December 05, 2018

Rock 'n' Roll Christmas Live at 嵐が丘

このエントリーをはてなブックマークに追加
181016_Rock 'n' Roll Xmas At 嵐が丘_Post Card

 お店のママに頼み込んで、むりやり恒例にしてしまった感のある、題して『Rock 'n' Roll Christmas Live at 嵐が丘』、開催日、12月22日(土)まで、考えてみれば3週間を切ってしまいました。ご披露する曲目が決まったのが1ヶ月前、前回(今年3月17日)演奏した14曲から7曲を引き継ぎ、新しく8曲(7曲+1曲)を加えました。

<1> Lodi
 我々K.A.Y.A. Band のルーツはと云えばC.C.R.にあります。ストレートなロックなのですが、<カントリーぽさ+南部ぽく>て好きです。今回も、この曲を含めて3曲を歌います。

<2> Black Is Black by Los Bravos
 非英語国(ポルトガル)出身で一時は英米のヒットチャートを席巻しました。我々の選曲からすれば異端ですが、皆さん知っている曲でもあり、レパートリーに加えました。<10>Del Shannonが亡くなる前、彼のオーストラリア公演で歌っていました。

<3> On The Road Again by Wllie Nelson
大御所、ウィリー・ネルソンの曲です。

<4> Peaceful Easy Feeling by The Eagles
 この曲が今回のライブの最大の難所の一つで、先ずは、ドラムKunさんの歌、私のバックアップコーラスに不安があり、次ぎにNobuさんのギターによる間奏がまだ安心して聞けるまでには至っていません。それに、好きな曲なのですが、やたらと長いのです。

<5> Proud Mary by C.C.R.


<6> Tequila Sunrise by The Eagles
 ギターのNobuさんが歌って、私がバックアップコーラスをいれます。私のセミアコギターのルンバ(?)ぽぃリズムにコードG6が効いています。何よりも救われるのは、曲が短いと云うことです。これも<4> Peaceful Easy Feelingと同じくThe Eaglesが当初、カントリーぽぃ路線を走っていた時期の曲です。 後に、彼等はジョー・ウォルシュを迎え、カントリーから離れていきます。


<7> Rock'n Roll Christmas by George Thorogood and The Destroyers
 唯一、クリスマスの曲。私はNobuさんの歌でこの曲を知ったのですが、どうも、ロックンロールが全盛の50年代の曲のようです。

ここで30分の休憩。

<8> Pretty Woman by Roy Orbison
1964年、全米・全英で第一位、1990年映画『プリティ・ウーマン』の主題歌として大ヒットしました。皆さんに楽しんで頂ける、今回の目玉の一つです。

<9> Who'll Stop The Rain by C.C.R.
 彼等の初期のヒット「Have You Ever Seen The Rain」のアンサーソングと云われていますが…。

<10> Runaway by Del Shannon
 目玉中の目玉。日本では飯田久彦(?)が歌って大ヒットしたことを知る人は今や70歳代です。本当は私が歌いたいのですが、サビの裏声が高くて出ません。名曲です。Nobuさんが歌って、私がバックコーラスをやります。

<11> Sister Golden Hair by America
 もう一つの難所です。Nobuさんの歌に、Kunさんと私がバックコーラスを付けるのですが、何回もやっているにも拘わらず、どこか不安の残る曲です。私がバックからはずれた方が良いかも…。

<12> Surfin' USA by The Beach Boys
 チャック・ベンリーの『Sweet Little Sixteen』の盗作、失礼、改作と云われています。



<14> Take It Easy by The Eagles
 やはり、これは名曲です。

<15> Johny B. Goode by Chack Berry
 誰がアメリカでロックンロールを始めたかは判りませんが、この人・この曲がすぐその近くにいた事だけは事実です。1985年の映画『Back To The Future』の高校のパーティ、マイケル・Jフォックスがギターの演奏を披露しています。

 バンドメンバー個々人の練習に加え、1週間前の16日、全員での練習日があり、なんとか難所を乗り越えたいと思っています。

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 14:53│Comments(0)│ │Music | Local

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
QR 携帯電話から読み取ってアクセス!
QRコード
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
The K.A.Y.A. Band
Search