April 12, 2013

ガラケー

このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone 5「ガラケー」…、「アキバ系」と同じく、新しく生まれたアイドル、ゲーム、お笑いのジャンル、領域なのか…、と思いきや、これが「ガラパゴス・ケータイ」の略で「日本で独自に進化したケータイ」の意味だそうですが、もう少し上品な響きにして欲しいものです。スマート・フォンの普及で、それまでのi-モード初め日本における独自の進化と区別するための新語です。

日本の独自の進化=ガラパゴス化、これは別にケータイに限ったことではありません。日本の歴史・文化そのものが独自の進化をして来たガラパゴスで、その中核・核心をなすのが日本語という言語です。地理的にはユーラシア大陸の東端、東アジアに在って、巨大な中国文明の恩恵を被り、恩恵は被りながらも中華冊封体制から離脱、以降、独自な文明を築いて来ました。

中国文明の恩恵は、朝鮮半島を経由して、中国の文字と書物である、漢字と漢文という形でもたらされました。実際に日本人が日本語の表記に漢字を使用し始めたのは6世紀に入ってからのことです。言語学的には、中国語は孤立語で日本語は膠着語(膠(にかわ)でくっつけるの意)、全く言語体系が異なります。日本人は、行きつ戻りつ、日本語に作りなおして読むという方法は日本語史上最初の大発明でした。千数百年にも渡り、この方法で、欧米人にとってラテン語に当たる中国の古典を学んだのです。「読み下し文」という方法は文章としての日本語を誕生させ、ついには日本文学史上最高の傑作とされる『源氏物語』を生むことになります。

「一所懸命」の通り、開拓者・耕作者に依る土地所有は合理主義を産み、鎌倉幕府による武家社会が始まった。以来、明治、近代国家に至るまで、この武士社会は約7百年続くことになります。朱子学者にして、対馬藩に仕えた雨森芳洲(1668〜1755)は新井白石(1657〜1725)を相手に、王のもとに、文官が支配する朝鮮は「王道」であるが、徳川幕府(中央)と藩(地方)、武官が支配する体制は「覇道」である、と喝破した通り、日本は中国・朝鮮とは全く異なる武家社会を作り出し、江戸時代にはそれが決定的となりました。

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神識字率は70%〜80%に達し、商品経済の発達はさらなる合理主義、現実主義を生み、文学ではこれを反映して井原西鶴(1642〜1693)が登場、学問は実証的となります。「覇道」の主体、人口の7〜8%を占める武士階級が租税徴収及び行政を担い、幕府・大名はともかく、農民・商人よりも貧しい中下級武士が多く存在した。知識階級である彼等は清貧で、自律的、潔く、下の階級からも尊敬されていました。武士だけではなく、多くの商人が知識階級として、自律的に、公共へ奉仕する、という現象が見られるのは、マックス・ウェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』に通じるところがあります。

ペリーの黒船来航、それ以降を幕末と呼びますが…、は日本の歴史においてまさに驚天動地。西洋の文明・学問が怒涛のように押し寄せ、アヘン戦争に負けた中国のように、日本も西洋の植民地になるのでは、という恐怖に怯えました。その対抗策である富国強兵の為には西洋文明:学問・法律・制度等々、日本には存在しなかったもの、概念など、広大な領域をカバーする多くの新しい語彙を造語しなければなりませんでした。津和野藩の蘭学者:西周(にし あまね 1829〜1897)は、例えば…、芸術・理性・科学・技術・心理学(では意識・知覚・感覚・理性)・論理学(では帰納・定義・総合・分解)・哲学(では客観・主観・抽象・概念)…を造語しました。西を始めとする先人たちは怒涛のように押し寄せて来る西洋語の意味を深く吟味し、それを日本語に訳することを思いついた。日本語史上二番目の大発明でした。これは、千数百年前中国から漢字を取り入れて以来、「訓読み」で文字の持つ意味、「読み下し文」で文章の意味を理解する日本人ならではの発想でした。

「Republic」は、日本製漢語では「共和国」ですが、中国語では「民国」と訳されました。「辛亥革命(1911))で「中華民国」が建国されますが、これは中国語訳です。ところが、1945年、日本の敗北によって第二次大戦は終了、中国共産党は国民党に勝利して、1949年、「中華人民共和国」を建国、採用された「人民」、「共和国」は日本製でした。日本からの独立を果たした朝鮮半島では、北側は「朝鮮民主主義人民共和国」、「人民」、「民主」、「主義」、「共和国」と、長い国名のほとんどが日本製漢語です。南の韓国では、台湾に逃れた「中華民国」と同じく、「大韓民国」と中国訳を使っています。

以前にも書きましたが、中国系マレーシア人の知り合いから、「日本人はどうやってハリウッド映画をみるのか?」と聞かれて私にはショックでした。インドネシアではマレー語で書かれた書物も少なく、インド、東南アジアでも似たようなことが言えるようで、高度な概念を表す自国語が存在しないのか…、大学に於いてその内容を自国語では講義出来ず、英語に頼らざるをえないという事情があるようです。

幸いなことに、二度の言語上の大発明を経て、日本人は大した抵抗もなく近代社会に入ることが出来ましたが、同時にその大発明はあくまで「読み書き」、優れた言語故に残念ながら「聞く・しゃべる」能力を退化させたようです。東南・東アジア文明にも入れてもらえず、百年前に福沢諭吉の唱えた「脱亜入欧」も実現せず、孤立する日本、友人もいません。日本語が如何に優れた言語にせよ、残念ながら、英語のように世界言語にるのは不可能でしょう。

暗い話になって行きそうで…、もう止めます。私も、最近、あこがれのiPhone5を手に入れました。

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神〈上巻〉 (1955年) (岩波文庫)

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search