August 13, 2015

何年ぶりかの渋谷で、映画『ラブ&マーシー』

このエントリーをはてなブックマークに追加
Love & Mercy  関西に住む友人に「ビーチ・ボーイズのファンよね。彼らの映画が来ているわ…」と指摘されて初めて知った映画:『ラブ&マーシー Love & Mercy』を観に渋谷まで行ってきました。もっと近くで観られると思ったのですが、八王子の公開予定が9月で、この夏の思い出の一つに入れるには遅すぎます。渋谷に出るのは何年ぶりか、さすがに若者文化の街、通りを歩いていても彼らの速度について行けません。少し気後れしてしまうのは正直なところです。

  ビーチ・ボーイズとの出会いは私が中学1〜2年の時に遡ります。当時、ラジオのヒットパレードにはビートルズかビーチ・ボーイズがランクインしていない日はなかったのではないでしょうか。私が彼らの曲を最初に買ったのは『Surfin' USA』、ビートルズの『抱きしめたい "I Want To Hold Your Hand"(1963)』、『プリーズ、プリーズミー Please, Please Me』よりも遅かったように思います。1963年の出来事でした。アイドルバンドから始まったこの二つのバンドは、お互いに意識し合って、競うように、単なるアイドルから脱皮するかのように、新しい音楽を目指していきます。

 ビートルズの『Rubber Soul (ラバー・ソウル 1965)』が従来のアルバムの概念を替えてしまいました。ボブ・ディランの『ブロンド・オン・ブロンド Blond On Blond』に触発されたというこのアルバム、まず最初にこのアルバムタイトル、ビートルズ初めイギリスのバンドが、アメリカ黒人ミュージシャンから「Plastic Soul」、「まがいもののソウル、ソウルもどき」との酷評に対する彼等の皮肉でした。アメリカのアルバムといえば、員数合わせのような、単に10〜12曲の詩を何の脈絡もなく並べたものでしたが、『ラバー・ソウル Rubber Soul』はコンセプトアルバムであり、彼等が既にアイドルの域を抜け出し、バンドの各人がアーティストとして確立されています。

 ブライアン・ウイルソンはこれに大きな影響を受け、アルバム:『ペット・サウンズ Pet Sounds』(1966)を制作します。そのころから、彼の精神の崩壊が始まります。
ブライアン・ウイルソン

 かつて、朝鮮戦争の時代にジャズが流行したように、時代はベトナム戦争・北爆が激化、アメリカ国内では徴兵拒否など厭戦気分が高まります。ヒッピー、フラワー・ムーブメントが興り、音楽文化では、ジャズに代わってロック・ミュージックが流行、極めつけはサイケデリック・ミュージックに至りました。※因みに、 psychedelic= psyco(精神病質の・錯乱した) + eccentric(変人・奇人、奇抜な)で、幻覚状態を想起させるの意味。髪の毛を伸ばして髭をはやし、マリファナ、LSD、フリーセックス等の言葉に代表される対抗文化が絶頂期を迎えることになります。

 60年代、彼に嫉妬する癇癪持ちで暴力的な父に…、そして、80年代には彼を救うはずの精神科医の異常なまでの監視に…、彼は脅えた…と映画は描いています。厳格な父から逃れるために…、何よりも、新しい音楽的境地に辿り着くために、彼は自ら求めてマリファナ、LSDを借りてサイケデリックな世界に入り込んでいったのではないでしょうか。挫折した元ミュージシャンの精神科医:ユージンとの付き合いもそんなところから始まったのではないかと想像します。現に、メンバーの一人、弟のデニス・ウィルソンはサイケデリックな音楽を指向して、狂信的カルト指導者チャールズ・マンソンと関わったこともよく知られています。チャールズ・マンソンは映画監督:ロマン・ポランスキーの妊娠中の妻:シャロン・テートをナイフで滅多刺しにした『シャロン・テート事件(1969)』の教唆犯、主犯で、事件は対抗文化の負の遺産として記憶されている。※残念ながら映画では触れられていません。

 『ペット・サウンズ Pet Sound (1996)』はブライアン渾身の作にもかかわらず売れませんでしたが、このアルバムに触発されたビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (1967) 』 は大ヒット、このアルバムが認められたのは発売後30年以上も経った2004〜2005年のことでした。 正直なところこの、一般大衆と同じく、ミーハーでポップな音楽を求めていた私も、この辺りから、スタジオ録音ばかりでオーケストラが入ったりする、ビーチ・ボーイズもビートルズもあまり好きではなくなりました。しかし、次のアルバム:『スマイリー・スマイル Smiley Smile (1967)』に在る『グッド・ヴァイブレーション Good Vibrations』は傑作と認めざるを得ません。

 大阪中之島、フェスティバルホールに『Surfin' USA』を歌うビーチ・ボーイズを目の前にしたのが高校生の時、あれから〇十年、バンドの吉野さんと一緒にブライアン・ウイルソンを聴きにいったのが10年前でしょうか…、中学・高校生の当時あこがれた彼らの曲をこの年になってバンドで歌うとは想像もしませんでした。
Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 

I appreciate YOUR SUPPORT.  皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


express01 at 20:20│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Movie | Music

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search