January 09, 2020

私の絵

このエントリーをはてなブックマークに追加
190829_ノカンゾウ_2 新年あけましておめでとうございます。 

 喫茶「嵐が丘」を会場にした、過去2回の絵画展は好評で、風景画だけでなく、散歩の道すがらに目にする草花をピクチャー・カード(絵はがき)にすればどう…とのアドバイスがありました。草花の絵をせっせと描いて、これをA6サイズ(はがきサイズ)に印刷し、これをお店のカウンターに置いてもらうと、これが意外にも…、売れたのです。

 以前、バンド仲間のNobuさんから聞いたことが在ります。オープン・ステージと云うのがあり、第一段階、最初は出演料を(出演者「が」)払ってステージに上がらしてもらい、第二段階、上手くなってくると出演料を払わなくてもステージに上がることがOKとなり、第三段階、さらにそのバンドの人気が上がって来ると出演料を(出演者「に」)払ってステージに上がってもらうようになるそうです。多くは第一、第二の段階で落語、仮に第三の段階に至っても演奏だけでは食べて行けず、プロになったとしても…、他に仕事を持たなければなりません。その意味ではアマチュア、気楽に趣味として楽しみ、食事代/ドリンク代の名目で出演料は支払わなければならないが、出演の依頼が来るのは良しとしなければなりません。

 手離れの良いワンコイン、1枚100円 X 約100枚 =1万円以上の売り上げとなったのです。上の考えからすれば、お店の方から展示の要請があり、2か月間の展示料は無料、絵画展の結果も良好となれば、少なくとも第一、第二の段階はクリアしたことになり、ピクチャー・カードが売れたということは、第三の段階に達した訳で、私はれっきとしたプロの画家と云うことになります。もちろん、売上金はお店でのコーヒー代に還流しますが…。
190730_ヤマユリ
 こうして、それまでのMACで飲んでいたコーヒー(100円)が、「嵐が丘」のそれ(350円)に代わりました。想像出来ると思いますが、「嵐が丘」は団地の奥さん等の溜まり場、単なる井戸端会議だけでなく、手芸やら編み物やらの同好の中高年女性が入口ドア辺りを占拠していたら、他のお客さんはなかなか入りずらい雰囲気があります。女性は、若い時はおとなしかった人も、中年以降になると男性ホルモンが増加(?)、物事に積極的になり、新しいことに挑戦するようになるが、逆に、男性は消極的になり、殻に閉じこもるようになる、とはどこかで読みましたが…、このお店のお客はその好例でしょう。何と云っても、彼らは常連客、上得意、大事にしなければなりません。そして、勘違いして(?)入って来た男性は、特に一人の場合は、2人・4人掛けに座ってはいけません。カウンターのスツールに座りましょう。そうすれば、お店のママが相手になってくれるはずです。 話が逸れました。

 私の場合は、その雰囲気と云うか、低くはない敷居を乗り越えて出入りするようになり、お店のお馴染みさんとも親しく話ができるようになりました。ある日、お店を訪れると、ママがお客の一人から私宛に預かっているものがあると渡されたのが「鳥獣戯語(ちょうじゅうぎご)」(網野善彦、大西廣、佐竹昭広共著 )、8千5百円もする豪華本です。私の描く路傍の草花の絵には「愛情が足りないのでは」、「こんな絵描きもいるよ、参考に」と渡されたのがこの本でした。草花を描き始めた当初は、かみさんが庭で育てた草花を描いて、描き終えると名まえを聞いて絵のタイトルとしました。それが、散歩の途中、路傍で目にした草花をその場でスケッチするようになり、後で写真をかみさんに見せて、草花の名前を聞くのですが、彼女の知らないことも多く、タイトル「???」が多くなりました。一方では、目の前の草花を描く場合、風景ほどに遠近感を考えることはなく、私としてはあまり面白い対象物ではないのかも知れません。この辺りが「愛情が足りない」に繋がって来るのでしょう。草花の名前すら知らない私が描くのですから、当然と云えば当然の話です。アドバイスを頂いた彼女には感謝しつつも、残念ながらその後、豪華本のページが一向に進みません。
191025_伊賀上野丸之内
 私の絵画展(『第2回小山田有家絵画展』)で、私の絵を気に入ってくれた人がら、2月末に町田市立国際版画美術館で催される「第45回町田市民美術展」への出展を誘われ、私自身もその気になっています。私の本命はやはり風景画です。その風景画、当初はサイズF0(185 x 141mm)から始めたのですが、続いてF1、F2と徐々に大きくなり、最近はF3(272 x 216mm)と、約2倍の大きさ。使うペン先の太さも、当初は0.1mmだったのが、今や0.03mmと1/3以下、完成するまでの時間は2倍以上になり、自ずと制作点数も減少しました。売り上げに目がくらんで、一時期、植物画に凝ったことも一因にて、出展すべき作品を選ぶ候補点数自体が少ないのです。残された時間は約1か月、何とか候補点数を増やすべく新作に取り組んで行かなければなりません。
191031_おやつAOI

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 14:25│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Drawing | Local

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search