March 09, 2009

ブルースェードシューズ Blue Suede Shoes

このエントリーをはてなブックマークに追加
小泉元首相はプレスリーの大ファンだったそうです。私の記憶しているプレスリーは、映画に転向していた彼が、音楽活動に復帰する「エルビス・オンステージ」の時代です。既に中年の域に入り、「ドーナツの食い過ぎ…」とまことしやかに言われるほど、デビュー当時の面影は全くありませんでした。彼の体型はどうでもよいのですが、どうも音楽的に好きにはなれませんでした。Blue Suede Shoes

1956年、彼は「監獄ロック Jail House Rock 」に続いて「ブルースェードシューズ Blue Suede Shoes 」を大ヒットさせることになります。好きではありませんでしたが、曲の出だしは何故か覚えているのです。「One for the money, Two for the show, Three to get ready now 〜」の「〜」の部分がわかりませんでした。多くの皆さんもそうではないでしょうか…。

この曲がカール・パーキンスの作と教えてくれたのは相方(あいかた)の彼、「マッチボックス Matchbox」の次は、自然な流れとして、この「ブルースェードシューズ Blue Suede Shoes 」となってしまいました。お聞き苦しいとは思いますが、ご辛抱下さい。▼



Well, its one for the money,
Two for the show,
Three to get ready,
Now go, cat, go.

But don't you step on my blue suede shoes.
You can do anything but lay off of my blue suede shoes.

何故か記憶に残っている曲の出だし、歌詞はわかりましたが、その歌詞が何を歌っているのか全くわかりません。「ブルースェードシューズ」誕生にまつわるいくつかの逸話があるそうですが、最もそれらしいのがこれです。

サン・スタジオ(Sun Studio)の音楽仲間、ジョニー・キャッシュ (Johnny Cash)がカールと一緒に巡業中、これを基に曲を書けば、と軍隊時代に聞いた話を彼に聞かせたのでした。それは、ドイツでの兵役時代、支給された軍靴は「ブルースェードシューズ」と呼ばれ、ある時食堂で誰かが「俺のブルースェードシューズを踏むなよ!」としゃべっているのを聞いた、という話でした。

数日後、カールは次の巡業先で演奏中、ステージ近くで踊っているカップルが目に入りました。女性はとびきりの美人、相手の男性はブルースェードシューズを履いていました。踊りながら、彼はパートナーに曰く、「僕の靴を踏まないでくれよ!」 美人の彼女よりも、彼は自分の靴の方が大事だったようです。

少々出来すぎの感が…。
「僕をノックアウトしても、街中に僕の悪口を言いふらしても、僕の家を焼いてしまっても、僕の車を盗んでも、僕の酒を飲んでも、何でも好きにやっていいから、僕のブルースェードシューズを踏むのだけはやめてくれよ」と曲は続きます。

では、曲の出始めの「One for the money 〜」は?
アメリカ人でもこのフレーズがどこから来たもか知らない人が多く、諸説あるようですが、どうも、子供の「かけっこ」の合図、かけ声の類で、さらにそのルーツは「競馬」に辿り着くのでは…。

One for the money,
Two for the show,
Three to get ready
And four to go.

競馬に無知なのですが、3着馬を「ショーホース Show Horse」というそうで、この説に納得してしまいます。

当初の「Go Boy Go!」を、プロデュサー:サム・フィリップスのアドバイスにより「Go Cat Go!」に変更したそうですが、残念ながら、この「Go Cat Go」の意味はわからず仕舞いです。 フェンダーのギターには"Go Cat Go!" Model というのがある、あるいは、あったらしいほど有名な語彙らしいのですが…。

プレスリーファンの大先輩、ご教授下さい。

Visit Us
hkx banner


トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by イサオ   May 25, 2012 16:38
5 某さん 
細部に渡り納得のいくご説明を頂き感謝しております。

「よっしゃ、(間奏を)Go!」というワケで…

〜 いちフジ にタカ サンなすび
それいけ やれいけ ガッテンだ
おっと待った
俺の靴だけは踏まないでくれよ 〜

とは、完璧な日本語訳ですね。誠にありがとうございました。
1. Posted by 某   May 23, 2012 09:18
口語表現を集めた辞書に、熟語として、
  go cat go それいけ! いいぞ!
という訳を見た事があります。

つまり go man goとだいたい同じ意味です。
man --> boy - > cat と、くだけたのでしょう。

歌の途中には、かけ声として
  O---h! Let's go cat!
というのが入りますが、cat=boy、manで
自分たちのバンド各員めいめいに間奏をゴー!と
いうわけで、これとも整合しますね。

---

いちフジ にタカ サンなすび
それいけ やれいけ ガッテンだ
おっと待った
俺の靴だけは踏まないでくれよ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search