March 12, 2019

『藤野二人展』

このエントリーをはてなブックマークに追加
  東日本大震災から8年、震災によって亡くなった方々とそのご遺族に対し、深く哀悼の意を表します。

藤野二人展 相模原市は人口が60万の政令都市なのですが、私の住む町田市とどちこちない、文化不毛の地と聞いていました。私の友人はその相模原在住、写真が趣味で、所属する写真クラブ主催の写真展示会には、藤沢・横浜とお邪魔したことはあります。個人の写真展を開くのは今回が初めての由にて、彼に連れられて、相模原市緑区藤野を訪れました。謙遜の意味か…、彼の説明では、深い山の中に在るオーナーの趣味で建てたようなレストランの一角にあるギャラリーでその『藤野二人展』が開かれていると云います。

 中央高速相模湖ICで降り、どんどん山の中に入って行きます。通り過ぎる、山里の景色や看板は、何時か本か雑誌で見たことのある、あるいは読んだことのある風景です。恥ずかしながら、私はそれまで気が付かなかったのですが、深い山の中に広がったその風景が「芸術の街、藤野」でした。文化不毛の町田市とは大いに異なり、相模原市には「芸術の街、藤野町」が在ります。相模原市が長年育てた…、というよりは、タナボタ式に「芸術の街、藤野」を手に入れたのです。いかに山が深いとはいえ、藤野で個展が開催されることは大いに魅力です。

藤野案内図
▲藤野芸術の道マップ
 お会いしたことはありませんが、オーナーの本業は歯科技工(?)会社の経営者の由で、この地で有機栽培のお茶や野菜を生産・販売する農業生産法人「藤野倶楽部」を設立、レストラン「百笑の台所」を運営しています。相模原市観光協会が発行する「藤野芸術の道マップ」では地図の右下にレストラン「百笑の台所」の案内が見えます。実際にお店のある現地を訪れてみると、その敷地はかなり広大で、セミナーハウス、宿泊棟、納屋(バーン)、レストランが配置されています。それ以外に、耕作地がどれほどの広さかは判りません。面白いことに、敷地内には電気自動車向けに充電器スタンドが設置されていますが、どれほどの需要があるのか…、かなり前衛的なお考えをお持ちな方とお見受けします。

藤野_1 「百笑の台所」はコンサートができるステージを備えた大きなレストランで、多くの席は外の景色を眺めながら食事できるように、一面の窓に向かって長いテーブルと椅子が配置されています。店の女性の話では、当初はこの店の山側に隣接するテニスコートとキャンピングカーから全ては始まったそうです。想像では、藤野に魅せられたオーナーが、当初、仲間と一緒にテニスコート(1面)を造成、エア・ストリームIMG-0900(キャンピングカー)を横に、皆でワイワイガヤガヤ、バーベキューなどをして週末を過ごしたのが始まりなのでしょう。レストランの後ろには談話室、壁にはオーナー個人(?)の蔵書が一面に並べられています。宗教・哲学・歴史・芸術・地理・農業・土木・料理から「ゴルゴ13」まで、「藤野倶楽部」は彼の「道楽」に始まり、9484715923087「道楽」の進行形であると云えるでしょう。レストラン「百笑の台所」、テニスコート、エア・ストリーム(キャンピングカー)、談話室に囲まれた一角に、やはり、皆で造作した感の、よく言えば手作りの…、ギャラリーがあり、『藤野二人展』が開かれています。

IMG-0903IMG-0897

IMG-0902IMG-0896

 自宅から車で1時間をかけて訪問する価値は大いにあり、季節が良くなったら、次回はゆっくりと、藤野を訪れることにしましょう。

 最後に、相模原市さん、「芸術の街、藤野」の宣伝活動の努力が足りないのではないでしょうか。町田市さん、完全に遅れをとっていますよ.

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 09:20│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Recent Event | Local

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
QR 携帯電話から読み取ってアクセス!
QRコード
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search