April 11, 2018

この曲<17> "A Thousand Miles from Nowhere"

このエントリーをはてなブックマークに追加
Urban Cowboy  空前のディスコ・ブームはジョン・トラボルタ主演の映画『サタデーナイト・フィーバー Saturadynight Feever(1977)』で絶頂を迎えます。カントリーの復権を狙って1980年、同じトラボルタを主役に、『アーバン・カウボーイ Urban Cowboy』をヒットさせ、音楽の流れはディスコからカントリー・ミュージックに変わりました。 楽曲を例に取れば、「Night Fever(1977)」「Stayin' Alive(1977)」の大ヒットを放ったビージーズは、まだディスコ路線でいけるとばかりに…、1979年、『Islands In The Stream』を出しますが不発に終わります。『アーバン・カウボーイ Urban Cowboy(1980)』で音楽の潮目がまるっきり変わってしまった1983年、カントリーのドリー・パートンとケニー・ロジャースがカバーでこの『Islands In The Stream』が大ヒットとなります。「アーバン・カウボーイ・ムーブメント」、「ヒル・ブギィ」と呼ばれるポップ・カントリーの1980年代の流行はこの映画に始まったと言われています。

 因みに、1972年、『Take It Easy』でデビューしたイーグルス(The Eagles)は1977年、最高傑作『Hotel California』を世に出し,これの出来があまりにも良すぎたのか…、これをピークに、残念ながら彼らは急速に衰退して行きますが、奇しくも、この時期はディスコ・ブームに重なります。「アーバン・カウボーイ・ムーブメント」の1980年代、日本では周回遅れのようなディスコ・ブーム、バブル経済のまっただ中でした(1986 - 1992)。個人的には、大げさですが…、イーグルスで私の音楽の進化は終わったようなもので、以降、新しい音楽には全く興味を見いだすことが出来ず、60〜70年代の「カントリーぽぃロック」に退行していきました。歌謡曲ファンの友人は「ピンク・レディで終わった」、ある人は「昔は洋楽、今はカラオケでど演歌」と言います。多くの人が学生時代あれだけ音楽を聴いていたのに、いつの頃か、大人になるとほとんど聞かなくなってしまいます。

 私にとって、80〜90年代は、ロック、カントリーなど、それらしい曲を聞いてもどうもピンとくるものがありませんでした。自ずと、歌手・バンド名、曲名が記憶に残らず、たまたま「これは!」というメロディーを耳にしたとしても、その曲や歌手の名前とが結びつかない状態が長く続いておりました。インターネット・ブロードバンドが発達、光回線が自宅にも繋がるようになった21世紀に入ると、事態は一変、Youtube・ストリームラジオなどの新しいメディアが誕生、音楽はダウンロードして聴くもの、しかも「タダ」です。CD並みの音質でアーティスト名・アルバムジャケットはもちろん、必要であれば歌詞さえも取得できます。

Dwight Yoakam そんな歌手の一人がドワイト・ヨーカム(Dwight Yoakam、1956年生まれ )です。大学を中退して音楽キャリアを歩み始めた頃、ポップな「アーバン・カウボーイ」的な音楽を指向するナッシュビルでは大した評価も受けず、1977年、彼はロサンゼルスに転じ、1980年代に向けてNew Honky Tonk Musicを打ち出して行きます。自ら曲を書き、伝統的なカントリーミュージック系以外の店、ロサンゼルス近辺のロック、ロックンロール・クラブで演奏しました。バック・オーエンス、マール・ハガードにDwight Yoakam_3代表されるベイカーズフィールド・サウンドの後継者と見なされています。カントリーの歌手・バンドは概してデブの、いかにも農業・工場労働者風の無骨な大男が多いのですが、彼はカウボーイハットのかぶり方からも違います (実は…、「帽子命!」)。個人的には…、あの…幻が脚の動きが、カッコ付けすぎでイヤミなのですが、良い曲です。
 
A Thousand Miles from Nowhere

何処からか、1000マイルもやって来た
俺には時間は問題じゃない
何処からか、1000マイルもやって来たからさ
落ち着きたい場所なんてありはしない

ポケットには心の痛みが
頭には木霊が
聞こえるのは
お前の口にしたむごい、むごい言葉

何処からか、1000マイルもやって来た
俺には時間は問題じゃない
何処からか、1000マイルもやって来たからさ
落ち着きたい場所なんてありはしない

Oh, i

<くり返し>>

記憶の中の傷
手に残る涙の跡
鏡の中には
かつては男だった幻が

何処からか、1000マイルもやって来た
俺には時間は問題じゃない
何処からか、1000マイルもやって来たからさ
落ち着きたい場所なんてありはしない

<くり返し>>


Your Support, Please.▼皆様のご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       



express01 at 14:31│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Music 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search