March 21, 2020

危機の真っただ中

このエントリーをはてなブックマークに追加
 例年この時期はインフルエンザや国民病と云われる花粉症の季節、マスク姿が多く見られ、これに帽子をかぶり眼鏡をかけていたら、向こうから挨拶されても誰なのか判りません。マスクは医者か感染者・患者がすべきもので、正直に言って、私はこの光景が嫌いでした。しかし、今回の新型コロナウイルス騒ぎではそんなことを言ってはおられません。久しぶりにバスに乗るべく列に待っていると、私以外は全員マスクをしているではありませんか。バス内部は密室、マスクなしの乗客がちょっと咳をしただけで前に座っていた人が飛んで逃げたと云う話を思い出し、マスクなしで乗車するのはまずいと、列を離れて取りに帰り、時刻表を見直す私でした。

MS diamond princess クルーズ船、ダイヤモンド・プリンセスに乗船していた1人の香港籍男性を発生源にこの新型ウイルスが船内に拡散、本来ならばダイアモンド・プリンセスの船籍である英国、クルーズの運営者を管轄する米国が責任ある立場なのでしょうが、沖縄那覇で日本国入国許可を与えたので日本が矢面に立つことになりました。もし、那覇で入国を拒否しておけば、全く違った展開になったことでしょう。

 横浜大黒ふ頭に停泊中のダイヤモンド・プリンセス、隔離された船内ではウイルスが充満、新型ウイルスの云わば培養装置と化しました。自民党政府の後手後手ぶりは9年前の「3.11」の民主党政権の再現でした。WHO(世界保健機関)は「世界中に乗客が散らばってしまうより好ましかった。しかし船内で感染者が増え続けたのは残念」のコメントでしたが、アメリカでは「感染拡大の第二の震源地を作った(ABC News)」「公衆衛生の危機対応で『こうしてはいけません』という教科書の見本のような対応(New York Times)」と酷評。船籍の在る英国は何もせず、コメントすらなく、全くの他人事でした。

 舞台はダイヤモンド・プリンセスから北海道に移ります。如何に「雪まつり」に多くの中国人観光客が来たにせよ、北海道の感染者数151人に比べ、東京都84人(3月18日)は少なすぎます。北海道と高い東京都との対処の違いは単に人口(密度)の大小によ寄るのではなく、東京は、習近平主席来日、東京オリンピック開催の実現したいことに起因したと思われます。

 あれよあれよという間に世界中に拡散、発生源の中国(感染者80,928人/志望者3,245人)はともかく、当時、第二の震源地であった日本(感染者794人/死亡者31人 クルーズ船感染者712/クルーズ船死亡者数7)を、韓国が上回り(感染者8,56人/死亡者?)、イタリア(35,713/2,978)やイラン(17,361/1,135)、スペイン(13,716人/598)を筆頭に、全世界で150か国、感染者20万人、死亡者8千人に達し、その震源地はヨーロッパに移動しました。3月12日、ついに、WHOは新型コロナウイルスの「パンデミック(世界的流行)」を宣言、それまでとは逆に中国・日本がヨーロッパからの入国制限を始めました。表現が悪いですが、加害者から被害者へ、公衆衛生の講釈を垂れて「対岸の火事」視していた側が対岸に助けを求める構図へ、180度立場の逆転が見られます。

 PCR検査の結果、陽性になれば確定となりますが、陰性の場合には、検査が陰性新型コロナウイルスであったという結果のみで、新型コロナウイルス感染症を否定することはできない、あるいは、感染症にかかっていないことは証明されていないことになります。ということは、陽性の場合はもちろん他人にうつさない行動が求められ、陰性の場合も、一時的な「免罪符」に過ぎず、症状が落ち着くまで他人にうつさない行動が求められ、結果的には陽性だろうが陰性だろうが、結果的には同じ行動をとらざるを得ません。個々人の治療というより、検査結果が陽性であろうが陰性であろうが同じであるならば、「免罪符」を持つ人間がウイルスをまき散らし社会に万延化するのを阻止しようとした(ダイヤモンド・プリンセスの)時点ならいざ知らず、今の時点に至っては重症でなければ「検査をしない」と云う疫学上の判断があったのででしょう。韓国のように検査数を増やしても患者数が減らないのはこれが理由です。検査数を増やさない状態をだらだらと続け、軽微な感染者には抗体も出来て次第に終息するのか、あるいは、ある時期に感染爆発するのか…、安倍政権にとっては大きな賭けであり、加藤厚生労働大臣という鉄仮面が正に適役です。

 安倍首相の、「完全な形での開催」発言は、少なくとも、予定通りの開催は難しいと云うことを暗に宣言したのでしょう。東北の復興を記念することも出来ず、失った日本の30年を復興する起爆剤となることも出来ず、東京オリンピック開催以前に、安倍首相は日本丸の船長にとどまるのでしょうか…。

 3.11黙とう

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 08:50│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Recent Event 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search