April 01, 2018

塙 保己一(はなわ ほきいち)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 幕府は、極端な攘夷論者だった孝明天皇を廃位する方法を密かに和学講談所の塙 忠宝に調査させている、という噂が天下の過激浪士の間に流布していた。根も葉もない噂を根拠に、(塙を斬れば、わしもいっぱしの男になろうか)、と二人はテロを実行した。彼は飛び出し、「奸賊!」と突進した。「塙だ。何の恨みがある」と叫んだ。一人はし損じたが、剣の心得のあるもう一人が突き殺し、用意しておいた天誅の意の札と共に首を土塀に晒し、二人は闇の中を転げるようにして逃げた。(司馬遼太郎著『死んでも死なぬ』より抜粋)
google logo塙 保己一
 暗殺された塙 忠宝(はなわ ただとみ 1808 - 1863)の父親が塙 保己一(はなわ ほきいち 1746 - 1821)であり幕府の和学講談所を開設した当人でした。塙 保己一は7歳で失明、後に戸に出て、男性盲人の自治・相互扶助団体である当道座に入門して按摩・鍼・音曲などの修業を始めたが、不器用でいずれもモノにならず、この道で生きていくことに絶望して自殺を謀ったこともあるといいます。彼の学問への思いを告げられた、雨富検校は彼に様々な分野を系統立ててさせ学問させます。盲目の彼は人に書を読んでもらい、それを暗記して学問を進めて行くのです。 当道座の官位は検校(けんぎょう)・別当・勾当・座頭の4官の他、さらにその中に73の階級があると云われますが、様々な人達の援助もあって、彼は最高位、検校の地位に上り詰め、自らの学問の集大成として『群書類従』の出版を決意します。1793年、幕府に願い出て和学講談所を開設、幕府・諸大名・寺社・公家などの協力を得て、古代から江戸時代初期までに成った史書や文学作品、 計1273種を収集・編纂、1793〜1819年に木版で刊行されました。  日本の歴史・文化・芸能・芸術を知るための基本的文献であり、彼の偉業がなくして歴史・文学の学術研究はあり得ないと云われています。

Helen_keller_and_alexander_graham_bell ヘレン・ケラー(Helen Adams Keller、1880 - 1968)は裕福な家庭に生まれましたが、1882年、1歳半の時にしょうこう熱を患い、一命は取り留めたものの、聴力、視力、言葉を失い、話すことさえできなくなり、しつけを受ける状態ではありませんでした。1887年、彼女が6歳の時、両親はアレクサンダー・グラハム・ベル(Alexander Graham Bell 1847 - 1922)を訪問、 その助言を受けます。彼は世界初の実用的電話の発明で知られていますが、一方では彼の父親、アレクサンダー・メルヴィル・ベル(Alexander Melville Bell 1819 - 1905)が発明した「視話法」(発音の際の口の開き方を図で示し、発音を習得させる方法)を継承・発展させ、 当時最新の言語障害治療・聾唖者教育をしていました。相談を受けたベルはパーキンス盲学校を紹介し、卒業生アン・サリヴァン(Anne Sullivan 1866 - 1936)がヘレンの家庭教師をすることになりました。その後50年間、『奇跡の人』アンは良き教師・良き友人としてヘレンを支え、ヘレンはそれに応えて見事に三重苦を克服、障害者の福祉に大きく貢献しました。

 ヘレン・ケラーは、幼少時、盲目の塙保己一を手本に勉強したと云います。彼女の両親の相談を受けたベルは二人に塙保己一のことを語って聴かせたのです。ベルは以前、「視話法」を学んでいた日本人留学生、伊沢 修二(1851 - 1917 信州高遠藩出身)から詳しく聞いた塙保己一の話が深く印象残っていたのでしょう。伊沢は帰国して後、文部高官・教育者となり音楽教育や吃音・盲唖教育に貢献することになります。

 塙 忠宝の後を継いだのが塙 忠韶(はなわ ただつぐ 1832 - 1918)、維新後、歴とした幕臣、「奸賊」の子でありながら、明治政府から召しだされ大学少助教に任ぜられ、文部小助教、租税寮十二等出仕、修史局御用掛を歴任します。何者がそのように優遇するのか…、当初、忠韶本人は不可解であったでしょう。

 狂気の幕末、塙 忠宝を殺した下手人の一人は、その直後にあっさり攘夷を捨て、後に初代内閣総理大臣となった伊藤博文。彼は1909年、ハルビン駅で朝鮮民族主義活動家、安重根に暗殺されます。もう一人は、山尾庸三(やまお ようぞう 1837 - 1917)、維新後は障害者教育に熱心に取り組み、1915年には日本聾唖協会の総裁となります。
 
 埼玉県人には失礼ですが…、 車で走ると、だだっ広いだけの、誠に殺風景な関東平野ですが、塙 保己一の看板が大きく見えます。このものすごい人は武州児玉郡保木野村に生まれました。

 ※参考資料:司馬遼太郎『新装版 幕末 (文春文庫)
 
Your Support, Please.▼皆様のご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search