January 20, 2016

グレン・フライ死去

このエントリーをはてなブックマークに追加
 1970年代に入ると、ニューヨークは景気の悪化、犯罪の増加、音楽スタジオの老朽化により、ミュージシャンには居心地の悪い街になってしまいました。1971年、デイヴィッド・ゲフィンがロサンゼルスに新しく設立したアサイラム・レコード(Asylam Records)が、「Asylam」とは、独仏語の「アジール(Asyle、Asile)、避難、亡命、保護、(亡命者などの)保護施設、聖域、不可侵」の意味、正にニューヨークのミュージシャン難民を受け入れたのでした。

 その一人がグレン・フライでした。フライは1948年デトロイト生まれ、バンド活動の後、活動の場所をロサンゼルスに移し、彼の地でソングライターのJ・D・サウザーやジャクソン・ブラウンと出会います。J・D・サウザーの紹介でリンダ・ロンシュタットのバック・バンドとなり、テキサス出身のドン・ヘンリーとともにイーグルス(The Eagles)を結成します。

 1972年、彼らのデビュー曲:『テイク・イット・イージー(Take It Easy  作:ジャクソン・ブラウン/グレン・フライ)』は大ヒット、これを期にジャンルとしてのカントリー・ロックは黄金期を迎えることになります。

Beverly_Hills_Hotel 多くのヒット曲を残してきた1976年、彼らの集大成とも云うべき最高傑作、『ホテル・カリフォルニア(Hotel California 作:ドン・フェルダー/ドン・ヘンリー/グレン・フライ)』が、後にも先にもない、大ヒットとなります。現に、イーグルスはこれを越える曲を世に出すことは出来ず、一世を風靡したカントリー・ロックの黄金期は一気に収束に向かいます。

 ブログを振り返ってみると、ビーチボーイズと並んで、いやそれ以上に…?、イーグルズがたびたび登場します。 『テキーラサンライズ Tequila Sunrise(2008/5/3)』、『アサイラム ASYRUM RECORDS、 黄金の1970年代(2009/9/14)』、『ホテル・カリフォルニアって何処にあるの?(2009/12/23)』、『『テキーラサンライズ』をもう一度(2010/3/24)』、『Standing on The Corner of Winslow, Arizona(2012/1/24)』、『Maruさん、ありがとうございました(2014/3/31)』

 如何に彼らをあこがれたか…ということでしょうが、未だに彼らの最後の、最大のヒット:『ホテル・カリフォルニア』をコピーしようとは思いません。

 10年前(?)、バンドのNobuさんとロサンゼルス近辺を旅行し、イーグルスがリンダ・ロンシュタットのバック・バンドとしてデビューしたクラブ:『トルバドゥール(Troubadour)』を訪ねたのが懐かしく思い出されます。…残念ながらお店は閉まっていましたが…。

 グレン・フライ死去、享年67歳。ご冥福をお祈りします。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 

I appreciate YOUR SUPPORT.  ▼ 皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 



express01 at 16:08│Comments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Music | Recent Event

トラックバックURL

この記事へのコメント

4. Posted by Isao   August 22, 2016 08:33
5 toraさん
ご指摘をありがとうございました。サルバドール(Salvador)は誤りで、正しくはトルバドゥール(Troubadour)です。言われて、Youtubeを探しましたが、グレン・フライの歌う『 Caroline, No』は残念ながら再生出来ませんでした。
3. Posted by tora   August 19, 2016 17:38
5 Gフライ最後のソロアルバムでのビーチボーイズのカバーは胸が締め付けられました。
あとサルバドール(Salvador)→トゥルバドールかも
2. Posted by Isao   January 21, 2016 19:11
5 Nobuさん コメントありがとうございます。両親、あこがれだった俳優・歌手、友人そして兄弟…、徐々に自分に近づいて来ます。残された人生、楽しみましょう。
1. Posted by nobu   January 21, 2016 17:42
5 本当に残念です。
特に年齢も近いし、人生ってこんなものかもしれません。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search