November 23, 2018

映画『ボヘミアン・ラプソディ(Bohemian Rhapsody)』

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bohemian Rhapsody 自分で漬けた「日野菜漬け」を送ってくれた彼は、「食」に対してだけでなく、音楽・映画にも強いこだわりがあります。私の様に、BS放送で古い映画の再放送の録画すれば、15分おきに画面の左下1/4に現れる現れる受信料云々のお知らせを気にしないで映画を楽しんでいるだけとは大いに異なります。彼は京都市北区在住、市内には「京都シネマ」、最近は「出町座」という新しい映画館が出来た由にて、各地のシネコンで公開されるメジャーな作品だけでなく、マイナーな(「コア」な」)作品を観ている彼が、私に観るように薦めてきたのが『ボヘミアン・ラプソディ(Bohemian Rhapsody)』でした。

 私の音楽の好みは「カントリーぽぃロック」で、クィーン (Queen)のデビューが1973年。73年と云えば、私の好みの極めつけ、イーグズ(The Eagles)の『ならず者(Desperado)』がヒット、その時期、イーグルズ以外に感心が移るはずもなく、クィーンというバンド名は知っていても、その彼等ががどんな曲を歌ってヒットしているのかを知るはずもありません。

 今回も、彼の事だから…と、「コアな」、「ツウ好み」で上映館も限られているものと勝手に思い込んでいましたが、ネットを検索すると、全国各地のシネコンで上映されています。ついでに彼等の曲を聴いてみると、多くの曲を知っているではありませんか、私でも知っているとは…、恥ずかしい話しですが、これらのヒット曲がクィーンの曲であるのを始めて知りました。
         
 クィーンのリード・ボーカリスト、フレディ・マーキュリー(Freddie Mercury 1946 - 1991)は、映画ではパキスタンで生まれ、父親は英植民地政府の会計士で、ペルシャ系インド人、ゾロアスター教徒でしたが、Wikiによると、当時英領タンザニア、ザンジバル島に生まれ、父親の仕事のつながりでイングランドに移住したと云う。この頃、彼等にとって乗り越えるべき存在であったビートルやストーンズ始め、多くのロック・アーティストは概ねハイスクールを出ただけの、言わば不良音楽少年上がりでしたが、彼は専門学校で美術・グラフィック・アートを学び、彼が参加するバンド、スマイルのメンバーは何れも、歯科医学・天文学を学ぶ大学生です。映画のタイトルにもなっている『ボヘミアン・ラプソディ』を筆頭に、彼等が高学歴故か、曲の多くにクラッシク音楽(?)の要素が見られます。フレディの父親がペルシア系インド人、ゾロアスター教徒であったことも影響したのでは…。

 これが私のあまり好きではない理由の一つなのですが…、ある時はフリルネック・リザードのような、ある時はマッチョなタンクトップ姿等、フレディのステージ衣装、ステージ(舞台)造りは独創的でした。彼等の音楽そのものよりも、フレディの格好を毛嫌いしていたのです。アルバイト先の仲間で、昔小学生の頃(?)、このクィーンの大ファンだったご主人と一緒にこの映画を観に行った人がおられます。当時、クィーンは「変態バンド」と呼ばれ学校内でも白い目で見られたそうです。振り返ってみると、英米を除いて、日本において、クィーンはダントツの人気、「変態」と呼ばれながらもです。私にとっては、クィーンもキッス(Kiss)も、ほとんど同じ括りのバンドでしたが…。

 フレディの事にあまり興味がなかったのですが、映画を観て…、やはり彼は両性・同性愛者だったということです。当時からこの病気と同性愛との因果関係が疑われていましたが、1991年、彼はエイズ(HIV)が原因で亡くなります。あのマッチョなタンクトップとタイツ姿、世間的で云う「変態」ないでたちは、その種の人達に特徴的なものに映りました。

 フレディが両性・同性愛者であることは、今の段階の私には理解しがたいのですが、彼の、あるいは、クィーンの音楽は素晴らしいの一言です。戦国時代の武将、例えば信長も、元禄時代の芭蕉も、近くは、三島由紀夫も実は両性・同性愛者であったと云われています。その人の才能・能力とその人が両性・同性愛者であることが明らかになって低められることはありません。従来、その種の人間は一般社会(異性愛=正常)から軽蔑され、日陰者(「性的マイノリティ」と否定的・限定的)扱いされて来ましたが、近年、「LGBT(Lesbian 女性同性愛者, Gay 男性同性愛者, Bisexual 両性愛者, Transgender トランスジェンダー)」が肯定的に使われることが多くなり、そんな中での映画公開となりました。今の私には、まだ理解しがたい、と云うのが正直なところです。しばらくすれば、陽が当たるようになるのかも知れません。

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 14:31│Comments(0)│ │Movie | Music

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
QR 携帯電話から読み取ってアクセス!
QRコード
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
The K.A.Y.A. Band
Search