October 19, 2011

ステージ・フライト Stage Fright

このエントリーをはてなブックマークに追加
Nobuさんとデュエットを組んだのが2007年6月、それから半年後、2008年1月、『Sister Golden Hair』で衝撃のデビュー!。…というほどたいそうなものではありませんが…おっかなびっくり、ブログで紹介しましたが、「上手い」とか「下手」とか…、皆様からのコメントは一切ありません。それから2年後の2010年2月にはKunさんがドラムで参加して以降はバンドらしくなって来た、とは思われませんか?。

この4年間、Nobuさんは新しくギターを購入して、地元のライブハウスにも出たり、より一層自分の時間を音楽活動に費やしていますが、未だ現役で働いているKunさんはともかく、私は自分の音楽に耽溺するほどにはギターが上手い訳でもなく、35年ぶりに押し入れから出したギターを35年前と同じ技量で弾いております。

DDB_1It Never Rains in Southern California _1Let Your Love Flow_1More Than_1


pretty woman_1surfin' usa_1smokin boogie_1Wansaka_1



そんな我々ですが、誰からともなく「ステージ・デビューしよう!」という声が上がり、10月末の土曜日、いつもの鶴ヶ島での練習の後、東松山まで遠征…(?)、Nobuさん馴染みの店から出演の依頼があった訳でもなく…、もちろん、当方からお金を出して、オープン・ステージに立たせて頂くことになりました。以前にも書いたとおり、私と違って、あとの二人は大学時代からバンドの経験者、人前で演奏するのは当たり前、彼等は強い快感さえ覚えている様子…。

それに比べて…、かけ声に大いに賛同したものの、私には舞台に上がった経験がありません。「舞台の上では暗くて歌詞がよく見えない。老眼鏡ではなおさら…」、「練習では、お互いに顔・口の動きを見ながら出来たが、舞台の上ではそうは行かない…」等々、内心、その日が近づくにつれ、不安が募ります。

私の人生で最も好きなバンド:The Bandの歌う、最も好きな曲の一つ、『ステージ・フライト Stage Fright』を訳してみました。「舞台恐怖症、舞台負け、気後れ・場遅れ」、と訳するのもどこかヘンです。もう一つのRoot Music Band: CCR(クリーデンス・クリアウォター・リバイバル)の歌の様には行きません。難しいです。誰か正解をご存じの方、お教え下さい。              読みながらお聴きください。→続き


彼等の曲は、…好きなのですが…、歌えません。ハーモニーを聞かせる歌ということで、『Memphis』、『Lodi』、『Proud Mary』、『Bye Bye Love』を候補にあげています。ステージをお楽しみに!

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


on stage in the spot light 2














ステージ・フライト by Robie Robertson

孤独な少年の心の奥深く
過去に犯したことへの報いに悩み苦しむ
こんな田舎の少年に富と名声がやって来た
その日を境に彼は昔の彼ではない

ステージの上であがってるやつを見てみな
懸命に踏ん張って立っている
スポットライトに捉まって
俺達が最後までやったら
やつは最初からもう一度やりたがるさ

強い酒が好きだ
飲み過ぎで死ぬかも…、って医者に脅されたよ
曰く、「あんたのやり方で隠せるよ、
目に現れる恐怖を決して見せちゃだめ」

ステージの上であがってるやつを見てみな
懸命に踏ん張って立っている
スポットライトに捉まって
俺達が最後までやったら
やつは最初からもう一度やりたがるさ

やつが怖いと言ったら
言うがままに信じてやれよ
惨めな少年が支払った代償のために
やつは歌う、鳥の様に

額には汗、口は渇き
着飾った人たちが流れて行く
審判の時は手の届く処に
持ちこたえるべき悪夢はあと一つだけ

ステージの上であがってるやつを見てみな
懸命に踏ん張って立っている
スポットライトに捉まって
俺達が最後までやったら
やつは最初からもう一度やりたがるさ

もう一度やりたいのかい
やつをやめさせちゃだめだよ
やつに最初からやらせてやれよ
やつにもう一度最初からやらせてやれよ


トラックバックURL

この記事へのコメント

4. Posted by Isao   December 14, 2015 09:15
4 みんすけさん
 こんにちは。
 ご訪問頂き誠にありがとうございます。「Stage Fright」の和訳、正確かどうかは判りませんが、参考にしてくいただければ嬉しく思います。
 私も、Bob Dylanと一緒にやり始めた頃からThe Bandのファンで、輸入盤の『Basement Tape』や海賊版の「? at Hollywood Bowl」を手に入れて得意になったものです。
 彼らの「WS Walcott Medicine Show」をご存じですか…。今日あたり、彼らの話題に絡めてひさしぶりに書こうと思っております。数日中には完成の予定ですので、もしよろしければ、ご訪問ください。
 ありがとうございました。
 
3. Posted by みんすけ   December 13, 2015 19:42
Stage Fright
の訳を探していました。
こんな歌詞だったんだ〜!
と感動しています。
洋楽が大好きなのに
英語が苦手なもので。。。
特にボブディランや
ロビーロバートソンのは
意味深過ぎて難しい気がします。
とにかく、ありがとうございます!!

2. Posted by イサオ   October 21, 2011 14:01
5 Nobuさん ありがとうございす。コメント、ごもっともです。今回は、The Band の曲:「Stage Fright」を使いたいが為にこの話題を取り上げました。ブログ本分より、訳に時間がかかってしまいました。その訳…、どうも自信がありません。
1. Posted by nobu   October 20, 2011 16:09
5 オープンステージに関しかなりの意気込みですね。気楽にやるのが一番です。だって見ている人は、自分のやることしか考えてなく、真剣に聴いている人はいないから。 カラオケに行って、人が歌っているときに、自分は次に何を歌おうか、カラオケの本をめくっているのと同じです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search