府の招聘で、わずか3年弱で日本を後にします。オスマン帝国は、ドイツと同じく、第一次大戦に敗北、英仏の植民地戦争にも敗北、その領土の多くを失い、帝国は崩壊、1922年、現在のトルコ共和国が誕生しました。イスタンブール芸術アカデミーからの招請により、教授としてイスタンブールに移住、日本では果たせなかった建築家タウトを実現します。…が、発見した日本の美を彼の地で活かすことはなかったようです。建国の父:ケマル・パシャの国葬会場を設計後、トルコの地で客死します。

 少林寺達磨寺にはタウトが散策したとされる「思惟の径」がありますが、残念ながら名前負け、私には「いかもの」でした。中仙道(東山道)碓氷峠の東坂にはまだまだ面白いことがありそうです。

YOUR SUPPORT, please. 皆様のご支援をお願いします。
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ     


express01 at 19:22|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 09, 2017

10年後は到底無理?

 団地に住んでいますが、若い時は階段の上り下りを何とも思わなかったのですが、いつしか高齢者の仲間入り、1階部分に住んでいることに感謝するようになりました。ましてや、その中で4世帯のみが身体障害者向け住宅で(実際に身障者がおられるのは1世帯のみ)、南側専用庭に駐車スペース、車いすが入れるように南側はスロープ、玄関ドアも一回り大きく、室内も段差がなく、風呂・トイレも車いすが回転出来るように大きくとってあります。2年前までは、南側専用庭に駐車スペースには、今は昔、お気に入りのSUBARU OUTBACKが大きく占めていたのですが、それも軽四に替わって駐車スペースは半分に、逆にかみさんの管轄下に在る庭の草花、気取って言えば、ガーデニングの面積が拡大してきました。南側ベランダ・専用庭は全面的にかみさんの占領下に置かれたことになります。

ベランダ_4 私の部屋は、夏場にかすかに朝日が入る、北側の一室。窓外の北側ベランダは、辛うじて…私の管轄下に在り、木板を張ってウッドデッキにして室内とベランダの床の高さを同じにしたり、プライバシー保護の為に、単に葦簀(よしず)を立てかけるのではなく、軒先に葦簀をつるしたり、ベランダのフェンスをルーバーの目隠しで覆ったりして、私はその出来映えに自己満足しているのです。ご近所を見回すと、今や子供さんは独立してしまい、多くの世帯が夫婦2人だけ、お一人の場合もあり、南側の部屋だけを使用し、ベランダ_2北側は部屋おろかベランダまで物置・納戸(?)にしている方が多いようす。況んや陽の当たらないベランダ下の敷地に目を向けるような人はおられません。我が家も二人暮らしなのですが、ガーデニング好きのかみさんは北側にも侵入、ベランダ下の敷地には、風で運ばれてきた種から勝手に育ったものも含めて、オキザリス、クリスマスローズ、ホトトギス、バラン、ぎぼうし、ナンテンから薬味のミョウガ、シソまで、日陰の身でありながら、元気に育っています。

 昔、八王子の山の中、雪の中に青々と茂る植物を見つけ自宅で繁殖させた植物で名前はわからず、我々夫婦の間では「北側のはちおうじ」で通じるのですが…、木製のプラーターカバーを自作、目隠しとして北側ベランダ・フェンスに設置していたのですが、昨年、10年に一度の大規模修繕工事が実施されたのを機に撤去を余儀なくされました。船舶デッキ用の堅い木材を使ったのですが、長年の風雨で朽ちてしまい、再利用の価値なしとして廃棄処分にしてしまいました。夏秋3ヶ月に及ぶ工事期間中は、外壁塗装のために建物の回りに足場を組む必要があり、夫婦2人で、南側専用庭・北側共有部分の草花はどうしようもありませんが、かみさんが育てた南側ベランダの鉢植えの数々、そして私が育てた「北側のはちおうじ」を北側の避難場所に、ベランダのデッキは分解して室内に移動させました。

プランター設置案_1プランター設置案_2

 その間、廃棄した「北側のはちおうじ」のプランターカバーをどうしようか、あれやこれやと考えた挙げ句に、従来の重量の伴うカバー自体を断念、プランターのみ、プランターむき出しの設置方法を考え出すに至りました。軽量化されフェンスへの負荷も大幅に軽減されたはずですが、一つだけ難点があります。厳密に言えば、ベランダ及びベランダ・フェンス等の共有部分にプランター等を設置するのはルール違反で、特に消火活動の妨げになる…ということで、検査がある時は移動させなければなりません。一階ですよ…、少しは大目に見てくれますように…。
ベランダ-3
 10年後の次の大規模修繕工事、同じ一階に住んでいたとしても、これだけの鉢植えを移動させるのは到底無理な話です。

YOUR SUPPORT, please. 皆様のご支援をお願いします。
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ     


express01 at 14:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 14, 2017

散歩の途中<20>号外 こぶし公園の桜

0312こぶし公園 かみさんはまだ留守、朝食が終わると、愛犬:モモが散歩の催促にやって来ます。モモは滅多に吠えることはなく、ただやって来て、目を見ながら手で、いや前足でちょいちょいと、促す仕草をするのです。朝のコースはほとんど同じなのですが、今日は少し違います。いつもは、当地の散歩コースの定番:尾根道に向かうのですが、逆の方向に先導して行きます。団地の北側に、「こぶし公園」という、ひょっとしたら、我々夫婦だけがそう読んでいるのかも知れませんが、一本の大きなこぶしの木(左上は昨年3月)が目印の公園です。

 いつもなら遠くにそのこぶしの木が見えるのですが、今日は視界を遮るように公園の前の桜が満開です。0414こぶし公園あまりにも見事なので、昨日更新したばかりなのですが、その桜を皆さんに是非ご覧にいれたいと、愛犬:モモの紹介もかねて、号外版を出すことにしました。どうぞ、お楽しみ下さい。

YOUR SUPPORT, please. 皆様のご支援をお願いします。
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ     


express01 at 20:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 01, 2017

花見に冷たい雨

 東京の桜の開花は全国で一番早かったのですが、それは観測地点の靖国神社だけの話し、それ以降の足取りは遅く、明日から近所の散歩の定番コース、尾根道で開催される予定のさくら祭も「ウソでしょ」といった感じで、雨にも祟られて最高気温は7℃、1ヶ月は後戻りしたような冷たさです。

 毎年、年が変わった1月はそうも感じないのですが、2月、3月に入るとその寒さが耐えがたいものになり、東北・北海道の寒さはこんなどころではないのでしょうが…、「暑さ寒さも…」、そのお彼岸も通り過ぎて、「将軍様、もうわかりましたから、勘弁して!」と思わず悲鳴が出てしまいそうです。春の到来の道程は、最も昼の時間が短い「冬至」を過ぎて徐々に昼が長くなり、「春分・お彼岸」で昼夜の時間が同じに、そして、次第に逆転して行きます。その道の先に「花見・さくら祭」、新たな舞台の緞帳(どんちょう)が開きます。

  昔、大阪支店でまだ新入社員だった頃、1972〜1973年か?、季節は夏、東京から転勤でやって来た先輩曰く、「大阪ではよほどの貧乏人でない限りエアコンを持っているが、東京ではよほどの金持ちでない限りエアコンを持つ必要はない。」 大阪の夏は「くそ熱い」と表現されるだけあって、8月の平均気温が鹿児島・沖縄より高く、ただ暑いだけでなら何とかしのげるのですが、あのまとわりつくような湿度の高さは半端ではありません。東国、町田(東京都)に住んで30年、それまで住んでいた関西を抜いて、人生で最も長く住んだ所になってしまいましたが、本当にエアコンの冷房が必要なのはほんの一ヶ月間ほど、逆に当地の冬場は寒さが厳しく、ましてや私の部屋は日の目を見られない北向き、一日中エアコンの暖房のお世話になっています。

 雨の花見とは散々ですが、かみさんが庭で育てる鉢植えは既に見頃を迎えています。
春の花

 冷たい春雨に、先輩の一言を思い出しました。

YOUR SUPPORT, please.皆様のご支援をお願いします。
    にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ    


express01 at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 19, 2017

チャック・ベリー死去

Chuck Berry いわゆる洋楽を聴き始めた中学・高校生の時、私はあまりテンポの速いロックンロールが苦手でした。当時、もちろん歌詞の意味を理解していた訳ではありませんが、どうも内容が乏しいので、リズム、メロディだけを理由に好きになることはありませんでした。恥ずかしいことに、ビーチ・ボーイズの『Surfin'USA』の本歌が『Sweet Little Sixteen』で、ジョニー・リバースの『Memphis Tennessee』 、ビートルズの『Roll Over Beethoven』が実はチャック・ベリーの曲であるというのは知ったのはかなり後のようだった気がします。

 アメリカ音楽のルーツ、その幹の部分に、アフリカに起源を持つ黒人のブルースがあり、白人が主に持ち込んだ主にアイルランドの音楽と化学反応、急激に発酵して、今までにはなかった新しい音楽、ロックンロールが誕生しました。誰がその最初の実験をしたのか、誰がこの新しい醸造酒を造ったのか、その蔵元は特定できませんが、チャック・ベリーがおそらく、最初に名前を挙げられるべき人なのでしょう。

 こんなブルース、ロックンロールに対する貧弱な理解を変えることになったのは、今もバンドで付き合っている、ギターのNobuさんです。その彼がリードして演奏したのが、チャック・ベリーの『Johnny B. Goode』です。私はほとんど何もしていません。
 チャック・ベリー死去、享年90歳。ご冥福をお祈りします。

YOUR SUPPORT, please.皆様のご支援をお願いします。
    にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ    


express01 at 17:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 14, 2017

 くどいですが、『沈黙』

 ザビエルは1549年に来日、日本での布教が始まりました。信長は仏教勢力への対抗勢力としてキリシタンを保護、後を引き継いで覇権を握った秀吉の時代、「バテレン追放令(1587)」・高山右近のマニラ追放(1588)があったものの、キリシタンが興隆を極めました。関ヶ原敗軍の蜂起「島原の乱(1637-1638)」が勃発、より深い地下潜伏の時代に入ります。映画:『沈黙』は乱の再発に脅えた徳川政権直轄の長崎が舞台でした。

 日本の歴史を振り返ってみると、中国風(唐風)文化の影響が極めて大きかったのですが、平安の中期にると、中国文字(漢字)から平仮名・片仮名が発明され、漢字の訓読みが確立されたことにより、『枕草子』や『源氏物語』に代表される和歌・日記・物語文学が隆盛、寝殿造等の和様建築の登場など、中国風(唐風)文化の影響が薄れ、国風文化と呼ばれるものが誕生しました。武家政権が誕生し、新仏教が興隆した鎌倉時代、室町時代には貴族文化と武家文化の混合、明との勘合貿易により中国文化が流入、武士の保護のもとに禅宗が興隆、日本文化の源流と言うべき新しい文化(北山・東山文化)が誕生します。観阿弥・世阿弥父子は従来の猿楽・田楽を能楽に、能やその合間に演じられる狂言に大成。「もののあわれ」から「わび・さび」へ、寝殿造りから書院造りへ、畳・床の間・違い棚などの「和」の文化が生まれます。しかし、室町幕府の衰退とともに勘合貿易も衰退、日明貿易は堺の商人−細川氏、博多商人−大内氏が独占するようになります。

 1549年ザビエルが来日、その翌年、京・大坂布教を目的に堺にやって来ます。当時の堺は国際都市、商人(=文化人)に依る自由・自治都市はベニスにも匹敵したと言います。南宗寺(臨済宗大徳寺派)を中心に禅宗が盛んで、堺の町衆文化の発展に寄与しました。「ものの始まりなんでも堺」の通り、京と並ぶ文化の発信地でもありました。茶人でもあった日比谷了珪(ひびや りょうけい)が彼の世話をしたことによより次第にキリシタンへのめり込んで行くことになります。1561年、ヴィレラが堺に1年間滞在、1564年、アルメイダとフロイスがやって来て、了珪自らも洗礼を受け、日比屋家の人々も入信しました。了珪は堺における切支丹の先駆者であり、多くの茶人が彼にならって入信しました。 

 この頃、千利休が茶湯の世界に登場します。それほどの教養を必要としない茶道は戦国武将の間に流行し、信長の時代に入りこの「数奇の道」に入らぬ者は居ないほどのに盛況でした。千利休をはじめ、堺の納屋衆など町家出身の茶人が武将に混じって、最も活躍したのもこの時代で、信長とその後を継いだ秀吉が覇権を握った30年ほどの期間でした。奇しくも、と言うか「妙に…」、茶湯興隆の時代はキリシタン興隆の歴史に見事に重なります。これは単なる偶然ではないように思うのは私だけではないようです。

 武野紹鴎(たけのじょうおう 1502-1555)は「不足の美」(不完全だからこそ美しい)に禅思想を採り込み、日常生活で使っている雑器を茶会に用いて茶の湯の簡素化に努めた。紹鴎(じょうおう)に入門した利休は紹鴎の『詫び』の対象を茶室の構造、手前の作法、茶器全体の様式にまで拡大、禅の「枯淡閑寂」(これ以上何も削れない)の極限まで無駄を排除して、侘び茶を大成させました。村田珠光(むらた じゅこう 1422-1502)から100年が経っていました。

 小説・映画:『沈黙』の中のフェレイラ神父の言葉、「全てを腐らせてしまう底なし沼」はあくまでもキリシタン宣教師側、キリスト教徒側から発した言葉であり、どうも私には引っかかります。同時に、もちろん利休が侘び茶を大成させたことは疑問の余地がありませんが、ここに全くキリスト教の影響がなかったかと言えば嘘になるでしょう。
狩野内膳南蛮屏風_2
※画像をクリックすると、右端に居る老茶人が拡大されます。
 山田無庵(1947-1993)著『キリシタン千利休』は神戸市立南蛮美術館所蔵、狩野内膳の『南蛮人渡来図』右隻に描かれた老茶人から話しが始まり、この老茶人こそが利休であり、利休はキリシタンであった、それを理由に秀吉から切腹を命じられるが、利休の死亡原因は切腹(自害)ではなく<処刑>であったしている。<自害>だったのか…、<処刑>、あるいは関ヶ原前夜の細川ガラシヤ<介錯>の例のような形なのか、私には、どちらでも良いのですが、選ぶとすれば後者:<処刑>か<介錯>です。利休に同じく切腹を命じられた大徳寺古渓和尚は<自害>の意志を表明した途端に許されています。キリシタンは宗教上<自害>は禁じられており、<自害>したのであるから、利休はキリシタンではなかったというのが通説ですが、洗礼を受けているか否は別に、キリシタンであること、信仰・共感の深度、深いのか浅いのか、少なくとも利休はキリシタンに対して深い共感を持っていたものと思われます。蒲生氏郷、高山右近、細川忠興、芝山宗網、瀬田掃部、牧村利貞、古田織部、利休七哲と呼ばれる彼等のほとんどがキリシタン、あるいはそのシンパ・共感者であることを見ればそれは明らかでしょう。『キリシタン千利休―賜死事件の謎を解く』のご一読をお奨めします。

 平安時代、空海は唐で学んだ密教を持って真言宗を開き、最澄は天台宗を開き、鎌倉時代、新仏教と呼ばれる法然による浄土宗、浄土真宗、臨済宗、曹洞宗、日蓮宗、時衆(宗)が誕生しました。その間、キリスト教者には信じられないでしょうが…、日本人は『神仏習合』、『本地垂迹』の方法を考えてそれまでやって来たのです。この時代、仏教僧、特に当時の禅僧が渡来の新しい宗教、それも幾つもの大洋を乗り越えてやって来たキリスト教に興味を持ちその教学を学ぼうとしたことであろうとは想像に難くありません。大徳寺和尚の文書・記録には改竄が多く、禁教令に備えてキリスト教関連の記述が削除されたのがその理由だそうです。

 利休は、村田珠光に始まる侘び茶を大成させました。しかし、キリスト教の伝搬がなければ、あるいは、彼が堺という国際、自由・自治都市に生まれなければ、そして禅宗という好奇心旺盛な仏教宗派がなければ利休の「茶湯」、ひいては今日言う「日本文化」も出来てはいないのではないでしょうか。利休を媒介に、禅宗とキリスト教が化学反応を起こしたのです。キリスト教には不幸な「底なし沼」ですが、蓮が泥水に咲くように、「日本文化」の重要な源泉の一つに思われます。
 ※参考:『キリシタン千利休―賜死事件の謎を解く

 p.s. 「3.11」から6年、神は沈黙を続けています。亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

YOUR SUPPORT, please.皆様のご支持をお願いします。
    にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ    


express01 at 18:14|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 24, 2017

これで三度目、『テキーラ・サンライズ』

  バンド練習以外は、自分の住所を中心とした半径5kmの円内でほとんどの用を足している私です。先日はギターのピックを買おうとお店に入ると一枚百円もするではないですか。迷ったあげく、とうとう買わずじまいで店を出てしまい、後日、Amazonで20枚(郵送料込み)を860円で買いました。ピックさえもネット通販で買ってしまうのですから、お店に行く必要がありません。よく言われるように、街にある店舗の多くは、商品を買うところではなく、実際にサイズ・色・風合いを試す目的のショールームと化してしまうのではないでしょうか。街の本屋さんがなくなれば、これも長い目で見れば住民の損失になるのですが…。

 そんな私と比べて、ギターのNobuさんの行動範囲は、あくまでも音楽に関してですが、全く衰えていません。昨年末、元イーグルスのギタリスト、ドン・フェルダーが来日、彼のライブコンサートを聞きに六本木東京ミッドタウンに行ったそうです。私は旧防衛庁の跡地にその名前の施設が誕生するらしいとは聞いていましたが、ドラムのKunさんの勤務先の事務所が六本木ヒルズに彼を訪ねて行ったのが最後、以来、六本木には行ったことがありません。

 ドン・フェルダーだけでなく、ポール・マッカートニー、クラプトンなど、我々の世代の良く知っているミュージシャンが多数来日しています。我々の世代とは、(音楽)趣味の為にお金を払える人が多く、ミュージシャンもまだ来日してライブをこなす体力・気力があり、〜稼げる間に稼いでおかなければ〜、という気持ちが働くのではないでしょうか。

 1971年、リンダ・ロンシュタットのバックバンドとして集まった4人がイーグルスを結成、続く1972年、衝撃的な『Take It Easy』をヒットさせることになります。当初のカントリーの基調は商業的な成功には至らず、フロリダ出身のドン・フェルダーが参加することによってよりロック的色彩を帯びていくことになります。J.D.サウザー、ジャクソン・ブラウンに代表されるイーグルスの本来的なサウンドは大きく後退して、極めつけは、それまでカントリー的色彩をリードしてきたバーニー・レドンがバンドを離れ、替わりに、ジョー・ウォルシュが参加することでロック的色彩がより一層強まることになります。

hotel california 個人的には残念なことに、イーグルスはカントリーから次第にギンギンのロックに変遷して行きました。その結果として、皮肉なことに、1976年、彼等の代表作にして最高傑作、『Hotel California』が世に出ることになります。詩はドン・ヘンリーですが、作曲はドン・フェルダーというのも興味深いところです。それだけにとどまらず、パフォーマンスにおいて、あの印象的なイントロはドン・フェルダーが、この曲の聞かせ所、ギターソロは彼とジョー・ウォルシュの共演によるものです。傑作すぎて、後が続かなかったのも事実です。これをピークに、アサイラム・レコードが築いた西海岸の音楽活動は急速に衰退して行くことになります。

 ドン・フェルダーのライブ、彼のツインギターのイントロに始まる『Hotel California』は当然のこととして、初期(1973)のヒット、『Tequila Sunrise』にはいたく感激したようで、思い出したように、我々のバンドで久しぶりに(2008 & 2010)にやったのがこれです。
     

…昔の方が出来が良かった?

 Momo holding sign board-HKX Radio   
YOUR SUPPORT, please.皆様のご支持をお願いします。
   にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ    


express01 at 17:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search