December 31, 2014

第6回 かってに、HKX紅白歌合戦

このエントリーをはてなブックマークに追加
 先日の日曜日は音楽漬けの一日で、午前中は地元中学校ブラスバンドの演奏会:「アンサンブル・コンサート」、皆さん一生懸命で非常に好感を持てたのですが、音楽を聞く側の立場からすると、アンサンブルの意味にも通じるのですが、その曲の出来不出来は曲の最初と最後の部分が全員で「ピシーっ」と決まるかどうかよるようです。

 午後は久しぶりのバンド練習、午前は聴衆・聞き手側に立っていた私が、一変、逆に演奏者として「ウッドストック Woodstock」挑戦したのです。私のよく知っている曲で自信を以て臨んだのですが、どうも…、私が勝手に理解している曲と本物の曲の進行とは違うようで、頭ではその違いが理解できても、残念ながらその演奏(歌)を修正することができていません。結果としては、中学生の吹奏楽のアンサンブルをとやかく言う前に、自分のパート、演奏(歌)がお粗末でした。

 この1年を振り返ってみると、順送りとは言え、今年は管理組合の副理事長を引き受けてしまい、多くの時間をその活動に費やしました。現役の時代は幸いな事に何も重要な仕事もして来ませんでしたが、今回はその罪滅ぼしのために、理事会でやるべきことは率先して、私なりに一生懸命やって来ました。自ずと、音楽に費やする時間・情熱も削がれてしまっているようです。Nobuさんはもう一つのカントリー・バンドでペダル・スチールを彈いており、聞く話ではレベルが高いそうで、プレッシャーがあるそうです。自ずと、彼のエネルギーも向こうのバンドに行くでしょう。もう一つ忘れてはならないのは、ベースのMaruさんが辞めてしまったこと餅を焼くで、音の厚み・リズムが弱くなったように思えます。皆んなが知っているビートルズの曲をやろうという話も、今のところたった2曲止まりで次が出ません。あれやこれやで、で今年のバンド活動は停滞したと言わざるをえません。お餅を焼きながら今年の反省でした。

第6回HKX紅白歌合戦
 ということで、今年の「第6回紅白歌合戦」、エントリー自体が少なく、Nobuさんの「Back In The USSR」、Kunさんの「Norwegian Wood」そして私の歌う「Who'll Stop The Rain」の3曲、どうも完成度が低くイマイチ、「ピシーっ」とまでは行っていません。


 新春には「ウッドストック Woodstock」をお聞かせしましょう。良い年をお迎え下さい。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


express01 at 22:00│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Music 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search