April 12, 2017

犬一匹 One Dog Night

このエントリーをはてなブックマークに追加
 団地管理組合規約により犬・猫を始めとするペットの飼育は禁止されていましたが、我が家ではその「掟」を破って犬を飼ってきました。去年の組合総会で、ペットクラブによる規制を条件に、ペット飼育が認められることになり、別に他人様の目を避けている訳ではありませんが、晴れて「隠れキリシタン」の身から解放されることになりました。余談ながら、今までペット「反対」の声が大きく、これをひっくり返すのは難しいとの予想でしたが、総会の結果は「賛成」と飼育が認められることになりました。予想を覆す結果の種明かしは、住民の考えを聞くアンケートでは「反対」の声が大きいのですが、その年の理事会で「賛成」意見が過半数を占め、これが総会議案として提出されると、どんな議案でも(?)ほとんど間違いなく可決されます。理由は、アンケートに答えた住民の多くは、総会に出席せず、議決権さえも行使もせず、理事長宛の委任状を提出するからです。もちろん、私は結果にほくそ笑んだのです。

 かみさんは昔,冬場には必ず足温器がなければ眠られないぐらいの冷え性でしたが、更年期を境にした体質の変化に加えて、早朝1時間半、午後1時間半にも及ぶ愛犬の散歩という十分すぎる運動量のお陰で、体質が大きく変化したのか、今や冷え性に悩むことはなく、久しく足温器も見ておりません。愛犬:モモ、ビーグルの11歳、メス、体重9kg、人間で言えばそろそろ私達夫婦の年齢を追い越してよいはずですが、白髪は増えたものの、毛づやもよく、体力はまだまだ衰えを見せておりません。その愛犬と私を置いて、かみさんはまだ健在の母親の面倒を見に、明日から1週間、実家に行ってしまいます。

momo 愛犬:モモにすれば、散歩はかみさんと行くことに決めているのですが、彼女が居ない時は選択の余地がありません。私とモモは小山田緑地の山中(?)を4〜5kmは歩くでしょうか…、彼の地には、時々、本格的なハイキングの格好をした都内からの来訪者が地図を手にやって来ているのを目にしますが、彼等からすれば二人、私と愛犬はどのように映るのでしょうか。小山田有重の居城(現大泉寺)、万葉の横山の道、八幡太郎義家の「矢幹八幡宮」、護良(もりよし)親王・淵野辺義博の「縁切り榎木とわかれ橋」小山田高家に因んだ「忠生」地区、藤沢周平『蝉しぐれ』のタイトルバック「五反田谷戸の畦桜」、シャクナゲの群生「秘密の花園」、奥州古道「代官坂」、全ては愛犬:モモと二人で、あるいは三人で行ったところです。もし愛犬:モモが我が家に来なければ、こんな所まで行くことはなかったことでしょう。モモに感謝です。

 実は、「隠れキリシタン」にはもう一つ意味があります。今まで長い間、犬を飼っていない人、犬が嫌いな人の前では話題にしてはいけない、禁句のようなものと思っていました。そんな私に、かみさんが「新聞読んだ?」と、聞いてきます。

 『愛犬の暖かな添い寝』というタイトルの投稿でした。 投稿者は男性、毎朝出勤前に犬を連れて散歩に行くことが日課で、そのお陰で風邪もひかなくなったが、還暦を過ぎてからはやはり歳か…、久しぶりに寝込んでしまったそうです。問題はこれから…。「すると、いつもは妻と寝る犬たちが、私の枕元に来て付き添って寝てくれた。その暖かいことと言ったら…。心まで温かくなるものであった。 風邪の熱でつらい中、幸せなひとときであった。」
  今時、「犬は家族の一員」とばかりに、多くの人は室内で飼っているでしょうが、最近読んだ本曰く「愛犬との付き合いは、恋人ではなく、友人として」とあり、寝るところまで一緒というのは行き過ぎでは…、人に相談しようにも、こんな話しを出したら白い目で見られるのではないか…と、悶々とした日々を送ってきた、というのは大げさですが…、これを読んで安堵しました。

 続けて、男性は昔、エスキモーは冬の寒さを「今日は犬5匹の日だ」「いや8匹だ」などと、犬の数で表現するという話しを読んだと言う。そう言えば昔、「Old Fashioned Love Song」のヒットを飛ばした「スリー・ドッグ・ナイト Three Dog Night」というバンドがありました。

 明日からはかみさんがいません。しかたなく、愛犬のモモは私に添い寝してくれるはず。本格的な春はまだ、今日は「犬一匹」でしょう。

YOUR SUPPORT, please. 皆様のご支援をお願いします。
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ     


express01 at 08:34│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Local | Music

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search