May 21, 2020

私の絵 絵画展のポスター制作

このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京都の新たな感染者数が5人と収束傾向にあり、第3回絵画展の会場である喫茶店「嵐が丘」の再開も近づいてきました。少なくともこの3か月、外出自粛で巣ごもりせざるを得ず、逆に言えば時間もたっぷりすぎるほどあり、案内ポスターのアイデアも問題なく出て来るであろうと高をくくっていたのですが…。

20200515_イサオ自画像 『がんばれ!「嵐が丘」』で描いたお店の絵をお見せしましたが、当初より絵画展案内ポスターの下敷きに使う意図がありました。実際のお店は閉店状態、シャッターが下りており、この絵は昨年12月の「クリスマス・ライブコンサート」の写真を元に描いたものです。写真の右部分に置いてあったクリスマスツリーを除いたので、右部分が妙にすかすかになってしまいました。という訳で、挿入したのが私の自画像です。
20200515_イサオ自画像_2
 完成した絵を友人に見せてもらうと…、
 友人<A>は「真ん中の柱は何?電柱?」 彼は遠隔地に住み、このお店も、これが在る団地商店街も知りません。大きな屋根のアーケードがあり、それを支える柱の一本がこれです。当初は、目障り、邪魔とばかりに、この柱を除いたのですが、問題が発生。背面のドアのガラス部分が大きくなり、風景の映り込みが大きくなります。映り込みを描くのは苦手…と、復活させたのがこの柱です。そればかりじゃありませんが…。

 友人<B>は、やはり真ん中の柱が目障りらしく、「真ん中の柱の意図は?」 ドアガラスへの映り込みを描くのが苦手という私の技術的未熟はともかく、お店の前に柱を配置することで、立体感・奥行き感が強調されるものと自分の判断を弁明。

 友人<C>は「一番手前の、「OPEN」サインが在る樽状のもの(土台)と、ドアとの間の、タイルから立ち上がる柱」と理解。言われてみれば、3人が一様にこの真ん中の柱に感じた違和感はこれでした。「OPEN」サインの存在が柱と土台の連続を遮断してしまったようです。

 やっと、自分の誤りに気付いて、どうすれば挽回できるかを探ったのがこれです。実は、目立つところでもあり、念入りに描いた「OPEN」サインを、涙を呑んで、カッターで削りとりました。消しゴムで消したようにはきれいに消えず、その無残な傷跡を隠すために、今まで、脇役っぽくたたずんでいた男(私の自我像)を、真ん中の柱の前に、絵の真ん中に立たせました。

 友人<A>は、「私の自画像が絵の中央に移動したのはよしとして、画面全体が白っぽく、お店の壁がさびしい」と云います。私の自画像が中央に移動したのですから、右部分が元のスカスカになるのは当たりまえの話、出来上がったこのポスターを描いて(絵の中の絵)バランスを取ろうとしましたが上手く行きませんでした。最終案がこれです。
20200517_第3回小山田有家絵画展案内_2

 真ん中の柱、お気づきでしょうか。実は…、「エンタシス」になっています。小学生か中学生の頃(?)、「エンタシス」とは柱の中央部分が太く作ってあり、下から見上げると柱・建築物が偉大に見える、目の錯覚を利用した様式で、「ギリシャ・ローマの様式がシルクロードを通って奈良法隆寺にも伝わった」と教わった記憶があります。当時は、子供心に古代ロマンを感じたものですが、これは真っ赤なウソで、ヨーロッパに限らず、アジア地域にも広く存在するそうです。明治の日本人がその芸術・文化を認めてもらおうと、ヨーロッパにおもねて作られた話だそうです。絵を眺めながらこんな講釈でもしようかと考えていたのですが、元々の絵自体がカッターで削りすぎて、今や、絵画としての体をなしていません。

 緊急事態声明による外出自粛で巣ごもり状態をよいことに、友人諸氏には長らくお付き合いいただき、そして、貴重なご意見をうかがいました。ご協力をいただき誠にありがとうございました。

Stay Home, Save Lives

   Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします

     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 14:12│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Drawing | Recent Event

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search