July 25, 2020

宿り木

このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ禍で外出も自粛、人と話す機会が少なくなりました。そんな中、近所に住む人に久しぶりに出会い、公園のベンチでの話はいつになく長話になりました。趣味の話に至り、彼は草木・野鳥を観る、言葉を変えれば「花鳥風月」を愛でるのが彼の趣味の一つです。
 

私も草木の絵を描きますが、当初はかみさんが庭・ベランダに育てている草花を描いたのが始まりでした。後に、「嵐が丘」のママの薦めで、草木の絵を描き、それをポストカードに印刷して、お店で売ってもらっています。私は全くの自己流で草木を描いていますが、植物画をボタニカル・アートであるとするならば、それは植物図鑑の絵であり、植物のどの部位にもピントが合っているような絵であると思っています。植物画に関し、自分の思う絵の評価と一般閲覧者の評価とは大きなズレを感じてしまいます。私の植物画には「愛情がない」とはあるお客さんの評。これは否定しようもなく、草木の名前を知らずに絵を描いています。
 

私が「花鳥風月」音痴であることを知っている彼は、私に「宿り木」を見たことがあるかと聞きます。言葉は知っているが、見たことはないと答えると、一本のケヤキ(?)の下に連れて行ってくれます。見上げると、梅雨の合間の空が、梢一杯に広がった緑の向こうに明るく、緑の密度をさらに深めた、まるで「杉玉」が点在する不思議な光景が広がりました。野鳥ファンでもある彼曰く、冬鳥のヒレンジャクやキレンジャクがその実を好んでやって来ると言います。夏場でさえこんなにはっきりと浮かび上がっているのであれば、冬枯れの季節にはなお更でしょう。

宿り木_1 

 古代ケルトや北欧では冬でも鮮やかな緑を保つ宿り木は生命力の象徴として、ローマ時代は守り神として戸口に吊るし、キリスト教時代になると魔除けとして登場、クリスマスイブより前に宿り木を切りとるのは不吉とされています。日本でも古くは「ほよ」とか「ほや」と呼ばれ、長寿・生命力の象徴、幸運をもたらすものとされています。
 

この年になってこんな大発見(?)をするとは夢にも思わず、得意になって知人に話すと、知らない人はほとんどいません。知らないのは私だけ…、という顛末でした。

Stay Home, Save Lives

   Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします

     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 13:14│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search