May 14, 2020

がんばれ!「嵐が丘」

このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本人にとって「自粛」は「強制」とほとんど同じ効果を発揮するらしく、5月大型連休時の「外出自粛」の効果が現れたのか、この1週間の新型コロナの感染者数が2桁台と、第二波のピークは過ぎたようで、3月中旬のレベルまでに下がって来ました。

 スーパーなどの食品売り場ならともかく、歩道、散歩する野道でさえ、マスクを付けないで歩くようなものなら前からやって来る人から冷たい、刺すような視線を感じることがあります。公園で遊んでいた親子が近所の人間に通報され、警察官がやって来た話、他府県ナンバーの車へのいたずら…等、善人の善意で発せられる言葉や行動が功を奏したようです。

 市美展案内 今年に入り、新型コロナウイルスの暗雲が徐々に垂れ込み、その暗さを増してきました。2月末〜3月初め、町田市立国際版画美術館での「市美展」へ初めて私の絵を出展したのですが、残念ながら来場者は想像の通り。3月末の「尾根道桜祭り」会場隣接の個人宅での展示会への出展も、お祭り自体が中止になってしまい残念な結果でした。
20200508_嵐が丘ファザード

 喫茶店「嵐が丘」がお休みの月曜日に開催の「(歴史)雑談会」、参加費用4百円(コーヒー&お菓子付き)、「歴史」から始まるのが原則で3時間の雑談会。2019年5月に4人で開始、12月には忘年会(ピザパーティ)、会の存続も心配しましたが年を越すことが出来、会員も6人から8人に安定しました。それまでは、面倒なことに一人ひとりにドリップコーヒーをいれていたのですが、会員の一人からコーヒー・メーカーの提供があり、袋入りの豆を買って一度にコーヒーをいれます。心配された毎回の話題も、これだけの人数になれば何ら困ることもなく、余裕さえも出て、新規会員募集の案も出ましたがそれには及ばず、会員総数10名(9名)の立派な同好会に成長して来ました。「政治と(皆さん得意な)健康(薬)」の話は禁句、最初は「グー」ではなく、「歴史」から始めることを条件に、何をしゃべっても良いのです。ちょっとは「知的な」、あくまでも「遊び」です。

 コロナ渦中に在りながら、「(歴史)雑談会」は依然として「嵐が丘」のドアに「CLOSE」のサインを掲げ、店内では怪しげな年寄り連中が談笑している様は、外部から見れば「この非常時に…、非国民的な!」と映ったはずです。参加者全員は少なくともこの団地に住む人間で、身元もはっきりしているし…と、同じ村落共同体の仲間意識も芽生えて、続けようとの声もありましたが、万が一感染発生となればお店にも迷惑をかける、ということで継続を断念しました。

 4月、「嵐が丘」にて『小山田の有重』絵画展をさせてもらうことになっており、月初めに作品を搬入、壁に掛ける作業を完了したのですが、コロナ禍の状況悪化を受け、お店も閉鎖せざるを得なくなってしまいました。

 あれから1か月が過ぎ、「自粛」・「自粛」で、新型コロナが原因ではなく、それ以外の疾病・精神障害を理由に死に至る人が現れるのではないかと危惧してしまいます。素人考えは危険かもしれませんが、ここまで来れば、ウイルス感染防止というよりもこのウイルスと共存してく(私の年になれば感染すれば、抗体を作ると云うよりも即、死ですが…)ことを考えるべきでしょう。いつまでも無菌状態を保つのは不可能です。ということで、「(歴史)雑談会」の有志3人、他人の目を盗んで、近くの公園の東屋を会場に、臨時革命(亡命)政府を樹立、禁を犯しての、楽しい3時間でした。190201_絵画展案内状

 普段の「嵐が丘」は主に中高年女性のたまり場にて、さすがの私にもその敷居は低いものではありません。ひょんなことから私の絵を気に入ってもらい、これまでに私の『小山田有重』絵画展を2回、交換条件に図々しくも、私がメンバーの一人のバンド『The K.A.Y.A Band』のミニ・コンサートを2回やらせてもらThe K.A.Y.A. Band Live DMっています。エルビス・プレスリーに例えるならSUN RECORDS、ビートルズのCAVERN CLUB、私の絵と音楽の原点とも言うべきお店です。

 そんな「嵐が丘」が非常事態宣言で3密を理由に閉店を余儀なくされているのを座視している訳には行きません。お店のママに進言しています。

「シャッターを上げ、ドアの前にテーブルを置き、テイクアウトのコーヒー&サンドイッチ・クッキーをやろう!」

しおり_1 大した売り上げにはならないとは思いますが、お店には多くの中高年女性ファンがおり、その方法さえ示しさえすれば、溜まり場であるお店へのカンパも集まります。外出自粛で、皆さんが自宅に籠ってやれることと云えば「読書」、その読書に欠かせない「栞(しおり)」を作りました。しおり_2

 外に出て、美味しい空気を吸えば元気も出てきます。テイクアウトを求めに来てくれたお客様に使っていただこうと考えています。よろこんでんでもらえるでしょう。

Stay Home, Save Lives

   Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします

     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 14:40│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Drawing | Music

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search