September 11, 2017

最近聞いたこの曲<12>  "Our Shangri-La"

このエントリーをはてなブックマークに追加
Our ShangriLa ストリームラジオから聞こえるデュエット、バック・コーラスの女性はすぐピンと来て、エミルー・ハリス(Emmylou Harris)と判りましたが、男性歌手:マーク・ノップラー(Mark Knopfler)を知りませんでした。どうも彼はボーカルだけでなくギター弾きで、 イギリスのバンド、ダイアー・ストレイツ(Dire Straits)に繋がります。ダイアー・ストレイツは70年代後半に現れ、彼等の大ヒット曲『悲しきサルタン(Sultans Of Swing)』一曲しか知りませんが、何故か妙に印象に残っています。知らないついでに…、「Dire Straits」とは何処かの海峡に因んだものと思っていましたが、実は、「ひどい苦境」という意味とは知りませんでした。

 解散後、マーク・ノップラーはソロとして活動、2004年にヒットしたのが『Our Shangri-La』でした。エミルー・ハリスが参加しているぐらいですから、どこかカントリー、ルーツ・ミュージックぽく聞こえます。因みに、シャングリラ(Shangri-La)はジェームス・ヒルトン1933年著「失われた地平線 Lost Horizon」に登場する理想郷・桃源郷・地上の楽園。1937年には同名の映画が公開され、以降「シャングリ・ラ(Shangri-La)」は世界中に定着しました。


"Our Shangri-La"

サーファー・ボーイやガールの
満ち足りた一日が終わる
太陽は湾に沈み
世界からこぼれ落ちていく
空にはダイアモンド
二人の宵の明星
二人のシャングリラ

炎をもっと強く燃やそう
まさに此処、そしてまさに今
此処あり、そして行ってしまう
何の帆密もなく
二人はもう愛さないかも知れない
ギターの音楽
二人のシャングリラ

今宵、君は美しく燃え
私の記憶の中に
天国の輪は回る
二人の上で永遠に
これは二人が達した天国
まさに此処、そしてまさに今
二人のシャングリラ

Your Support, Please.▼皆様のご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ     


express01 at 15:21│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Music | Recent Event

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
Performed by The KAYA Band
Back Issues At A Glance
QR 携帯電話から読み取ってアクセス!
QRコード
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
Search