July 26, 2011

夜汽車よ、ジョージアへ Midnight Train To Georgia

このエントリーをはてなブックマークに追加
今もそう呼ぶのでしょうか、ソウル、R&B(Rythm & Blues)。どうも好きになれませんでしたが、この曲は数少ない例外の一つです。『夜汽車よ、ジョージアへ  Midnight Train To Georgia』 、グラディス・ナイト & ピップスの1973年の大ヒットでしたが、残念ながら、彼らが他にどんな曲を歌っているのか全く知りません。

これほど直球、ストレートな訳で、これまた日本人に受けるタイトルはなかったのではないでしょうか。ただ、各単語を訳したら、琴線にに触れるような、それらしいタイトルになってしまった、という感じです。かまやつさんの『どうにかなるさ』にもありますが、「夜汽車」が出てくると内容以上により暗く、切なく、哀愁を感じさせます。力強く、テンポの速い彼らの曲、R&Bやゴスペル、にはどうもそぐわない感じがしたのですが、私の想像するその理由はこうです。

『どうにかなるさ』のパクリ(?)かどうか…の問題はさておき、この『夜汽車よ、ジョージアへ  Midnight Train To Georgia』こそ元歌(?)があります。ジム・ウェザリー(Jim Weatherly)は1974年、
『The Midnight Plane To Houston』を世に出します。お聴きのように、ちゃんとペダルスティール(?)が入っており、レコード会社の担当者はこの歌手がカントリー出身、この曲がカントリーであることを知っていたのです。彼は、何の苦労もせず、単に直訳して日本語タイトルを付けたのでしょう。『夜汽車よ、ジョージアへ  』とはカントリーにこそぴったりなタイトルでしょう。



この曲が世に出る経緯を彼自身が語っています。→ SONGFACTS 以下訳

私の友人、リー・メジャースファラ・フォウセットに電話で話した後にこの曲を思いついた。私たちはロサンゼルスで一緒にフラッグフットボールリーグでプレーしていました。リーはファラと付き合い始めたばかりでした。ある日リーに電話をすると、ファラがでました。話を続けると、彼女は今荷物をまとめているところと言います。彼女は家族に会うためにヒューストン行きの夜間飛行便に乗るようでした。話をしたのはほんの僅かな時間でした。電話を終わってこの曲を書き上げましたが、ほんの30〜40分ぐらい…、そんな感じでした。全く時間はかからなかった。というのはたぶん、リーとファラを曲中の人物としたからでしょう。

少女は成功しようとロサンゼルスにやって来たが、夢は叶わず、故郷へ帰ることになります。彼は彼女と一緒に旅立ちます。

至極単純な物語ですが、私にとっては現実であり、素直なことでした。私は彼らのためにこの曲を歌い、彼らもこの曲を好きでした。最初のアルバムに「Midnight Plane To Houston」を載せましたが、その半年〜一年後、アトランタのソニー・リンボーがシシー・ヒューストン(Cissy Houston ホイットニー・ヒューストンの母親、ついでにディオンヌ・ワーウィックの叔母)の曲として使いたいと言ってきました。電話で言うには、もっとリズム&ブルースぽいタイトルに、「Midnight Train To Georgia」に変更してもよいだろうかとのことで、「作者と発行者名さえ変えなければ何をやってもいいよ」と言ってやりました。




そんな経緯で、シシーの「Midnight Train To Georgia」は出来上がり、R&Bとカントリーの間をねらった曲として、R&Bチャートにも顔を出すようになりました。これをグラディスが聞きます。グラディスの曲で聞こえるバックグラウンドコーラスは既にシシーの歌にも現れていますが、より鮮明に、より重要な位置を占めるようになりました。そして、グラディスの曲は「かっこいい」怪物レコードになってしまいました。




Midnight Train To Georgia 夜汽車よ、ジョージアへ

LAは彼には荷が重すぎたようだった
厳しい現実を知って、彼は今の生活を捨てる

見つけるために帰ろう、という。
彼の世界に残されたものを探しに
そんなに遠くない時期に捨てた世界に

彼は去っていく。
真夜中のジョージア行きの列車に乗って
そう、彼は帰ろう、という
もっとシンプルな場所と時間を探しに
(彼が汽車に乗り込む時、彼の傍らには、誰がいると思う?)
私は彼と一緒に行くわ。
(君なら、きっとそうするさ。)
真夜中のジョージア行きの列車に乗って
私は彼の世界に住むわ
(彼の世界に住むわ)
彼のいない、自分の世界に住むよりは

彼はずっと夢見ていた
スターになることを
(スパースターへの夢、でも叶わなかった)
彼はその道が厳しく
夢がいつも叶えられるとは限らないことを知る
(夢はいつも叶うもとは限らない)
だから夢の全てを質に入れ
おんぼろの車も売り払った
かつて馴染んだ生活に戻る片道切符を買うために
彼はそうしたの、彼は出て行くと言ったの


express01 at 20:42│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック My Scrap Book | Music

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search