October 02, 2012

高山彦九郎、生国は上野新田郡

このエントリーをはてなブックマークに追加
娘家族が渋川市に住むようになったのがその理由…、ではないでしょうが…、群馬県が妙に身近に感じるようになりました。

律令制以前、中部より以東の関東地方には蝦夷が住んでおり、その地の開拓・屯田を目的に渡来人を置いたが、その一派:毛野氏(ケヌウジ)が毛野国(ケノクニ 群馬県+栃木県)、の豪族でした。110年、ヤマトタケル軍は『足柄峠』を越えて東国に入り、関東地方の外縁部を反時計回りに平定しました。この地で、東国を望みながら、亡き妻を追慕して「ああ、吾妻はや(わが妻よ…)、恋しい」と嘆いたことから東国を「あづま」と呼ぶようになります。律令制下では、都により近い上毛野国(カミツケヌ)と遠い下毛野国(シモツケヌ)の二国に分かれた。「毛」は二毛作の毛、昔この地域が穀物の産地であったことを示すもので、「下毛」から下品な想像をしてはいけません…、後に「上野国(コウズケ 群馬県)」と「下野国(シモツケ 栃木県)」となる。「毛」の字はなくなるも、その音、「ケ」は残ったことになり、合わせて両毛(リョウモウ)と呼ぶそうです。
木枯らし紋次郎_3

時代はぐっと下って江戸時代、上州といえば、佐位郡国定村の忠治と小説:「木枯し紋次郎」を知っているぐらい、彼等の百年前、紋次郎とほとんど同じ場所:新田郡(にったごおり)の豪農の次男に高山彦九郎(1747〜1793)は生まれました。林子平、蒲生君平と並んで、「寛政の三奇人」の一人です。奇人の「奇」とは「傑出した」、「優れた」という意味であり、「奇妙な、変人奇人」の意味ではありません。

その先祖は、新田義貞の配下として活躍した十六人(「新田十六騎」)の一人:高山重栄と言われ、幼少より勤皇の志を持ち、18歳のときに学者を志して京へ遊学、全国各地を遊歴して勤皇論を説く。かといって、生業も持たず、家業も手伝わずでは、家中、地元では評判の悪い放蕩息子でした。遺された彼の日記は、その健脚ぶりだけではなく、社会・政治状況の重要な資料であり、多くの学者、画人、商人、刀工など、あらゆる階層に属する各地の知人・友人との交流の記録は驚嘆に値します。

天明の大飢饉「天明の大飢饉(1782-1788)」が発生、特に奥州(東北地方)は惨憺たるもので、弘前藩では逃散した者も含めると藩の人口は半減、津軽・南部両藩では、死者が十数万人に達したと伝えられている。浅間山が噴火(1784)、京では大火(1788)が発生、社会不安が増大した。目を外に転ずると、ロシアが南下、千島・蝦夷をうかがう動きを示すようになり幕府・知識階級は大いに危惧を抱くようになりました。奥州白河藩主:松平定信はこの大飢饉の中、倹約に努め、領民に対する食料救済措置を迅速に行ない、藩内では餓死者は出なかったと言われている。その手腕を認められた定信は老中首座となり、幕閣から旧田沼系を一掃して、「寛政の改革」を進めたのはよく知られるところです。山口鉄五郎ほか「蝦夷図」

内憂外患の情勢を自分の目で確かめたい…と、彦九朗は蝦夷地に向かいます。1790年(?)6月5日江戸を出立、下総、常陸を経て奥州街道を北上、三厩(みんまや)を経て、渡海すべく、9月3日に元宇鉄(もとうてつ)に至りますが、蝦夷地でのアイヌ蜂起事件の余波で叶わず、渡海を断念します。やむなく来た道を戻ることになり、仙台に林子平を訪ねたのは10月24日でした。蝦夷地を見ることは出来なかったものの、4ヶ月半にも及ぶ往復の道中で見聞した「天明の大飢饉」の惨状、知人・友人との交歓・酒宴、その紹介で次の宿泊場所を確保、旅費が乏しくなると彼等から借金…、これらが事細かく日記に記録されています。 ※その道程:続きを参照。

彦九朗が、奥州の飢饉が天災ではなく武家の無能・無為無策が原因の人災である、という結論にいたり、以降、幕府への憎悪をたぎらせたのは、武家による武断政治を廃し、天皇を頂点とする文治政治を理想とする彼の自然ななりゆきでした。武断政治への批判勢力を結集を目的に京都に向かうことになります。

彦九朗を追いかけて、蒲生君平は、故郷の下野国宇都宮を発して奥州路を北上、津軽藩領の三厩に至った。渡海できず引き返したという話を聞いた君平は奥州路を戻ったが彦九朗に会うことができず、塩釜に親交のあった知人を訪ねると、彦九朗は仙台に滞在していると言う。林子平の居候先に訪ねるも、林子平は不在、彦九朗は3日前にすでに京都に発ったという。「寛政の三奇人」は、わずか3日の差で、遭うことが出来ませんでした。

高山彦九郎像
学生時代、教科書にあったと記憶するだけで、それ以上の知識はありませんでしたが、京阪三条駅、三条大橋の東、皇居に向かって伏している高山彦九郎の像はよく覚えています。わずか3日の差で残念でしたが、その像、今では「土下座前」と呼ばれ、絶好の待ち合わせの場所になっているそうです。

※ Amazon: 「彦九郎山河」 「街道をゆく 3」
 
Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング
 


江戸を、6月5日出立。木更津→館山→乙浜(6/16)→一宮(6/20)→犬吠埼→大貫(6/30)→水戸→太田→天下野村(7/6)→棚倉→釜の子→矢吹→郡山→二本松→福島→(米沢道)→板谷宿→米沢(7/24出立)→添川村→梨郷村→赤湯町→(最上街道を北へ)→最上峠→小岩沢宿→上山町→(羽州街道)→片谷地村→南館村→山形町→山ノ辺町→石室(8/4)→鶴岡→酒田→(羽州浜街道)→象潟(8/13)→本庄→長浜→秋田→湊(土崎)→大清水→大館町→(矢立峠)→湯ノ沢→碇が関→弘前→(羽州街道)→津賀野村→浪岡町→青森→蟹田宿→砂が森→今別宿→三厩→釜野沢→元宇鉄(9/3 ■■■最北端■■■)→蟹田宿→左関→油川→青森→(奥州街道を東へ)→原別→野内宿→浅虫(9/10)→土屋村→狩場沢→野辺地→長者久保村→石文村→七戸町→天間林村→五戸町→(八戸街道を南下)→八戸→(久慈街道)→田代村→小袖村→八日町→川平村→夏坂村→毛馬内→花輪→盛岡(10/3)→黒沢尻→水沢宿→中尊寺村→黒石→渋民→奈良坂→七北田宿→仙台(10/24 4日滞在 林子平と面談)→塩釜(10/28) 神官:藤塚知明に3泊→仙台(林子平の部屋住み 11/3 出立)

(奥州街道を南へ)→二本松→郡山→須賀川→白河→越堀宿→大田原→(日光道)(中仙道)→横川関→岩村田宿→諏訪宿→大井→河渡→番馬→大津(11/29)→京都(11/30)


express01 at 17:47│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック History_Japan 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search