December 20, 2014

アンサンブル ensemble

このエントリーをはてなブックマークに追加
brassband 近所の小山田中学校吹奏楽部はクリスマスを前に父兄・地元住民を招いて演奏会を開くようで、この私も「アンサンブル・コンサート」の招待状を頂きました。夏の祭:「団地祭」の舞台でも見事な演奏を披露、団地住民にも多くのファンがいます。日曜日午前中らしく、プレゼントするお茶菓子をお土産に、おじゃましてみようと思っています。

アンサンブルコンサート招待状 その招待状を机の上に置いてこの文を書いています。この歳になって、今さら聞けない…言葉の意味はたくさんあるのですが、何とか事ある毎に自分の無知を晒さずに済むのはインターネットのお陰です。この「アンサンブル」とは…、フランス語のensemble、あるいはその借用語としての英語だそうです。集合体、《洋服・ファッション》全体としての統一感・調和のある、異なる服やアクセサリーの組み合わせ、《音楽》合唱曲、合奏曲、合唱団、合奏団、《バレー・演劇・オペラ》「その他大勢」的な人たち・助演者の意味。sembleは「似せる」の意味があり、英語のassemble(集まる、会合する、集合する、組み立てる)と同根でしょうか…。

 洋服・ファッションの世界では、今日の庶民はユニクロの商品だけで上から下まで揃えれば取り敢えずコーディネートがなり(選択眼は不要)、お金持ちはPradaやGucciで揃えればそれほど難しいものではないかも知れませんが、音楽では、単にリズムと旋律が同じでは合唱・合奏は無意味、楽器が異なり、各パートの発する音声は全体的に統一・調和していなければなりません。英語ではaccord、chord、harmony、tune、unityに近いように思われますが、洋服・ファッション・音楽、いずれにせよ原理・原則は学ばなければなりませんが、残念ながらこの領域は「好き・嫌い」、詰まるところは「センス」の問題です。

grand hotel movie 映画・演劇の世界では「モンタージュ(フランス語:montage)」と並んで、「アンサンブル」という編集技法があり、前者は初期の言語的要素を映像に置き換え、後には同時撮影したものをフラッシュバックに発展して行きます<時間の技法>。後者は映画:『グランド・ホテル』に代表されますが、とある大きなホテルを舞台に複数の人間模様(エピソード)がそれぞれ独立して、同時平行的に描かれます<空間(場所)の技法>。

 日曜日、午前中の「アンサンブル・コンサート」が終わると、遠く車で2時間、狭山市でのバンド練習です。出来ることならば、イアン・マシューズ(Ian Mathews & Southern Comfort)の「ウッドストック Woodstock」をものにしたいところですが、我々3人のアンサンブルはうまくいくのでしょうか…。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


express01 at 16:02│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Music | Movie

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search