December 31, 2019

第11回 かってにHKX紅白歌合戦

このエントリーをはてなブックマークに追加
 最近の ミラーレスデジタルカメラの進歩には著しいものがあり、プロの映画撮影にも使われています。スティルカメラとビデオ(ムービー)カメラとの境界がなくなったということです。しかし国際間の貿易関係ではそうではないようで、日本とEUとの間では両者は厳然と区別されています。EU側のビデオ(ムービー)カメラを保護を目的に、「スティルカメラは30分以上の動画撮影ができない。30分以上はビデオ(ムービー)カメラに分類される」ということのようです。前回の『Rock 'n' Roll Christmas Live at 嵐が丘』(2018/12/22)では、写真ではセミプロの腕前を持つ友人に動画の撮影をお願いしたところ、結果は…、鴨居に設置したスティルカメラはリハーサルでほとんど30分を費やしてしまい、その後はズーッと停止状態で、それに気づいたのは演奏が終了してからの事でした。後の祭り…、とはこのこと。今回はその雪辱を果たすべく、オープン2時間前からから始めたアンプ/マイクの設営、リハーサルからスタンバイ、バンドの前に陣取っています。その動画のファイルサイズが60ギガ・バイト、ポータブルHDDで頂きました。

 大晦日、2019年も残り時間がわずか、この辺で「第11回 かってにHKX紅白歌合戦」を始めましょう。
第11回HKX紅白歌合戦
 
 既にご存知の通り、私は町田市小山田桜台という団地(1千5百世帯)に住んでいます。御多分にもれず、高齢化が進んでおり、当団地も例外でなく、団地商店街にはかろうじて「スーパー三和」があり、商店街の何軒かはシャッターが閉まっています。

 その一角にありながら、時には画廊となり、時には歴史雑談会・サロン、今回はコンサート会場となる、ローカル文化の発信局、コーヒーハウス「嵐が丘」があります。その「嵐が丘」を会場に『Rock 'n' Roll Christmas Live』が催されました。
 
 「Rockin ' All Over The World」はJohn Fogertyの曲ですが、私は本来ならばロックンロールは余り好きではなかったのですが、Nobuさんの歌で好きになってしまいました。因みに、英国のStatus Quoというバンドが歌ってヒットしました。もう一つ因みに、Status Quoとはラテン語で「現状維持」の意味。

 「Be My Baby」、The Ronettes、1963年のヒットです。

 「Let's Twist Again」、Chubby Checker、1961年のヒットです。実を云うと、私は当時この曲を知りませんでした。1990年頃(?)、転勤で東京に来た頃、友人に連れて行ってもらったOldiesばかり聞かせる中年向けのクラブ「Kentos」で初めてこの曲を聞きました。因みに、Chubby CheckerのChubbyとは「太っちょの」と云う意味。

 そろそろお時間ですね。

 どうぞ、良い年をお迎えください。

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 22:08│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Local | Music

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search