August 09, 2018

懲りもせず、『茅ヶ崎物語』

このエントリーをはてなブックマークに追加
 歌番組「夜のヒットスタジオ」で観た、聞いたサザン・オール・スターズの『勝手にシンドバッド』は強烈でした。それは1978年(昭和53年)、私は会社に入って7年が過ぎ、一方では、The Eaglesが『Hotel California(1976)』を出して2年が過ぎ、彼等の最高傑作故であるが故に、この曲を越える曲を作り出すことが出来ず、徐々に陰りが濃くなって行く時期と重なります。それまでの七・五調のとは全く異なる日本語(?)がロック、ロックン・ロールのメロディーに乗って歌われるのは革命的でした。以来、今日に至るまで、彼等が日本の音楽シーンを牽引してきたのは凄い事です。

稲村ジェーンポスター 学生の雰囲気は既にないが、相変わらず目立ちたがり屋の桑田は1990年、映画:『稲村ジェーン』を監督、世に出します。格好良い「ミゼットにサーフボード」のポスターにだまされて見る羽目になったのですが、 鎌倉の切通を通る「ミゼットにサーフボード」だけが印象に残る映画でした。あの夏いちばん静かな海北野たけしが、見かねて…、映画『あの夏、いちばん静かな海(1991)』という傑作を作ったというのは有名な話ですが、久しぶりにYoutubeで観てみようとしたのですが、『稲村ジェーン』の痕跡は意図的に(?)消去されているようです。その価値はあるとは思いませんが、後学のためにレンタルビデオでご覧になることをお奨めします。

茅ヶ崎物語ポスター 洋画・邦画を問わずBSで放映される映画を録画、これを時間がある時に観ることを習慣にしていますが、引っかかったのが『茅ヶ崎物語~MY LITTLE HOMETOWN~(2017)』でした。桑田の中学校時代の同窓生で、サザンの名付け親、洋楽編成、洋楽プロモーター宮治淳一が加山雄三始め多くのミュージシャンを生み出す茅ヶ崎の芸能・音楽誌を週筆中だそうです。一方では、おそらく桑田のファン、取って付けたように、アースダイバー、人類学者中沢新一が登場、ブラタモリよろしく、古代、茅ヶ崎は、「茅」は「ちから」、寒川神社まで海、平安末期まで茅ヶ崎は「大庭御厨」と呼ばれる荘園、これを開発したのが鎌倉権五郎景政、そして、アイコン「烏帽子岩」は凝灰質砂岩を主とする新第三紀の池子層から成ると云う。最後に永遠の若大将、加山雄三が登場。3人の大御所に導かれた形で登場するのが桑田の高校時代物語でした。

 鎌倉権五郎景政なる者は16才で八幡太郎源義家の「後三年の役(1083〜1087年)」に従軍、数々の武勲を立てるも、敵の矢を目に受けてしまいます。味方の一人が、彼の顔に足をかけてこの矢を抜こうとします。景政は伏しながら刀を抜いて味方を突かんとします。味方は驚いて、「これはいかに、なにをする。」景政は応えて「弓矢にあたって死するはつわものの望むところ。しかし、生きながら足にて面を踏まれる事はない。汝をかたきとしてここで死なん」、と。味方は膝をかがめて顔を押さえて矢を抜いた。多くの人々はこれを聞いて、景政の高名はいよいよ並びないものとなった。彼は「大庭御厨」を開拓するなど、「一所懸命」、「名こそ惜しけれ」の日本歴史上に勃興する武士の典型でした。

 「烏帽子」と云えば、景政から87年後の1174年、京都鞍馬をこっそり抜け出した牛若丸は、奥州の金売り吉次を同伴して奥州平泉に向かう途中、近江国「鏡の宿」に入ります。その夜、稚児姿で見つかりやすいのを避けるために元服することを決意します。地元の烏帽子屋五郎大夫(ごろうたゆう)に源氏の左折れの烏帽子を作らせ、鏡池の石清水を用いて前髪を落とし元結(もとゆい)の侍姿になり元服、九郎義経を名乗ったと伝えられています。アースダイバー中沢新一の云う江ノ島の弁財天は琵琶の奏者の講釈よりは、『平家物語』を詠ずる琵琶法師の方がよっぽど説得力があるのではないでしょうか。

 明治以降、東京近郊の海水浴場として整備され、茅ヶ崎を含めた、いわゆる鎌倉を中心とする「湘南」は富裕層によって別荘が建てられたことに由来します。富裕層の流入はそのパトロンとして芸術・文化を興隆させる集積地となります。戦後になると、石原慎太郎の『太陽の季節』、『狂った果実』に描かれた『太陽族』は映画化され「湘南」文化の大衆化が始まりました。石原慎太郎の『太陽族』はその弟裕次郎主演で映画化。それに続く加山雄三はエレキ、フォークブームにも多彩な才能を発揮、これが1978年の歌番組:『夜のヒットスタジオ』で聞いた『勝手にシンドバッド』に繋がります。理屈は横に置いて、お金持ちの「不良息子」→同じくぼんぼんの「好青年」→どこにも居そうな「音楽馬鹿息子」、根底には「輝く太陽と青い海」という「湘南」大衆文化としての『湘南サウンド』の行き着いたところが桑田佳祐ではダメなのでしょうか。

 烏帽子岩を背に、桑田佳祐とサザン・オールス・ターズが歌う、バレット・ストロング(1959 あるいはビートルズ)の『Money』そしてカール・パーキンス(1956 あるいはエルビス)の『Blue Suede Shoes』は圧巻。宮治淳一の語り、アースダイバー中沢新一、二人の講釈をボツにして、烏帽子岩の背したパーフォーマンスだけを桑田佳祐とサザン・オール・スターズのミュージック・ビデオとして発表すれば、昔の『稲村ジェーン』を帳消しにして桑田佳祐の面目躍如たるものになったはずです。サブタイトル〜MY LITTLE HOMETOWN〜とは桑田が洋楽の一部を拝借したものか…、はたまた映画『スタンド・バイミイ』の舞台を狙ったのか…、実際の茅ヶ崎市の人口、24万人からすれば、アホらしくなってしまうのは私だけでないでしょう。

Appreciate Your Support▼皆様のご支援をお願いします



express01 at 20:43│Comments(0)│ │Movie | History_Japan

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
QR 携帯電話から読み取ってアクセス!
QRコード
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
The K.A.Y.A. Band
Search